新体制で全6試合フル出場のセメド「セティエン監督はとても信頼してくれている」

2020.02.12 10:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナに所属するポルトガル代表DFネウソン・セメドが、キケ・セティエン監督について言及した。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。

2017年夏にバルセロナに加入以降、絶対的な地位を築くことができていなかったセメド。その影響で、昨夏にはアトレティコ・マドリーへの移籍が噂されるなど、バルセロナ退団の可能性が頻繁に報じられてきた。

そのセメドは今シーズン、負傷もありながらここまで公式戦25試合に出場。1月中旬に移行したセティエン体制では全6試合にフル出場を果たしている。

そんなセメドはポルトガル『A Bola』のインタビューで新指揮官についてコメント。安定して出場機会が与えられている現状に満足感を示している。

「物事は順調だ。新監督は僕をとても信頼してくれている。その信頼にこたえるためにできる限り努力するよ」

「今年はバルセロナに来てから、最高のシーズンかもしれない。僕は自分に起きていることにとても満足しているんだ。チームがリーグで首位にいないことが残念だけど、多くの試合が残っている。僕たちはまだチャンピオンになる可能性があるよ」
コメント
関連ニュース
thumb

ピケ、VARでゴールを取り消された際の行動に「覚えていない」

バルセロナの元スペイン代表DFジェラール・ピケが、5日に敵地で行われたラ・リーガ第34節のビジャレアル戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。 3分にオウンゴールで先制したバルセロナは、14分にジェラール・モレーノのゴールを許す。それでも、20分にFWルイス・スアレスの技ありゴールで勝ち越すと、前半終了間際にもFWアントワーヌ・グリーズマンがゴラッソ。試合終了間際にもFWアンス・ファティがゴールを挙げて、4-1の快勝を収めた。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆バルセロナの頼れる守備の大黒柱、ジェラール・ピケ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJEQkRiMXlKOCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 試合後のインタビューでピケは「3ポイントは戦い続けるために重要。試合内容も僕らにとって重要だ。それが僕らの特徴だ。良くない時期もあったが、今日は良い試合をした。シーズン終了までこれを継続していきたい」と試合を振り返った。 また、69分にFWリオネル・メッシがゴールネットを揺らしたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の介入により取り消しに。以前からVARやレフェリーのジャッジを巡る発言で議論を呼び起こしているピケは、その際にキーボードを打つかのように指を動かしていた。 この行動に関して問われたピケは「覚えていないね。ピッチ内ではアドレナリンがね…。何について話しているのか分からないね」とVARでの判定の際の行動について答えをはぐらかしていた。 2020.07.06 16:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ケガから復帰後のスアレスが好調、194ゴールでバルサでの通算得点数がクラブ3位タイに

バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、バルセロナのクラブ史に名を刻んだようだ。クラブ公式サイトが伝えた。 今年1月に右ヒザの手術を受け、4カ月の戦線離脱を強いられていたスアレス。通常のシーズンであればシーズン中の復帰は絶望であったものの、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大による中断により回復。残り試合をプレーできることになった。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆スアレスがCLで見せたスーパーゴール集<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJVUkRxbVJOVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 6月13日のマジョルカ戦で5カ月のぶりの復帰を果たしたスアレスは、6月27日のセルタ戦での2ゴールに加えて、今月5日のビジャレアル戦でも1ゴールを記録。ケガのブランクを感じさせない活躍を見せている。 ビジャレアル戦のゴールで、今シーズンの公式戦での得点数を17点としたスアレスは、1950年代に活躍したハンガリー生まれの元スペイン代表FWラディスラオ・クバラが持つ194点と並び、バルセロナの通算得点数3位タイとなった。 得点の内訳は、ラ・リーガで145ゴール、チャンピオンズリーグ(CL)で23ゴール、コパ・デル・レイで19ゴール、その他の大会で7ゴールとのこと。クバラはコパ・デル・レイで49ゴールと大きく稼いでおり、リーガ(131ゴール)やCL(7ゴール)での得点数はスアレスが上回っている。 また、スアレスは142ゴールを右足で、33ゴールを左足で記録。19ゴールは頭で決めている。最も多くのゴールを記録した相手はバレンシアで12ゴール。レアル・マドリー、セビージャが11ゴールで続いている。 バルセロナでスアレスより多くゴールを記録しているのは、アルゼンチン代表のリオネル・メッシで630ゴール、2位は元スペイン代表FWセサル・ロドリゲスが持つ232ゴールとなり、あと38ゴールで並ぶこととなる。 2020.07.06 13:25 Mon
twitterfacebook
thumb

「すべてがうまくいった」好調ビジャレアルに4発快勝のセティエン監督はご満悦

バルセロナのキケ・セティエン監督が5日に敵地で行われたラ・リーガ第34節のビジャレアル戦を総括した。スペイン『マルカ』が伝えた。 2試合未勝利のバルセロナは、再開後5勝1分けと好調のビジャレアルと対戦。4分にオウンゴールを誘発して先制すると、FWジェラール・モレノのゴールで17分に同点にされるも、FWルイス・スアレスとFWアントワーヌ・グリーズマンの技ありゴールなどで4-1の快勝を収めた。 <div id="cws_ad">◆バルセロナが3試合ぶりの白星<br /><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=3fjq3wavap0w1kefuv7bx9z4y" async></script></div> 試合後のインタビューで、「なぜ、以前からこのような試合をできなかったのか」と問われたセティエン監督は「全試合の内容が異なる。今日は全てがうまくいった。我々は上手くプレーできたし、中央で勝り、サイドでも前進でき、競争に勝てた。他のチームの守備はとても強固だったので、我々をとても困難にさせていた」とコメント。選手たちの出来を称賛した。 また、「今日は少なかったが、そういった意図を常にやろうとしている。おそらく、今日の我々は対戦相手を驚かせることができたのだろう。うまくいったよ」と用意した作戦が当たったと明かし「早い段階でゴールを奪い、追加点を決めたことが助かった。全試合で今日のように戦いたいが、科学的に無理だ」と語った。 なお、優勝争いを繰り広げているレアル・マドリーがビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入などで勝利を収めていることに関して問われると、「VARはだんだん理解できなくなっている」と疑問を呈した。 2020.07.06 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサが好調ビジャレアルを4発粉砕! スアレスとグリーズマンが鮮やかゴラッソ《ラ・リーガ》

バルセロナは5日、ラ・リーガ第34節でビジャレアルと対戦し、1-4で勝利した。 ここ2試合引き分け続きで、首位のレアル・マドリーとの勝ち点差が「4」に広がってしまったバルセロナ。残り5試合となる今節は、すでにマドリーがビルバオを下して勝ち点を伸ばしているため、逆転優勝の望みを繋ぐためにも負けられない。 今節はグリーズマンが3試合ぶりの先発起用。すると開始4分、セルジ・ロベルトの押し上げから左のジョルディ・アルバのクロスにグリーズマンが飛び込んで先制。記録はオウンゴールだった。 幸先よく先制したバルセロナだが、コロナ明け6試合で5勝と絶好調のビジャレアルもすぐさま反撃に出る。14分、自陣でボールを奪い大きく前方へ送球。絶妙なタイミングで最終ラインを抜け出したアルカセルがボックス右から左へ展開すると、カソルラのシュートはGKテア・シュテーゲンに止められるも、こぼれ球をジェラール・モレノが押し込んで同点に。モレノは3試合連続ゴールとなった。 あっという間に振り出しに戻されたバルセロナだが20分、ロングボールを収めたメッシがドリブルで相手を引き付けて左のスアレスにラストパス。スアレスはこれをボックスの端からダイレクトで蹴り込むと、シュートはゴール右上に突き刺さり、再びリードをもたらした。 撃ち合いの様相を呈する中、ビジャレアルはアルカセルが足を痛めるアクシデント。36分にバッカとの負傷交代を余儀なくされた。だが投入されたバッカが直後にチャンス。ボックス右への侵攻からそのままシュートを狙うも、GKテア・シュテーゲンに弾かれた。 以降はバルセロナが主導権を握り試合が進むと迎えた45分にスーパーゴールが飛び出す。右サイドのビダルからセルジ・ロベルト、グリーズマン、メッシと中に繋いでメッシがドリブルで左へ。するとここで相手の意表を突いてバックパス。そして最後は、グリーズマンがボックス手前から息を呑むような鮮やかなループシュートを沈めて、バルセロナがリードを2点に広げた。 ビジャレアルは後半から選手を2人代えて望んだが、主導権を渡さないバルセロナが次々とゴールに迫っていく。60分にリキ・プッチとラキティッチを投入しさらに加速。69分、相手をゴール前に釘付けにしながら二の矢三の矢を放っていく。最後はセルジ・ロベルトの折り返しをメッシが押し込んでネットを揺らしたが、その前のプレーでオフサイドがあったとして、VARの末に取り消された。 その後も危なげない試合運びを見せたバルセロナは、87分に途中出場のファティが4点目を決めて勝利。3試合ぶりの白星を挙げた。一方のビジャレアルは再開後初黒星となった。 2020.07.06 06:51 Mon
twitterfacebook
thumb

31歳J・アルバが運転免許取得 周りの送迎で練習場入りの日常に別れ

バルセロナのスペイン代表DFジョルディ・アルバ(31)がついに運転免許証を取得したことがわかった。 これまで運転免許証を持っていなかったため、家族や友人、チームメイトに送迎してもらい、バルセロナの練習場に通うのが日常だったJ・アルバ。しかし、その日常に変化があったようだ。 スペイン『アス』によれば、4日に自ら車のハンドルを握り、練習場に向かう姿がスペイン『Deportes Cuatro』のカメラでキャッチされ、クラブ施設の出入り口前で待つ報道陣を驚かせたという。 もちろん、J・アルバが1人で練習場にやってくるのはプロキャリア初。その日の練習前にはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシら同僚に花道を作られ、手荒い祝福を受ける姿もあったようだ。 なお、そんなJ・アルバの気になる運転の様子は実に慎重。チームメイトは法定の最大速度で練習場にやってくるのに対して、まだ慣れていないからか、非常に低速走行だったとのことだ。 2020.07.05 17:15 Sun
twitterfacebook