G大阪が鳥栖から両獲り! 小野裕二&石川慧を完全移籍で獲得

2020.01.06 12:35 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ガンバ大阪は6日、サガン鳥栖に所属するFW小野裕二(27)、GK石川慧(27)の完全移籍加入を発表した。横浜F・マリノス下部組織出身のプラチナ世代である小野は、ユース在籍中の2010年7月にトップチーム入りを果たすと、2011年に正式昇格。その後、スタンダール・リエージュ、シント=トロイデンを渡り歩いた。

そして、2017年に鳥栖入りが決まり、5年ぶりにJリーグ復帰。昨シーズンの成績は明治安田生命J1リーグ19試合無得点だった。

小野は「クラブの目標であるタイトル獲得に向け、自分の全てを出していきたいと思います。よろしくお願いします!!」とコメントしている。

石川は2011年に新潟明訓高校からベガルタ仙台に入団後、ソニー仙台(日本フットボールリーグ)、ブラウブリッツ秋田、栃木SCでプレー。2019年夏から鳥栖に加わったが、J1リーグで出番がなく、天皇杯1試合の出場にとどまった。

その石川は「ガンバ大阪でプレーできることを大変光栄に思っています。ガンバ大阪の勝利のために精いっぱい努力し ていきたいと思います。応援よろしくお願いします」と意気込んでいる。
コメント
関連ニュース
thumb

鳥取の39歳MFフェルナンジーニョが今季限りで現役引退、G大阪時代の2005年にはベストイレブン選出

ガイナーレ鳥取は22日、ブラジル人FWフェルナンジーニョ(39)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。 フェルナンジーニョは2004年にガンバ大阪に加入しJリーグでのキャリアをスタート。G大阪では3シーズンを過ごし、J1で81試合に出場し23得点を記録。2007年に清水エスパルスへ移籍した。 清水では1シーズン半分の在籍で、J1で46試合に出場し10得点を記録。2008年途中に京都サンガF.C.へ移籍すると、2009年は大分トリニータ、2010年はベガルタ仙台、2012年はヴァンフォーレ甲府でプレー。2014年から鳥取でプレーしていた。 鳥取ではここまでJ3通算123試合に出場し37得点を記録。今シーズンもここまで12試合で2得点を記録していた。 J1リーグ通算184試合47得点、J2リーグ通算17試合1得点、J3リーグ通算123試合37得点、カップ戦通算31試合8得点、ACL通算6試合5得点、天皇杯通算17試合2得点を記録。2004年と2005年にはJリーグ優秀選手賞、2005年にはベストイレブンにも選ばれていた。また、2005年にはJ1、2012年にはJ2で優勝も果たしていた。 フェルナンジーニョはクラブを通じて引退についてコメントしている。 「20年間現役選手としてやってまいりましたが、今シーズンをもって引退することを決意しましたので皆様にお伝えしたいと思います」 「自分がプロサッカー選手として20年間という長いキャリアを積んでこられたのは周りの沢山の人々の支えがあったからです」 「まず初めにイエス キリスト様が下さった『健康』そして『サッカーという贈り物』。サッカーを出来るような環境じゃないにも関わらず励まし後押しをしてくれた両親と天国へ行ってしまった叔父と叔母。辛い日ややり切れない日を励ましてくれたり、毎日隣で応援してくれて可能な限り試合を観に来て力になってくれた奥さん。僕にインスピレーションを与えてくれた息子のサムエル。僕を受け入れてくれたクラブ、ガンバ大阪、清水エスパルス、京都サンガF.C.、大分トリニータ、ベガルタ仙台、ヴァンフォーレ甲府。そして6年間という長い間在籍したガイナーレ鳥取。そのほか、ブラジルで在籍した数々のクラブ。 これらのクラブの関係者の皆様。スポンサー皆様、サポーターの皆様。20年間関わってくださった全ての皆様に、本当に感謝の気持ちでいっぱいです」 「今後、神様が下さる第2の人生を歩めるよう頑張ってまいります。皆様、本当にありがとうございました。ARIGATOUGOZAIMASU」 2020.10.22 12:45 Thu
twitterfacebook
thumb

G大阪が仕切り直しの1勝で8戦無敗! 宇佐美アシストのパト決勝弾で大分破る《J1》

明治安田生命J1リーグ第23節の1試合が18日に昭和電工ドーム大分で行われ、アウェイのガンバ大阪が大分トリニータを1-0で下した。 ここ2試合のアウェイ連戦が1分け1敗に終わり、白星から遠ざかる12位大分は3試合ぶりの白星を目指す今節に。前節から5選手変更の先発に羽田がボランチの一角として入った。一方、連勝こそ「6」で止まったものの、7試合負けなしの5位G大阪はベンチスタートの宇佐美とパトリックに代わり、渡邉とアデミウソンを起用。菅沼が欠場の昌子の代わりにセンターバックの一角としてスタートからピッチに入った。 試合は5連戦の5試合目となるG大阪に対して、出足の鋭さで上回った大分が押し気味に立ち上がる。次第に盛り返したG大阪だが、23分に渡邉の落としからボックス中央のアデミウソンが右足シュートでゴールネットを揺らした場面はボールの軌道にいた倉田のハンドを取られ、ノーゴールに。その後、速攻を軸に反攻した大分も再びG大阪の陣内に攻め入る場面を増やしたが、互いに決定打に至らず、こう着状態が続く。 ゴールレスで折り返した試合は後半の頭から渡邉とパトリックの交代を施したG大阪が押し気味な入りをみせるが、大分が55分にビッグチャンスを迎える。古巣戦の田中が相手最終ラインの背後を抜け出すと、GK東口をも交わしてボックス左から無人のゴールマウスにシュートを放つが、懸命に戻った高尾がカバーリングで阻止。続く59分にもボックス左で決定機を迎えた田中だが、ここもGK東口の好守に遭う。 65分にも左CKのチャンスから鈴木の際どいヘディングシュートでゴールに迫った大分が得点の匂いを感じさせる攻撃を続けるなか、やや浮き足立つG大阪は矢島と宇佐美をピッチに送り込む。すると、67分にパトリックのポストプレーからのボールを頭でボックス右に叩いた倉田がそのままゴール前に侵攻。矢島の折り返しを押し込みにかかるが、GKムン・キョンゴンのファインセーブに遭い、チャンスを生かせない。 それでも、飲水タイム明けに刀根を送り込み、修正を図った大分を尻目にG大阪がセットプレーのチャンスをゴールに繋げ、均衡を破る。右CKのチャンスを獲得した72分、キッカーの宇佐美が右足アウトスイングのクロスをゴール前に供給。ファーサイドに陣取ったゴール前のわずかなスペースに潜り込んだパトリックが頭で合わせると、これがゴール左に決まった。 悪くない流れのなかで守りが崩れてしまった大分はすぐさま反撃に転じるが、78分に右サイド深くからのクロスに田中が頭で合わせた場面は再び高尾のカバーリングに遭い、不意に。そうした攻め立てる展開のなかで、82分に島川、知念、高澤、野村の一挙4選手を送り出して、勝利への執着をみせた大分だが、上位追走のためにも負けられないG大阪も守りの集中を切らさない。 後半アディショナルタイムを通じてもリスク覚悟で前がかった大分だが、残るカードで松田、J1初出場の塚元を送り込み、試合をクローズしにかかったG大阪が1点のリードを守り抜いて、そのまま終了のホイッスル。2試合ぶりの白星で8試合負けなしを継続したG大阪が仕切り直しの1勝を手にして、上位追走に成功した。 大分トリニータ 0-1 ガンバ大阪 【G大阪】 パトリック(後27) 2020.10.18 16:05 Sun
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.55】柴崎&航コンビに中山も台頭したボランチ陣。ハリルの申し子は巻き返しを図れるか?/井手口陽介(ガンバ大阪/MF)

森保ジャパンの約1年ぶりの代表活動となった10月オランダ2連戦(ユトレヒト)は1勝1分という悪くない結果で終了した。9日の初戦・カメルーン戦は長期間のブランクと選手たちの過度な気負いで前半は守備が空回りしたが、後半から3バックにシフトしたことで修正が図られ、全体に落ち着き、スコアレスドローに持ち込んだ。 13日のコートジボワールとの2戦目はその流れを踏襲し、守りの安定度が向上。けれども、攻撃の方は迫力不足を露呈した。最終的には植田直通(セルクル・ブルージュ)の劇的ヘディング弾が飛び出し、1-0の勝利をモノにしたが、アタッカー陣は不完全燃焼感を色濃く感じたことだろう。 こうした中、前進を示したポジションの1つがボランチだ。今回は柴崎岳(レガネス)、遠藤航(シュツットガルト)、中山雄太(ズウォレ)、板倉滉(フローニンゲン)という4枚が招集され、1戦目は柴崎・中山、2戦目は柴崎・遠藤のコンビで戦った。前者は中山が大きな成長が示し、後者は同級生コンビが好連携が光った。とりわけ、ブンデスリーガ1部初挑戦の遠藤航が今季クラブで示している通りの力強さと球際の激しさ、攻守両面での献身性を前面に押し出したことは特筆すべき点。森保一監督にとっても朗報と言えるだろう。 この3人がポジション争いで一歩リードしたのは間違いないが、今夏ロシアに赴いた橋本拳人(ロストフ)も控えているし、国内組にも優れた人材はいる。その筆頭が今季ガンバ大阪で軸を担っている井手口陽介だ。遠藤保仁のジュビロ磐田移籍もあり、24歳になった「ハリルホジッチ監督の申し子」の存在価値は古巣復帰1年が経過し、鋭いパフォーマンスを取り戻している。もともとボール奪取能力には定評があったが、その強みが研ぎ澄まされたうえ、積極的に攻撃にも絡み、意欲的にミドルシュートも打っている。遠藤がチームを離れた今、生え抜きボランチは「自分がやらなアカン」という気持ちが強めているはず。そういう意味で、彼の復活が非常に興味深い。 そもそも井手口は2018年ロシアワールドカップに参戦するはずの人間だった。ご存じの通り、ハリル監督時代はレギュラーに抜擢され、日本が6大会連続世界切符を獲得した2017年8月のオーストラリア戦(埼玉)で強烈なダメ押し弾をゲット。眩いばかりの輝きを放った。同年12月のEAFF E-1選手権(東京)でも中盤の軸として奮闘。そこで韓国に4失点粉砕された経験も踏まえ、2018年1月に欧州挑戦を決断。イングランド1部・リーズ・ユナイテッドの一員となった。 しかし、そこからレンタルされたスペイン2部のクルトゥラス・レオネッサでは言葉や文化、習慣の問題から異国になじめず、出番を得られず苦しんだ。それに加えて、4月のハリル解任というショッキングな出来事が重なり、ほぼ手にしたと思われていたロシア行きを逃してしまう。事前合宿までは帯同していただけに、本人も悔しさひとしおだったに違いない。そんな屈辱を晴らすべく、同年夏にはドイツ2部のグロイター・フルトに2度目のレンタルに出たが、今度は右ひざ後十字じん帯断裂と半月板損傷という2度の重症を負い、「海外で成長したい」という思いは叶わなかった。 数多くの挫折を経て、彼は2019年夏に古巣・ガンバに戻ったわけだが、当初はコンディションが上がらず苦しんだ。「井手口は公式戦から長い間遠ざかっていた。自分でトレーニングはしていたが、実戦感覚がまだ戻っていない。もう少しかかる」と宮本恒靖監督も長期化を覚悟していた。そうやって辛抱して使い続けてくれた指揮官に応えるべく、井手口自身も奮起。試合を重ねるごとに復調していった。 「ツネさんが使ってくれているから、期待に応えたい気持ちは絶対にある。誰よりも最後まで走り抜きたいです。厳しい状況なった時、プレーで若手を鼓舞できる存在になれればいい。僕はこのチームの若手の中ではいろんな経験がある方なんで、それを還元できればいいと思ってます」と本人も海外挑戦前とは異なる心境を吐露した。自分がガンバをリードすることで、復帰させてくれた恩に報いたいと強く願っていたからこそ、こういった発言をしたのだろう。 あれから1年が経過し、コンディション自体は以前に近いところまで戻ってきた。あとは攻守両面でより大きな仕事をするだけだ。今季の彼はここまでリーグ全22試合に出場。2得点を挙げているが、もっともっと得点に絡んでいけるはず。国内でのプレーを選択した以上、柴崎や遠藤航、中山らに勝ちたいなら、武器のボール奪取力や豊富な運動量のみならず、「点の取れるボランチ」に飛躍することが肝要なのだ。 同じガンバのアカデミー出身の先輩・稲本潤一(相模原)は2002年日韓ワールドカップでの2ゴールに象徴される通り、「守れて点の取れるボランチ」として一世を風靡した。彼ほどのサイズのない井手口にあそこまでのダイナミックさが出せるかは未知数だが、2017年の絶好調時を振り返ってみれば、そのレベルに到達できる可能性はありそうだ。かつて日本代表で一緒に戦った山口蛍(神戸)も「陽介はホントいい選手」と絶賛していた。その非凡な能力を再び代表の大舞台で発揮できる時は来るのか。全てはガンバでの一挙手一投足と活躍度にかかっている。 <div id="cws_ad"><hr>【文・元川悦子】<br />長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2020.10.18 12:30 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第23節:大分vsG大阪】継続求められるG大阪の好パフォーマンス、大分はマネジメント力で対抗なるか

【明治安田生命J1リーグ第23節】 2020年10月18日(日) 14:00キックオフ 大分トリニータ(12位/29pt) vs ガンバ大阪(5位/42pt) [昭和電工ドーム大分] ◆90分間のマネジメントで勝利を【大分トリニータ】 前節はアウェイでヴィッセル神戸と対戦し1-1のドロー。終盤にオウンゴールで追いついたことで連敗を免れた。 しかし、スタメン全員を入れ替えてチーム力が落ちている状態の頭を相手に苦戦を強いられたことは事実として認めなければいけない。 3試合ぶりのホームゲームとなるが、大分にとっては正念場。横浜FM、神戸と選手層が厚いチームとの対戦が続く中、今節はG大阪、次節は浦和を迎える。選手層という点では相手に分があり、後半に一気に畳み掛けられる展開も多い。しっかりと前半から主導権を握っていきたいところだ。 連戦が続く中で、どう90分をマネジメントするのか。選手交代、起用の策を含めた古巣対戦となる片野坂知宏監督の手腕にも注目したい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:ムン・キョンゴン DF:岩田智輝、鈴木義宜、三竿雄斗 MF:田中達也、羽田健人、島川俊郎、星雄次 FW:渡大生、野村直輝 FW:知念慶 監督:片野坂知宏 ◆7連勝を逃すも良いチーム状態は継続【ガンバ大阪】 前節はホームに横浜F・マリノスを迎えた一戦となったが、結果は1-1の引き分け。7連勝を逃す形となってしまった。 しかし、試合内容は今シーズンで最も良いと思えるほどの出来。アグレッシブなプレスでポゼッションを機能不全に陥らせていた。結果こそ出なかったが、悲観する状況ではない。 気になるのは守備を安定させている昌子源の状態。横浜FM戦では違和感を覚えたような雰囲気を出していただけに、欠場となれば安定していた守備陣の出来にも少なからず影響は出そうだ。 一方の攻撃陣はターンオーバーを敷くと予想。それでも、しっかりとした戦力が整っており、今の状態では誰が出ても遜色ない。しっかりと出た選手が結果を残し、上位争いから離れないようにしたいところだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:東口順昭 DF:高尾瑠、昌子源、キム・ヨングォン、福田湧矢 MF:小野瀬康介、井手口陽介、山本悠樹、倉田秋 FW:渡邉千真、アデミウソン 監督:宮本恒靖 2020.10.18 09:45 Sun
twitterfacebook
thumb

G大阪がペース握るも連勝ストップ 宇佐美弾で追いつき横浜FMとドロー《J1》

明治安田生命J1リーグ第22節のガンバ大阪vs横浜F・マリノスが14日にパナソニック スタジアム 吹田で行われ、1-1のドローに終わった。 前節のアウェイFC東京戦を2001年以来の勝利で飾り、今季最長の6連勝を達成した4位G大阪。鬼門攻略にゴールという形で貢献した古巣戦のアデミウソンがベンチからのスタートになったが、小野瀬を3試合ぶりに先発起用して、昨季王者を迎え撃った。対する6位横浜FMは2連勝を目指す今節だが、主将の喜田が出場停止となり、チアゴ・マルチンスも前節に続いて欠場。マルコス・ジュニオール、エリキ、ジュニオール・サントスの強力アタッカーをスタートから送り出した。 互いの攻撃姿勢がぶつかり合った試合はG大阪が鋭いフォアチェックで上回る入りとなるが、横浜FMも次第にボールを動かし始め、盛り返す構図に。横浜FMはマルコス・ジュニオール、エリキ、ジュニオール・サントスの好機を立て続けに作り出す時間帯もあったが、G大阪もGK東口やキム・ヨングォンの好対応で凌ぐ。 やた守りを強いられ、攻め返したいG大阪も24分、前線のパトリックがGK東口のゴールキックを頭で落とすと、回収した宇佐美がワンタッチで相手DFを交わして、ボックス右から右足でフィニッシュに持ち込む形を作り出して反攻。しかし、この場面はGK梶川の好守に遭って、先制ゴールに繋がらない。 すると、その2分後に横浜FMがミスを突いて先取する。敵陣中央で山本からボールを奪ったエリキがゴール右に侵攻したマルコス・ジュニオールにパス。マルコス・ジュニオールのシュートはGG東口のビッグセーブに遭うが、その跳ね返りがマルコス・ジュニオール自らに当たり、再度の跳ね返りがキム・ヨングォンの顔面にディフレクトして、G大阪のゴールマウスに吸い込まれた。 失点後も悪くない戦いを続けるG大阪はなかなか攻めがゴールに繋がらない状況が続いたが、前半アディショナルタイム1分に井手口が相手最終ラインの背後に浮き球パスを出すと、ボックス右に抜け出した宇佐美が相手GKと交錯してPKのチャンス。キッカーの宇佐美がしっかり決めた。 先制こそしたものの、ボール保持率やパス数でもG大阪と遜色のなく、主導権を握り切れない戦いが続き、前半のうちに追いつかれてしまった横浜FM。後半の入りから仕切り直したいところだったが、前半に同じく鋭い攻守の切り替えで効率よくセカンドボールを回収するG大阪のペースが続く。 そのG大阪は横浜FMのお株を奪うような能動的な見解を続けるなか、59分に味方とのパス交換でボックス右深くに侵攻した高尾の折り返しから山本が右足ダイレクト。この場面は相手DFのブロックもあって、ゴールに繋がらなかったが、終始横浜FMに守備を強いるゲーム展開に持っていく。 そうした展開が続くなか、両軍は77分にそれぞれ1枚目のカードを切り、横浜FMが前田を投入。前田の起用でやや盛り返した横浜FMだが、同じタイミングで渡邉のカードを切ったG大阪は続く80分にアデミウソンと矢島を送り込み、勝負に出る。しかし、横浜FMも譲らず、勝ち越しを許さない。 結局、死力を尽くした両者の好ゲームは痛み分けで終了。それぞれ勝点1を分け合う結果に終わっている。 ガンバ大阪 1-1 横浜F・マリノス 【G大阪】 宇佐美貴史(前45+1) 【横浜FM】 OG(前26) 2020.10.14 21:09 Wed
twitterfacebook