大型補強中の柏が鳥栖DF三丸拡を完全移籍で獲得「誇りと強い覚悟を持って闘います」

2019.12.27 16:11 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
柏レイソルは27日、サガン鳥栖のDF三丸拡(26)が完全移籍で加入することを発表した。

三丸は栃木県出身で、真岡高校から筑波大学を経て2016年に鳥栖へ加入。鳥栖では4シーズン在籍し明治安田生命J1リーグで44試合に出場。YBCルヴァンカップデ14試合に出場し1得点、天皇杯で7試合に出場していた。

今シーズンはキャリアハイとなるリーグ戦26試合に出場していた。三丸はクラブを通じてコメントしている。

◆柏レイソル
「はじめまして。サガン鳥栖から完全移籍してきました三丸拡です。歴史と伝統ある柏レイソルの一員になることに誇りと強い覚悟を持って闘います。よろしくお願いします」

◆サガン鳥栖
「この度、柏レイソルに移籍することになりました。サガン鳥栖でプロとしてのキャリアをスタートしてから4年間、言葉では言い表せないほどの素晴らしい時間を過ごす事ができ、サッカー選手としても人としても大きく成長できました」

「サガン鳥栖に関わる全ての方々との出会いは僕にとっての財産です。慣れない九州の地を踏んだ日から考えると、サガン鳥栖を離れる事がこんなにも寂しいものになるとは想像もつきませんでした」

「そして、どんな時も温かいサポーターの皆さんの声は、僕にすごく大きな力を与えてくれました。
お世話になった皆様に直接ご挨拶ができないことが心残りです。これからもサガン鳥栖は僕の心のクラブであり続けます」

「サガン鳥栖で育った選手として誇れるような活躍をできるよう、これから頑張ります。サガン鳥栖に関わる全ての皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。4年間本当にお世話になりました」

関連ニュース
thumb

横浜FMが柏を圧巻の4発粉砕!4連勝で首位を堅持【明治安田J1第18節】

明治安田生命J1リーグ第18節の横浜F・マリノスvs柏レイソルが25日に日産スタジアムで行われ、4-0でホームの横浜FMが勝利を収めた。 首位を走る横浜FMとそれを4ポイント差で追う4位柏の上位対決。横浜FMは、前節はガンバ大阪にアウェイで2-1の逆転勝利を収め3連勝。未だ無敗のホームで迎える一戦では、先日までU-23アジアカップを戦っていたU-21日本代表の藤田がスタメンで復帰した。 対する柏は前節、ヴィッセル神戸をホームに迎えて3-1の勝利。横浜FMと同じく3連勝で迎える今節は、アンカーの位置で三原が今季初先発となった。 立ち上がりから両チームがゴールに迫る展開。その中で最初に決定機を迎えたのはホームの横浜FMだった。9分にボックス手前左でエウベルがボールを持ち、西村とのワンツーでバイタルエリアまで侵入。左足で強烈なシュートを放つも、ゴールの左に外れる。 17分にも横浜FMにチャンスが訪れる。水沼がボックス右に縦パスを送り、レオ・セアラがワンタッチで左に落とすと、西村がこれを拾って右足を振り抜く。これが相手DFの足に当たって大きく軌道が変わり、GKも反応し切れずにゴールネットを揺らした。 先制点を奪ったホームチームはその2分後に追加点。相手がバックラインでパスを回すなかで、中央の上島のタッチが乱れると、エウベルがプレッシャーをかけてボールを奪取し、ビッグチャンスに。最後はエウベルの横パスを受けたレオ・セアラが冷静に押し込み、リードを広げた。 火が付いてしまった横浜FMの攻撃陣はなおも止まらない。28分、敵陣右サイド深い位置でのスローインで松原が高いボールを投げ入れ、ボックス右のレオ・セアラが胸で落とす。これに反応した水沼は中央へと切り込み、右足を一閃。強烈なボールは相手GKに触れられながらも、ゴールネットに突き刺さり、3点目を挙げた。 一気に3点のビハインドを負ってしまったアウェイの柏。前半の間はその後も相手にボールを支配される時間が続き、攻撃の糸口を掴めぬままハーフタイムを迎えた。 試合を折り返して47分には、ホームチームにセットプレーからまたもチャンス。敵陣右サイド浅い位置で永戸がファーサイドにボールを入れると、走り込んだ畠中が中央へ折り返し、最後はレオ・セアラが身体でゴールに押し込んだ。 大きく突き放されてしまった柏だが、64分にはこちらもセットプレーからシュートシーンを作る。敵陣右サイド深い位置で獲得したFKからキッカーのマテウス・サヴィオが低い弾道のクロスを供給。ボックス内の小屋松がこれに右足のボレーシュートで合わせるも、枠の右に逸れる。 このシュートをきっかけに勢いを強めたいアウェイチームだったが、その後はペースを握れず。71分に森、79分には武藤を投入して攻撃陣の活性化を図るも、決定的なチャンスは作れない。 一方の横浜FMは抜群のパスワークと、連動したプレッシングで試合を完全にコントロールし、危なげない試合運びを見せる。結局4-0のまま試合終了を迎え、ホームでの無敗を継続するとともに4連勝。2位の鹿島アントラーズとの勝ち点差を暫定で「4」に広げ、首位をしっかりとキープしている。 横浜F・マリノス 4-0 柏レイソル 【横浜FM】 西村拓真(前17) レオ・セアラ(前19、後2) 水沼宏太 (前28) 2022.06.25 18:10 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第18節:横浜FMvs柏】共に3連勝中、後半戦初戦の上位対決はいかに

【明治安田生命J1リーグ第18節】 2022年6月25日(土) 16:00キックオフ 横浜F・マリノス(1位/34pt) vs 柏レイソル(4位/30pt) [日産スタジアム] ◆失意の払拭を【横浜F・マリノス】 リーグ戦の前半戦は3連勝で締め、首位で折り返した横浜FM。しかし、ミッドウィークに行われた天皇杯では、J2で下位に沈む栃木SCを相手に得点が奪えず、0-2で敗れた。 ショッキングな敗戦から中2日、チームとしてのリバウンドメンタリティが試される一戦となる。 その相手は4位と上位に位置する柏。前半戦で喫した3つの敗戦のうちの1つ。アウェイで3-1と敗れた相手だ。 この試合では畠中槙之輔が前半に退場し、試合終盤には岩田智輝も退場した試合。ハイラインの裏を狙われ続け、後手に回ってしまった結果の敗戦だった。 背後を狙ってくるスタイルは今節も継続されると思われ、臆することなくハイラインを敷けるかどうか。また、ハイプレスに苦しむことも多く、攻撃が停滞する可能性があるだけに、しっかりと状況判断をしてビルドアップで相手をズラしていきたいとこだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:松原健、畠中槙之輔、角田涼太朗、永戸勝也 MF:渡辺皓太、西村拓真、岩田智輝 FW:水沼宏太、レオ・セアラ、宮市亮 監督:ケヴィン・マスカット 出場停止:アンデルソン・ロペス ◆首位撃破で肉薄へ【柏レイソル】 昨シーズンは戦い方を定められなかった結果、残留争いに巻き込まれたチームだったが、今季はここまで順調に勝ち点を重ね4位で前半戦を終えた。 現在リーグ戦は3連勝、4戦無敗と調子も良く、絶好のタイミングでの首位との対決となった。 ミッドウィークの天皇杯では、ターンオーバーしながらも徳島ヴォルティスに逆転勝ち。チーム力の向上と共に、勝負強さも戻ってきている状況だ。 横浜FMを相手にはネルシーニョ監督の作戦がハマることが多く、今季のホームゲームでも策がハマった。その相手に対して新たな策を用意しているのか、それとも自分たちの形に引き込むのか。いずれにせよ、背後を狙いながらプレスをかけていく戦いには変わらないだろう。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK: 松本健太 DF:高橋祐治、上島拓巳、古賀太陽 MF:大南拓磨、ドッジ、三丸拡 MF:マテウス・サヴィオ、戸嶋祥郎 FW:細谷真大、小屋松知哉 監督:ネルシーニョ 出場停止:椎橋慧也 2022.06.25 13:30 Sat
twitterfacebook
thumb

大バズり中の噂の「きつねダンス」にJクラブのマスコットが挑戦! その腕前は!?

TikTokなどを中心にSNSで大きな話題を呼んでいる「きつねダンス」をご存知だろうか。 プロ野球の北海道日本ハムファイターズのマスコット「フレップ・ザ・フォックス」とファイターズガールが、試合中のイニング間に踊るもの。これが大きなバズりを生んでいる。 日本ハムは公式YouTubeで選手やスタッフたちを巻き込んだダンス動画を配信し、再生数は240万回(6/24時点)を超えている状況。原曲はノルウェーのコメディーデュオ「Ylvis(イルヴィス)」の『The Fox(What Does The Fox Say?)』というものだ。 ダンスの可愛さとともに楽曲の中毒性も相まって、試合を観に来たファンはもちろん、相手チームの選手もつい踊り出してしまうという状況。一大ブームとなっている。 その「きつねダンス」に、ついにJリーグのマスコットも手を出してた。 それは柏レイソルの「レイくん」。クラブの公式TikTokアカウントで、ファイターズガールとデュエットした。 キレの良いファイターズガールほどではないが、しっかりと音楽に合わせて踊っている。 Jリーグにはオオカミや犬、タヌキのマスコットは存在するが、キツネは不在。その中でレイくんが挑戦した。 サッカーの試合にはハーフタイムか試合前後しかないが、「きつねダンス」のようにバズるダンスを踊るマスコットが現れるか注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】レイくんの「きつねダンス」の腕前は!?</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="tiktok-embed" cite="https://www.tiktok.com/@kashiwareysol_official/video/7110482810422480130" data-video-id="7110482810422480130" style="max-width: 605px;min-width: 325px;" > <section> <a target="_blank" title="@kashiwareysol_official" href="https://www.tiktok.com/@kashiwareysol_official">@kashiwareysol_official</a> @warnermusicjapan.intl と一緒に<a title="デュエット" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/%E3%83%87%E3%83%A5%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88">#デュエット</a> <a title="きつねダンス" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/%E3%81%8D%E3%81%A4%E3%81%AD%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B9">#きつねダンス</a> <a title="レイくんが踊ってみた" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%81%8F%E3%82%93%E3%81%8C%E8%B8%8A%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F">#レイくんが踊ってみた</a> <a title="柏レイソル" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/%E6%9F%8F%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%AB">#柏レイソル</a> <a title="jリーグ" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/j%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0">#Jリーグ</a> <a title="ファイターズ" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA">#ファイターズ</a> <a title="鎌ヶ谷" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/%E9%8E%8C%E3%83%B6%E8%B0%B7">#鎌ヶ谷</a> <a target="_blank" title=" The Fox (What Does the Fox Say?) - Ylvis" href="https://www.tiktok.com/music/The-Fox-What-Does-the-Fox-Say-6705005935678474242"> The Fox (What Does the Fox Say?) - Ylvis</a> </section> </blockquote> <script async src="https://www.tiktok.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】本家・日ハムのファイターズガールや選手たちの「きつねダンス」</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="5WFgTDIqzAQ";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.06.24 22:10 Fri
twitterfacebook
thumb

「この3人は!」伊東、酒井、中山の日本代表3ショットが大反響!「なんてサイコーのメンバーなんだっ!」

日本代表のMF伊東純也(ヘンク)、DF酒井宏樹(浦和レッズ)、DF中山雄太(ズヴォレ)のつながりが注目を集めている。 森保ジャパンでも活躍する3人。ケガにより離脱中の酒井は招集されなかったものの、伊東と中山は6月の親善試合のメンバーに選出されていた。 この3人には元柏レイソルという共通項があり、酒井と中山はそれぞれ柏の下部組織出身。伊東も2019年にヘンクに移籍するまでの3年間、柏でプレーしていた。 伊東と中山はインスタグラムを更新。3人が私服姿で並んだ写真を投稿し、それぞれ「Good time」、「with 兄貴達」とコメント。酒井も自身で投稿はしていないものの、「楽しかった」、「また行こう」と反応している。 所属チームが違っても変わらない絆には、ファンも反応。「3人揃うのいいですねー」、「この3人は!」、「なんてサイコーのメンバーなんだっ!」、「レイソルトリオ!!」と反響を呼んでいる。 元レイソル組の3人がカタール・ワールドカップでも躍動する姿を期待したいところだ。 <span class="paragraph-title">【写真】元レイソル組の日本代表3ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfJiQ1VPdSk/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfJiQ1VPdSk/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfJiQ1VPdSk/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Junya Ito / 伊東純也(@1409junya)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】日本代表の元レイソル組が一対一の勝負!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/SAMURAIBLUE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SAMURAIBLUE</a> <a href="https://t.co/RKslM2tr8l">https://t.co/RKslM2tr8l</a> <a href="https://t.co/9u3OHGD9Rc">pic.twitter.com/9u3OHGD9Rc</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1531429915991879680?ref_src=twsrc%5Etfw">May 31, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】日本代表でフロンターレ勢が一対一の勝負!</span> <span data-other-div="movie3"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/SAMURAIBLUE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SAMURAIBLUE</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サッカー日本代表</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B7%9D%E5%B4%8E%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#川崎フロンターレ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/frontale?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#frontale</a><a href="https://t.co/ZVDjKKUPmr">https://t.co/ZVDjKKUPmr</a> <a href="https://t.co/B5O9CO7Uil">pic.twitter.com/B5O9CO7Uil</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1536002731118411779?ref_src=twsrc%5Etfw">June 12, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.24 12:02 Fri
twitterfacebook
thumb

「今回は徹底的にやらせてもらう」神戸の三木谷会長がPK判定に再び“怒り”「ボールに先にあたっている」

楽天グループ株式会社代表取締役会長兼社長、楽天ヴィッセル神戸株式会社代表取締役会長の三木谷浩史氏の怒りが収まらない。 明治安田生命J1リーグで最下位に沈む神戸は、18日に行われたJ1第17節で柏レイソルとアウェイで対戦。28分に先制するも38分に同点に追い付かれると、42分に試合の流れを左右するプレーが起こる。 神戸のボックス内でルーズボールが発生し、DF菊池流帆がスライディング。接触した柏のMF戸嶋祥郎が倒れ、ファウルが取られた。一度はFKが与えられた中、VARのチェックが入ると、オン・フィールド・レビューの結果PKの判定となった。 VARのチェックはあくまでもボックス内かどうかの判断だったと思われるが、佐藤隆治主審がファウルをとったことは変わらず。場所がボックス内ということでPKとなっていた。 神戸はこのPKをマテウス・サヴィオに決められて逆転を許すと、後半も武藤雄樹にゴールを許し3-1で敗戦となった。 試合後、三木谷会長は自身のツイッターを更新。「あれがファール。。。いくらなんでも酷すぎると思う。」と判定についての意義を唱え、「正式にJ Leagueに抗議文を提出します。VAR を見て、どうしてこの判断になるのか、意味が不明だ。」と抗議の意思を明らかにしていた。 三木谷会長は試合から一夜明けた19日にも投稿を続け、菊池の足が先にボールに当たっていることを指摘。その点でファウルに当たらないのではないかと自身の主張を展開している。 「結局、日本は審判批判はいけないという風土があるが、俺はそれは違うと思う。人間だから、ミスもあるだろう。うちに有利に働いたこともあるだろう。ただ、それに物申すなということが日本の審判のクオリティが進化しない原因だ。今回は、徹底的にやらせてもらう。」 「そして空振った足の踵がボールに先にあたっているようにしか、俺には見えない。違うなら映像を見せてほしい。」 「マッチコミッショナーにもし別の映像があるなら見せてくれと言ったら、それはあるけど、見せられないと言われた。俺にはそれも理解不可能だ。誤審は誤審で仕方ない。我々の主張が間違えているなら、その映像を見せてほしい。そしてそれがJリーグの基準ならそれを審判委員会で徹底してほしい。」 <span class="paragraph-title">【SNS】判定に怒りの神戸・三木谷浩史会長が抗議すると主張</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">結局、日本は審判批判はいけないという風土があるが、俺はそれは違うと思う。人間だから、ミスもあるだろう。うちに有利に働いたこともあるだろう。ただ、それに物申すなということが日本の審判のクオリティが進化しない原因だ。今回は、徹底的にやらせてもらう。 <a href="https://t.co/OFNvyIQ5HC">https://t.co/OFNvyIQ5HC</a></p>&mdash; 三木谷浩史 Hiroshi (Mickey) Mikitani (@hmikitani) <a href="https://twitter.com/hmikitani/status/1538500321516744706?ref_src=twsrc%5Etfw">June 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">そして空振った足の踵がボールに先にあたっているようにしか、俺には見えない。違うなら映像を見せてほしい。 <a href="https://t.co/eIB5KfrSkF">https://t.co/eIB5KfrSkF</a></p>&mdash; 三木谷浩史 Hiroshi (Mickey) Mikitani (@hmikitani) <a href="https://twitter.com/hmikitani/status/1538501630756126721?ref_src=twsrc%5Etfw">June 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">マッチコミッショナーにもし別の映像があるなら見せてくれと言ったら、それはあるけど、見せられないと言われた。俺にはそれも理解不可能だ。誤審は誤審で仕方ない。我々の主張が間違えているなら、その映像を見せてほしい。そしてそれがJリーグの基準ならそれを審判委員会で徹底してほしい。 <a href="https://t.co/mCHyv6chDo">https://t.co/mCHyv6chDo</a></p>&mdash; 三木谷浩史 Hiroshi (Mickey) Mikitani (@hmikitani) <a href="https://twitter.com/hmikitani/status/1538505545774092288?ref_src=twsrc%5Etfw">June 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】三木谷会長が「菊池の足がボールに先にあたっているようにしか見えない」と指摘したファウルのシーン</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="V-pex71yOng";var video_start = 220;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.06.20 11:50 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly