古巣アーセナル戦で負傷のエバートンFWイウォビはハムストリング負傷で2、3週間の離脱

2019.12.25 04:00 Wed
Getty Images
エバートンの新指揮官に就任したカルロ・アンチェロッティ監督だが、いきなり負傷者に見舞われている。
21日のアーセナル戦で負傷交代していたナイジェリア代表FWアレックス・イウォビだが、ハムストリングを負傷していることが判明。26日のバーンリー戦、28日のニューカッスル戦を欠場することになるようだ。
アンチェロッティ監督はイウォビについて「次の試合でプレーさせるつもりはない」と語り、「2週間から3週間は離脱する」とコメントしている。

また、負傷中のMFモルガン・シュナイデルランについても、バーンリー戦とニューカッスル戦を欠場することになるようだ。

一方で、負傷中だったFWテオ・ウォルコットはトレーニングに一部復帰。しかし、バーンリー戦は欠場の見込み。ニューカッスル戦での復帰が見込まれている。


関連ニュース

元イングランド代表DFジャギエルカが41歳で現役引退…エバートンやシェフィールド・Uで活躍

エバートンやシェフィールド・ユナイテッドで活躍した元イングランド代表DFフィル・ジャギエルカ(41)が現役引退を発表した。 昨シーズン限りでチャンピオンシップ(イングランド2部)のストーク・シティを退団し、以降フリーの状況が続いていた41歳DFは、イギリス『スカイ・スポーツ』でスパイクを脱ぐ決断を下したことを明かした。 「自分のキャリアについて、あまり不満はないと思うよ」 「タイミングを見ればわかるように、誰かが私に契約の機会を与えてくれないかどうかを確認するために、もう少し自分自身をそこに置こうとしていたけど、彼らはそうしなかったし、僕はそれを理解している」 「40歳でもプレーできたことをとても誇りに思うよ」 「15歳か16歳のころ、実力が足りないと言われた自分を座らせて、40歳で得点を決め、40歳でプレーし、今のようなキャリアを歩んできたと早送りで振り返れば、あまり不満はないと思うよ」 ジャギエルカはシェフィールド・ユナイテッドでプロキャリアをスタートし、2006年にはプレミアリーグ昇格に貢献。その後、2007年にエバートンへ完全移籍で加入し、12年間に渡ってプレー。2013年からクラブのキャプテンも務めた。 2019年夏にエバートンとの契約が満了した後、プレミアリーグへ昇格した古巣ブレイズに復帰。古巣での2年間のプレー後はウェイン・ルーニー監督率いるダービー・カウンティと短期契約し、その後はストークで1年半プレー。23年間のクラブキャリア通算では750試合以上に出場している。 また、2008年にデビューを飾ったイングランド代表では通算40試合に出場。ユーロ2012と2014年のブラジル・ワールドカップという大舞台も経験した。 2023.11.28 22:34 Tue

「彼にゴールが必要だと思った」 ブルーノがラッシュフォードにPKを託した意図を明かす

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが振り返った。イギリス『BBC』が報じている。 26日のプレミアリーグ第13節でエバートンのホームに乗り込んだユナイテッドは3-0と快勝。ここまで僅差の戦いが続くなか、初の快勝といえるスコアで3連勝を成し遂げた。 この試合もフル出場し、精力的に立ち回ったブルーノ・フェルナンデスは「前半はもう少しボールをキープできたと思うけど、今日は素晴らしい仕事をしたよ」と感想を述べた。 そんな29歳のキャプテンは1-0の56分に巡ったPKのチャンスを悩めるマーカス・ラッシュフォードに譲り、「彼にゴールが必要だと思ったんだ」とそのシーンを説明している。 「彼なら決めてくれると確信していたよ。PKが上手な選手の1人でもあるし、ゴールを決めるときだと思った。僕は本当に嬉しいよ。彼が自信を掴むゴールを決めてくれてね」 また、シーズン最優秀ゴールとの呼び声高いスーパーな一撃で先制点をマークしたアレハンドロ・ガルナチョにも触れ、賛辞の言葉を送っている。 「見事だよ。言葉では言い表せないほど素晴らしいものだった。この世のものとは思えない。特別な子による特別なものだ」 「でも、彼にはまだ期待しているよ。僕らは彼の能力を知っているし、フットボールで何がやれるのかも把握しているからね」 そして、18歳のコビー・メイヌーにも「素晴らしかったよ。僕的にマン・オブ・ザ・マッチだ。ボールを確実に操り、決して間違えなかった」と評した。 2023.11.27 12:00 Mon

3発快勝のユナイテッド、その裏でテン・ハグがHTに喝 「勝った気でいた」

マンチェスター・ユナイテッドがプレミアリーグ3連勝を成し遂げた。 ユナイテッドは26日のプレミアリーグ第13節でエバートンのホームに乗り込み、3-0の勝利。直近の6試合で5勝目を掴み、上位を追走した。 攻守に噛み合ったスコアでの勝利だったが、エリク・テン・ハグ監督は開始3分に先制したチームに緩みを感じ、前半終了後に喝を入れたようだ。 累積警告でベンチに入れず、スタンドからチームの戦いぶりを見届けたオランダ人指揮官はイギリス『スカイ・スポーツ』でこう振り返っている。 「試合が始まってからあまりにものんびりしていたから、ハーフタイムに喝を入れた。もう勝った気でいたんだ。そんなのダメだ。ピッチで100分を戦うんだ。後半はよくやってくれたよ」 そんなユナイテッドを勢いづかせたのが開始3分のアレハンドロ・ガルナチョに飛び出した年間ベストゴール級のスーパーな一撃。指揮官も評価した。 「おそらく年間ベストゴールだろう。だが、フィニッシュだけでなく、ビルドアップもとても良かった。あのフィニッシュは見事だったね」 そして、ようやく2ゴール目のマーカス・ラッシュフォードにも触れ、PKチャンスを譲ったブルーノ・フェルナンデスの献身的な振る舞いを称えた。 「ブルーノがいかに偉大なキャプテンであるかがわかるだろう。彼はチームメートがゴールを必要としているのを感じていたんだ」 「彼はPKが上手なラシーを信頼している。チームには互いを支え合うリーダーシップが必要なんだ」 <span class="paragraph-title">【動画】ガルナチョのスーパーゴールも飛び出したエバートン戦のハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Bcfpn0RhLRw";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.11.27 10:55 Mon

ガルナチョがルーニー彷彿のオーバーヘッド弾を自賛 「自分史上でもベストゴールの1つ」

マンチェスター・ユナイテッドのアルゼンチン代表FWアレハンドロ・ガルナチョがスーパーな一撃を振り返った。 ユナイテッドは26日のプレミアリーグ第13節でエバートンのホームに乗り込み、3-0の勝利。ここまで接戦が続いたが、初の快勝と呼べるスコアで3連勝を成し遂げた。 この勝利を呼び込んだのが先制弾のガルナチョ。3分、右サイドからのクロスに大外から右足のオーバーヘッドキックに持ち込むと、勢いよくゴール右に突き刺さった。 クラブ公式サイトによると、インパクト抜群のスーパーゴールでようやく今季プレミア初ゴールの19歳はイギリス『スカイ・スポーツ』で自身も驚きの一発と回想した。 「正直、信じられないよ。ただ反応しただけで、どうやってゴールになったかも見ていなくて、ただ歓声だけを聞いていただけだったんだ。自分でも『なんてことだ』と言葉が口を突いてしまった。もちろん、僕史上でもベストゴールの1つさ。とても嬉しいよ」 ウェイン・ルーニーの右足バイシクル弾を彷彿とさせると巷で話題だが、ガルナチョも『MUTV』で「よく似ているよね」と同調し、チームとしてのこれからに目を向けた。 「甲乙つけ難いよ。どっちも信じられないゴールだ。重要な勝利だし、まずはトップ6に入っていくためにこの勝ちが必要だった」 「この勝利、3ゴール、クリーンシートがね。とても大きかったよ。で、チャンピオンズリーグのガラタサライ戦に備えていかないと。勝たないとね」 「そして、週末にトップ4入りのためにもう1つ勝っていかないといけない」 <span class="paragraph-title">【動画】ユナイテッドの19歳逸材がルーニー彷彿のファインゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>ガルナチョ<br>圧巻オーバーヘッド弾!<br>\<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A8%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#エヴァートン</a> 0-3 <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BBU?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#マンチェスター・U</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%BC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ルーニー</a> を彷彿とさせる <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%81%E3%83%A7?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ガルナチョ</a> のバイシクル<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%83%89?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ロナウド</a> のセレブレーションも<br><br>秋も <a href="https://twitter.com/hashtag/SPOTVNOW?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SPOTVNOW</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E5%85%A8%E8%A9%A6%E5%90%88%E8%A6%B3%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%AFSPOTVNOW%E3%81%A0%E3%81%91?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#プレミアリーグ全試合観られるのはSPOTVNOWだけ</a> <a href="https://t.co/9qASeMZfZu">pic.twitter.com/9qASeMZfZu</a></p>&mdash; SPOTV NOW JAPAN (@SPOTVNOW_JP) <a href="https://twitter.com/SPOTVNOW_JP/status/1728981650556784904?ref_src=twsrc%5Etfw">November 27, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.11.27 09:55 Mon

ガルナチョが驚愕のバイシクル弾! FW陣奮起のユナイテッドが今季初の3連勝【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第13節、エバートンvsマンチェスター・ユナイテッドが26日にグディソン・パークで行われ、アウェイのユナイテッドが0-3で快勝した。 インターナショナルブレーク前に行われた前節のルートン・タウン戦を1-0で競り勝ち、リーグ連勝を飾った6位のユナイテッド。週明けにはチャンピオンズリーグ(CL)のガラタサライ戦という重要なゲームを控えるなか、財務違反によって勝ち点10剥奪の処分が科されて19位に転落した、渦中のエバートンとのアウェイゲームに臨んだ。 累積警告でベンチ入り禁止となりスタンド観戦となったテン・ハグ監督は前節から先発3人を変更。レギロンに代わって負傷明けのショーが復帰を果たし、負傷のエリクセンとホイルンドの代役にはプレミアリーグ初先発の18歳MFメイヌー、マルシャルが起用された。 試合前にはエバートンファンによる勝ち点剥奪処分への抗議活動に注目が集まった一戦だったが、開始早々に度肝を抜くスーパーゴールがグディソン・パークに大きな衝撃を与える。 開始3分、ディフェンスラインからの対角フィードに反応した右サイドのラッシュフォードがそのまま縦に運んでアンダーラップしたダロトに繋ぐと、ダロトの浮き球クロスにファーサイドで反応したガルナチョが打点の高い右足のバイシクルシュートをゴール右隅の完璧なコースに流し込んだ。 両クラブのレジェンドであるウェイン・ルーニーの伝説ゴールを彷彿とさせるガルナチョの今季リーグ初ゴールで先制に成功したユナイテッドは、以降もスムーズにボールを動かしながら相手を揺さぶって追加点を狙う。 一方、守勢のエバートンも右サイドを起点に幾度か鋭いカウンターを仕掛けると、10分にはボックス右で深い切り返しを見せたキャルバート=ルーウィンが最初の枠内シュートを記録。反発力を示していく。 時間の経過とともに球際でのバトルが激しくなると、その勝負で優位に立ったエバートンが前半半ば過ぎから攻勢を強めていく。31分にはロングボールからボックス内でキャルバート=ルーウィン、マクニールと決定的なシュートを枠に飛ばすが、GKオナナの好守、メイヌーの決死のゴールカバーに遭う。さらに、直後にはボックス中央でマクニールの左からの折り返しに反応したドゥクレが右足ダイレクトシュートも、今度は枠の右に外れる。 立ち上がり以降は防戦一方が続くユナイテッドは、以降も地対空で強さを見せるキャルバート=ルーウィンに前線で起点を作られ続けるが、最後の局面での粘りの守備と相手のシュートミスに救われ、何とか1点リードで前半を終えた。 迎えた後半、集中した入りを見せたユナイテッドは前半同様に早い時間帯にゴールを奪う。52分、ボックス付近で縦に仕掛けたマルシャルがDFヤングと交錯。当初はマルシャルのシミュレーションと判断されたが、オンフィールド・レビューの結果、ユナイテッドにPKが与えられる。ここでブルーノ・フェルナンデスからキッカーを譲られたラッシュフォードがイングランド代表の同僚GKとの駆け引きを制し、強烈なシュートを左上隅に突き刺した。 この直後にはゲイエの右足アウトにかけた見事なフィニッシュでゴールを脅かされるも、GKオナナの圧巻のセーブで事なきを得たユナイテッド。以降は前がかるホームチームの攻撃を撥ね返しながら、快足アタッカー陣のスピードを活かしたロングカウンターでさらなるゴールを目指していく。 72分には殊勲のガルナチョとメイヌーを下げてペリストリ、アムラバトを同時投入すると、この交代策が3点目に繋がる。75分、中盤でのB・フェルナンデスのボール奪取からカウンターに持ち込むと、マルシャル、ペリストリ、B・フェルナンデスと細かく繋ぎ、最後はスルーパスに抜け出したマルシャルがチップキックでGKとの一対一を制し、ガルナチョに続く今季リーグ戦初ゴールとした。 これで勝利を決定的なモノとしたアウェイチームは、負傷明けのショーを下げてワン=ビサカ、マルシャルに代えてハンニバルと続けて交代カードを切っていき、CLガラタサライ戦に向けた戦い方にシフトした。 その後、ホームで一矢報いたいエバートンに幾度か決定機を作られたものの、要所を締める守備で凌ぎ切ったユナイテッドは3試合連続クリーンシート達成で今季初のリーグ3連勝を達成。週明けのガラタサライ戦へ大きな弾みを付けた。 2023.11.27 03:28 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly