デシャン監督が予想「次のフランス代表指揮官は...」

2019.12.21 23:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランス代表を率いるディディエ・デシャン監督が、後継者について名を挙げている。スペイン『マルカ』が伝えた。

2012年7月にローラン・ブラン氏の後任として就任したデシャン監督は、昨年のロシア・ワールドカップ(W杯)でフランスを20年ぶり2度目の優勝に導いた。それらの功績が認められ、今月11日に2020年までの契約を2022年まで延長し、カタールW杯まで指揮することとなった。

そんななか、デシャン監督はフランスメディア『ル・モンド』のインタビューで、同代表監督の後継者について問われ、こう答えたという。

「次の指揮官はジズー(ジネディーヌ・ジダン)かもしれない。いつかは彼になるだろう」

「指導者に年齢は関係ない。長続きさせるのは結果だ」

選手と監督の両方でW杯を制し史上3人目の快挙を達成したデシャン監督。すでに選手として1998年にフランスW杯を制しているジダン監督は、母国の代表監督となり、史上4人目に名を残すことになるのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

監督業再開目指すブラン氏と世界最高の代理人が急接近!

元フランス代表指揮官のローラン・ブラン氏(54)が、監督業再開に向けて世界最高の代理人と急接近しているようだ。フランス『Foot Mercato』が報じている。 現役時代にバルセロナやマルセイユ、インテル、マンチェスター・ユナイテッドで活躍した名センターバックとして知られるブラン氏。 現役引退後はボルドー、フランス代表監督、パリ・サンジェルマン(PSG)の指揮官を歴任。2013年から率いたPSGでは2年連続国内3冠に導いたものの、チャンピオンズリーグ(CL)での成績不振が影響し、2016年に辞任。以降はフリーの状態が続いている。 以前から監督業再開に前向きな同氏に関しては、昨年にチェルシーやリヨン、バルセロナとの交渉も報じられていたが、最終的に交渉はまとまらなかった。 そういった事情もあり、監督業再開に焦りを見せ始めたのか、ブラン氏はここ最近に入って、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドらを顧客に持ち、世界最高の代理人の一人とも評されるジョルジュ・メンデス氏と急接近しているという。 トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督やウォルバーハンプトンのヌーノ・エスピリと・サント監督ら指導者のマネジメントにも明るいメンデス氏は、昨年に元フランス代表MFのサブリ・ラムシ氏をノッティンガム・フォレストと結び付けた実績もある。 なお、メンデス氏に関しては前述のウルブスやバレンシアなどのアドバイザーも務めているが、ブラン氏が以前からフィオレンティーナの監督候補に挙がっていることもあり、まずは同クラブとの交渉が優先事項となるかもしれない。 2020.05.28 14:28 Thu
twitterfacebook
thumb

アルジェリアの魔術師マフレズ「ベン・アルファは強すぎる」

マンチェスター・シティのアルジェリア代表FWリヤド・マフレズは、バジャドリーの元フランス代表FWハテム・ベン・アルファの大ファンのようだ。 リヨンの下部組織で育ったベン・アルファは、同期のカリム・ベンゼマとともにリヨンの黄金期の一員に。2004-05シーズンからのリーグ4連覇を経験したが、その後加入したマルセイユやニューカッスルでは厳しいキャリアが続いた。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ1SWJZQWpPMiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> それでも、2015年夏にフリーで加入したニースでは、リーグ戦34試合で17ゴール6アシストと爆発。その活躍ぶりから翌年パリ・サンジェルマン(PSG)へと大きくステップアップした。 しかし、PSGではそうそうたるビッグプレーヤーとのポジション争いに敗れて構想外となると、1年半にわたって実戦から遠ざかることに。その後、2018年9月からレンヌでプレーした後、1月からは今季終了までの契約でバジャドリーに加入している。 そのドリブルスキルから"天才"ともてはやされたベン・アルファだが、アルジェリアのドリブラーもその虜の一人だったようだ。 「僕はベン・アルファを愛しすぎていた。彼は強すぎるよ。僕は彼がクレイジーだと思っていた。僕はル・アーブルにいた時、彼の試合を観た。それはニューカッスルとマンチェスター・ユナイテッドの試合だった。僕は彼のためだけにニューカッスルの試合を観ていた」 「彼はその日ドリブルしかしなかった。彼はボールを失っても、ドリブルし続けていた。ハーフタイムに監督が彼を連れ出した後、僕は自分自身に話しかけた。彼はクレイジーだ。なぜ監督が彼を交代させるのかとね。彼は強すぎる。信じられない資質を持っている」 「彼とは知り合いだ。すでに話したことがある。今あなたに話したことを彼にも話したよ。僕は彼に信じられない資質を持っていると伝えた。彼はビッグクラブでプレーできる」 2020.05.12 14:55 Tue
twitterfacebook
thumb

カマヴィンガが来夏に控えるユーロ&東京五輪出場に意欲! 去就も語る

スタッド・レンヌに所属するU-21フランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガ(17)は、来夏に控えるユーロ2020や東京オリンピック出場を目標に掲げている。フランス『Ouest-France』が伝えている。 レンヌの17歳の超新星は今シーズン、リーグ・アンでチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位フィニッシュを果たしたチームの絶対的な主力に君臨。同胞であるMFエンゴロ・カンテとMFポール・ポグバのハイブリッドとも評される万能型MFとして、フランスのみならずヨーロッパのサッカー界に大きな衝撃を与えた。 また、アンゴラ出身ながら昨年にフランス国籍取得が認められたカマヴィンガは同年11月にU-21フランス代表デビューを飾っており、今後はレ・ブルーでの活躍も期待されるところだ。 そして、カマヴィンガ自身もいずれも1年延期となったことで、出場のチャンスが出てきたユーロ2020や東京五輪という大舞台への参加を目標に掲げている。 「僕にとってワールドカップは最大の大会だと考えているし、大きな夢のひとつだと言えるね。その一方で、オリンピックやユーロは目標という感覚に近い気がするよ」 「そして、自分がいずれかの大会でプレーできればと思っているよ。来シーズンは代表に呼ばれるため、多くの部分で成長を遂げる必要があるね。とにかく、より一層のハードワークが必要だね」 また、来夏のビッグトーナメント参加に向けて重要となる来シーズンに関して、17歳の超新星がどのクラブでプレーするかにも注目が集まるところ。出場機会、CL出場という部分を考慮すれば、レンヌ残留がベターな選択肢となるが、レアル・マドリーやユベントス、パリ・サンジェルマン、リバプールといったメガクラブがこぞって獲得に関心を示している状況だ。 ただ、カマヴィンガは自身の去就に関して両親や代理人にすべてを委ねており、現時点で頭を悩まされてはいないと主張している。 「シーズン中の話し合いや交渉に関して僕自身は関与していないんだ。シーズン中はフットボールだけに専念し、他のことは両親や代理人に任せているからね。もちろん、シーズン終了後は状況に応じて話し合いに加わることになるけどね」 「正直なところ、自分に関心を示しているとされるクラブに対してあまり興味はないんだ。もちろん、噂されるビッグクラブからの関心は光栄なことだけど、そこまで興味を惹かれているわけではないんだ。レンヌで十分に幸せだからね。将来に関してはシーズン終了後にどうなるか見てみようと思うよ。とにかく、多くのことは両親と代理人に任せているんだ」 「ただ、シーズン中にはそういった噂をSNSなんかで嫌でも目にすることになるね。それは避けようがないことだし、友人から知らされたり、聞かれることもあるよ」 「以前のクープ・ドゥ・ラ・リーグのアミアン戦では試合後に対戦相手から、『レアル・マドリーに行く前にユニフォームを交換してほしい』って言われたよ。そのときは冗談を返す感じではなかったけど、後になってから思い出し笑いをしてしまったよ」 2020.05.09 14:18 Sat
twitterfacebook
thumb

ロリス、ユーロ延期を好機と捉える「最高のユーロにする為に努力を尽くそう」

トッテナム所属のフランス代表GKウーゴ・ロリス(33)は、ユーロ2020の延期は正しい判断だったと感じているようだ。『フランス・フットボール』が伝えている。 本来であれば今シーズン終了後の6月12日に開催が予定されていたユーロ2020。しかし新型コロナウイルス (COVID-19)の影響を受けて延期に。来年の夏に持ち越されることになった。 ユーロ出場を目標としていた選手も多い中、世界王者のロリスは早くも気持ちを切り替えているようだ。開催国がロンドン、ミュンヘン、ローマ、ビルバオなどを含む12都市での開催だったこともあり、感染拡大を抑えるためのこの決断を支持している。 「素直に言うと、僕は延期を期待していたよ。今大会のユーロが国を跨いでの開催だったことを考えると、それは不可能だった。論理的な決断だね」 「1年間も開催が遅れることは、一部の選手たちにとって残酷な決定だろう」 「だが、高いレベルのサッカーに必要なのは、努力や自問自答。これが僕たちをより高いレベルに誘い、素晴らしいコンペティションで競えるチャンスを与えてくれる」 「そのために一度リセットして来シーズンに備えよう。通常の生活に戻れることを祈りつつ、最高のユーロにするために努力を尽くそうじゃないか」 2020.05.08 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

仏サッカー界のレジェンド、エルバン氏が逝去…サンテチェンヌ時代に選手&監督で9度のリーグ制覇

フランスサッカー界のレジェンドであるロベール・エルバン氏(81)が27日に逝去した。フランス『レキップ』が伝えている。 エルバン氏は新型コロナウイルス(COVID-19)ではなく肺と心臓の問題によって今月21日に地元サンテチェンヌの病院に緊急入院。緊急搬送時には脱水症状と意識の混濁が確認されていた。 その後、集中治療室で懸命な治療が続いていたが、27日に死亡が確認された。 フランス代表として通算23キャップを誇るエルバン氏は1950年代後半から1970年代前半までサンテチェンヌ一筋のプロキャリアを歩み、リーグ・アン4連覇を含め8つの国内タイトル獲得に貢献。 さらに、現役引退後は古巣サンテチェンヌでプレイイングマネージャー期間を含め、指揮官として4度のリーグ・アン制覇含む7つのタイトル獲得に導いていた。また、リヨンやストラスブールといった国内クラブ、サウジアラビアのアル・ナスルなどの監督も務めていた。 今回の訃報に際して、エルバン氏がかつて選手と監督として在籍したサンテチェンヌは、クロード・ピュエル監督と、選手一同を代表してサンテチェンヌ生え抜きのキャプテンであるDFロイク・ペランが哀悼の意を表している。 ◆クロード・ピュエル 「彼は私にフットボールへの関心を与えるキッカケの1人だった。幼少期にはサンテチェンヌの黄金期だったこともあり、彼のプレーに憧れていた1人だった」 ◆ロイク・ペラン 「ロベール・エルバンはこのクラブにとって象徴的な存在だ。ここまでのクラブの栄光の大部分は彼のおかげだったと言っても過言ではないと思う。個人的には彼のようなレジェンドと一緒にクラブのアンバサダーに任命されたことを光栄に感じていた」 さらに、現役時代にサンテチェンヌでエルバン氏の指導を受けていたミシェル・プラティニ氏は、「1981年にはリーグ優勝を経験するなど、サンテチェンヌで素晴らしい冒険を共にした。私自身を含め、クラブ史上最高の監督の1人を失ったサポーターの心情は痛いほどわかるよ」と、恩師の逝去を悼んでいる。 2020.04.29 16:21 Wed
twitterfacebook