FC東京、ベスト11選出の強力2トップと契約更新!

2019.12.09 17:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC東京は9日、ブラジル人FWディエゴ・オリヴェイラ(29)と日本代表FW永井謙佑(30)との契約更新合意を発表した。

ブラジルの複数クラブを渡り歩き、2016年に柏レイソルに加入したディエゴ・オリヴェイラは、2018年に期限付きでFC東京に加入。加入初年度は明治安田生命J1リーグ32試合で13ゴールを記録した。この活躍が認められ、今年から完全移籍に切り替わると、リーグ戦33試合で14ゴール、YBCルヴァンカップ6試合で2ゴールの数字を残し、Jリーグの2位フィニッシュに貢献した。

一方、2010年にアビスパ福岡の特別指定選手として、プロデビューを果たした永井は、2011年に名古屋グランパスに入団。2013年のスタンダール・リエージュ(ベルギー)へ移籍した後、名古屋復帰を経て、2017年にFC東京に加入した。今シーズンはリーグ戦33試合で9ゴール、ルヴァンカップ4試合で1ゴールを記録。また、今年6月には4年ぶりに日本代表に復帰している。


関連ニュース
thumb

2020年に大ケガのFC東京GK林彰洋が再手術へ…自身SNSに再起の思い綴る

FC東京は16日、元日本代表GK林彰洋の手術決定を発表した。 林は2020年11月のトレーニング中に右ヒザ前十字じん帯損傷、外側半月板損傷の重傷を負って、同年12月に手術。昨季はその影響で棒に振った。 だが、今季に向けて17日に再び手術を受けることに。全治は術後に改めて知らせるという。 林は16日、インスタグラムを通じて、再手術を報告。完全復活を誓った。 「この度、再度手術を受けることにしました。新しくチームが始動するタイミングで手術という報告をしてしまう事を申し訳なく思っています。様々な方達に日頃から声をかけていただいて、本当に救われています。 ありがとうございます」 「自分の言葉で皆さんに伝えたいと思いここに綴ります。術後この一年以上もの間に違和感としてあり続けた『引っかかり』というものがどうしてもとれません。とはいうものの、確実にこれが原因!!というものも明確ではありません」 「復帰して離脱、復帰して離脱。何度も繰り返してしまった昨年。本当にしっかり悩まされました。と同時に最大に費やせるだけの時間を駆使して治療に割いてきたと自負しています。やれる限り色んな方法で患部へのアプローチも試してきました」 「でも今の状態ではやはり高いパフォーマンスを発揮、継続できないと判断した上、手術の決断に至りました。再手術をするにあたり、二度目のメスを体に入れるという判断は中々早期に決断はできませんでした」 「またこの報告と同時に今回チームキャンプ参加することができません。その中Arbert監督が話をする機会を設けてくれました。個人的な話、戦術的な話、林彰洋という選手が担ってほしい役割など、様々な話です」 「ただ一つこれが一番重要だ!と言って伝えてくれた言葉は…『しっかり健康な状況にしてその怪我を完治させて戻って来い』。その言葉を伝えて送り出してくれました」 「選手として歳を重ねてきた中で刻一刻と競技者としての寿命が日々削られていると思いますが、『僕はどうしても今のままでは諦めきれません』。復帰する!という強い意志を持っています」 「この一年が自分に対して新たな分岐点となるようにサッカー人生をかけて挑みたいと思います。よろしくお願いします!」 2022.01.16 15:40 Sun
twitterfacebook
thumb

アルベルト体制で出直すFC東京が背番号発表! 長友佑都が「5」、大注目の松木玖生が「44」…田川亨介は海外移籍で調整中

FC東京は15日、2022シーズンの新体制と選手背番号を発表した。 2021シーズンはYBCルヴァンカップ王者として臨んだFC東京。長谷川健太体制4年目だったが、チームはなかなか安定した戦いを見せることができず、シーズン中にはサイドバックが相次ぐ負傷で離脱。夏には日本代表DF長友佑都が11年ぶりに復帰した。 しかし、その後もなかなか安定した成績を残せないでいると、11月6日の横浜F・マリノス戦では0-8で惨敗。翌日に長谷川監督が辞任し、森下申一GKコーチが監督に就任。その後も浮上せず、9位でシーズンを終えた。 2022シーズンはアルビレックス新潟を率いていたアルベルト・プッチ・オルトネダ監督が就任。GKヤクブ・スウォビィク(←ベガルタ仙台)、DFエンリケ・トレヴィザン(←大分トリニータ)、FW山下敬大(←サガン鳥栖)、DF木本恭生(←名古屋グランパス)を補強。また、高校3冠を達成したMF松木玖生(←青森山田高校)ら新加入選手にも期待がかかる。 背番号はヤクブ・スウォビィクが「24」、エンリケ・トレヴィザンが「50」、山下が「19」、木本「30」を着用。松木は「44」を着用する。 その他、長友佑都が「50」から「5」、紺野和也が「38」から「17」に変更となった。 なお、FW田川亨介は海外移籍を前提とした調整に入っており、チームを離脱しているとのことだ。 ◆選手背番号一覧 GK 1.児玉剛 13.波多野豪 24.ヤクブ・スウォビィク←ベガルタ仙台/完全 33.林彰洋 DF 3.森重真人 5.長友佑都※背番号変更「50」 6.小川諒也 25.蓮川壮大 28.鈴木準弥 29.岡崎慎 30.木本恭生←名古屋グランパス/完全 37.中村帆高 39.岡庭愁人←明治大学/新加入 49.バングーナガンデ佳史扶 50.エンリケ・トレヴィザン←GDエストリル・プライア(ポルトガル)/完全 MF 7.三田啓貴 8.髙萩洋次郎 10.東慶悟 14.内田宅哉 15.アダイウトン 16.青木拓矢 17.紺野和也※背番号変更「38」 18.品田愛斗 20.レアンドロ 23.渡邊凌磨 31.安部柊斗 40.平川怜←松本山雅FC/復帰 43.梶浦勇輝←FC東京U-18/昇格 44.松木玖生←青森山田高校/新加入 45.安田虎士朗←FC東京U-18/昇格 FW 9.ディエゴ・オリヴェイラ 11.永井謙佑 19.山下敬大←サガン鳥栖/完全 2022.01.15 22:10 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京が平川怜の2年ぶり復帰発表! 昨季は松本でプレー

FC東京は15日、MF平川怜(21)の復帰決定を発表した。 世代別代表歴を持つ平川はFC東京のアカデミー出身で、2016年から2種登録され、2017年11月にプロ契約を締結。2019年7月から出場機会を求め、鹿児島ユナイテッドFCに育成型期限付き移籍した。 2020年からはFC東京に復帰。昨年からは再びの育成型期限付き移籍で松本山雅FCに加わり、明治安田生命J2リーグ19試合に出場した。2年ぶりのFC東京復帰を受け、意気込みを語っている。 「FC東京のファン・サポーターのみなさま、お久しぶりです。平川怜です。2022シーズン、東京でプレーさせていただきます。チームの勝利に貢献できるよう全力で頑張ります。応援よろしくお願いします」 2022.01.15 10:07 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京、今季昇格の野澤零温が相模原で修行 「強く逞しくなって戻ってきます」

SC相模原は14日、FC東京からFW野澤零温(18)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2023年1月31日まで。背番号「28」を着用する。 野澤はFC東京のアカデミー出身で、昨年に2種登録選手としてトップチームデビュー。今季からトップチーム昇格を果たしたが、相模原で修行を積むことが決定した。 両クラブを通じてそれぞれのファンにコメントしている。 ◆SC相模原 「今シーズンSC相模原でプレーさせていただくことになりました、野澤零温です! この素晴らしいチームの一員になれたことを心から嬉しく思っています。どんなときでも結果にこだわってチームを勝利に導けるようにプレーしていきます! 共に、1年でのJ2復帰を実現させましょう! 新人でまだまだ未熟者ですが応援よろしくお願いします!」 ◆FC東京 「アカデミーで7年間お世話になった東京を離れてプレーするのは寂しいですが、今の自分があるのは東京のみなさんが支え、応援し続けてくれたからです。本当に感謝しています。また1人の青赤戦士として、1人のエースストライカーとして強く逞しくなって戻ってきます。”笑顔のストライカー”として成長した姿を待っていてください。応援よろしくお願いします!」 2022.01.14 15:23 Fri
twitterfacebook
thumb

FC東京の快足FW田川亨介が守田英正の同僚に? サンタ・クララ入りが迫る

FC東京に所属するFW田川亨介(22)だが、ポルトガル移籍が迫っているようだ。ポルトガル『A Bola』が報じた。 サガン鳥栖の下部組織で育った田川は、2016年に鳥栖で2種登録。2017年に正式に昇格した。 182cmと上背もありながら、抜群のスピードが武器の田川は、昇格1年目からJ1で24試合に出場し4得点を記録。2年目も23試合で2得点を記録すると、2019年にFC東京へと完全移籍した。 FC東京では1年目は苦しみ、J1で11試合1得点に終わったが、2年目の2020年は21試合で2得点、3年目の2021年は30試合で5得点を記録した。 これまで世代別の日本代表を経験し、東京オリンピックの出場も期待された中、最終的にはメンバー入りを逃していた。 『A Bola』によると、田川はすでにポルトガルへと移動中。日本代表MF守田英正が所属するサンタ・クララに加入することになるようだ。 12日にも正式に契約するとみられているが、森田との共演で飛躍できるかに注目が集まる。 2022.01.11 22:19 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly