新潟、40歳GK野澤洋輔が今季限りで契約満了…「感謝しかありません」

2019.11.19 12:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
アルビレックス新潟は19日、GK野澤洋輔(40)の契約満了に伴う今シーズン限りでの退団を発表した。

野澤は1998年に清水エスパルスでプロキャリアをスタートさせ、2000年に新潟加入を果たすと、2003年のJ2リーグ優勝に貢献するなど2008年までプレー。2009年から湘南ベルマーレ、松本山雅FC、アルビレックス新潟シンガポールを渡り歩き、今年から新潟に復帰したが、ここまで公式戦の出場がなかった。

24日にホームで行われる明治安田生命J2リーグ最終節のV・ファーレン長崎戦を前に新潟との契約満了が発表された野澤。クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。
「2019年はアルビレックス新潟復帰という夢が叶った年でした。それと同時にJ1昇格という夢は破れた年でもありました。しかし、夢に破れるということは、夢に向かって挑む者にしか訪れません。来年からのアルビレックス新潟も、サポーターとともに、J1、そしてその先の夢に挑み続けるチームでいてください。今年1年、サポーターのみんなからかけてもらった声が僕の原動力でした」

「そして、10年間アルビの一員として戦えたことは僕の誇りです。老若男女、本当にたくさんの人達と悔しい思いをし、感動できたことはかけがえのない、いい思い出です。感謝しかありません。こんな僕をヒーローと言ってくれてありがとうございました。アイシテルニイガタ! 新潟最高!」


関連ニュース
thumb

新潟、ベテランGK瀬口拓弥と契約更新合意 「さらにパワーアップしてJ1に」

アルビレックス新潟は30日、GK瀬口拓弥(34)と2023シーズンの契約更新で合意した旨を発表した。 流通経済大学を卒業してから日本フットボールリーグ(JFL)や関東サッカーリーグでプレーした瀬口。カマタマーレ讃岐、徳島ヴォルティスを経て、2021年3月に新潟入りした。 GKにケガ人が相次いでの緊急的な補強として新潟入りとなり、出番なしで終えたが、シーズン終了後に完全移籍移行が決定。今季も出番だったが、サブとしてチームを支えた。 来季からJ2リーグ王者としてJ1リーグ昇格の新潟で引き続きプレーする瀬口はクラブを通じて決意を新たにしている。 「来季もアルビレックス新潟でプレーさせていただくこととなり大変嬉しく思います。来季、チームは戦いの舞台をJ1に移します。今季以上に難しいシーズンになることは容易に想像できると思います」 「J1の舞台で自分自身もチームも飛躍できるように日々精進し、競技者として探究し続けたいと思います。選手もスタッフもクラブもサポーターもさらにパワーアップしてJ1に乗り込みましょう!! 引き続き熱い応援をよろしくお願いいたします」 2022.11.30 12:10 Wed
twitterfacebook
thumb

J1昇格の新潟がDF早川史哉と契約更新「今から胸が熱くなります」

アルビレックス新潟は29日、DF早川史哉(28)との契約更新を発表した。 新潟下部組織出身の早川は筑波大学へ進学して2016年、新潟に加入。しかし、急性白血病を患い治療に専念するため一時、選手契約を凍結した。 2018年8月にはトップチームの練習に参加できるまでに回復し、同年11月には選手契約の凍結が解除。その後はピッチで元気な姿を見せていた。 過去2シーズンは20試合以上出場したが、今シーズンは明治安田生命J2リーグで7試合、天皇杯で1試合の出場に終わっていた。 早川はクラブを通じてコメントしている。 「来シーズンは皆さんと共にJ1で戦えると思うと、今から胸が熱くなります。それと同時にさらにレベルを上げ、結果を求めて日々戦い続けなければいけないと思っています」 「決して楽な道のりではありませんが誇りと責任を持って、勝利のためにすべてのチカラを注ぎ込みます。来シーズンも日本一の応援よろしくお願いします」 2022.11.29 13:27 Tue
twitterfacebook
thumb

来季J1の新潟、秋山裕紀と契約更新合意 「勝利を目指して全力で戦います」

アルビレックス新潟は29日、MF秋山裕紀(21)と契約更新に合意した旨を発表した。 秋山は前橋育英高校出身で、2019年に新潟でプロ入り。アスルクラロ沼津や、鹿児島ユナイテッドFCでの修行も挟みながら新潟で力をつけ、復帰初年度の今季はキャリアハイの明治安田生命J2リーグ20試合に出場して1ゴールを決めた。 チームがJ2優勝でJ1昇格を果たしたなか、個人としても出番を増やした秋山。契約更新を受け、決意を新たにしている。 「来シーズンもアルビレックス新潟でプレーさせていただくことになりました。昨シーズンはファン、サポーターの皆さんをはじめ、クラブに関わるすべての方々の熱い応援や声援のおかげでJ2優勝・J1昇格という目標を達成することができました」 「来シーズン、6年ぶりに戦うJ1のステージは、そう簡単に勝てる相手ばかりではないと思っていますが、これまでチームで積み上げてきたサッカーがどれだけ通用するのか、楽しみの方が大きいです。とにかくチャレンジをし、勝利を目指して全力で戦います」 「アルビレックス新潟に関わるすべての皆さん、来シーズンも一丸となって僕たちと一緒に戦ってください。よろしくお願いします」 2022.11.29 12:05 Tue
twitterfacebook
thumb

J2優勝の新潟から最多6名が初代J2ベストイレブンに選出、主将DF堀米悠斗「共に戦った選手たちから評価を得られたことは凄く嬉しい」

2022シーズンの明治安田生命J2リーグのアウォーズが14日に開催。各賞が発表された。 これまではJ1をメインに全てのカテゴリーを同一のアウォーズで表彰していた中、今シーズンからはカテゴリーを分けてアウォーズを開催。そのため、J2のベストイレブンや最優秀選手賞のタイトルが誕生した。 初代J2ベストイレブンには、見事にJ2を制し、J1への昇格を果たしたアルビレックス新潟から最多の6名が選出。また、2位の横浜FCと4位のロアッソ熊本からは2名ずつ、3位のファジアーノ岡山からは1名が選出された。 最多ゴール、最少失点と圧倒的な強さを見せて優勝した新潟の6選手が取材に応じ、初のベストイレブン選手について喜びを語った。 GK小島亨介 「今回ベストイレブンに選出していただき、とても嬉しく思いますし、光栄です」 「僕自身、個人の目標として42試合フル出場を掲げていた中で、それを成し遂げ、最終的にJ2優勝、J1昇格、ベストイレブンと形あるものにできたことを凄く嬉しく思います」 DF堀米悠斗 「2022年度、J2では初めてのベストイレブンに選出してもらい凄く光栄です」 「また選手間投票で、今年1年間共に戦ったJ2の選手たちからこういう評価を得られたことは凄く嬉しく思います」 DF舞行龍ジェームズ 「光栄ですし、嬉しいです」 MF伊藤涼太郎 「このような賞をいただけて光栄です。来年は上のステージでもこのような賞をもらえるように、良い準備を進めていきたいと思います」 MF高宇洋 「非常に光栄に思いますし、今年自分に携わってくれた人に様々な感謝の思いを持って、喜びたいと思います」 MF高木善朗 「この賞を受賞できて本当に嬉しいです。皆さんに本当に感謝しています」 2022.11.15 07:35 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FCの小川航基が初代MVP! 得点王にも輝き個人三冠《2022J2リーグアウォーズ》

14日に2022シーズンのJ2リーグアウォーズが行われた。 今季からJ1からJ3のカテゴリー別でそれぞれMVPやベストイレブンを選定することになったJリーグ。J1の表彰式から1週間、今回はJ2の各賞が発表された。 今季のJ2はアルビレックス新潟が制覇し、2位の横浜FCとともにJ1へ昇格。プレーオフでは4位のロアッソ熊本が京都サンガFCへの挑戦権を勝ち取ったが、13日に行われたその一戦は1-1で終わり、京都の残留となった。 そんなJ2で初の最優秀選手賞に選ばれたのは横浜FCの小川航基。今季ジュビロ磐田から完全移籍で加入し、26ゴールで得点王にも輝いた。もちろんベストイレブンにも顔を揃えており、個人では三冠を手にする充実したシーズンとなった。 ベストイレブンでは、優勝した新潟から最多の6人が選ばれ、横浜FCや惜しくも昇格に届かなかった熊本からはそれぞれ2人、3位のファジアーノ岡山から1人という構成となった。 また、最優秀ゴールは、FC町田ゼルビアの山口一真が第16節の新潟戦で決めた直接FKが選ばれた。敵陣中央と距離のある位置から右足を振り抜き、強烈なブレ球シュートがゴール右に突き刺さる正真正銘のスーパーゴールだった。 J2リーグの記念すべき初代各賞は以下の通り。 <span style="font-weight:700;">【2022 J2リーグ各賞受賞者】</span> <span style="font-weight:700;">◆最優秀選手賞</span> FW<span style="font-weight:700;">小川航基</span>(横浜FC) <span style="font-weight:700;">◆ベストイレブン</span> GK <span style="font-weight:700;">小島亨介</span>(アルビレックス新潟) DF <span style="font-weight:700;">堀米悠斗</span>(アルビレックス新潟) <span style="font-weight:700;">舞行龍ジェームズ</span>(アルビレックス新潟) <span style="font-weight:700;">ヨルディ・バイス</span>(ファジアーノ岡山) MF <span style="font-weight:700;">長谷川竜也</span>(横浜FC) <span style="font-weight:700;">伊藤涼太郎</span>(アルビレックス新潟) <span style="font-weight:700;">高宇洋</span>(アルビレックス新潟) <span style="font-weight:700;">高木善朗</span>(アルビレックス新潟) <span style="font-weight:700;">河原創</span>(ロアッソ熊本) FW <span style="font-weight:700;">髙橋利樹</span>((ロアッソ熊本) <span style="font-weight:700;">小川航基</span>(横浜FC) <span style="font-weight:700;">◆得点王</span> 【26得点】 FW<span style="font-weight:700;">小川航基</span>(横浜FC) <span style="font-weight:700;">◆フェアプレー賞</span> <span style="font-weight:700;">アルビレックス新潟</span> <span style="font-weight:700;">◆優勝監督賞</span> <span style="font-weight:700;">松橋力蔵</span>(アルビレックス新潟) <span style="font-weight:700;">◆優秀監督賞</span> <span style="font-weight:700;">大木武</span>(ロアッソ熊本) <span style="font-weight:700;">◆最優秀ゴール賞</span> <span style="font-weight:700;">山口一真</span>(FC町田ゼルビア) 2022.11.14 21:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly