今季限りで現役引退のGK野澤洋輔、株式会社アルビレックス新潟に入社! 営業部に配属

2019.12.19 14:54 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
アルビレックス新潟は19日、今シーズン限りでの現役引退を発表したGK野澤洋輔(40)の株式会社アルビレックス新潟への入社を発表した。1998年に清水エスパルスでプロキャリアをスタートさせた野澤は、2000年に新潟に加入した。新潟では9シーズンにわたり守護神として活躍。2009年から湘南ベルマーレ、2012年から松本山雅FC、2015年からはアルビレックス新潟・シンガポールでプレー。2019年に新潟に復帰し、今月17日に今シーズン限りでの現役引退を発表していた。

新潟のスタッフとして働くこととなった野澤は、営業部への配属となるようだ。同選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。
「このたび、株式会社アルビレックス新潟営業部に配属になりました野澤洋輔です。ビッグスワンを4万人にするという夢を叶えるべく、頑張っていきたいと思います。これからは、選手の時以上に皆さんの近くで皆さんの声を聞き、ふれ合えたらいいなと思っています」

「引き続き、アルビレックス新潟の応援をよろしくお願いします。そして、第2の人生、営業部の野澤の応援もよろしくお願いします。アイシテルニイガタ」

関連ニュース
thumb

「アンラッキーなデビュー」グラスホッパー加入・原輝綺の欧州初出場はほろ苦に…クロス後逸で失点直結…

グラスホッパーへ新加入したMF原輝綺(24)。海外デビュー戦は無念の結果に終わってしまった。 原は今冬に清水エスパルスからスイス・スーパーリーグのグラスホッパーへ半年間の期限付き移籍で加入。初の欧州挑戦に臨んだ。 21日の第17節、雪が降りしきるホームでの首位・ヤングボーイズ戦で早速ベンチ入り。スタメン出場となった"先輩"2人、川辺駿と瀬古歩夢をサブから見守ると、1点ビハインドの60分にデビューの時を迎えた。 [3-4-2-1]の左ウイングで先発したドミニク・シュミットに代わってピッチへ立った原だが、残念ながら失点に関与することに。78分、自身への縦パスをカットされて懸命にリカバリーを試みるも、最終的にはボックス内でクロスのバウンドを見誤り、後逸。背後の相手選手にゴールを許してしまった。 グラスホッパーは終盤に1点を返すも1-2で惜敗。クラブの速報では「ポジショニングミス」で「アンラッキーなデビューとなった」と称された原。今後の巻き返しが期待される。 <span class="paragraph-title">【動画】原輝綺、バウンドの処理を誤り失点に大きく関与…</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="WfS2-QrQz_A";var video_start = 234;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.24 14:27 Tue
twitterfacebook
thumb

「うわぁ、きれいだ」ビッグスワンが七色にライトアップ!新潟レディースの皇后杯勝利祝う

デンカビッグスワンスタジアムが虹色に彩られた。 アルビレックス新潟のホームスタジアムとして使用されているビッグスワンは、これまでも勝利を祝うライトアップを実施。昨年9月16日からはホーム・アウェイに関わらず、男子が勝利した場合には新潟カラーの橙色・青色、女子が勝利した場合には回転するレインボーカラーと定められていた。 だが、アルビレックス新潟レディースは、今季のWEリーグでここまで未勝利。12月の皇后杯4回戦勝利で、設定日以降初の勝利を収めた。 大宮アルディージャVENTUSとの対戦となった15日の準々決勝でも、後半の追加タイムに道上彩花がヘディング弾を沈め、劇的な勝利。2大会ぶりの準決勝進出を決めた。 ビッグスワンもレディースの勝利を祝し、「アルビレックス新潟レディースが皇后杯準々決勝で勝利したため、今夜(1/15)のスタジアムライトアップはレインボーカラーを点灯します」と告知。七色に輝くスタジアムの写真を投稿した。 ライトアップされたスタジアムは好評を博し、「ブラボー」、「フクアリでもやってほしい」、「嗚呼、美しい〜」、「いいなこれ」、「うわぁ♪きれいだぁ」といった感嘆の声などが上がっている。 新潟レディースの皇后杯での最高成績は準優勝。これまで4度の決勝進出を果たしているが、いずれもINAC神戸レオネッサの前に涙をのんでいる。 22日に行われる準決勝の相手は、大会最多優勝を数える日テレ・東京ヴェルディベレーザ。「準決勝、決勝とレインボーカラーが見れます様に」との声のように、悲願の初優勝を飾ることはできるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】虹色にライトアップされたビッグスワン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">アルビレックス新潟レディースが皇后杯準々決勝で勝利したため、今夜(1/15)のスタジアムライトアップはレインボーカラーを点灯します <a href="https://t.co/3GQmINzAvV">https://t.co/3GQmINzAvV</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ビッグスワン</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%B7%91%E8%8A%B1%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#緑花センターニュース</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%85%AC%E5%9C%92%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#公園イベント</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E6%96%B0%E6%BD%9F%E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%B9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#アルビレックス新潟レディース</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%9A%87%E5%90%8E%E6%9D%AF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#皇后杯</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%EF%BC%94?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ベスト4</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ライトアップ</a> <a href="https://t.co/lsn4lW1ApK">pic.twitter.com/lsn4lW1ApK</a></p>&mdash; デンカビッグスワンスタジアム (@bigswan_niigata) <a href="https://twitter.com/bigswan_niigata/status/1614507301733552130?ref_src=twsrc%5Etfw">January 15, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.15 21:35 Sun
twitterfacebook
thumb

新潟がブラジル人2選手の加入内定を発表! 「神様に感謝」

アルビレックス新潟は13日、クイアバのFWグスタボ・ネスカウ(22)とAAポンチ・プレッタMFダニーロ・ゴメス(23)の両ブラジル人選手が加入内定した旨を発表した。両選手ともにメディカルチェック終了後に正式加入となり、2月上旬に合流する予定のようだ。 グスタボ・ネスカウはヘディングが売りの身長189cmFW。走力にも自信があり、守備面でもハードワークできる献身性を持つ。一方、左利きアタッカーのダニーロ・ゴメスはサイドでのプレーが得意で、ドリブル突破、ラストパス、フィニッシュと攻撃力の高い選手だという。 ちなみに、揃って自国クラブからの加入となる両選手の背番号はグスタボ・ネスカウが「23」、ダニーロ・ゴメスが「17」。新潟入りを受け、クラブを通じてそれぞれ意気込みを語っている。 ◆グスタボ・ネスカウ 「アルビレックス新潟でプレーする機会を与えてくれた神様に感謝したいと思います。Jリーグでプレーするという新しい挑戦ができることを、とても嬉しく楽しみで仕方ない気持ちです」 「他のクラブからのオファーもありましたが、日本でのプレー経験がある知人などから日本の歴史を聞き、新潟という地域の素晴らしさも感じたため、アルビレックス新潟でプレーすることを選びました」 「一日も早く新潟で待つチームに合流し、仲間たちとプレーしたいです。また、これまで多くのブラジル人選手が日本で歴史をつくってきたように、自分自身も歴史に名を刻めるように必死に戦っていきたいと思います」 ◆ダニーロ・ゴメス 「アルビレックス新潟に加入できたことをとても嬉しく思っています。日本という国の良さを聞いていて、新潟で素晴らしいシーズンを過ごせるよう、自分自身に期待しています」 「昨年のワールドカップでの日本の活躍のとおり、日本のサッカーは大きく成長していると感じています。高いレベルの中でも自分の特徴を最大限に発揮して、応援してくださる皆さんが喜んでもらえるように、全力でプレーします」 「日本の言葉や文化、生活様式を皆さんに教えていただきながら日々を楽しみ、新潟に馴染んでいきたいとも思っています。温かい応援をよろしくお願いいたします」 2023.01.13 15:25 Fri
twitterfacebook
thumb

柏、新潟に期限付き移籍中のMFイッペイ・シノヅカの復帰を発表…昨季はJ2で14試合2得点

柏レイソルは13日、アルビレックス新潟へ期限付き移籍していたMFイッペイ・シノヅカ(27)の復帰を発表した。 イッペイ・シノヅカは千葉県出身で、中央学院高校を卒業後ロシアへと渡り、スパルタク・モスクワのセカンドチームでもプレー。U-18ロシア代表歴がある。 2017年に横浜F・マリノスに完全移籍。2019年7月に大宮アルディージャへと期限付き移籍すると、2020年には完全移籍。2021年に柏に加入した。 柏で1年過ごすと、2022シーズンは新潟に期限付き移籍。明治安田生命J2リーグで14試合に出場し2得点を記録。チームのJ2優勝&J1昇格に貢献した。 イッペイ・シノヅカはクラブを通じてコメントしている。 「2022シーズンをもって、期限付き移籍が満了となりました。昨年は自分自身にとって、手術などもあり難しいシーズンとなりましたが、チームとしての目標を達成することができましたので、少しだったとしても、力になれたのではと嬉しく思っています」 「アルビレックス新潟のサポーターの皆さんの温かい後押しをはじめ、チームの皆さんやフロントスタッフの方々のサポートのおかげで、有意義な1年間を過ごすことができました」 「今年の新潟は、J1リーグの舞台での戦いになりますが、ずっと応援しています。本当にありがとうございました」 2023.01.13 11:17 Fri
twitterfacebook
thumb

6年ぶりJ1復帰の新潟が選手背番号発表 復帰の新井は2番で「10」は空きのまま

アルビレックス新潟は12日、2023シーズンの新体制ならびに選手の背番号を発表した。 2022年の新潟はアルベル・プッチ・オルトネダ前監督が礎を築いたポジショナルプレーを、松橋力蔵監督のもとで継続・昇華。明治安田生命J2リーグで25勝9分け8敗、リーグ最多73得点、最少タイの35失点という成績を残し、見事に優勝を果たした。 6年振りのJ1復帰となる今季も引き続き松橋監督が指揮を執る。メンバーも大多数が契約を更新し、陣容に大きな変更点はない。 既存の期限付き移籍選手を除けば、チームを離れることが決まっているのは矢村健(→藤枝MYFC)とアレクサンドレ・ゲデス(→未定)の2人のみ。新加入選手も太田修介(←FC町田ゼルビア)と、3年ぶりに新潟復帰の新井直人(←セレッソ大阪)の2選手となっており、新卒で加入する選手は現状いない。 背番号もほぼ昨季を踏襲し、変更となったのは小見洋太(23→16)のみ。太田が「11」、新井は当時の「2」番を再び背負い、本間至恩が着用していた「10」は空きのままとなっている。 また、12日まで契約に関するリリースのない、柏レイソルから期限付き移籍中のイッペイ・シノヅカが、公開されたリストからは外れている。 ◆選手背番号一覧 GK 1.小島亨介 21.阿部航斗 24.瀬口拓弥 39.西村遥己 DF 2.新井直人←セレッソ大阪/完全 3.トーマス・デン 5.舞行龍ジェームズ 15.渡邊泰基 18.早川史哉 31.堀米悠斗 32.長谷川巧 35.千葉和彦 50.田上大地 MF 6.秋山裕紀 8.高宇洋 13.伊藤涼太郎 14.三戸舜介 19.星雄次 20.島田譲 22.松田詠太郎←横浜F・マリノス/期限付き移籍延長 25.藤原奏哉 29.シマブク・カズヨシ 33.高木善朗 47.吉田陣平 FW 7.谷口海斗 9.鈴木孝司 11.太田修介←FC町田ゼルビア/完全 16.小見洋太※背番号変更 2023.01.12 19:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly