ユベントス、延長交渉が難航する守護神の後釜で来夏にドンナルンマ獲得か

2019.11.16 02:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスは、ミランに所属するイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(20)の獲得を画策しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

ロッソネロの絶対的守護神として君臨するドンナルンマ。20歳ながらミランでの公式戦170試合以上に出場しており、今季もリーグ戦11試合でフル出場している。

2021年まで契約を残すドンナルンマには契約延長の噂も出ていたが、『ガゼッタ・デロ・スポルト』は600万ユーロ(約7億2000万円)とも言われる同選手の年俸とミランの財政難回復のために来夏の移籍市場で放出する可能性があるという。

そこで獲得に動いているのがユベントスのようだ。ユベントスは現在、守護神を務めるポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーとの延長交渉が難航しており、ドンナルンマに動向に注視している模様。

同紙によれば、ユベントスはドンナルンマの獲得に向けて、移籍金+トルコ代表DFメリフ・デミラルorイタリア代表DFダニエレ・ルガーニを準備しているという。

十代でミランの守護神という大役を担い、この先もサン・シーロでの活躍が期待されるドンナルンマだが、未来はいかに。

関連ニュース
thumb

ユベントスがデパイへのオファーを準備! バルサとは契約解除の流れに

ユベントスが、バルセロナのオランダ代表FWメンフィス・デパイ(28)に向けたオファーを準備しているようだ。イタリア人ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が報じている。 今夏の移籍市場でセンターFWの補強を画策しているユベントス。最優先はレンタルバックでアトレティコ・マドリーに戻ったスペイン代表FWアルバロ・モラタ(29)の再獲得だが、移籍形態を筆頭に両クラブの意見は相違している模様。また、ラ・リーガ開幕も今週末に控えていることから、時間が経てば経つほど交渉は困難を極めていく。 そこで現在注目しているのがデパイだ。同選手は昨夏、ロナルド・クーマン前監督に誘われる形でバルセロナ移籍したものの、負傷とチャビ・エルナンデス監督就任をきっかけに出場機会が減少。加えて、クラブがポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキやブラジル代表MFハフィーニャを獲得したことで放出候補とまで言われている。 バルセロナは当初、要求額を可能な限り下げていたが、移籍に詳しいジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、もはや契約解除もやぶさかではない様子。選手の弁護士を通じて交渉に入っており、デパイも魅力的な移籍先が決まった場合は、契約解除に応じる構えだと伝えられた。 そこにユベントスからのオファーが舞い込めば、一石三鳥の取引となるが、果たして。 2022.08.09 21:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーベ行き濃厚のコスティッチ、10日のスーパー杯マドリー戦は不参加に

ユベントス行きが取り沙汰されるフランクフルトのセルビア代表MFフィリップ・コスティッチ(29)について、クラブ公式が決定的なアナウンスをしている。 今夏を通してユベントスとの関連が伝えられ続けたコスティッチ。有力な移籍情報を提供するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏は先日、同クラブが今週中に契約をまとめるため、本腰を入れたと報じた。 そんな中フランクフルトは9日、10日に控えるレアル・マドリーとのUEFAスーパーカップにセルビア代表MFが参加しないことを発表。合わせてスポーツ・ディレクターのマルクス・クレッシュ氏は「我々は常々、あらゆる方面から良いオファーがあれば、彼の道を邪魔することはしないし、積極的に話をしようと言ってきた。現在、他のクラブと有望な交渉中であり、解決は目前だ」と、クラブ名は明言しなかったものの、他クラブとの交渉が最終段階に入っていることが、メンバーから外れた理由であると伝えた。 また、9日にロマーノ氏は続報として、ユベントスとフランクフルトが1600万ユーロ+アドオンの条件でクラブ間合意したと報道。同日にはコスティッチはメディカルチェックのためトリノ入りするようだ。 2022.08.09 20:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ラビオ代理人と交渉中…ユーベは売却視野

マンチェスター・ユナイテッドがユベントスに所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(27)の代理人と交渉中のようだ。 移籍市場に精通するイタリア人のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、つい先日にラビオ獲得の動きが明るみのユナイテッドは実母で代理人も務めるヴェロニク氏と直接的に接触を図り、個人条件を巡って協議中。エリク・テン・ハグ監督もラビオとの交渉に直接関与しているという。 今季を迎えるにあたって、DFタイレル・マラシア、MFクリスティアン・エリクセン、DFリサンドロ・マルティネスを確保したユナイテッドだが、テン・ハグ新監督が中盤のコネクター役として望むバルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングを巡る交渉は長く難航を極めている。 そのなか、7日にブライトン&ホーヴ・アルビオンとのプレミアリーグ開幕節を迎えたユナイテッドだが、1-2で敗れ、クラブOBのポール・スコールズ氏から中盤を司ったMFフレッジとMFスコット・マクトミネイに名指しで厳しい声。補強の必要性が改めて浮き彫りとなっている。 なお、ロマーノ氏によれば、ユベントス側は今季が契約最終年のラビオに関して今夏の売却を視野に入れており、クラブ間の話し合いは大きな問題なく、進むものと推察されている。 2022.08.09 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

シュチェスニー、左太モモ内転筋負傷で開幕節欠場…

ユベントスは8日、ポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーが左太モモの内転筋を負傷したことを発表した。 シュチェスニーは7日に行われたプレシーズンマッチのアトレティコ・マドリー戦(0-4の敗戦)に先発出場。前半終了時に違和感を訴えており、ハーフタイムで後退していた。 クラブの発表よれば、シュチェスニーは8日午前にJメディカルで検査を受診、その結果、左モモ内転筋に軽度の損傷が確認されたという。また、離脱期間については20日程度になると明かしており、今週末に開幕するセリエAの初戦を欠場することが決定的となった。 なお、ユベントスは15日に行われるセリエA開幕節でサッスオーロをホームに迎え撃つ。 2022.08.08 23:31 Mon
twitterfacebook
thumb

インテルはDFシュクリニアルをとどめるべき... PSM5試合10失点を受けて伊紙が主張

インテルはスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)をチームにとどめるべきであると、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が主張している。 今夏、しきりにパリ・サンジェルマン(PSG)移籍が報じられるシュクリニアル。現時点ではインテルが5000万ユーロ(約69億円)のオファーを拒否するも、それを受けたPSG側が新たなオファーを検討中と伝えられており、交渉成立の可能性は残されているものと考えられる。 だが、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、2つのポイントを挙げてインテルにシュクリニアル残留を呼びかけている。 まずプレシーズンマッチで露見した守備の懸念だ。インテルはリヨンやビジャレアル、モナコ、RCランス、ルガーノと対戦し、5試合で10失点。ケガ明けのシュクリニアルもコンディションが万全でなく、唯一スタメン出場したビジャレアル戦で4失点を喫するなど、守備に不安を残した状態でセリエA開幕を迎えることとなった。 しかし、インテルにとってシュクリニアルは唯一無二の存在。最終ラインはシュクリニアルを中心に構築すべきであり、もし放出すればこれまでの積み上げが台無しになる危険があると考えられている。 次に後釜となる選手への懸念だ。インテルは当初、トリノで昨季のセリエA最優秀DF賞を受賞したブラジル人DFグレイソン・ブレーメルをリストアップ。ブレーメル自身もインテル移籍に惹かれていたものの、最終的にはオランダ代表DFマタイス・デ・リフトの後釜としてユベントス入りを決断している。 現在はドルトムントのスイス代表DFマヌエル・アカンジ(27)を注視しているとのこと。だが、ドルトムント側が売却に消極的なうえ、獲得できたとしてもイタリアサッカーへの適応など不安要素が多いと分析されている。 2022.08.08 19:09 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly