セルティック、3年連続国内3冠の立役者・マクレガーと5年の契約延長

2019.11.06 20:03 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セルティックは6日、スコットランド代表MFカラム・マクレガー(26)との契約延長を発表した。新契約は5年間となる。

マクレガーは、セルティックのアカデミー出身で、2013年8月から1シーズンはイングランドのノッツ・カウンティへレンタル移籍。その後はセルティックでプレーを続けている。

セルティックでは公式戦通算248試合に出場し41ゴール48アシストを記録。スコティッシュ・プレミアリーグでは147試合に出場し23ゴール30アシストを記録していた。

2016-17シーズンから3シーズン連続の国内3冠という偉業を成し遂げたメンバーの1人。今シーズンもリーグ戦で11試合に出場し2ゴール1アシスト。ヨーロッパリーグでも3試合に出場していた。

関連ニュース
thumb

アーセナル、米代表GKターナー加入を発表! アルテタ「高いクオリティーをもたらしてくれる」

アーセナルは27日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューイングランド・レボリューションからアメリカ代表GKマット・ターナー(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「30」に決定している。 今年2月に加入合意がすでに発表されていたターナーは、メディカルチェックを無事にパスし、正式にアーセナルの一員となった。契約期間に関しては“長期”とのみ発表されている。 2016年3月にフェアフィールド・スタッグスからニューイングランド・レボリューションへ加入したターナー。リッチモンド・キッカーへの2度のレンタル移籍を経験し、2017年11月に復帰した。 2018シーズンからはレギュラーとしてプレー。MLSで111試合に出場した28歳は、2021年2月にはアメリカ代表デビュー。現在は正守護神としてプレーし、カタール・ワールドカップ北中米カリブ海予選突破に貢献した。 アーセナルではイングランド代表GKアーロン・ラムズデールが守護神を務める一方、セカンドGKのドイツ代表GKベルント・レノに今夏の退団の可能性が報じられており、ターナーがラムズデールのバックアップを担うことになりそうだ。 アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督は、その新加入GKがチームに新たな経験とクオリティーをもたらすことを期待している。 「マットは経験豊富なGKで、我々のチームに高いクオリティーをもたらしてくれるはずだ。彼は近年、MLSとアメリカ代表の国際レベルでのパフォーマンスで、来シーズンに向けてさらなる強さを与えてくれるGKであることを示している」 「我々はマットと彼の家族の加入を歓迎し、今後数年間一緒に仕事をすることを楽しみにしている」 2022.06.27 19:41 Mon
twitterfacebook
thumb

FWチャーリー・オースティンが豪ブリスベン・ロアーに移籍

オーストラリアのブリスベン・ロアーは27日、QPRから元イングランド代表FWチャーリー・オースティン(32)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は“複数年”とのみ伝えられている。 レンガ積み職人として働く傍ら、イングランドの下部リーグを渡り歩くなかで、ステップアップを図ってきた苦労人のオースティン。2013年に加入したチャンピオンシップ(イングランド2部)のQPRへと加入し、プレミアリーグ昇格に導いた。 2014–15シーズンにはプレミアリーグで18ゴールを挙げる活躍を見せたが、以降のサウサンプトンやWBAではややパフォーマンスを落とし、2021年1月には古巣QPRにレンタルで復帰。完全移籍に切り替わった今シーズンはチャンピオンシップで34試合5ゴールの数字に留まった。 なお、オースティンが加入するブリスベン・ロアーは、サガン鳥栖のFW和田凌が今年2月から7月11日までの契約でレンタル中だ。 2022.06.27 19:21 Mon
twitterfacebook
thumb

昇格レッチェ、ユーベからDFフラボッタをレンタル

レッチェは27日、ユベントスからイタリア人DFジャンルカ・フラボッタ(23)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 なお、今回の契約ではレッチェが買い取りオプションを有している一方、そのオプションを行使した場合、ユベントス側に買い戻しオプションが与えられる条項が盛り込まれているようだ。 ボローニャの下部組織育ちのフラボッタは、レナーテ、ポルデノーネへの武者修行を経て、2019年にU-23ユベントスに完全移籍で加入。そして、2020年8月のセリエAのローマ戦でトップチームデビューを飾った。 2020-21シーズンはアンドレア・ピルロ前監督の信頼を獲得し、シーズン序盤戦は左サイドバック、サイドハーフを主戦場に準主力として起用され、公式戦17試合に出場した。 しかし、昨夏に買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入したエラス・ヴェローナでは、度重なる負傷に苦しみ、今シーズンはわずかにセリエA2試合の途中出場と失望の1年となった。 今シーズンのセリエBを制して久々のセリエA参戦となるレッチェでは、キャリア再生のシーズンに挑む。 2022.06.27 18:53 Mon
twitterfacebook
thumb

ケルンがバウムガルト監督と契約延長! 就任1年目でECL出場権獲得に導く

ケルンは27日、ステッフェン・バウムガルト監督(50)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。 バウムガルト監督は、2017年4月からパーダーボルンを4年間指揮。その後、今シーズンからケルンの新指揮官に就任した。 昨シーズンを16位で終え、ホルシュタイン・キールとの昇格・降格プレーオフを制してギリギリでの残留を決めたチームを引き継いだ中、今シーズンは常に安定したパフォーマンスを維持。最低限のノルマである残留を早々に確定させると、7位フィニッシュでヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)出場権獲得に導いた。 その手腕が評価され、2023年までとなっていた現行契約をさらに1年延長することになった同監督は、来シーズンの目標を語っている。 「我々は、話し合いの中で比較的早くこれからも一緒にやっていこうということになった。私はケルンにいることが好きだ。いつもそれを強調してきたし、とても楽しい。そして、それこそが私にとって一番大事なことなんだ」 2022.06.27 18:30 Mon
twitterfacebook
thumb

浦和がFWブライアン・リンセン獲得でクラブ間合意! 「浦和移籍で私のひとつの夢が叶った」

浦和レッズは27日、オランダ人FWブライアン・リンセン(31)の完全移籍に関してフェイエノールトとクラブ間合意に至ったことを発表した。 同選手は日本でのメディカルチェック等を経て、正式契約を結ぶ予定だ。 「前への推進力・スピードがあり、テクニックも兼ね備えた得点力高いストライカー。周囲の選手を活かすプレーもでき、守備面での貢献も期待できる」と、その特長が紹介された31歳FWは、クラブ公式サイトを通じて新天地での意気込みを語っている。 「私のキャリアの中での新しい章が始まることを、とても楽しみにしています」 「18歳からオランダのプロサッカーリーグでプレーしていて、最後の2年間はフェイエノールトでプレーしました。フェイエノールトでは素晴らしい時間を過ごすことができ、非常に誇りに思っています」 「私は海外でプレーする夢を今まで持ってきました。それは皆さんも知っていることだと思います」 「この浦和への移籍は私のひとつの夢が叶った瞬間でした。偉大なクラブであり、素晴らしいスタジアムがあり、多くのファン・サポーターが浦和レッズにはいます」 「これから始まる新しい生活、これから出会う人々のことを思うと今から待ちきれません。浦和レッズのユニフォームを着た最初の試合を心待ちにしていますし、それが素晴らしい時間になることを祈っています」 なお、オランダ『Rijnmond』が先日に報じたところによると、移籍金は130万ユーロ(約1億8500万円)程度となり、リンセンは2年半の契約にサインするという。 2020年7月にフィテッセからフリートランスファーで加入したリンセンは、フェイエノールトで公式戦通算91試合28ゴール16アシストを記録。今シーズンはエールディビジで34試合に出場し13ゴール8アシスト、ヨーロッパ・カンファレンスリーグで12試合3ゴールを挙げていた。また、エールディビジでは通算341試合で108ゴール47アシストを記録している。 2022.06.27 14:49 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly