徳島、阪南大学のDF吹ヶ徳喜が来季加入内定! 「チームの力になれるよう全力で頑張ります」

2019.08.30 15:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
徳島ヴォルティスは30日、阪南大学のDF吹ヶ徳喜(22)の来シーズンからの加入内定を発表した。

愛知県出身の吹ヶは名古屋グランパスの下部組織を経て阪南大学に進学。過去にはU-17日本代表招集歴もある高精度の左足を持つ左サイドバックだ。

徳島への来季加入が内定して吹ヶはクラブ公式サイトを通じて以下のようなコメントを残している。

「来シーズンより徳島ヴォルティスに加入することになりました阪南大学の吹ヶ徳喜です。チームの力になれるよう全力で頑張ります。よろしくお願いします」

関連ニュース
thumb

J1昇格迫る新潟、高卒2年目の小見洋太がプロA契約に

アルビレックス新潟は29日、FW小見洋太(20)とのプロA契約締結を発表した。 小見は2021年に昌平高校から入団したアタッカー。昨季こそ公式戦で5試合の出場だったが、チームがJ1昇格に迫る今季はここまで20試合で5得点と数字を伸ばす。 そのなか、14日に行われた明治安田生命J2リーグ第36節のヴァンフォーレ甲府戦で、通算試合出場時間がプロC契約からA契約の変更条件となる900分をクリアした。 2022.09.29 13:15 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンが鳥栖MF福井太智の獲得を正式発表! 契約は25年6月まで、来年1月加入

バイエルンは28日、サガン鳥栖からU-19日本代表MF福井太智(18)の獲得を正式発表した。契約は2025年6月まで。加入は2023年1月1日からで、セカンドチームでプレーするようだ。 福井は鳥栖のアカデミー出身で、昨年3月のルヴァンカップに2種登録選手としてクラブ最年少記録となる16歳7カ月で出場し、トップチームデビュー。今年3月には17歳でプロ契約を締び、今季はルヴァンカップの3試合に出場している。 今年6月にモーリスレベロトーナメントのU-19日本代表メンバーにも入り、将来を有望視される福井を巡っては最近のドイツメディアでバイエルンⅡのトライアル参加が報じられており、それが実現した格好だ。 男子の日本人プレーヤーでは元日本代表FW宇佐美貴史以来のバイエルン入りとなり、将来的にトップチームでのプレーも期待される福井は鳥栖の公式サイトを通じて、移籍を決断するまでの葛藤や決め手とともに今季いっぱいの全力を誓った。 「FCバイエルン・ミュンヘンに移籍することになりました。Jリーグで実績のない僕がセカンドとはいえいきなりドイツ王者に移籍して結果を出せるのか、慣れない環境で一人で闘っていけるのか、Jリーグでもっと試合に出れるように力をつけてからでも良いのではないか、本当に最後の最後まで悩みました」 「プロにさせてもらったサガン鳥栖でタイトル獲得に貢献しますと宣言したばかりなのにこのような決断を下したのは、U-19日本代表で世界を体感し『このままではだめだ、世界から置いていかれる』と強く感じたことが全てでした。決してサガン鳥栖やJリーグでは成長しないということではなくサガン鳥栖しか知らない僕が子どものころからの夢であるW杯で優勝するために現状に甘んじることなくさらに成長するための決断です」 「まだまだ未熟者の僕ですが小学生の頃から10年間ここまで育ててくれたサガン鳥栖にはとても感謝しています。新たな環境で成長し恩返しできるよう努力します。そして今よりさらに成長した姿をサガン鳥栖や日本のファン・サポーターの皆様に見てもらい日本をW杯で優勝させ、いずれはサガン鳥栖で自分が中心となりタイトル獲得に貢献します」 「チームは変わってもサガン鳥栖は自分自身の心の中にあります。これから先もずっと、僕は変わらずサガン鳥栖が大好きです。強い覚悟を持って移籍します。シーズンも残りわずかですが、サガン鳥栖でのプレーを悔いのないものにしますのでこれまで以上の応援をよろしくお願いします!」 <span class="paragraph-title">【写真】鳥栖の逸材がドイツ王者との契約にサイン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Servus, Taichi! <br><br>Der <a href="https://twitter.com/hashtag/FCBayern?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FCBayern</a> hat Taichi <a href="https://twitter.com/hashtag/Fukui?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Fukui</a> verpflichtet. Der 18-Jährige vom japanischen Erstligisten Sagan Tosu wechselt zum 01. Januar 2023 nach München und hat einen Vertrag bis Juni 2025 unterschrieben. <br><br>Alle Infos <a href="https://t.co/FdLPfxhnDX">https://t.co/FdLPfxhnDX</a><a href="https://twitter.com/hashtag/MiaSanMia?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MiaSanMia</a> <a href="https://t.co/7QlxwYppre">pic.twitter.com/7QlxwYppre</a></p>&mdash; FC Bayern Campus (@fcbayerncampus) <a href="https://twitter.com/fcbayerncampus/status/1575032589844623361?ref_src=twsrc%5Etfw">September 28, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.28 17:40 Wed
twitterfacebook
thumb

町田、ポポヴィッチ監督が今季退任へ 「お別れの言葉を言うのは今ではない」

FC町田ゼルビアは28日、ランコ・ポポヴィッチ監督(55)の今季退任を発表した。 かつてオーストリアやセルビア、スペイン、タイ、インドでチームを率いたポポヴィッチ監督。JリーグではFC町田ゼルビア、FC東京、セレッソ大阪で指揮を執り、2020年に町田の指揮官に就任した。 町田では2011年以来の指揮となり、昨季は明治安田生命J2リーグで5位フィニッシュに先導。だが、今季は38試合を消化して14勝9分け15敗の11位とプレーオフ圏入りも厳しい状況となっている。 今季限りの契約満了をもって町田を去るポポヴィッチ監督はクラブを通じて、残り4試合での全力を誓っている。 「今回は退任の発表となりますが、私にとってはこれまでと何も変わりません。これまでと同じ熱量・情熱がまだまだ残っています。今シーズンは残り4試合となりましたが、これまでと変わらず、目の前の徳島戦に勝利することだけに集中したいと思います。今までと何も変わらず、同じ姿勢で勝点3を獲りにいくだけです。全力を出して戦うことが、勝点3という結果を得ることができる唯一の手段であり、証明だと思っております」 「そしてその全力を出し切る姿を見せることが、ファン・サポーターをはじめ多くの私たちを支えてくれる方々への感謝の気持ちになると思います。みなさんにお別れの言葉を言うのは今ではないと思っています。その時が来るまで、目の前の試合に集中して全てを町田のために出し切りたいと思います。残り4試合も私たちと一緒に戦ってください」 なお、強化部長の三島俊孝氏、ゼネラルマネージャーの唐井直氏も今季をもって退任することが決まっている。 2022.09.28 15:40 Wed
twitterfacebook
thumb

山口のDF菊地光将が今季限りで現役引退…川崎F、大宮でも主軸として活躍

レノファ山口FCは28日、DF菊地光将(36)の現役引退を発表した。 菊地は今シーズン限りでの引退となり、10月23日の最終節に引退セレモニーを実施するとのことだ。 菊地は埼玉県出身で、浦和東高校から駒澤大学へと進学。2008年に川崎フロンターレに入団した。 ルーキーイヤーからJ1で17試合に出場するなど出場機会を得ると、センターバックのレギュラーに定着。2012年に大宮アルディージャへと完全移籍すると、高校・大学の同期で、骨肉腫を患った塚本泰史の意志を引き継ぎ、背番号「2」を背負うこととなった。 加入1年目からゲームキャプテンを務めると、2年目にはキャプテンに就任。持ち前の空中戦の強さと対人守備の強さを発揮し、大宮の最終ラインを支え続け、毎年のようにセットプレーからのゴールも決めていた。 2019年に大宮を契約満了となり、2020年から山口に入団。ベテランとして要所で出場機会を得ていたが、今シーズンは明治安田生命J2リーグで10試合に出場し1得点、天皇杯で1試合の出場に終わっていた。 J1通算230試合11得点、J2通算119試合6得点、天皇杯通算21試合1得点、リーグカップ通算31試合1得点を記録していた。 2022.09.28 14:42 Wed
twitterfacebook
thumb

JFLのFCティアモ枚方が小川佳純監督と契約解除…水戸や栃木でプレーしたGKコーチの武田博行氏が監督に就任

JFLのFCティアモ枚方は26日、小川佳純監督(38)との契約解除を発表した。 小川監督は市立船橋高校から明治大学を経て、2007年に名古屋グランパスに入団。その後、サガン鳥栖、アルビレックス新潟でプレーし、2019年に現役を引退していた。 現役引退とともに2020年からFCティアモ枚方の監督に就任することが決定。就任1年目には当時所属していた関西サッカーリーグでチームを初優勝に導くと、全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2020では見事に優勝を成し遂げ、JFL昇格を果たしていた。 就任3年目、JFLで2年目の今シーズンは、ここまで23節を終えて13位と低迷。クラブは「現状を踏まえて、協議を重ねた結果、双方合意のもと契約を解除することとなりました」と発表している。 なお、後任にはGKコーチの武田博行氏が監督に就任する。 武田氏は、水戸ホーリーホックや栃木SC、ギラヴァンツ北九州、セレッソ大阪、東京ヴェルディでプレー。その後、FCティアモ枚方に加入し、2020年に引退。今シーズンからGKコーチに就任していた。 2022.09.27 18:37 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly