昇格ヴェローナ、コソボ代表DFラフマニを獲得

2019.06.28 00:41 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエAに昇格したヴェローナは27日、ディナモ・ザグレブのコソボ代表DFアミル・ラフマニ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの4年間となっている。

192cmのセンターバックであるラフマニは、2016年夏にスプリトからディナモ・ザグレブに移籍。ディナモ・ザグレブでは公式戦57試合の出場で4ゴール3アシストを記録。今季はクロアチア・リーグで15試合に出場し3ゴール1アシストをマーク、ヨーロッパリーグでは7試合に出場していた。

アルバニア代表で2試合に出場した経歴も持つラフマニは、2016年9月からコソボ代表としてプレー。これまで19試合に出場し、3ゴールを記録している。


関連ニュース
thumb

悲願のスクデットへ一歩前進のミラン、フロレンツィは気を緩めず「まだ目標へは到達できていない」

ミランのDFアレッサンドロ・フロレンツィが、ヴェローナ戦後にスクデット獲得へ向けて意気込みを語った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ミランと共にスクデット獲得を争う2位のインテルは、今節エンポリと対戦し4-2で逆転勝利。暫定ながらも首位の座を明け渡していた。 そんな中で迎えたセリエA第36節・ヴェローナ戦。立ち上がりから主導権を握って攻め込むも、38分に先制を許す展開に。それでも前半アディショナルタイムにMFサンドロ・トナーリのゴールで同点とすると、後半開始早々に再びトナーリがゴールを挙げて逆転に成功する。86分にはフロレンツィが右足でネットを揺らし、ミランが3-1で勝利をおさめた。 首位を守り、2試合を残して2位インテルとの勝ち点差「2」をキープすることに成功したミラン。加入1年目にして、自身初となるスクデット獲得を目指すフロレンツィは、『DAZN』のインタビューで妥協なき姿勢を示した。 「今夜の勝利は現在のチームの充実ぶりを物語っているが、まだ目標へは到達できていない」 「勝利を祝うべきだが、明日からはアタランタ戦へ向けて注意深く準備をしなければならない。彼らは素晴らしいチームであり、力強くシーズンを戦っている」 セリエAでは勝ち点が並んだ場合に当該成績が優先されるため、2位インテルとの直接対決で1勝1分けのミランは、残り2試合で勝ち点「4」を積み重ねれば2010-11シーズン以来のスクデット獲得となる。だが、次節も目指すのはあくまで勝利だとフロレンツィは強調した。 「アタランタと引き分けても良いなんて考えてはならない。僕たちはいまこの瞬間に集中しなければならないんだ。勝利し、スクデットを手繰り寄せる必要があるんだ。今夜のように、懸命にプレスを仕掛け、インテンシティを示し、攻撃しなければならない」 2022.05.09 18:04 Mon
twitterfacebook
thumb

11シーズンぶりのスクデット獲得が迫るミラン、マルディーニTD「あと少しだ」

ミランでテクニカルディレクター(TD)を務めるパウロ・マルディーニ氏がスクデット獲得への期待を語った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ミランは現在、セリエAで2位インテルに2ポイント差をつけて首位に立ち、8日に行われた第36節のヴェローナ戦でもMFサンドロ・トナーリの2ゴールなどで3-1と勝利。残り2試合のなか、2010-11シーズン以来となるスクデット獲得に迫っている。 ヴェローナ戦もスタンドから見守ったマルディーニTDは試合後、クラブの公式チャンネル『Milan TV』でしっかりとした準備ができていたチームを称賛。控えの選手も含め、チームに一体感が生まれていることを喜んだ。 「これほどまでに熱狂的なファンがいるなかで、我々にとって今大事なのはチームに冷静さを与えることだ」 「今日はラツィオ戦とは異なり、非常に力強いスタートを切れた。最初の20~25分間を支配して、際どいオフサイド判定によって取り消されたゴールを見た試合でもあったね」 「そうした状況でビハインドを負ってしまったとき、チームの準備が整っていなければ危機的状況に陥る可能性もある。残り試合数が少なく、ゴールが見えている状況でありながらチームが十分に成熟していなければ、正しい方法で対応できず首が回らなくなる恐れもあった」 「だからこそ、私はチームを祝福したいね。今日はベンチ入りした選手も含め、皆が要求されたことのすべてをやり遂げたのだ」 また、マルディーニTDは残る2試合についても言及。特にセリエA第37節で対戦するアタランタは強敵であると認めつつ、チームの勝利を信じる姿勢を見せた。 「リーグはあと2戦しかない。あと少しなんだ。残り2つも簡単な試合ではないが、それは今晩も同じだった」 「今日、私はアタランタの試合を見たが、彼らは生き生きとしていたね。まだ欧州カップ戦に出場するための挑戦を続けており、トップレベルの選手が多くいる。そして我々は、満員のサン・シーロでプレーするのだ。多くのプレッシャーがかかるだろうが、それでも何とかなると思っているよ」 2022.05.09 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

スクデット獲得まであと2試合のミラン、ピオリ監督「若者たちは多くのステップを踏んできた」

ミランのステファノ・ピオリ監督がスクデット獲得のための重要な勝利を喜んだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 セリエA残り3試合で首位に立つミランは、8日に行われた第36節でヴェローナと対戦した。立ち上がりから主導権を握ったものの、VARによるゴール取り消しなどで得点を奪えずにいると、38分に失点を許す展開に。それでも、前半アディショナルタイムにMFサンドロ・トナーリのゴールで同点とする。後半開始早々にもまたもトナーリのゴールで逆転に成功すると、87分にDFアレッサンドロ・フロレンツィの一発で突き放し、3-1で勝利した。 2位インテルとの勝ち点差「2」をキープして、2010-11シーズン以来のスクデット獲得に大きく前進したピオリ監督は試合後、選手への信頼を強調しつつ、着実に成長を遂げてきたチームと共に優勝を成し遂げたいと語った。 「我々が歩んできた道がどのようなものであったか、理解している。我々は毎日働いており、選手たちがピッチで何をしてくれるかも知っている。今日も良い試合をして、また勝つことができた。次の試合はタフで難しいが、すでに集中しているよ」 「若者たちは多くのステップを踏んできており、今は最後の2試合が重要になっている。これまでの戦いで我々に備わってきた注意力と集中力を、次の試合でも持続させたいね」 「選手は自信を持たなければならない。幸運なことに、強くて使える選手がここにはたくさんいる。スタメンをしっかり選ぶことも大事だが、それと同じくらいにこれだけ強力なメンバーが揃っているのも重要だ」 また、ピオリ監督は次節のアタランタ戦についても言及。チームの成長は2019-20シーズン、アタランタに0-5で敗れたところから始まったと振り返り、チームの成長を実感した。 「前回のアタランタとの対戦はリーグ戦のなかでもベストゲームの1つだったと思う。彼らは集団としても個人としても、強いチームだ」 「このミランは、アタランタ戦の屈辱的な敗北から生まれた。そこで我々はリスタートの仕方、チームを成長させるため何をすべきかを理解したのだ。あの試合から、多くのことを学べたよ」 2022.05.09 10:43 Mon
twitterfacebook
thumb

トナーリがバースデー弾2発、ミランが難敵ヴェローナに逆転勝利で首位キープ《セリエA》

ミランは8日、セリエA第36節でヴェローナとのアウェイ戦に臨み、3-1で逆転勝利した。 前節フィオレンティーナ戦をウノゼロ勝利として2位インテルとの2ポイント差を維持した首位ミラン(勝ち点77)は、最前線にジルー、2列目に右からサーレマーケルス、クルニッチ、レオンと並べた。 9位ヴェローナ(勝ち点52)に対し、立ち上がりからミランがボールを保持すると、14分に好機。サーレマーケルスの右クロスからクルニッチのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKモンティポの好守に阻まれた。 そして1分後には先制しかける。ロングボールをボックス内で収めたトナーリがイリッチに競り勝ってシュートを決めきった。22歳となったトナーリのバースデー弾かと思われたが、VARが入ってオフサイドとなりゴールは取り消しとなってしまう。 続く19分にもミランは絶好機。カラブリアがトナーリとのパス交換からボックス内に侵入してシュート。しかし、再びGKモンティポの好守に阻まれた。 その後、23分にカプラーリのボレーシュートでゴールを脅かされたミランはオープンな展開を強いられると、38分に先制を許す。カプラーリのスルーパスでボックス左のスペースを突いたラゾビッチのクロスをファラオーニにヘッドで決められた。 嫌な展開となったミランだったが、前半のうちに追いつく。追加タイム3分、トナーリがバースデー弾を取り返す。レオンが左サイドを突破。クロスをゴール前のトナーリがねじ込んだ。 さらに迎えた後半開始5分、再び同じ形からミランが逆転する。ロングカウンターに転じた流れからレオンが左サイドを突破。クロスをトナーリが押し込んだ。 逆転後はミランが主導権を握った中、75分にラザーニャにヘディングシュートでゴールを脅かされるも、終盤の87分に勝負を決定付ける。決めたのは負傷明けのフロレンツィ。メシアスとのワンツーでボックス右に侵入しシュートを叩き込んだ。 このまま3-1でミランが逆転勝利。次節アタランタ、最終節サッスオーロとの対戦を控える中、スクデットまで4ポイントとしている。 2022.05.09 05:43 Mon
twitterfacebook
thumb

吉田が途中出場で失点関与、サンプドリアはヴェローナにドロー《セリエA》

サンプドリアは23日、セリエA第34節でヴェローナとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。サンプドリアのDF吉田麻也は74分から出場している。 前節は最下位のサレルニターナに敗れた16位サンプドリア(勝ち点29)は吉田が引き続きベンチスタートとなった。 9位ヴェローナ(勝ち点48)に対し、ポゼッションを許す展開としたサンプドリアは23分、CKの流れからタメゼのボレーシュートでゴールを脅かされる。 その後も守勢を強いられたが、42分にPKを獲得した。ボックス左に侵入したカプートがギュンターに倒された。 キッカーのカプートはGKモンティポにシュートを止められるもルーズボールを押し込んでサンプドリアが先制し、前半を終えた。 迎えた後半も自陣に引いて凌ぐサンプドリアは74分に足をつったフェラーリに代えて吉田を右センターバックの位置に投入。 しかし78分に同点とされる。吉田がカプラーリに裏を取られた流れから、そのままカプラーリにシュートを決められた。 このまま1-1でタイムアップ。逃げ切りのために投入された吉田は4試合ぶりの勝利に貢献することはできなかった。 2022.04.24 05:48 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly