ノリッジ、U-20イングランド代表DFゴッドフリーと2023年まで契約延長

2019.06.27 03:20 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ノリッジ・シティは26日、イングランド人DFベン・ゴッドフリー(21)との契約延長を発表した。新契約は2023年6月30日まで。さらに、1年の延長オプションが付随している。

ミドルズブラユース出身のゴッドフリーは、2014年に当時フットボールリーグ1(イングランド3部相当)に所属していたヨーク・シティでプロデビューすると、2016年1月にノリッジへ完全移籍。昨シーズンは シュルーズベリー・タウンにレンタル移籍したが、復帰した今シーズンは、守備の要として公式戦35試合に出場し4得点2アシストを記録。2003-04シーズンぶりのチャンピオンシップ(イングランド2部相当)制覇に貢献した。

また、2019年3月にデビューしたU-20イングランド代表では、これまで2試合に出場している。なお、ゴッドフリーには、イングランド人の若き才能を中心にしたチーム編成を目指しているマンチェスター・ユナイテッドが関心を示していた。

関連ニュース
thumb

SB余剰のユナイテッド、レンタル先で躍動の21歳B・ウィリアムズを16億円で売却へ

マンチェスター・ユナイテッドはU-21イングランド代表DFブランドン・ウィリアムズ(21)の売却を厭わない考えのようだ。 ユナイテッド下部組織出身の左サイドバックであるウィリアムズは、昨夏にプレミアリーグへ昇格したノリッジ・シティに1年レンタルで加入。チームは1シーズンでチャンピオンシップ(イングランド2部)への降格となってしまったが、自身は公式戦通算28試合に出場するなど、武者修行先で一定の出場機会を得ていた。 今シーズン終盤には物議を醸すSNS投稿も話題となったウィリアムズだが、新シーズンはユナイテッドの一員として迎える予定になっている。しかし、イギリス『サン』によると、ユナイテッド側は1000万ポンド(約16億5000万円)のオファーが届けば売却を躊躇しない考えとのことだ。 一時期はオーレ・グンナー・スールシャール元監督に重宝され、すでにユナイテッドでの公式戦出場が50試合まで達しているウィリアムズ。だが、エリク・テン・ハグ新監督からは重要な戦力と見なされておらず、左サイドバックにはイングランド代表DFルーク・ショーとブラジル代表DFアレックス・テレスの実力者2人がいる状況。また右利きながら左サイドバックを務めているが、右サイドバックにも元イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ、ポルトガル代表DFジオゴ・ダロトがおり、テン・ハグ監督や首脳陣らは地元出身の21歳に継続的なプレー時間を与えることは困難と判断したようだ。 また、今年3月には選手本人も必ずしもオールド・トラッフォードでキャリアを続けることが全てではないという旨の発言をしていることから、今夏に限らずとも新天地を求めてクラブを離れる可能性は捨てきれないと考えられる。 2022.06.24 11:22 Fri
twitterfacebook
thumb

トップ4確保のトッテナム、コンテ監督も喜び 「就任時には想像できなかった」

トッテナムのアントニオ・コンテ監督がトップ4フィニッシュの喜びを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 今季終盤はアーセナルと来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を懸けた4位争いを展開したトッテナム。22日に行われた最終節では引き分け以上でトップ4フィニッシュが決まる中、ノリッジとのアウェイ戦に臨んだ。 16分にMFデヤン・クルゼフスキが先制点を決めると、32分にはFWハリー・ケインが追加点。さらに、後半にはFWソン・フンミンが2ゴールを奪うなど、終始最下位チームを圧倒し続け、5-0で完勝した。 昨年11月の就任当初は9位に沈んでいたチームを見事に復活させ、トップ4フィニッシュに導いたコンテ監督。試合後の会見で、選手たちの戦いぶりに満足を語った。 「私はチームに対してはっきりと言った。もし我々がアウェイに赴いて、無失点で引き分けを狙うようなプレーを見せるのなら、それは正しいやり方ではないということをだ」 「それよりも、ピッチで最初から最後まで強気のプレーを見せることだ。これだけ言えば十分だろう。昨日も今日も、この1週間もチームを取り巻く雰囲気はとてもポジティブで、来シーズンにCLを戦うことの重要性を理解してくれていると感じた」 「この大きな成果を心から喜ばなければならない。正直なところ、就任の時点では、CLの出場権を獲得することなど、とても想像できなかったことだ。素晴らしい結果を残してチームを4位に押し上げたこと。また、多くのゴールを決めたこと、そして今日もクリーンシートを達成したことは、チームが安定してきたことを意味している」 「以前から言っていることだが、大きな力を持ったチームや、何かを勝ち取るチーム、重要なものを求めて戦えるチームは、浮き沈みがなく、安定していなければならない。我々の選手たちは、そういった部分で大きく改善された」 「とてもうれしいし、選手たちに感謝したい。彼らはこうした改善を望んでいたからだ。どの監督も、どのコーチも、仕事とアイデアを持ちこむことはできるが、そのときに自分の指示と仕事を信じてくれる選手たちを見つけなければならない。だからこそ、私はスタッフにも、選手たちにも、クラブにも感謝したい」 2022.05.23 11:12 Mon
twitterfacebook
thumb

攻撃陣爆発のスパーズが自力でトップ4フィニッシュ! ソン・フンミンがサラーと並びアジア人初のPL得点王に《プレミアリーグ》

プレミアリーグ最終節、ノリッジ・シティvsトッテナムが22日にキャロウ・ロードで行われ、アウェイのトッテナムが0-5で圧勝した。 直近のリーグ2連勝によってアーセナル(勝ち点66)を抜き、土壇場でチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位に浮上したトッテナム(勝ち点68)。引き分け以上で自力でのトップ4フィニッシュが決定するコンテ率いるチームは、すでに降格が決定している最下位のノリッジ(勝ち点22)とのアウェイゲームに臨んだ。 コンテ監督はこの重要な今季最終戦に1-0で競り勝った前節のバーンリー戦から先発1人を変更。ルーカス・モウラに代えてクルゼフスキを起用した以外、同じメンバーを継続。ウイルス性の胃腸炎がチーム内に蔓延していた中、一時出場が危ぶまれたケインも無事スタメンに名を連ねた。 プレミアリーグへの名残惜しさを見せるホームチームがアグレッシブな入りを見せた中、トッテナムが得意のカウンターで早い時間帯に決定機を創出する。8分、相手セットプレーを撥ね返してのカウンターからクルゼフスキが右サイドのスペースに抜け出す。そのままDFを振り切ってボックス内に侵入しマイナスに折り返すと、これを収めたホイビュルクが冷静に右足のシュートを狙うが、枠を捉え切れない。 この絶好機を逸したトッテナムだったが、以降も良いリズムで相手を押し込んでいく。すると、今冬にユベントスから加入し、チームを一段階上のレベルに押し上げた頼れる助っ人2選手が大きな仕事を果たす。 16分、自陣中央でボールを持ったホイビュルクからのフィードに3列目からの飛び出しで反応したベンタンクールがそのままフリーでボックス左に侵入。冷静に右足アウトで中へ折り返すと、これをクルゼフスキが左足で左隅に流し込んだ。 引き分けでも4位フィニッシュを決められる中で大きな先制点を手にしたトッテナムだが、落ち着くことなく果敢に2点目を狙う。その一方で、22分には不用意な自陣でのロストからラシツァに枠のわずか左に外れる際どいシュートを打たれて肝を冷やす。 その後はやや膠着状態がしばらく続いたが、相手のミスを突いてエースに貴重な2点目が生まれる。32分、相手が自陣でのスローインの流れからGKクルルにバックパスを入れたところでクルゼフスキがプレッシャーをかけてキックミスを誘発。これをボックス手前右でカットしたベンタンクールがすかさずクロスを入れると、ボックス中央のケインが無人のゴールへヘディングシュートを流し込んだ。 これで開始直後の緊張感も和らいだトッテナムは、リスクを管理しながら畳みかける攻めで一気に勝負を決めにかかる。前半終了間際にはベン・デイビスの意表を突くミドルシュート、ケインのヘディングシュートで3点目に迫ったが、ここは相手GKクルルの好守に阻まれた。 プレッシャーがかかる敵地での一戦を2点リードで折り返したトッテナムは、失うものがないホームチームに押し返される立ち上がりとなる。 それでも、冷静に相手の攻勢を凌ぐと、55分にはボックス左でケインからラストパスを受けたソン・フンミンに決定機。だが、左足の鋭いシュートはGKクルルのビッグセーブに遭う。さらに、60分には右サイド深くでケインが入れた高精度のクロスにソン・フンミンが完璧なタイミングで飛び込むが、至近距離からのシュートは再びクルルの驚異的な反応にはじき出される。 韓国代表FWが2度の決定機を逸した中、再び大きな仕事を果たしたのはスウェーデン代表MF。64分、ケインのスルーパスに抜け出したクルゼフスキはボックス右でDFをかわして左足を振り抜くと、絶妙なコントロールシュートがゴール左上隅を射抜いた。 これで勝利をほぼ確実なものとしたトッテナムは、もう一つの目標であるソン・フンミンの得点王獲得へ攻撃のギアを上げていく。そして、殊勲のクルゼフスキを下げて投入したルーカスがその目標達成の上で重要な役割を果たすことに。 70分、ペナルティアーク付近でケインからの足元へのグラウンダーパスを絶妙なフリックでゴール前に流すと、これに反応したソン・フンミンが冷静にゴール右下隅へシュートを流し込み、得点ランキングトップタイの22点目に到達する。 さらに、ベンタンクール、エメルソンを下げて今季限りでの退団も噂されるウィンクス、ベルフワインを投入した直後の75分には韓国代表FWに2点目が生まれる。相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのルーカスが入れたクロスのこぼれを回収したソン・フンミンがボックス手前から右足を振り抜くと、このシュートがゴール右隅に決まった。 これで最終戦での目標をすべてコンプリートしたアウェイチームは、危なげなく相手の反撃を凌ぎ切り5-0の完封勝ち。自力で来季のCL出場権を獲得となる4位フィニッシュに成功した。 なお、同時刻開催の試合でリバプールFWモハメド・サラーが1ゴールを挙げたため、単独でのタイトルとはならなかったものの、今季23ゴールのソン・フンミンがアジア人初となる得点王に輝いた。 <span class="paragraph-title">【動画】アジア人初のプレミア得点王、ソン・フンミン全ゴール集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="sCgzOffFmqU";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.23 02:11 Mon
twitterfacebook
thumb

ノリッジのB・ウィリアムズが物議醸したSNS投稿を説明! 不適切なファンの振る舞いに対する抗議の意

ノリッジ・シティのイングランド人DFブランドン・ウィリアムズが、物議醸したインスタグラムの投稿に関して声明を発表した。 今シーズン、マンチェスター・ユナイテッドからノリッジにレンタル移籍したウィリアムズは、すでに1年での降格が決定したカナリーズの左サイドバックのレギュラーを担い、シーズンを通してポジティブなパフォーマンスを見せた一人だった。 その左サイドバックは、8日に0-4で大敗したプレミアリーグ第36節のウェストハム戦の翌日朝にインスタグラムのストーリーを更新。自宅と思われる場所で自身の左手の中指を立てた画像と共に、「良い天気だ」、「Easy up Norwich City」というコメント、サフォークのロケーションをタグ付けして投稿していた。 その後、同選手は当該投稿を削除した後、自身の愛犬2匹に関する投稿を行っていた。 手の甲を向けて中指を立てるジェスチャーはアメリカやイギリスでは侮辱的なジェスチャーとされ、今回ウィリアムズは自身の手の甲の画像に重なる形でノリッジ・シティの文字があり、一部ユーザーはこのジェスチャーがクラブに対する侮辱にあたるのではないかと問題視しているようだ。 そして、イギリス『The Athletic』は、クラブが状況を把握し、同選手に対して、今回の投稿がどのような意図で行われたのか確認した上、懲戒処分の可能性を含めた調査を開始したと報じていた。 そういった中、渦中のウィリアムズは自身のインスタグラムに当該投稿の経緯を説明。さらに、クラブとの話し合いの結果、調査は行われず、前述の報道が誤りであることを主張した。 「昨日、スタジアムを出た後、車に乗っている間にスタジアムを取り囲んでいる一部のファンから嘲笑と罵声を浴びせられた」 「その罵倒の後、僕は個人から尾行されたが、僕が彼らに気づいたことで、相手は尾行を止めていた」 「どんなに熱心なファンであっても、少数の人間がプレーヤーを罵倒したり、今回の場合では尾行したりするのは正しいことではない」 「僕はノリッジに来て以来、(レンタルではなく)完全なチームの一員であるという気持ちでプレーしてきた。そういった中、少数のファンがあのような行動をとるのは残念なことだ」 「また、メディアで間違って報道されているようなクラブの調査はなかった」 「この不安な時期に応援メッセージを送ってくれたファンに感謝したい」 <span class="paragraph-title">【画像】中指を立てた意図は行き過ぎたファンへの抗議</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Brandon Williams on Instagram: <a href="https://t.co/m6zKZcLbC4">pic.twitter.com/m6zKZcLbC4</a></p>&mdash; That&#39;s Football! (@ThatsFootballTV) <a href="https://twitter.com/ThatsFootballTV/status/1523356650903838720?ref_src=twsrc%5Etfw">May 8, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.05.10 06:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ノリッジがB・ウィリアムズの物議醸すSNS投稿を調査か

ノリッジ・シティはイングランド人DFブランドン・ウィリアムズの物議を醸すインスタグラムの投稿に対して、調査を行っているようだ。イギリス『The Athletic』が報じている。 今シーズン、マンチェスター・ユナイテッドからノリッジにレンタル移籍したウィリアムズは、すでに1年での降格が決定したカナリーズの左サイドバックのレギュラーを担い、シーズンを通してポジティブなパフォーマンスを見せた一人だった。 その左サイドバックは、8日に0-4で大敗したプレミアリーグ第36節のウェストハム戦の翌日朝にインスタグラムのストーリーを更新。自宅と思われる場所で自身の左手の中指を立てた画像と共に、「良い天気だ」、「Easy up Norwich City」というコメント、サフォークのロケーションをタグ付けして投稿していた。 その後、同選手は当該投稿を削除した後、自身の愛犬2匹に関する投稿を行っていた。 手の甲を向けて中指を立てるジェスチャーはアメリカやイギリスでは侮辱的なジェスチャーとされ、今回ウィリアムズは自身の手の甲の画像に重なる形でノリッジ・シティの文字があり、一部ユーザーはこのジェスチャーがクラブに対する侮辱にあたるのではないかと問題視しているようだ。 そして、クラブも状況を把握し、同選手に対して今回の投稿がどのような意図で行われたのかを確認しているようだ。 <span class="paragraph-title">【画像】中指を立てた意図は?</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Brandon Williams on Instagram: <a href="https://t.co/m6zKZcLbC4">pic.twitter.com/m6zKZcLbC4</a></p>&mdash; That&#39;s Football! (@ThatsFootballTV) <a href="https://twitter.com/ThatsFootballTV/status/1523356650903838720?ref_src=twsrc%5Etfw">May 8, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.05.09 22:59 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly