バルサ、ダニエウ・アウベス復帰に興味ゼロか2019.06.25 14:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今夏のパリ・サンジェルマン(PSG)退団を表明したブラジル代表DFダニエウ・アウベス(36)のバルセロナ復帰は実現しなさそうだ。スペイン『マルカ』が報じた。今シーズン限りでPSGとの2年契約が満了となるダニエウ・アウベスは23日、自身のインスタグラム(danialves)を通じて退団を表明。これを受けた行き先として、インテルや、マンチェスター・シティ、ドルトムントのほか、バルセロナ復帰の可能性が飛び出すなど、去就が早くも加熱している。

だが、バルセロナにダニエウ・アウベスを連れ戻す動きはないという。ダニエウ・アウベス自身は今夏のカウンプ・ノウ凱旋を夢見ているようだが、バルセロナは他クラブの関心が取り沙汰されるポルトガル代表DFネウソン・セメド(25)が移籍したとしても、呼び戻すプランを描いていない模様だ。

その理由の1つとして、ダニエウ・アウベスがユベントス移籍時、バルセロナに批判的なコメントを残したことが尾を引いていると考えられるとのこと。ブラジル代表キャプテンの去就はいかに。
コメント
関連ニュース
thumb

ミラン、バルセロナのU-20フランス代表DFトディボに関心 レンタルでの獲得望む

ミランが、バルセロナのU-20フランス代表DFジャン=クレール・トディボ(19)の獲得に興味を示しているようだ。『フランスフットボール』報じている。 今冬にトゥールーズからバルセロナに4年半契約で加入したトディボは、190cmの恵まれた体躯と高い身体能力に加えて守備的MFでもプレー可能な足下の技術を持つ逸材だ。 そのトディボに対して、昨季限りで退団したコロンビア代表DFクリスティアン・サパタの後釜を探すミランが注視。ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の問題を抱えるミランはレンタルでの獲得を検討しているという。 『フランスフットボール』によれば、バルセロナはトップチームでプレー機会を得られない可能性があるトディボに関して、より高いレベルで経験を積ませたいと考えており今回のレンタル移籍に前向きな姿勢を見せているようだ。 ミランはトディボの他にも、今夏にユベントスへ加入したトルコ代表DFメリフ・デミラルや同クラブのイタリア代表DFダニエレ・ルガーニをレンタルで獲得に動いていたが、共に失敗していた。 2019.07.23 02:12 Tue
twitterfacebook
thumb

不当叫ぶアトレティコから移籍のグリーズマン…「僕の心はもうバルサ」

バルセロナに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが23日に埼玉スタジアム2002で行われる『Rakuten Cup』のチェルシー戦に向け、前日会見に出席した。 バルセロナは、21日に来日。今後、日本で『Rakuten Cup』と銘打たれた2試合のプレシーズンマッチを戦う予定となっており、23日にチェルシーと対戦すると、続く27日にノエビアスタジアム神戸でヴィッセル神戸と激突する。 そのバルセロナに今夏の移籍市場でアトレティコ・マドリーから加入したグリーズマン。新天地デビューが期待される日本での試合に向け、「バルサのユニフォームを初めて着て、新たな仲間たちと初めてプレーできることを嬉しく思う」と語った。 だが、会見場に詰めかけた海外メディアがグリーズマンに聞きたい話は別にある。それは古巣アトレティコとバルセロナの間にいざこざを生じさせた移籍に関する話題だ。 バルセロナは契約解除金1億2000万ユーロ(約145億1000万円)を支払ってグリーズマンを獲得したが、アトレティコは同額に引き下がる7月1日より前の合意を主張。減額前の2億ユーロ(約241億9000万円)が支払われるべきだとして、国際サッカー連盟(FIFA)に訴えている。 クロアチア代表MFイバン・ラキティッチとともに出席した会見でアトレティコの戦友について「家族以上の存在だった」と明かしたグリーズマンだが、「バルサの選手として良い結果を出したい」との思いを口にしたなか、古巣の叫びに関して問われると、こう述べた。 「そういうこと(アトレティコの申し立て)を言ってきたのは、僕がアトレティコでクラブの顔だったからだろうね。ただ、僕はもうバルサの戦術に馴染むことを考えている。僕の心はもうバルサにある」 結果的にアトレティコとケンカ別れのような形で、バルセロナでの新たなキャリアを積み上げることを決断したグリーズマン。「すごく満足だ」とも語ったバルセロナ移籍は正しかったのか。23日のチェルシー戦でプレーするとなれば、その決意をプレーで表現してもらいたい。 2019.07.23 00:40 Tue
twitterfacebook
thumb

「今季もバルサで」 ラキティッチ、騒がれる去就問題に秘めたる思いを語る

バルセロナに所属するクロアチア代表MFイバン・ラキティッチが23日に埼玉スタジアム2002で行われる『Rakuten Cup』のチェルシー戦に向け、前日会見に出席した。 バルセロナは21日に来日。日本で『Rakuten Cup』と銘打たれた2試合のプレシーズンマッチを戦う予定であり、23日にチェルシーと対戦すると、続く27日にノエビアスタジアム神戸でヴィッセル神戸と激突する。 そうした試合に先駆け、会見に登場したラキティッチ。「来日できて嬉しく思う。個人的に、日本という国にたくさんの良い思い出がある。明日に向けて、気持ちがとても高まっている」と意気込みを語った。 日本での試合にモチベーションの高さをのぞかせるラキティッチだが、海外メディアが興味を示すのは、バルセロナとの契約が2021年にも失効する同選手の去就問題だ。それを突いた質問が及ぶと、こう返した。 「今年も去年と全く同じだ。今年も、今シーズンもバルサでプレーがしたい。僕はいつもオープンな人間。バルサとの契約がまだ残っている」 そのなかで、相次ぐ去就の噂に「変な感じはする」との本音も吐露したラキティッチだが、「フットボールはそういうもの。他クラブから興味を抱いてもらえることは光栄」だと続け、選手冥利に尽きるとの考えも示した。 そして、「クラブとして色々な考えごとがあると思うけど、互いの目標は1つだ」とも述べた背番号「4」は、バルセロナの一員として新シーズンを成功の1年にしたいとの思いも口にしつつ、次のようにも続けた。 「みなさん(メディア)の方が僕のことをよく知っていると思う。僕はチームに貢献したいし、チームのために頑張りたい」 日本での試合に向けた意気込みを語る場だったはずだが、去就に関する質問に対しても真摯に丁寧に返答していったラキティッチ。明日のチェルシー戦、どのようなパフォーマンスを日本のサポーターに披露してくれるのか。注目だ。 2019.07.22 23:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ラキティッチが安部裕葵を語る! 第一印象は「少し内気なところが…」

バルセロナに所属するクロアチア代表MFイバン・ラキティッチが鹿島アントラーズから加入した日本代表MF安部裕葵に言及した。 今夏、移籍金110万ユーロ(約1億3000万円)の4年契約でバルセロナ入りした安部。新シーズンをBチームで過ごす見通しだが、現在は日本ツアーのメンバーとしてトップチームに帯同しており、スペインが誇る名門の一員として『Rakuten Cup』での新天地デビューにも注目が集まっているところだ。 22日の会見にフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンとともに出席したラキティッチは、その安部の印象についての質問が及ぶと、こうコメントした。 「まだバルサに加入して間もないから、一緒に練習をしたことがない。ただ、バルサに入ったということは、彼がすごく良い選手で、加入するに相応しい能力があるとも思っている。そんな彼と一緒にプレーを楽しみたい。でも、少し内気なところがある。もしかしたら言葉の問題が影響しているのかもしれないが、ファミリーとして歓迎しているし、一緒にクオリティのあるプレーをしていきたい」 その安部は、22日にFC町田ゼルビアのホームスタジアムである町田市立陸上競技場で行われたトレーニングに参加したが、腰付近の痛みで1人別メニュー調整。23日に埼玉スタジアム2002で行われるチェルシー戦の出場が流動的な状況だが、バルセロナデビューなるか。注目だ。 2019.07.22 22:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ラキティッチ&グリーズマンが会見に出席…「楽天に心からお礼を言いたい」《Rakuten Cup》

21日に来日したバルセロナ。翌22日、FC町田ゼルビアのホームスタジアムである町田市立陸上競技場でトレーニングを行った。 それに先駆け、クロアチア代表MFイバン・ラキティッチと、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが記者会見に出席した。 それぞれが23日に埼玉スタジアム2002で行われる『Rakuten Cup』のチェルシー戦に向け、次のようにコメントしている。 ◆イバン・ラキティッチ 「来日できて嬉しく思う。個人的に、日本という国にたくさんの良い思い出がある。明日に向けて、気持ちがとても高まっている。ファンもたくさん来てくれると思うから、一緒に楽しみたい」 「また、チェルシー、ヴィッセル神戸、特に、(アンドレス・)イニエスタ、(セルジ・)サンペールと相対する機会を作ってくれた楽天に心からお礼を言いたい。バルサ・ファミリーにとって、良い1日になると思う」 ◆アントワーヌ・グリーズマン 「ホテルや空港に来てくれたファンに心から感謝したい。この2試合でバルサのユニフォームを初めて着て、新たな仲間たちと初めてプレーできることを嬉しく思う」 2019.07.22 22:20 Mon
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース