レアル移籍の久保建英を西紙直撃! 「普段と変わらない日だが、嬉しい」2019.06.15 08:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペイン『マルカ』が14日、レアル・マドリーに移籍する日本代表MF久保建英(18)の第一声をスクープした。レアル・マドリーは14日、久保の獲得を正式発表。年俸100万ユーロの5年契約にサインしたとみられており、来シーズンからレアル・マドリー・カスティージャ(スペイン3部)でプレーする。

その久保は現在、15日にブラジルで開幕するコパ・アメリカ2019に臨む日本代表に合流中。『マルカ』の直撃取材を受けると、“完璧なスペイン語”で次のようにコメントしたという。

「レアル・マドリーとサインできて、すごく嬉しいです。冷静で、普段と変わらない日ですが、とても嬉しいです」

世界のメディアがこぞって取り上げた久保のレアル・マドリー移籍。その久保を擁する日本代表は18日、グループステージ初戦のチリ代表戦に挑む。
コメント
関連ニュース
thumb

セバージョス争奪戦が激化? セビージャやベティスも名乗り!

レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFダニ・セバージョス(22)を巡る争奪戦が激化しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 ベティス下部組織出身であるセバージョスは、大会MVPに選出された2017年6月のU-21欧州選手権後にマドリーへ入団。今シーズンは公式戦34試合3ゴール2アシストを記録したものの、ジネディーヌ・ジダン監督が復任して以降は3試合のみの出場にとどまった。 そのセバージョスは、「目標はマドリーで成功を収めること」と残留を希望。しかし、ジダン監督から戦力外通告を受けたことが報じられており、今夏に売却されることが濃厚となっている。 とはいえ、セバージョスは引く手数多であり、既報によれば、トッテナムやアーセナル、ユベントス、リヨンが関心を寄せている。そして、今回新たに加わったのが、セビージャと古巣ベティスのようだ。 セビージャは新指揮官に就任したフレン・ロペテギ氏が、スペイン代表やレアル・マドリーで同選手を重宝してきたことからリストアップ。一方のベティスは、MFジオバニ・ロ・セルソ(23)やMFセルヒオ・カナレス(28)、MFウィリアム・カルバーリョ(27)といった主力MFの去就が不透明なことから、移籍に備えて獲得したいと考えているとのことだ。 2019.06.18 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ベイル代理人がバイエルン移籍説を突っぱねる

レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(29)のバイエルン移籍は現時点で非現実的なのかもしれない。アメリカ『ESPN』が報じた。 今夏、ジネディーヌ・ジダン監督の放出候補筆頭として注目を集めるベイル。高額給与や移籍金が原因で獲得に名乗り上げるクラブが少ないことが指摘されるなか、長らくリンクしたマンチェスター・ユナイテッドの争奪戦撤退も明らかになっており、今後の動向がより不鮮明になりつつある。 そうした状況のなか、一部イギリスメディアが先日、ベイルに対するバイエルンの関心を報道。退団した元オランダ代表FWアリエン・ロッベンと、元フランス代表MFフランク・リベリに代わる新たなサイドアタッカーとして、1年間のレンタルを希望しているとの見方が浮上している。 だが、ベイルの代理人を務めるジョナサン・バーネット氏は、イギリスで「くだらない」「ありえない」「馬鹿げている」という意味で使われる「rubbish=ゴミ」とのフレーズを口にして、バイエルン移籍の実現性を否定したという。 なお、ベイルは3年間の契約を残すレアル・マドリー残留を希望しているとみられており、先日に代理人がその意向を明かしている。 2019.06.18 14:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、“新たな挑戦発言”のポグバ慰留へ! サンチェス級のサラリー準備

マンチェスター・ユナイテッドがフランス代表MFポール・ポグバ(26)の慰留に動いているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 今夏、レアル・マドリーやユベントスの関心報道が取り巻くなか、個人スポンサーである『アディダス』主催のイベント出席のため、16日に初来日したポグバ。世界中が注目する去就に関して、イベント後に「タイミング的に新たなところで新たなチャレンジをすべき」との意向を明かした。 このコメントは今夏の移籍待ったなしの様相として、世界各国のメディアが一斉に報道。だが、ユナイテッドは、2016年夏に投じた移籍金8900万ポンド(約120億7000万円)を上回るオファーが届かない限り、手放す意思はなく、来シーズンも戦力として計算しているという。 そのユナイテッドは、まだ2年契約+1年の延長オプションを残しているポグバを残留させるため、現週給29万ポンド(約3900万円)のサラリー見直しを考慮。クラブ最高給者のチリ代表FWアレクシス・サンチェスに匹敵する50万ポンド(約6700万円)に引き上げる準備をしている模様だ。 昨シーズン途中から指揮を執るオーレ・グンナー・スールシャール体制下でも良い姿と悪い姿の両面をのぞかせたことで、ユナイテッドファンの間で売却容認派と否定派に二分するポグバ。今夏の去就はどのような結末を迎えるのだろうか。 2019.06.18 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルン、レンタルでのベイル獲得に興味! 高額年俸も負担へ

バイエルンが、レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(29)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『サン』が報じている。 2013年にトッテナムからマドリーに加入したベイル。今シーズンの公式戦42試合で14ゴール6アシストをマークしたが、負傷癖に加えて、割に合わない高額な年俸を貰っていることがマドリディスタの反感を買ってしまっている。 2022年まで契約を残すベイルはマドリーに残留したいと公言。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督の下では構想外となっていることが報じられており、今夏の放出候補として真っ先に名が挙がっている状況だ。 そのベイルを今夏での退団が決まっている元フランス代表MFフランク・リベリ(36)と元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)の後釜として、ニコ・コバチ監督がレンタル移籍でチームに加えたいと考えているという。ネックとなっている週給35万ポンド(約4700万円)という高額な年俸もバイエルンが負担する意向のようだ。 2019.06.16 21:33 Sun
twitterfacebook
thumb

来日のポグバ、移籍を示唆 「新しいチャレンジをすべき」

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(26)が参加したスポーツブランド『アディダス』主催のイベントで今夏の移籍を示唆した。 所属先のユナイテッドが来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したこともあり、今夏の移籍市場でレアル・マドリーや、古巣ユベントスの関心報道がひっきりなしに続くポグバ。そうしたなか、スポンサー契約を結ぶ『アディダス』のイベント出席で、16日に初来日した。 日本の伝統的スポーツや、エキシビジョンマッチでファンと交流を深めたポグバはイベント終了後、メディアの囲み取材で様々な質問に応えていくなかで、世界中が注目する去就に関して次のように発言。ユナイテッドからの移籍を匂わせた。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/34iK7ECe2H4" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> 「マンチェスター・ユナイテッドに3年間にわたり在籍していて、良いとき、悪いとき、色々あった」 「特に、昨シーズンはチームの中でも色々あったが、ワールドカップを優勝したから、個人的にベストシーズンになった」 「ただ、タイミング的に、そろそろ新しいところで、新しいチャレンジをすべきじゃないかと思っている」 「僕自身も色々考えたい。みんなが噂をしているように、色々なことを考えているよ」 2019.06.16 19:00 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース