レアル移籍の久保建英を西紙直撃! 「普段と変わらない日だが、嬉しい」2019.06.15 08:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペイン『マルカ』が14日、レアル・マドリーに移籍する日本代表MF久保建英(18)の第一声をスクープした。レアル・マドリーは14日、久保の獲得を正式発表。年俸100万ユーロの5年契約にサインしたとみられており、来シーズンからレアル・マドリー・カスティージャ(スペイン3部)でプレーする。

その久保は現在、15日にブラジルで開幕するコパ・アメリカ2019に臨む日本代表に合流中。『マルカ』の直撃取材を受けると、“完璧なスペイン語”で次のようにコメントしたという。

「レアル・マドリーとサインできて、すごく嬉しいです。冷静で、普段と変わらない日ですが、とても嬉しいです」

世界のメディアがこぞって取り上げた久保のレアル・マドリー移籍。その久保を擁する日本代表は18日、グループステージ初戦のチリ代表戦に挑む。
コメント
関連ニュース
thumb

久保のレアルデビューで思い出した選手/六川亨の日本サッカーの歩み

レアルに移籍した久保建英、バルセロナへ移籍した安部裕葵に続き、Jリーガーの海外流出が止まらない。日本代表のシュミット・ダニエル(仙台)と鈴木優磨(鹿島)がシントトロイデン、安西幸輝(鹿島)がポルティモネンセ、天野純(横浜FM)がベルギー2部の名門ロケレン、中村敬斗(G大阪)がオランダのトゥエンテ、菅原由勢(名古屋)がオランダのAZ、そして前田大然(松本)がオランダのマリティモへと移籍した。他にも北川航也(清水)がオーストリアの名門ラピド・ウィーンへ移籍との噂がある。 シュミット・ダニエルと天野、鈴木、安在、北川以外は東京五輪の候補選手だけに、若手選手の“青田買い”が目立つ。そうした移籍組のトップを切って、久保が21日に行われたインターナショナルチャンピオンズ杯のレアル対バイエルン戦の後半から出場した。 ピッチに入ると右手でパスを要求するいつものプレーを見せたが、久保自身「最低限のことはできた」と振り返ったように、致命的なミスこそなかったものの、見せ場は後半17分にビニシウスに出したスルーパスくらい。得意とするドリブル突破からのシュートがなかったのは、前後半でチーム全員を入れ替えたことで、組織的に機能していなかったことも影響しているのだろう。 とりわけ守備陣はプレスに行っているようで「人をつかまえていない」ため、バイエルンのカウンターを簡単に許して1-3で完敗した。それでもヨーロッパの超名門“白い巨人”に足跡を残した意義は深い。 今後はトップチーム昇格にチャレンジすることになるが、起用された中盤のポジションではイスコ(スペイン代表)やモドリッチ(クロアチア代表)、アザール(ベルギー代表)ら錚々たるメンバーが控えているだけに、その前途は簡単なものではないだろう。それでも、まだ18歳という若さは大きな武器だ。来たるべき新シーズンが楽しみでならない。 そして久保のデビュー戦を見ていて思い出したのが、日本人プロ第1号の奥寺康彦氏の活躍だ。当時はいまと違いテレビ中継などなかったが、70年代のブンデスリーガはヨーロッパでも「世界最高峰」と言われる実力を誇っていた。その中でも1FCケルンはバイエルン、ボルシアMGと並ぶトップ3のチームだった。 そこで奥寺氏は加入した1977-1978シーズンでいきなりリーグ優勝とカップ優勝の2冠に貢献。リーグ優勝を決めた試合では2ゴールをマークし、翌年のUEFAチャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ)でもベスト4に進出する活躍を見せた。 UEFA主催の大会には6度出場し、これは小野伸二に抜かれるまでアジア人最多。さらにチャンピオンズカップでもアジア人として大会初ゴールを決めている。1986年までブンデスリーガ在籍9年間で通算26ゴールは2014年にマインツの岡崎慎司に抜かれるまで日本人最多だったし、通算234試合出場は2017年に長谷部誠が更新するまで日本人最多出場だった。実に30年近くも破られていなかった“金字塔”とも言える記録だろう。 そんな奥寺氏が1982年のキリン杯で来日した際に宿泊先の東京プリンスホテルでインタビューしたことがある。まだ24歳の若造は、無謀にも奥寺氏に「プロとアマの違い」を質問した。すると奥寺氏は「1人1人の差は少なくても、それが11人になると大きな差になる」と教えてくれた。 ただ、正直そのときは奥寺氏の言葉の意味を理解できなかった。なんだか“禅問答”のような、わかったようでわからなかった気がした。しかし、日本にもプロリーグができたことで、ようやく奥寺氏の言葉の意味を理解できた。 技術的なレベルアップはもちろんのこと、「いまチームとして何をすべきか」を全員が共有してプレーすること。「いまは耐える時間帯だ」とか、「相手のウィークポイントを突く」など、チーム全員が刻々と変化する試合状況を冷静に判断しつつ、共通理解を持つことの重要性を奥寺氏は指摘したかったのだと思う。 なぜなら当時の日本サッカーは、釜本邦茂氏やラモス瑠偉氏、木村和司ら一部の選手をのぞきドリブル突破するかキック&ラッシュの“個人の自己判断”のサッカーだったからだ。 それから40年近くが過ぎ、多くの選手が海外へ渡り、さまざまな経験を積むことで日本サッカーの発展に貢献してきた。そして現在はレアルやバルセロナといった「世界最高峰」のクラブでチャレンジする選手がいれば、中堅どころのクラブでレベルアップを図る選手も数多い。 そんな中でも久保が異色の存在であるのは、プレーだけでなく語学にも堪能なことだ。過去にも海外に挑戦しながら、志なかばでJリーグへの復帰を余儀なくされた選手は多い。その一因としてコミュニケーション不足が指摘できる。レアルのベイルがチームに馴染めず放出されるのも、英語以外の言語を習得できなかったことが報道されている。 今夏、海外に渡った若手選手には、コミュニケーションの重要性を認識し、語学習得にも励んでチームに溶け込む努力をして欲しい。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2019.07.23 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、ハメスとエリクセンを天秤にかけ前者の獲得に尽力?

アトレティコ・マドリーが、レアル・マドリーのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(28)とトッテナムのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(27)を天秤にかけた結果、前者の獲得に力を入れることを決めたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 アトレティコは、ディエゴ・シメオネ監督のプレーメーカー獲得の希望からハメス・ロドリゲスとエリクセンに目を光らせている。しかし、今回、6000万ユーロ(約72億5000万円)から7000万ユーロ(約84億6000万円)の移籍金を費やす必要があるとされるエリクセンよりも、安価の4000万ユーロ(約48億3000万円)で獲得できると見込んでいるハメス・ロドリゲスが最善の選択肢とし、同選手の獲得を急ぐことを決断したようだ。 ハメス・ロドリゲスの恩師であるカルロ・アンチェロッティ監督が指揮を執るナポリ移籍の可能性も伝えられている同選手だが、自身はマドリッドに滞在し続けることを望んでいることを報じられている。 一方、マドリー側は、ハメス・ロドリゲスをライバルのアトレティコに売ることに前向きではないと見られている。だが、ジネディーヌ・ジダン監督は、ウェールズ代表MFガレス・ベイルのように去就に関して揉めることを避けるためにも、早急に同選手の売却を進めるようクラブに要求しているようだ。 2019.07.23 10:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ガナーズ、セバージョスの1年レンタルでマドリーと合意 英『BBC』が報道

アーセナルが、スペイン代表MFダニ・セバージョス(22)のレンタルでの獲得に関して、レアル・マドリーと合意に至ったようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 2017年にベティスからマドリーへ加入したセバージョスは2年目となった昨シーズン、公式戦34試合に出場。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督の下では構想外と見られており、先日に「40試合は出場したい」と移籍をほのめかすコメントを残していた。 ちなみに、スペイン『マルカ』では、インターナショナル・チャンピオンズカップ2019のレアル・マドリーvsアーセナルが行われる24日に発表されるのではないかと推測されている。 2019.07.23 09:05 Tue
twitterfacebook
thumb

久保建英がレアルデビュー! 「とても嬉しい」

レアル・マドリーに所属する日本代表MF久保建英がデビュー後、コメントした。スペイン『マルカ』が報じた。 今夏、古巣バルセロナへの復帰が取り沙汰されながら最終的にレアル・マドリー移籍を果たした久保。新シーズンをカスティージャで過ごす見通しだが、現在はトップチームの一員として北米ツアーに帯同しており、有力プレーヤーたちとのトレーニングに日々励んでいる。 その久保は、日本時間21日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019のバイエルン戦でベンチメンバー入り。後半の頭からピッチに入ると、持ち前の軽やかな身のこなしでの密集地帯攻略や、クロス、スルーパスで一定の存在感を示した。 現地スペインメディアでも高評価を得た久保は試合後、「負けてしまったけど、負けは嫌いだけど、レアル・マドリーでデビューできて、とても嬉しいです。僕の考えはチームをできるだけ助けることです」とコメント。レアル・マドリーでの第一歩に率直な思いを口にした。 ジネディーヌ・ジダン監督から「プレスをかけることや、ワンタッチ、ツータッチでの素早いプレー」を指示されたという久保は、「どのエリアで起用されても大丈夫です」とも述べ、今回の左インサイドハーフ以外での出場でも問題なくプレーできる自信をのぞかせた。 また、母国日本でもレアル・マドリーでの日々が取り上げられ続ける現状について「自分の国で何が起こっているのかは把握しています。多くの注目が集まっていますけど、そういう状況があまり好きじゃないですし、ピッチ上でのことだけを考えています」と話したという。 最後に、去就が騒がれる同僚のウェールズ代表MFガレス・ベイルについての質問が及ぶと、「僕には何が起こっているのかわかりませんし、意見する立場にないです。ただ、ベイルが素晴らしい選手であることは知っています」と口にするにとどめ、尊敬の念を示した。 2019.07.22 12:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ベイル代理人が反発! 「ジダンは恥だ」

レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(30)の代理人がジネディーヌ・ジダン監督を非難した。スペイン『マルカ』が報じた。 ジダン監督の今夏放出候補筆頭として、長らく注目を集めるベイル。本人が残留の意思を示す一方で、それに反して売却を望むレアル・マドリーは高額給与が原因で買い手が見つかっていないとする報道が相次ぐなか、依然として他クラブからのオファーを待っている模様だ。 そのベイルは、日本時間21日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019のバイエルン戦でメンバー外に。ジダン監督は同試合後、「彼を(メンバーから)外したのは彼が移籍しようとしているからだ」と述べ、ベイルに移籍が迫っていることを公言した。 このジダン監督の発言を受け、ベイルの代理人であるジョナサン・バーネット氏が『AFP』を通じて、すぐさまリアクション。「ジダンは恥だ。彼はレアル・マドリーに多くを尽くしてきた選手に対して敬意を欠いている」と話して、ジダン監督に反発したという。 2019.07.22 09:40 Mon
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース