PSGがレオナルド氏の復帰を発表! スポーツ・ディレクターに就任2019.06.15 03:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)は14日、レオナルド氏(49)をスポーツ・ディレクター(SD)に任命したことを発表した。現役時代にPSGでプレーした経歴を持つレオナルドは、2011年から2013年までPSGのSDを務めていた。その後、昨年7月にミランのSDに就任。FWゴンサロ・イグアインやFWクシシュトフ・ピョンテク、MFルーカス・パケタらの獲得に尽力した。

しかし、ミランはセリエAでチャンピオンズリーグ出場圏外の5位に終わり、その責任を取って辞任していた。PSG復帰となったレオナルドは次のようにコメントしている。

「再びPSGで仕事ができることに情熱を感じている。PSGは私のサッカーキャリアにおいて重要な役割を果たしてきた。パリに戻ってきて、新たなクラブの一員として情熱を注ぎたい」
コメント
関連ニュース
thumb

ネイマール、金銭+選手でカンプ・ノウ帰還か

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(27)のバルセロナ復帰が迫っているという。ブラジル『Globoesporte』が報じた。 2017年夏に移籍市場最高額2億2200万ユーロ(現レートで約269億9000万円)の超ビッグディールでバルセロナからPSGに加入したネイマール。その新天地フランスで王様として扱われ、公式戦通算58試合51得点29アシストを誇るが、2シーズン連続の長期負傷離脱や、女性に対する性的暴行のスキャンダルなど、ピッチ内外のネガティブな話題が先行している。 そのネイマールに対して、古巣バルセロナが水面下で連れ戻しに動いている様子。PSGとの交渉は順調に進められており、バルセロナは移籍金を1億ユーロ(約121億1000万円)に抑える代わりとして、フランス代表DFサミュエル・ユムティティ(25)や、同代表FWウスマーヌ・デンベレ(22)、クロアチア代表MFイバン・ラキティッチ(31)のいずれかを譲渡するという。 PSGの会長を務めるナセル・アル・ケライフィ氏は先日、『フランス・フットボール』で具体名こそ避けたが、「スター気取り」の選手に対して「ドアは開かれている」とコメント。この発言はネイマールに向けたものとして話題を集めており、フランス『レキップ』によれば、これまで放出を否定してきたPSGは適切なオファーが届けば、交渉に応じる姿勢だとみられる。 なお、ネイマールとPSGの契約は2022年6月まで。PSG会長の発言により、一層の脚光を浴びることになったネイマールの去就は、どのような形で終着するのだろうか。 2019.06.18 18:15 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG、ドラクスラーの移籍容認か

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するドイツ代表MFユリアン・ドラクスラー(25)に今夏移籍の可能性が浮上した。フランス『L'Equipe』が報じた。 PSG加入3年目の今シーズン、公式戦46試合に出場して5ゴール12アシストの成績を収めたドラクスラー。トッテナムやバイエルンの関心が取り沙汰されており、去就に注目が集まっているが、先日にドイツ『ビルト』のインタビューで今夏移籍の可能性を否定している。 だが、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)抵触を懸念して数名の売却が指摘されるPSGにとって、そのドラクスラーは不可欠な存在ではない様子。まだ納得できるオファーこそないものの、適切なものが届けば、移籍を容認する意向だという。 2019.06.18 16:20 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG、リーガ屈指のFWイェデルに関心! 代理人と接触か

パリ・サンジェルマン(PSG)が、セビージャに所属するフランス代表FWウィサム・ベン・イェデル(28)の獲得に興味を示しているようだ。フランス方面の情報を引用してスペイン『マルカ』が伝えている。 2016年にトゥールーズからセビージャに加入したイェデル。スピードに秀でた身長170cmのストライカーで、セビージャ通算138試合70ゴール22アシストを誇り、今シーズンは公式戦54試合30ゴール11アシストを記録した。 今回、伝えられたところによると、クラブ最多得点記録を保有するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(32)の退団が取り沙汰されているPSGがイェデルの代理人と接触したようだ。 また、同選手は以前に今夏のセビージャ退団を希望する主旨のコメントを残しており、契約解除金4000万ユーロ(約48億6000万円)が設定されているという。 2019.06.18 14:36 Tue
twitterfacebook
thumb

ネイマール退団も? 会長の発言に注目、チームはオファー次第で容認か

レオナルド氏がスポーツディレクター(SD)に復帰したパリ・サンジェルマン(PSG)だが、チームの改革がスタートしそうだ。その中で、ブラジル代表FWネイマール(27)も名前が挙がっているようだ。フランス『レキップ』が報じた。 ネイマールは、ここ数カ月間にわたって様々な理由で難しい時期を過ごしている。今年1月には右足の負傷が再発。4月には、クープ・ドゥ・フランス決勝で敗れた後、スタンドで観客を平手打ちしてしまった。 また、SNSでの問題発言もある中で、最近はレイプ疑惑も浮上。さらに、コパ・アメリカに臨むためにブラジル代表に合流していたが、キャプテンを剥奪。加えて、開幕前に行われたカタール代表戦との国際親善試合で負傷し、母国開催の大会欠場を余儀なくされていた。 そんな中、ナセル・アル・ケライフィ会長がチームの方向性に関して注目発言を残している。 「選手はこれまで以上に責任を負うことになるだろう。彼らはもっとやらなければならない。もっと働かなければならない」 「彼らは自身を喜ばせるためにそこにいるわけではない。彼らが同意しなければ、ドアは開いている。私はもうスターの振る舞いをしたくはない」 この発言は選手個人のことを名指ししているわけではないが、ネイマールのことであると推測されている。PSGとして進んで選手を売りに出すことはないものの、適正なオファーがあれば応じる可能性はあるとのことだ。 また、ネイマールの代理人であるピニ・ザハビ氏が水面下で動いているとのこと。バルセロナ復帰の話も浮上しているネイマールだが、スペイン行きに向けて準備を進めているとも見られている。 ネイマールが仮に退団となれば、他の選手の移籍にも影響を与えるだろう。レアル・マドリーが獲得を目指しているフランス代表FWキリアン・ムバッペもその1人。そのほかにも、ブラジル代表DFマルキーニョスやイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティらも移籍の噂が挙がっており、今夏のPSGの動きは注視する必要がありそうだ。 2019.06.17 10:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ブッフォン、ラビオを褒めちぎる「ポグバ、ビダル、マルキジオがミックスされている」

元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、パリ・サンジェルマン(PSG)での同僚であるフランス代表MFアドリアン・ラビオを褒めちぎった。『フットボール・イタリア』がイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』を引用して伝えている。 PSG下部組織出身者のラビオは2012年7月にトップチームデビュー。今シーズン、公式戦20試合2ゴール2アシストを記録したものの、PSGからの契約延長オファーを固辞したことでシーズン途中から干されており、今夏でのフリー移籍が既定路線となっている。現在、ユベントスとマンチェスター・ユナイテッドが新天地の有力候補となっている。 そんなラビオに対して、すでにPSG退団が決定しているブッフォンは「ワールドクラスな選手」と称賛。一方で、2桁得点を記録するMFになるための改善点も挙げている。 「ラビオは素晴らしいし、偉大な選手だよ」 「ラブリーだし、良いチームメイトさ。どこから混乱が起きるような報道が出るのかわからない。僕が知っている彼はワールドクラスだよ」 「ラビオは素晴らしいものがミックスされている。ポグバの強さ、ビダルの勇気、マルキジオのダイナミックスさがある」 「ボックス内へ走り込むタイミングは改善しなきゃだけどね。でもシーズンで10ゴールを挙げれるような選手にはなると思うよ」 2019.06.17 10:40 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース