PSGがレオナルド氏の復帰を発表! スポーツ・ディレクターに就任2019.06.15 03:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)は14日、レオナルド氏(49)をスポーツ・ディレクター(SD)に任命したことを発表した。現役時代にPSGでプレーした経歴を持つレオナルドは、2011年から2013年までPSGのSDを務めていた。その後、昨年7月にミランのSDに就任。FWゴンサロ・イグアインやFWクシシュトフ・ピョンテク、MFルーカス・パケタらの獲得に尽力した。

しかし、ミランはセリエAでチャンピオンズリーグ出場圏外の5位に終わり、その責任を取って辞任していた。PSG復帰となったレオナルドは次のようにコメントしている。

「再びPSGで仕事ができることに情熱を感じている。PSGは私のサッカーキャリアにおいて重要な役割を果たしてきた。パリに戻ってきて、新たなクラブの一員として情熱を注ぎたい」
コメント
関連ニュース
thumb

PSG、ユナイテッド行き濃厚のブルーノ・フェルナンデスに関心?

パリ・サンジェルマン(PSG)が、スポルティング・リスボンに所属するポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(24)に関心を寄せているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 昨シーズンのリーグ戦33試合で20ゴール13アシストとセンセーショナルな活躍を見せたB・フェルナンデス。この活躍もあり、マンチェスター・ユナイテッド移籍が頻繁に報じられているが、スポルティングが5500万ポンド(約74億円)を要求していることもありクラブ間での交渉は停滞している模様だ。 そのポルトガル代表MFに対して、PSGも目を光らせているという。だが、ユナイテッド同様に高額な移籍金に難色を示しており、その他のオプションを考慮している模様。現時点ではあくまで獲得候補の1人という位置付けだ。 ただ、多額の負債を抱えているスポルティングは、今夏のタイミングでの同選手の売却を計画しており、移籍市場が閉幕に近づくに連れて移籍金の額が下がっていく中でどこかで折り合いを付ける考えのようだ。 そのため、適正価格での獲得が可能となった場合、ユナイテッドやその他の競合クラブと共に獲得に動きだすかもしれない。 2019.07.21 18:20 Sun
twitterfacebook
thumb

PSGのレオナルドSD、ネイマールに「具体的なオファーなし」

パリ・サンジェルマン(PSG)のスポーツ・ディレクター(SD)を務めるレオナルド氏がブラジル代表FWネイマール(27)に対して、他クラブからのオファーがないことを明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 2017年夏にPSG入りして以降、長らく移籍の可能性が取り沙汰されるネイマール。レオナルドSDに続いて、トーマス・トゥヘル監督も選手の移籍希望を認めたなか、先日に古巣バルセロナが9000万ポンド(約121億2000万円)+2選手譲渡のオファーを出したとする報道が浮上した。だが、レオナルド氏はそうしたオファーの存在を次のように否定したという。 「何も変わらない。全くね。ネイマールに具体的なオファーはない。我々との契約がある彼は我々の選手だ。繰り返すが、具体的な申し出はない。10日前と同じ状況だよ」 ネイマール本人はすでにPSGに対して移籍を直訴したともいわれているが、どのような形で決着を迎えることになるのだろうか。 2019.07.21 12:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ネイマールが挙げる“これまで対戦してきた中で最高だと思う選手”は?

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが“これまで対戦した最高の選手”を挙げた。スペイン『マルカ』が伝えている。 これまでサントス、バルセロナ、PSGでプレーし、ブラジル代表でもエースに君臨するネイマール。ここ2シーズンはケガに悩まされているものの、卓越したテクニックと優れた得点感覚で、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシや、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと並ぶ世界最高峰の選手として活躍し続けている。 そのネイマールは、『レッドブル』のイベントに出席した際、これまで対戦してきた中で最高だと思う選手に、レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスの名前を挙げている。 「僕が対戦した最高の選手は、セルヒオ・ラモスだ」 「彼は優れたセンターバック。そして、さらにすごいのは、ゴールも決めれるところだよ」 2019.07.20 15:45 Sat
twitterfacebook
thumb

マルセロ「比較することはできないけど、僕的にはアザールよりネイマールが良い」

レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属する同胞のFWネイマールと、新たにマドリーに加わったベルギー代表MFエデン・アザールについて語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 昨シーズンに無冠という屈辱を味わい、新シーズンでの復権を睨むマドリー。今夏では、アザールやセルビア代表FWルカ・ヨビッチらを獲得し大型補強を敢行しているが、一時はネイマールの獲得も噂されていた。 そんな中、マルセロがネイマールとアザールについて言及。どちらも優れたアタッカーであることを認めるも、個人的には同胞のネイマールを好んでいることを明かした。 「ネイマールは予測不可能な選手だ」 「ディフェンス側が何をしてくるか予想した時、彼はすでに違うことを考えている。守ることは不可能だ」 「ネイマールがマドリーに加入すれば、それはとても嬉しいことだよ。マドリーは世界で最高の選手にサインするためにあらゆることをしなくてはならない。バルセロナでの過去は、問題にならないよ」 「エデンはトッププレーヤーだよ。クオリティの高い選手で、ネイマールのようにトップ5に入るクオリティがあるね。彼は印象的な選手。彼らを比較することはできないけど、僕的にはネイマールのほうが良いね」 2019.07.20 14:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ルカク獲得難航のインテル、代替案はカバーニか

インテルが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(32)に注目しているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じている。 今夏にマンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカク(26)の獲得を目指しているインテル。6000万ユーロ(約72億6000万円)+1500万ユーロ(約18億1000万円)のボーナスという条件で3年払いのオファーを打診したが、8800万ユーロ(約106億5000万円)を要求するユナイテッドとの交渉は停滞している模様だ。 そこで、インテルはルカクの代替案として、カバーニを注視しているという。昨シーズンも公式戦22試合で23ゴール9アシストを記録したベテランFWの現行契約は2020年夏までとなっており、より安価で獲得できる可能性があるようだ。 また、インテルはローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(33)にも目を光らせているとのこと。ジェコもカバーニ同様に2020年夏までの契約となっている。 2019.07.19 15:22 Fri
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース