大分の坂井大将が群馬へ! 育成型期限付き移籍2019.06.14 18:20 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ザスパクサツ群馬は14日、大分トリニータに所属するMF坂井大将(22)の育成型期限付き移籍加入を発表した。期間は2020年1月31日まで。同期間中、大分との公式戦に出場できない。なお、背番号は「50」を着用する。坂井は大分の下部組織出身で、2015年のトップチーム昇格を経て、2017年8月にベルギー2部のテュビズに期限付き移籍。2018年1月に期限付き移籍でアルビレックス新潟入り後、今シーズンから大分復帰を果たしたが、ここまで出番がなかった。シーズン途中での移籍を受け、両クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。

◆ザスパクサツ群馬
「初めまして、坂井大将です。だいすけかだいちゃんと呼んでください。絶対にJ2昇格しましょう。よろしくお願いします!」

◆大分トリニータ
「群馬に移籍する事にしました。僕のユニフォームを着て応援してくる方や、ドームや練習場に来て応援してくれる方々には本当に申し訳ない気持ちと大分は僕にとって特別な場所なので離れるのはやっぱり寂しいです。ただ自分で決めた決断なので、しっかりと自分らしく頑張って来たいと思います!」
コメント




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース