チェルシー、昨夏に続きベイリーに関心か

2019.06.09 20:13 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーが、レバークーゼンに所属するジャマイカ代表FWレオン・ベイリー(21)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

7日にMFエデン・アザールのレアル・マドリー移籍が決まったチェルシー。さらに、FWペドロとMFウィリアンは30歳を越えており、若返りを考慮する時期になっている。

そのため、チェルシーは若いアタッカーの獲得を目指しており、昨夏にも関心を寄せたベイリーに白羽の矢を立てているようだ。だが、レバークーゼンも簡単に手放す気はなく8000万ポンド(約110億2000万円)を要求する模様だ。
また、チェルシーはFIFAから今後2度(2019年夏、2020年冬)の移籍期間での選手登録が禁止に。現在はスポーツ仲裁裁判所(CAS)に上訴しているが、最終決定が下される時期は未定となっているため、決定まで待たなければならない状況となっている。

高い身体能力と足下のテクニックを武器とするベイリーは2017年冬にレバークーゼンへ加入。昨シーズンはブンデスリーガ30試合で9ゴール6アシストを記録したが、今シーズンは29試合で5ゴール2アシストと期待されているような数字は残せなかった。

関連ニュース
thumb

レバークーゼンにレンタル中のハドソン=オドイ、今夏のチェルシー復帰を決断か

レバークーゼンにレンタル中のイングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(22)が、今夏のチェルシー復帰を決断したようだ。 チェルシーの下部組織出身であるハドソン=オドイ。2019年1月にファーストチーム昇格を果たすと、ここまで公式戦126試合に出場し16ゴール22アシストの成績を残し、チャンピオンズリーグ(CL)やクラブ・ワールドカップ(CWC)優勝も経験した。 一方で、前指揮官トーマス・トゥヘルの下では出場機会が限られていたこともあり、昨夏の移籍市場でレバークーゼンにレンタル移籍。新天地ではここまで公式戦17試合に出場しているが、ブンデスリーガでの先発は6試合とポジションを掴むまでには至っていない。 こうした扱いもあり、ドイツ『スカイ』によるとハドソン=オドイがシーズン終了後もレバークーゼンにとどまる可能性は低い模様だ。選手はロンドンへの帰還を熱望しており、レバークーゼンとの間で完全移籍やレンタル延長などの話し合いはないという。 ただし、チェルシーは今冬の移籍市場でFWジョアン・フェリックス、FWミハイロ・ムドリク、FWノニ・マドゥエケら前線の選手を数多く獲得。今後ハドソン=オドイがレバークーゼンで印象的なパフォーマンスを示さない限り、たとえ今夏にチェルシーへ復帰したとしても売却される可能性が高まっている。 2023.02.02 16:04 Thu
twitterfacebook
thumb

大量補強のチェルシー、CL・KOステージ登録メンバーを2日24時までに提出へ GSから変更は3人まで

チェルシーのグレアム・ポッター監督は厳しいマネジメントに直面することになりそうだ。 今冬に総額3億6360万ユーロ(約510億円)もの大金を投下し、各国から有望な若手を次々とかき集めたチェルシー。特にシャフタールから獲得したミハイロ・ムドリクは最大1億ユーロ、移籍市場締め切りギリギリにベンフィカと合意に漕ぎ着けたエンソ・フェルナンデスは英国史上最高額の1億2100万ユーロの値札がついた。 この超大型補強により、10位に甘んじているプレミアリーグでの巻き返しに期待がかかるところだが、ことチャンピオンズリーグにおいては、ポッター監督は頭を抱えることになりそうだ。 CLの規定ではグループステージとノックアウトステージの間にメンバー変更が可能だが、その枠は3人まで。ジョルジーニョがアーセナルに移籍したため現在の登録メンバーは23人となっているが、新たに3人を追加するには1人外さなければならない。 もちろん、メンバーを変えない選択もあるが、大金を費やしたムドリクやエンソ・フェルナンデスを無視するわけにはいかない。加えて、アトレティコ・マドリーからレンタル加入したジョアン・フェリックスもメンバー入りする可能性が高い。 そうなると注目は誰がその犠牲になるか。イギリス『サン』は、現時点ではパリ・サンジェルマン行きが御破算となったハキム・ツィエクが筆頭候補と見ているが、誰であれポッター監督には適切なメンタルケアが必要になる。 メンバー提出の期限は現地時間2日の24時まで。今冬に加入した残り4名の1億3000万ユーロ分の選手たちは蚊帳の外になりそうだ。 2023.02.02 14:35 Thu
twitterfacebook
thumb

「プロ失格」ツィエク移籍不成立となったPSG、書類不備連続のチェルシーを大非難「最高級のサーカス軍団だ」

モロッコ代表MFハキム・ツィエクの移籍が不成立となった件について、パリ・サンジェルマンがチェルシーへの怒りをあらわにしている。 チェルシー側の書類不備により、移籍完了まで至らなかったツィエクのオペレーション。今冬の移籍市場最終日に駆け込みでPSGがオファーを出したが、チェルシーから送られてきた書類に複数回にわたって不備が見つかり、締め切りに間に合わなかった。 イギリス『サン』の取材に応じたPSG関係者によると、チェルシーは最初、PSGからレンタル移籍に関するメールや電話を無視。最初の連絡から75分後にようやく書類が届いたが、不正確で署名のないものだったという。 何度かのやりとりの末、正しい書類がPSGの元に届いたのは期限から3分後のこと。ツィエクの移籍が登録されたのは締め切り時刻の4分後の11時4分で、フランスプロサッカーリーグ連盟(LFP)の承認を得られなかった。 結局、PSGとツィエクの希望は叶わず大きな失望を味わうことに。PSGはこの一連の混乱を「クラスAサーカス」と表現し、チェルシーへ大きな不満をぶつけている。 「チェルシーのやり方は乱暴で無礼なものだった。それ以外の表現が思いつかない。今、ハキムは嫌われているクラブに戻ることになり、おそらく居場所もないだろう」 「チェルシーは彼のキャリアの6ヶ月を台無しにしてしまった。クラブがこの移籍を軽率に扱ったことは、本当にお粗末な行為だ。チェルシーのやり方には全く失望させられる」 「彼らのようなレベルのクラブとしては受け入れられないことだが、これは現時点での彼らのビジネスのやり方を要約しているようだ」 「これはチェルシーのせいだ、純粋に単純に。プロ失格だ」 2023.02.02 13:45 Thu
twitterfacebook
thumb

38歳チアゴ・シウバはチェルシーと契約延長へ「喜んで助けたい」…ライバルへ移籍のMFジョルジーニョにも言及「偉大なリーダーを失った」

チェルシーのブラジル代表DFチアゴ・シウバ(38)が自身の将来についてコメントした。 2020年8月にパリ・サンジェルマン(PSG)からチェルシーへと完全移籍で加入したチアゴ・シウバ。ベテランの域に入っているもののそのパフォーマンスは評価され、チェルシーの守備の要となっている。 今シーズンもプレミアリーグで18試合に出場し、チャンピオンズリーグ(CL)でも5試合に出場。昨年のカタール・ワールドカップ(W杯)にもブラジル代表の一員として出場した。 チアゴ・シウバとチェルシーの契約は今シーズン終了時に満了を迎える予定となっている。そんな中、『ESPN』のインタビューに応じたチアゴ・シウバは、契約延長について話していると明かし、数日中にも発表されるだろうとした。 「僕たちはそのことについて話し合っている。おそらく、全てが今後数日で起こるだろう。僕の考えも、クラブの考えも一緒にいることだ」 「クラブは今僕を必要としてくれている。僕もそのためにここにいる。とにかく、彼らは若い選手が多い。自分の経験から、クラブを再建していくこのプロセスを助けることができると思っている。そのためにここにいる。喜んで助けたい」 チェルシーはロマン・アブラモビッチ前オーナーが、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻の影響で資産凍結される可能性があり、昨シーズン終了前に売りに出されることに。今シーズンが始まる前にオーナーが交代した影響もあり、夏の移籍市場では望む選手を補強できずにいた。 トーマス・トゥヘル監督の下でスタートを切るも低調な結果に終わると即解任。ブライトン&ホーヴ・アルビオンからグレアム・ポッター監督を連れてきたが、チームは浮上できずにプレミアリーグで10位に位置している。 一方で、冬の移籍市場では総額3億6360万ユーロ(約510億円)の大金を投じて補強。ここからの巻き返しができるのか大きな注目を集めている。 チアゴ・シウバはやるべきことがまだまだあるとコメント。アーセナルへと移籍したイタリア代表MFジョルジーニョが居なくなった影響はあると語った。 「僕たちには多くの仕事が待ち受けていることを理解している。偉大なリーダーの1人だったジョルジーニョをロッカールームから失った。ジョルジーニョはよく話す人間だった」 「この穴は大きく空くが、僕たちは先に進まなければいけない。彼がまさか出ていくとは思わなかったけど、結局は去って行った。今は彼の不在をできるだけ最高の形で埋め合わせなければいけない」 2023.02.02 13:20 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーがPL史上最高額エンソ・フェルナンデス獲得発表! ジョルジーニョ背負った5番を着用

チェルシーは1日、ベンフィカからアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデス(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「5」に決定。契約期間は2031年6月30日までの8年半となる。 なお、ベンフィカの発表によると、移籍金は総額1億2100万ユーロ(約170億8500万円)となり、フェルナンデスはプレミアリーグ史上最高額での加入選手となった。 アーセナルに移籍したイタリア代表MFジョルジーニョが直前まで着用していた背番号5を背負い、ブルーズの新司令塔として大きな期待を集める22歳は、クラブ公式サイトで意気込みを語った。 「チェルシーとそのオーナーに心から感謝しているよ。ロンドンの誇りであるチェルシーに加入し、世界最高のリーグでプレーし、最大のトロフィーを目指して戦うことができる。本当に嬉しく、興奮しているよ。ファンの前でプレーし、ピッチ内外でチームメイトを助けることが待ち遠しいよ」 一方、今冬のデッドライン・デーに最大のオペレーションを実現させたトッド・ベーリー会長と共同経営者のベフダド・エグバリ氏は、逸材への大きな期待を語っている。 「エンソは、ワールドカップ王者であり、世界のフットボール界で最も輝かしい才能を持つプレーヤーの一人とみなされている。そのプレーヤーと契約することができた。グレアムのチームに彼を加えることができ、今後、我々のチームの重要な一員となってくれると確信している。エンソは非常に高い能力を発揮しているので、チェルシーでどんな活躍を見せてくれるのか楽しみだ」 フェルナンデスは母国のリーベル・プレートの下部組織育ち。デフェンサ・イ・セントラルでもプレーした。 2022年7月にベンフィカに完全移籍。プリメイラリーガで17試合に出場し1ゴール5アシスト、チャンピオンズリーグで5試合に出場し2アシストを記録していた。 カタール・ワールドカップ(W杯)では全7試合に出場し、チームの36年ぶり3度目の優勝に大きく貢献。最優秀若手選手賞を受賞していた。 その活躍もあり、今冬には多くのクラブが獲得に動いたものの、ベンフィカが徹底抗戦して交渉が難航。しかし、最終的には合意に至った。 2023.02.02 07:55 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly