ハメス、どこに行く? 移籍先候補に挙がるクラブは…2019.05.24 08:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)に対して、複数クラブの競合が予想されているという。イギリス『ミラー』が報じた。今シーズン終了後にレアル・マドリーとバイエルンの2年間にわたるレンタル契約が失効するハメス。ドイツ『スカイ』によれば、6月15日まで有効な4200万ユーロ(約51億6000万円)の買取オプションを保有するバイエルンはいまだ決断を下していないが、ハメスはすでに退団を決めた模様だ。

そのハメスはレアル・マドリー復帰を希望しているが、今夏のチーム刷新が指摘されるジネディーヌ・ジダン監督は一時政権時と同様、構想外に。そのため、ハメスは今夏のさらなる移籍が決定的な様相で、レアル・マドリーもその移籍金を補強資金に充てる道筋をつけているとのことだ。

そうなれば、気になるのがハメスの移籍先だ。リバプールやマンチェスター・ユナイテッド、アーセナルのプレミアリーグ勢が興味を示しているが、ユベントスやパリ・サンジェルマン(PSG)も動向を注視しているとされており、争奪戦の様相を呈しているとみられる。
コメント
関連ニュース
thumb

8月開幕のDFBポカール1回戦の組み合わせが発表!

DFBポカール1回戦の組み合わせ抽選会が6月15日に行われた。 今回発表された中で最注目のカードとなったのが、2009から6シーズンをドルトムントでプレーした元ドイツ代表Fケビン・グロスクロイツが所属するユルディンゲン05(ブンデス3部)と、そのドルトムントと対戦。 また、前回王者のバイエルンはブンデス4部に所属するエネルギー・コットブスと対戦する。なお、詳しい日時は決定していないもののDFBポカール1回戦は8月に開催される予定だ 。 ◆DFBポカール1回戦 ヴルツブルガー・キッカース(3部) vs <b>ホッフェンハイム</b> サルムロール(6部) vs ホルスタイン・キール(2部) ゲルマニア・ハルバーシュタット(4部) vs ウニオン・ベルリン</b> カイザースラウテルン(3部) vs <b>マインツ</b> レディングハウゼン(4部) vs <b>パダーボルン</b> ハレシャー(3部) vs <b>ヴォルフスブルク</b> アトラス・デルメンホルスト(5部) vs <b>ブレーメン</b> ユルディンゲン05(3部) vs <b>ドルトムント</b> ザントハウゼン(2部) vs <b>ボルシアMG</b> ケムニッツァー(3部) vs ハンブルガーSV(2部) ヴァルドルフ・マンハイム(3部) vs <b>フランクフルト</b> アレマニア・アーヘン(4部) vs <b>レバークーゼン</b> ダッセンドルフ(5部) vs ディナモ・ドレスデン(2部) ヴィリンゲン(5部) vs <b>デュッセルドルフ</b> バウナタール(5部) vs ボーフム(2部) エネルギー・コットブス(4部) vs <b>バイエルン</b> カールスルーアーSV(2部) vs ハノーファー96(2部) デュイスブルク(3部) vs グロイター・フュルト(2部) オーバーノイランド(5部) vs ダルムシュタット(2部) ヴェーエン・ヴィースバーデン(2部) vs <b>ケルン</b> ハンザ・ロストック(3部) vs シュトゥットガルト(2部) ザールブリュッケン(4部) vs レーゲンスブルク(2部) ドロホターゼン/アッセル(4部) vs <b>シャルケ</b> ヴィクトリア1899(4部) vs ビーレフェルト(2部) インゴルシュタット(3部) vs ニュルンベルク(2部) フェール(4部) vs <b>アウグスブルク</b> リューベック(4部) vs ザンクトパウリ(2部) アイヒシュテット(4部) vs <b>ヘルタ・ベルリン</b> ヴァッカー・ノルトハウゼン(4部) vs エアツゲビルゲ・アウエ(2部) オスナブリュック(2部) vs <b>ライプツィヒ</b> マグデブルク(3部) vs <b>フライブルク</b> SSVウルム1846(4部) vs ハイデンハイム(2部) 2019.06.16 03:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがフンメルス獲得に正式オファー

ドルトムントが、バイエルンのドイツ代表DFマッツ・フンメルス(30)の復帰を計画しているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。 記事によると、ドルトムントはすでにバイエルンへ正式オファーを伝えている模様。以前にバイエルンのニコ・コバチ監督が同選手の売却の雰囲気を醸したことから、実現する可能性は高いと見られている。 移籍金に関してはおよそ1500万から2000万ユーロ(約18億3000万円から24億4000万円)と見積もられている。加えて、フランス代表DFリュカ・エルナンデスの加入によって、来季はベンチに追いやられることがほぼ確実となっているフンメルスも移籍を望んでいる様で、そのためなら減俸もやぶさかではないようだ。 また、『スカイ・スポーツ』も同様の情報を掴んでおり、交渉はかなり進んでいると予想されている。 フンメルスは2016年夏にドルトムントからバイエルンに移籍。いわゆる禁断の移籍と言われ、当時ドルトムントサポーターからは批判が相次いだ。もし、フンメルスが復帰した場合、サポーターは許容することができるのだろうか。 2019.06.15 17:20 Sat
twitterfacebook
thumb

プレミア昇格のシェフィールドがリベリを狙う

シェフィールド・ユナイテッドが、元フランス代表FWフランク・リベリ(36)の獲得を狙っているとの情報がドイツから舞い込んだ。 シェフィールドは、2018-19シーズンのチャンピオンシップで2位となり、06-07シーズン以来のプレミアリーグ昇格を果たした。 プレミアで戦えるスカッドにするため、クリス・ワイルダー監督はバイエルン退団が決まっているリベリをリストアップ。ドイツ『キッカー』によると、リベリにはオーストラリアやカタールからオファーが届いているが、そこにシェフィールドも加わる模様だ。 だが、今のところシェフィールドはリベリ獲得の本命ではないようで、同選手はヨーロッパのビッグクラブでプレーすることを望んでいるとのこと。 これまでバイエルンで数多のトロフィーを獲得してきた男の未来はいかに。 2019.06.14 16:12 Fri
twitterfacebook
thumb

“ロベリ”後釜にザネ狙うバイエルン、プランBはカラスコ?

バイエルンが、中国スーパーリーグの大連一方に所属するベルギー代表MFヤニク・フェレイラ=カラスコ(25)の獲得を検討しているようだ。ドイツ『SportBild』が伝えている。 今シーズン限りでの元フランス代表MFフランク・リベリ(36)と元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)の退団が決まっているバイエルン。その"ロベリ"の後釜としてマンチェスター・シティのドイツ代表FWレロイ・ザネ(23)の獲得を目指している。 しかし、バイエルンは8500万ユーロ(約104億2000万円)を投じる準備ができているものの、交渉は難航。先日には、ドイツ『キッカー』で「上手くいく可能性は低い」と獲得に失敗する可能性が高いことをバイエルンのヘーネス会長が明かしていた。 そこで、バイエルンはドイツ代表FWの代替案として、今夏に欧州復帰を希望しているカラスコを考慮。同選手にはアーセナルも関心を示しているというが、3000万ユーロ(約36億7000万円)前後での獲得が可能なようで、バイエルンにとっては問題ない金額だ。 2019.06.12 19:25 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルン退団のラフィーニャが母国フラメンゴに加入!

ブラジルのフラメンゴが9日、元ブラジル代表DFラフィーニャ(33)を2年契約で獲得したことを発表した。 今季限りでバイエルンを退団したラフィーニャは今年1月に「フラメンゴと合意に近付いている」と発言。コメント通り、母国フラメンゴ加入が決定した。 2002年にブラジルのコリチーバでプロデビューしたあと、2005年にシャルケ、2010年にジェノアへ移籍。2011年に加入したバイエルンでは、2012-13シーズンからのリーグ7連覇に貢献。12-13シーズンのチャンピオンズリーグや4度の国内カップ戦優勝など、18個もの主要タイトルを獲得した。 2019.06.10 16:50 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース