アジアカップ以来の選出…浦和DF槙野智章「勝利と成長に貢献できるよう全力を尽くします」《キリンチャレンジカップ2019》2019.05.23 14:59 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本サッカー協会(JFA)は23日、キリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表メンバー27名を発表した。トリニダード・トバゴ代表(6月5日/豊田スタジアム)、エルサルバドル代表(同月9日/ひとめぼれスタジアム宮城)と対戦する今回のキリンチャレンジカップは、コパ・アメリカに臨むメンバーとは別に発表された。

今回のメンバーに招集されたDF槙野智章(浦和レッズ)がクラブを通じてコメントしている。

◆DF槙野智章(浦和レッズ)
「日本代表にふたたび選出していただき、大変光栄に思います。これまでの経験を踏まえて、しっかりと代表チームの勝利と成長に貢献できるよう全力を尽くします。しかし、その前に大切なリーグ戦があります。浦和レッズでの活動が僕のベースですから、まずはこのリーグ戦に全力を尽くします。応援よろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

興梠の後半AT弾で鳥栖に逆転勝利の浦和が6試合ぶり白星!《J1》

明治安田生命J1リーグ第15節、浦和レッズvsサガン鳥栖が15日に行われ、2-1で浦和が勝利した。 なかなか調子の上がらない10位の浦和(勝ち点18)。5月は無残にも4連敗。前節は後半アディショナルタイムのゴールで川崎フロンターレからなんとか勝ち点を持ち帰ったものの、5試合勝利から遠ざかっている。是が非でも白星を取り戻したい今節のスタメンは、川崎F戦から一人変更。マルティノスに代わってアンドリュー・ナバウトが起用された。 17位に沈む鳥栖(勝ち点13)は一時ゴール欠乏症に陥ったが、第11節からは3連勝で立て直しつつある。だが、前節は無得点で敗戦。再びズルズルいかないためにも負けられない今節は、前節からスタメンを3人変更して臨んだ。 ホームの浦和主導で進む序盤。中央突破を試みる浦和は7分、ボックス手前のスペースでボールを受けたアンドリュー・ナバウトから興梠へスルーパス。急ブレーキで相手を振り切りシュートに繋げたが、GK高丘に防がれた。 対する鳥栖は11分、自陣からのカウンターで安庸佑が右サイドを突破。マイナスの折り返しをダイレクトで狙った小野のシュートは当たりそこなったものの、その先にいた福田がボックス左からシュート。しかし、GK西川のファインセーブに遭う。 互角の攻防を見せる両者。試合が動いたのは18分のことだった。敵陣左サイドで細かくパスを繋いだ鳥栖は、福田がボックスの左外からクロスを送る。これに安庸佑がすべり込みながら合わせてネットを揺らした。 だが、浦和も黙ってはいない。失点から攻勢を強めて迎えた31分、右サイドでボールを持った岩武がボックス手前からゴール前に斜めにパスを入れると、ニアで武藤がスルー。その先の宇賀神がボックス左からダイレクトで抑えの利いたシュートを流し込んで、同点に追いついた。 1-1で迎えた後半、浦和は51分にアンドリュー・ナバウトを下げて長澤を投入。だが56分にその長澤のボールロストからピンチに。鳥栖はピッチ中央付近でボールを奪い素早く縦パスを供給。ボックス右に抜け出した安庸佑が鋭い切り返しで相手を振り切り、左足で流し込みにかかったが、寸前のシュートブロックに入られ勝ち越しとはならなかった。 67分に鳥栖は趙東建を下げてフェルナンド・トーレスをピッチへ。投入直後、トーレスを囮に金崎がヘディングシュートを放ったがGK西川の正面。 その後は互いにチャンスは作れないまま迎えた後半アディショナルタイム、浦和は途中出場のマルティノスが左サイドを突破。右足アウトサイドでクロスを入れると、ボールはゴール前でワンバウンド。これにうまく対応した興梠が落ち際を流し込んで、土壇場で逆転に成功した。 そしてドラマティックな展開となった試合はここで終了。浦和が6試合ぶりの勝利の手にした。一方の鳥栖はこれで2連敗となった。 2019.06.15 21:21 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表、槙野智章が負傷離脱…9日にエルサルバドル戦《キリンチャレンジカップ2019》

日本サッカー協会(JFA)は8日、浦和レッズに所属するDF槙野智章の同国代表離脱を発表した。 離脱理由はケガのため。槙野は7日のトレーニングでベシクタシュのMF香川真司とともに別メニューだった。 日本は9日にひとめぼれスタジアム宮城で行われるキリンチャレンジカップ2019でエルサルバドル代表と対戦する。 2019.06.08 10:50 Sat
twitterfacebook
thumb

新人・久保建英に先輩・槙野智章から洗礼「誕生日、何か芸やって」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は4日、翌日に控えるトリニダード・トバゴ代表とのキリンチャレンジカップ2019に向けて、試合会場となる豊田スタジアムでトレーニングを実施した。 日本代表ではベテランの域に達している浦和レッズDF槙野智章に対する質問は新人のFW久保建英に関するものだった。6月4日が誕生日の久保には一芸を用意させているようだ。 ◆DF槙野智章(浦和レッズ) ――久保建英について、今日は誕生日ですが 「いいですよね、誕生日で祝ってもらえて。僕は記者の方に自分で(プレゼントを)くれって言ってもくれないし(笑)」 「まあ、みんなからのプレゼントは明日の出場だったりゴールっていうのを、なにか気持ちよく彼にとって準備を進めていけたらなと思います」 「今までは誰かが祝福してあげていたけど、なにか自分で一芸をやるっていう流れは無かった。今まではやってもらう。ただ今日は自分で自分の誕生日を芸で祝う」 「(芸については)さっき言いました。すると『自分では用意してます』と。聞いてみてください」 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/UgQ6xE9hVBA" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> 2019.06.04 22:09 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表に浦和DF山中亮輔が追加招集、DF植田直通がクラブ事情で不参加《キリンチャレンジカップ》

日本サッカー協会(JFA)は1日、キリンチャレンジカップに向けた日本代表に招集していたDF植田直通(セルクル・ブルージュ)が不参加になることを発表。浦和レッズのDF山中亮輔を追加招集することを発表した。 JFAの発表によると、植田はクラブ事情のために不参加となるとのことだ。山中は昨年11月以来の日本代表招集となる。 山中は浦和を通じて、追加招集へのコメントを残している。 「日本代表に選出され、大変光栄に思います。チームメートやコーチングスタッフをはじめ、ファン・サポーターのみなさんに感謝しています。浦和レッズの代表として、しっかりと代表チームに貢献できるよう取り組んできます。応援よろしくお願いします」 日本代表は、5日に豊田スタジアムでトリニダード・トバゴ代表と、9日にひとめぼれスタジアム宮城でエルサルバドル代表と対戦する。 2019.06.01 23:28 Sat
twitterfacebook
thumb

森脇、ラストプレーで執念の同点弾! 大槻レッズが再出発へ貴重な勝ち点奪取《J1》

明治安田生命J1リーグ第14節の川崎フロンターレvs浦和レッズが1日に等々力陸上競技場で行われ、1-1の引き分けに終わった。 川崎F(勝ち点26)は前節終了時点で、ここまで7勝5分け1敗で2位につける。前節の大分トリニータとの上位対決でも隙のない戦いを披露し、1-0で勝利して現在、9戦負けなし。王者としての強さを取り戻しつつある。その川崎Fは、昨シーズンのリーグ戦でダブルを喫した浦和戦に向けて、先発メンバーを2人変更。マギーニョと長谷川に代えて、車屋と小林を起用した。 一方の浦和(勝ち点17)は、ここまで5勝2分け6敗で11位に位置。前節のサンフレッチェ広島戦では0-4で大敗を喫し、4連敗に。この事態にクラブは、オズワルド・オリヴェイラ監督の解任と同時に昨シーズンにも暫定監督を務めた大槻毅氏を招へい。劇薬を投じた。そして迎える再起を図る一戦。[3-4-2-1]を採用し、GK西川、最終ラインが右から岩波、マウリシオ、槙野、ダブルボランチに青木と柴戸、右に岩武、左に宇賀神、ツーシャドーに武藤マルティノスが入り、1トップを興梠が務めた。 好対照の両者による試合は、開始から気持ちの入ったプレスをかける浦和がゴールを脅かす。2分、右サイドからパスをつなぎ、左サイドに展開すると、宇賀神がボックス左手前から右足でシュート性の低いクロスを供給。これをニアサイドに走り込んだ興梠がスルーし、ボールはそのままゴールに吸い込まれたが、興梠のにオフサイドの判定が下されてしまい、ゴールは認められない。 5分にはマルティノス、16分には武藤が強烈なミドルシュートを放つなど、序盤は浦和が川崎Fを押し込む展開に。それでも試合が進むにつれ、川崎Fがバイタルエリアでパスを回す時間が増加する。 川崎Fは22分、ボックス左外からのFKのこぼれ球を守田がボックス右手前で拾うと、ファーサイドにクロスを供給。これを谷口が頭で合わせたが、ゴール上へと逸らしてしまう。 ボール保持こそ許すものの、中央を固め決定機を作らせない浦和は30分、ボックス右外の岩武からパスを受けた武藤がボックス右手前からクロスを供給。中央でフリーとなったマルティノスが頭で合わせると、GKチョン・ソンリョンは一歩も動けなかったが、ボールはゴール右外へと外れた。 ゴールレスで試合を折り返すと、川崎Fが攻勢に出る。すると迎えた54分、ゼロックス杯でも浦和からゴールを奪った男が待望の先制点をもたらす。左サイドでのパスワークから長谷川がボックス左にスルーパス。走り込んだ登里が折り返すと、ファーサイドに抜け出したレアンドロ・ダミアンが合わせ、ゴールネットを揺らした。 先制点を許した浦和は55分にマルティノスに代えて萩原、57分には岩武に代えて森脇を投入。しかし、69分に興梠が負傷交代となり、古巣対決となる杉本をピッチに送り込んだ。 依然として川崎Fペース。74分には家長からの左CKに小林がヘディングで合わせる。しかし、枠を捉えられず。76分には守田の縦パスからレアンドロ・ダミアン、小林とつなぎ、最後はボックス内に走り込んだ守田がシュートを放つも、追加点とはならない。 その後、川崎Fは小林とレアンドロ・ダミアンのツートップを下げて、知念と山村を投入し、試合を締めにかかる。しかし、浦和が試合終了間際に猛攻を仕掛けると、最後にドラマが待っていた。 ラストワンプレーの場面、浦和が左CKを獲得し、GK西川も相手ゴール前へ。キッカーを務めた武藤のクロスはクリアされる。しかし、こぼれ球に反応した宇賀神がボックス手前からシュートをボックス内のGK西川がフリックすると、混戦となり、最後は森脇が強引に右足を振り抜く。谷口に当たってゴール方向へ飛んだボールは、GKチョン・ソンリョンの逆を突く形となり、ゴールに吸い込まれた。 そのまま試合終了。土壇場で追いついた浦和が連敗を「4」でストップし、再スタートに向けて貴重な勝ち点1を掴んだ。一方の川崎Fは10戦無敗を継続するも、首位追走へ痛すぎる引き分けとなった。 2019.06.01 21:10 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース