やり過ぎ? プレミア昇格POでリーズ撃破のダービーが試合後に“スパイ”パフォーマンス2019.05.16 17:22 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
15日に行われたリーズ・ユナイテッド戦を勝利したダービー・カウンティの選手たちが試合後にマルセロ・ビエルサ監督の“スパイ”行為を揶揄するパフォーマンスを見せた。イギリス『Caught offside』が伝えている。15日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のプレミア昇格プレーオフ準決勝2ndレグのリーズ(3位)vsダービー(6位)が行われ、2-4でダービーが勝利。2戦合計3-4でダービーが決勝に駒を進めた。

敵地で行われた1stレグを0-1で落としていたダービーは、この試合でも先手を奪われる。それでも、マリオット、マウントのゴールで2戦合計スコアを2-2とし、アウェイゴール数で上回ると、その後もウィルソン、マリオットにゴールが生まれ、最終的に2戦合計3-4でアストン・ビラの待つ決勝進出を果たした。

同試合後、ダービーの選手たちはアウェイサポーターに向けて両手で丸の形を作り、双眼鏡のようにして覗き込むようなパフォーマンスを敢行した。

実はリーズとダービーの対戦では、今年1月に行われたリーグ戦の対戦前にビエルサ監督の指示でチームスタッフがダービーの練習場に偵察へ向かい、相手の練習を観察するスパイ行為が発覚。

後にビエルサ監督は自身の監督キャリアを通じて、常にそういった偵察行為を行い、今シーズンもダービー戦前に対戦したすべての対戦相手の練習場にチームスタッフを派遣していたことを認めていた。また、この問題を受けてリーズはイングランドフットボールリーグ(EFL)から罰金20万ポンド(約2800万円)を科されていた。

そして、その一件を受けて、ダービーの選手たちはビエルサ監督の“スパイ”行為を揶揄する今回のパフォーマンスを披露したのだ。

このパフォーマンスに関してはビエルサ監督の“スパイ”行為を快く思わない人たちを中心に風刺の利いた痛快なパフォーマンスだという好意的な反応があった。

一方、先日のアストン・ビラとの対戦で相手選手負傷時に自軍が奪ったゴールを正当と認めず、直後にわざと相手にゴールを決めさせるフェアプレイ精神を見せるなど、フットボールに対して真摯な態度を見せるビエルサ監督を揶揄する行為、激戦を演じた相手にそれも敵地でバカにするような行為を見せたことに不快感を示す反応もあり、やや物議を醸す一件となった。

◆ビエルサ監督の“スパイ”行為を揶揄
https://twitter.com/RealCasuals/status/1128766913734217728
コメント
関連ニュース
thumb

元イングランド代表DFアシュリー・コール、英2部ダービーを退団…今冬加入から半年

ダービー・カウンティは3日、元イングランド代表DFアシュリー・コール(38)の退団を発表した。 A・コールはアーセナルでプロデビュー後、クリスタル・パレスや、チェルシー、ローマ、ロサンゼルス・ギャラクシーでプレー。今年1月に半年間の契約でダービーに加入した。 そのダービーでチェルシー時代の同僚である指揮官のフランク・ランパード監督とタッグ。チャンピオンシップ(イングランド2部)9試合を含む公式戦12試合に出場した。 なお、ダービーはチャンピオンシップ6位でフィニッシュ。昇格プレーオフに勝ち進んだが、決勝でアストン・ビラに敗れ、プレミアリーグ昇格を逃している。 2019.06.04 07:45 Tue
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラが4シーズンぶりにプレミア復帰! チェルシーレジェンド対決はテリーに軍配!《チャンピオンシップ昇格プレーオフ》

チャンピオンシップ昇格プレーオフ決勝・アストン・ビラvsダービー・カウンティが27日にウェンブリーで行われ、2-1でアストン・ビラが勝利し、プレミアリーグ昇格を果たした。 アストン・ビラでコーチを務めるジョン・テリーと、ダービーを率いるフランク・ランパードによるチェルシーのレジェンド対決。 昇格プレーオフ準決勝でPK戦の末にWBAを下したアストン・ビラはアブラアムやエル・ガジらが先発。一方、昇格プレーオフ準決勝でリーズを下したダービーはA・コールやハドルストンらが先発した。 試合はアストン・ビラがボールを持つ展開で推移していく。しかし、自陣に引くダービーの前に決定的なシュートには持ち込めない。 膠着状態が続く中、37分にようやくダービーが両チーム通じて初めての枠内シュートをマウントが放った。 それでも前半終盤の44分、アストン・ビラがゴールをこじ開けた。右サイドからのエル・モハマディのクロスにエル・ガジがダイビングヘッドで押し込んだ。 迎えた後半、ダービーが前がかる展開となったが、59分にアストン・ビラが追加点を奪った。左サイドからカットインしたエル・ガジのシュートがDFに当たってゴール方向へ。高く浮いたルーズボールをGKルースがキャッチにかかるもその前でマッギンが頭で押し込んだ。 2点を追う展開となったダービーは82分、1点差に詰め寄る。左サイドからのクロスボールをファーサイドのボーグルが落とし、ボックス中央のマリオットがゴール左にシュートを蹴り込んだ。 それでも終盤にかけてもダービーの反撃を凌いだアストン・ビラが2-1で逃げ切り。チェルシーレジェンド対決はテリーに軍配が上がり、アストン・ビラが4シーズンぶりにプレミアリーグ復帰を果たした。 2019.05.28 00:54 Tue
twitterfacebook
thumb

チャンピオンシップ昇格プレーオフ決勝の勝利賞金がCL優勝賞金を上回ると話題に

アストン・ビラとダービ・カウンティで争われる今季のチャンピオンシップ昇格プレーオフ決勝。その勝利金額が凄いと話題になっている。 27日に行われるこの一戦。ダービーを率いるフランク・ランパードとアストン・ビラでコーチを務めるジョン・テリーの、チェルシーレジェンド同士の対決ということでも注目を集めているが、もう一つさらに注目すべきポイントがある。 イギリス『デイリー・メール』によると、この試合の勝者にはなんと1億7000万ポンド(約236億円)の賞金が与えられるというのだ。この額はチャンピオンズリーグ(CL)優勝賞金よりも高いだけでなく、全スポーツの中でも最も高額であるようだ。 また、両チームにはそれぞれ勝利した場合、ダービーの選手らは1000万ポンド(約14億円)、アストン・ビラには600万ポンド(約8億3000万円)のボーナスが支給されるという。 イングランドにおける放映権料は年々高騰しており、今季プレミアリーグで最下位となったハダースフィールドは9330万ポンド(約130億円)の収入があったようだ。来季はさらに、最下位のチームでさえ1億1000万ポンド(153億円)の収入が見込まれている。 両者の今季の2度の対戦では、アストン・ビラがどちらも勝利し2戦合計7-0というスコアとなっている。果たして莫大な賞金を手にすることが出来るのはどちらのチームか。 2019.05.27 18:52 Mon
twitterfacebook
thumb

ランパード監督率いるダービーが大逆転! 来季プレミア挑戦権はチェルシーのレジェンド対決に《チャンピオンシップ》

15日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のプレミア昇格プレーオフ準決勝2ndレグのリーズ・ユナイテッド(3位)vsダービー・カウンティ(6位)が行われ、2-4でダービーが勝利。2戦合計3-4でダービーが決勝に駒を進めた。 1stレグを0-1で先勝していたリーズは、この試合でも先手を奪う。24分、左サイドで得たFKからクロスを送ると、誰も触らないボールが右ポストに跳ね返り、最後はダラスが決めて先制する。 2戦合計2-0とリードを許したダービーは、アウェイということもありリーズに押し込まれ続ける展開に。それでも45分、カウンターを仕掛けると浮き球の処理をGKとDFが被ってしまい、最後はマリオットが無人のゴールへ流し込み、ダービーが2戦合計2-1とする。 迎えた後半、早々にダービーが仕掛ける。46分、自陣からパスを繋ぎボックス内に侵入すると、最後はマウントが体勢を崩しながらもネットを揺らし2戦合計で2-2に。58分にはPKを獲得すると、ウィルソンが落ち着いて決め、ついに逆転に成功する。 逆転を許したリーズは62分、左サイドを崩すと、ボックス内左からダラスが技ありのゴールを決め、2戦合計で3-3の同点に。その後はリーズが猛攻を仕掛けて追加点を目指すが、決定機を作るもののなかなかゴールを奪えない。 さらにリーズには悪夢が続き、ベラルディが78分に2枚目のイエローカードをもらい退場。数的不利に陥る。するとダービーが息を吹き返し猛攻。85分に、ボール奪取からカウンター。最後はマリオットが落ち着いてネットを揺らし、2戦合計3-4とリードを奪う。結局そのまま試合は終了。白熱の対決はダービーが制し、アストンビラが待つ決勝へと駒を進めた。 ダービーの指揮を執るフランク・ランパード監督と、アストン・ビラでアシスタントコーチを務めるジョン・テリー氏はチェルシーやイングランド代表で長年チームメイトとしてプレーした間柄。プレミアリーグでの成功を知る両者が、最後の昇格枠を懸けて対戦する。なお、昇格プレーオフ決勝は26日に行われる。 リーズ 2-4(AGG:3-4) ダービー 【リーズ】 ダラス(前24) ダラス(後17) 【ダービー】 マリオット(前45) マウント(後1) ウィルソン(後13) マリオット(後40) 2019.05.16 11:25 Thu
twitterfacebook
thumb

「今はダービー」ランパード監督はチェルシーを心配も監督就任に興味なし

マンチェスター・シティに6失点の大敗を喫したチェルシー。前節のボーンマス戦での4失点大敗から2試合連続で無様な結果を残したことで、今シーズンから指揮を執るマウリツィオ・サッリ監督への風当たりが強くなっている。 早くも解任の噂が立てられ、サッリ監督の後任候補としてブックメーカーが筆頭に挙げているのが、クラブのレジェンドであり現在はチャンピオンシップ(イングランド2部)のダービー・カウンティで指揮を執るフランク・ランパード監督だ。 しかし、ランパード監督は、サッリ監督の下でチェルシーが復活することを望んでいるとコメント。自身は興味がなく、今はダービーでの仕事に集中したいと語り、ブックメーカーの予想も意に介していないことを明かした。イギリス『Four Four Two』が報じた。 「チェルシーにはあまり起こらないことなので、そういったことが起きることはショックだ。でも、彼らがマンチェスター・シティという素晴らしいチーイムと対戦していたことを忘れないでもらいたい。私はそこで、選手としても楽しい時間を過ごしていた」 「ブックメーカーは、必ずしも初心者には優しくないので、そういったことに興奮することはないだろう。チェルシーは、確かに私が尊敬するクラブであり、尊敬する監督がいる。ただ、私の仕事はダービーにあり、一生懸命働いている」 「私の考えの全ては、水曜日のイプスウィッチ・タウン戦に向けられている。チェルシーがまとまり、結果を好転させることを私は願っている」 2019.02.12 12:45 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース