レガネス、ペジェグリーノ監督と契約延長! プリメーラでの最多勝ち点&最高順位を樹立2019.05.09 14:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レガネスは8日、マウリシオ・ペジェグリーノ監督(47)との契約を2021年6月30日まで延長したことを発表した。これまでバレンシアやエストゥディアンデス、アラベスなどを率いた経歴を持つペジェグリーノ監督は、昨季サウサンプトンの監督に就任。前任のアラベスでは就任1年目でコパ・デル・レイ決勝に導くなどの手腕を見せたが、セインツでは降格圏に沈み、昨年3月に解任されていた。

その後、昨年6月に今シーズン終了までの契約でレガネスの新指揮官に就任したアルゼンチン人監督は、リーグ5位となる堅守を武器に手堅いチームを構築。そして、現在12位のチームは2節を残してプリメーラ残留を決定。

さらに、2016-17シーズンの初昇格以降、2年連続で降格圏ギリギリの17位でのフィニッシュとなっていたが、プリメーラでのクラブ史上最多勝ち点を45ポイントに更新しており、2節を残した段階で16位以上が確定している。
コメント
関連ニュース
thumb

レガネス守護神クエジャール、2021年まで契約延長

レガネスは21日、スペイン人GKイバン・クエジャール(35)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ユース時代、レアル・マドリーとアトレティコ・マドリーに在籍した経験のあるクエジャールは、2008年8月にアトレティコからスポルティング・ヒホンへ完全移籍。ヒホンで守護神として9年プレー後、2017年7月にレガネスへ完全移籍。レガネスでも移籍初年度からレギュラーの座を掴むと、今季もリーガエスパニョーラで34試合に出場して38失点に抑え、13位で終えたチームを支える働きを見せていた。 2019.06.21 23:09 Fri
twitterfacebook
thumb

レガネス、セビージャ育ちで今季2部で13ゴールの若手FW獲得

レガネスは9日、アルコルコンからスペイン人FWフアン・ムニョス(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの4年となる。 セビージャの下部組織出身のムニョスは、2015年2月のヘタフェ戦でリーガデビューを飾った。しかし、トップチームではなかなか出場機会を得られず、レバンテやアルメリアに武者修行に出された。そして、昨夏にはフリートランスファーでセグンダA(スペイン2部)のアルコルコンに加入。 今シーズンはリーグ戦37試合に出場し13ゴールを記録していた。 2019.06.09 21:36 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナル、レガネスの大型FWエン=ネシリに関心か

アーセナルが、レガネスに所属するモロッコ代表FWユセフ・エン=ネシリ(21)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 2016年にマラガでトップチームデビューを果たしたエン=ネシリは、昨夏にレガネスへ加入。空中戦の強さ、縦への推進力を武器としている192㎝の大型ストライカーで、今シーズンのリーガエスパニョーラ31試合で9ゴールを記録し、チームの残留に貢献した。 シャルケやドルトムント、ベティスからも関心が噂されているが、レガネスはチーム内得点王の放出に否定的。オファーもまだ届いていない状態だという。 しかし、エン=ネシリの前所属のマラガには、今シーズン2部から1部に昇格した場合にのみ1500万ユーロ(約18億2000万円)で買い戻せる契約がある。同選手の市場価値が2000万ユーロ~2500万ユーロ(約24億2000万円~約30億4000万円)であることから、買い戻した後に高値で売却することを考慮しているようだ。 2019.06.05 16:37 Wed
twitterfacebook
thumb

レガネス、アルゼンチン人DFホナタン・シルバをスポルティングから完全移籍で買い取り

レガネスは3日、スポルティング・リスボンのアルゼンチン人DFホナタン・シルバ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの4年間となっている。 左サイドバックを主戦場とするホナタン・シルバは、2014年8月にエストゥディアンテスからスポルティングに加入。その後、ボカ・ジュニアーズやローマへのレンタル移籍を経て、今季はレガネスにレンタルで移籍していた。 そのレガネスではリーガエスパニョーラ30試合の出場で3ゴール6アシストと活躍。13位で終えたチームの主力として存在感を示していた。 2019.06.04 03:30 Tue
twitterfacebook
thumb

セビージャが痛恨の連敗でCL出場が遠のく…《リーガエスパニョーラ》

セビージャは3日、リーガエスパニョーラ第36節でレガネスと対戦し、0-3で敗戦した。 ヘタフェ、バレンシアとの三つ巴の4位争いを繰り広げている5位のセビージャ(勝ち点55)が、ほぼリーガ残留を決めている13位のレガネス(勝ち点42)を迎えた一戦。前節のジローナ戦で痛恨の敗戦を喫し、バウンスバックを目指すセビージャは、前節から先発を3人変更。出場停止のバネガやフランコ・バスケス、カリソに代えてイェデル、プロメス、ログを先発で起用した。 試合が動いたのは8分、レガネスは中盤でのパスカットからカウンターを仕掛けると、持ち上がったホナタン・シルバのパスをボックス手前のブラースヴァイトがヒールで流し、最後はボックス内のエン=ネシリがシュートをゴール左に突き刺した。 反撃に出たいセビージャだったが、再びスコアを動かしたのはレガネス。20分、ロングスローを相手DFがクリアミス。このボールがボックス中央のブラースヴァイトに繋がると、ワンタッチで相手DFを振り切りシュートをゴール左に流し込んだ。 リードを広げられたセビージャは、前半アディショナルタイム1分にボックス右手前でパスを受けたサラビアがミドルシュートでゴール迫ったがが、これはGKクエジャールのセーブに防がれる。 迎えた後半、2点を追うセビージャはプロメスを下げてフランコ・バスケスを投入。さらに70分には、ログを下げてブライアン・ヒルをピッチに送り出し、攻撃の強度を上げる。 後半もポゼッションでレガネスを上回るセビージャだが、なかなか効果的な攻めを見せられない。 すると82分、レガネスはブスティンサのパスをボックス手前で受けたブラースヴァイトがボックス右から侵入し折り返しを供給。これを中央のオスカルが左足で合わせると、ブロックに入ったヘスス・ナバスに当たったボールがそのままゴールに吸い込まれた。 結局、試合はそのまま0-3で終了。セビージャはCL出場が遠のく痛恨の連敗となった。一方、敵地で快勝したレガネスは、2節を残しリーガエスパニョーラ残留を決めた。 2019.05.04 06:10 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース