涙涙のポチェッティーノ「フットボールに感謝。私の選手たちはヒーロー」2019.05.09 08:25 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督がアヤックスとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグ後、喜びのコメントを残した。イギリス『BBC』が報じた。先のホームで行われた1stレグを0-1で落としたトッテナムは、ケガのイングランド代表FWハリー・ケインを欠く状況で8日の2ndレグへ。そのリターンレグも2点ビハインドまで追い詰められた。だが、後半にブラジル代表FWルーカス・モウラがハットトリックの大暴れ。アウェイゴール差でアヤックスを上回ったトッテナムが起死回生の逆転突破を成し遂げた。

ポチェッティーノ監督はピッチ上に続き、試合後に応じたイギリス『BT Sport』のインタビューでも嬉し泣き。感極回りながら次のように語り、喜びと感謝の気持ちを表現した。

「アメージングな感情だ。フットボールに感謝だ。私の選手たちはヒーローだ。選手たちに対して、この1年間、君たちがヒーローだと言ってきた。後半の彼らは素晴らしかったよ。我々を信じ続けたみなさんにありがとう。言葉にできないね」

「選手たち全員がヒーローだ。だが、ルーカス・モウラはスーパーヒーローだった。このレベルであんなことをやるのは難しい。監督であること、フットボールに携われていることに感謝だ。今日はアメージングだ。こうした試合ができて嬉しい」

なお、6月1日に行われる決勝の対戦カードはトッテナムvsリバプールに決まり、アトレティコ・マドリーの本拠地ワンダ・メトロポリターノが会場に。CL決勝でのプレミアリーグ勢対決は2007-08シーズンのマンチェスター・ユナイテッドvsチェルシー以来、11年ぶりだ。
コメント
関連ニュース
thumb

スパーズで構想外のヤンセンの新天地が決定! モンテレイ移籍に向けメディカル受診

トッテナムの元オランダ代表FWフィンセント・ヤンセン(25)がメキシコのモンテレイ加入に向けてメディカルチェックを受診したようだ。メキシコ『CANCHA』が伝えている。 2020年6月までトッテナムとの契約を残すヤンセンだが、DFダニー・ローズとFWジョルジュ=ケビン・エンクドゥの2選手と共に、他クラブとの交渉を許可されてアジアツアーの招集メンバー外に。 そのため、今夏の退団が決定的となっている同選手に関してはシャルケやアンデルレヒトなど、ヨーロッパのクラブからの関心が伝えられてきたが、その新天地はメキシコとなるようだ。 メキシコ『CANCHA』が伝えるところによれば、ヤンセンはモンテレイ移籍に先立って22日にロンドン市内でメディカルチェックを受診したという。さらに、今後数日以内にメキシコ入りし、モンテレイとの契約にサインする見込みだ。 2016年夏にエールディビジ得点王の栄誉を引っ提げてAZからトッテナムに1700万ポンド(約23億2000万円)で加入したヤンセンだったが、加入初年度はリーグ戦27試合の出場でわずかに2ゴールと期待外れの結果に終わった。 その後、2017年にはフェネルバフチェに1年間のレンタル移籍で加入もケガの影響もあって思うような数字を残せず、フェネルバフチェは完全移籍での買い取りに踏み切ることはなかった。 今シーズンはトッテナムに復帰したものの、チャンピオンズリーグ(CL)の登録メンバーから外されるなど構想外の状態が続き、ケガ人が続出したシーズン最終盤にリーグ戦3試合に出場したのみだった。 2019.07.23 21:16 Tue
twitterfacebook
thumb

スパーズ、今週中にセセニョン&ロ・セルソの獲得交渉完了へ!

トッテナムが今週中にも2人の逸材レフティの獲得交渉を完了させる構えだ。 今夏の移籍市場でリーズ・ユナイテッドのイングランド人FWジャック・クラーク(即レンタルバック)、リヨンのフランス代表MFタンギ・エンドンベレを獲得したトッテナム。 その後は新たな戦力の加入はアナウンスされていないが、今週中にも2人の新戦力が到着する見込みだ。 その2選手の中でより獲得に近づいているのは、以前から獲得候補に挙がっていたフルアムに所属するU-21イングランド代表MFライアン・セセニョン(19)だ。 昨季、チャンピオンシップ(イングランド2部)降格を強いられたフルアム退団が濃厚とされるセセニョンに関しては選手本人がトッテナム行きを希望していると伝えられた一方、クラブ間での交渉が停滞していた。 しかし、イギリス『テレグラフ』が伝えるところによれば、トッテナムとフルアムは2000万ポンド(約27億円)+ボーナスという条件でほぼ合意に至った模様だ。 なお、フルアムはトッテナムで構想外となっているフランス人MFジョルジュ=ケヴィン・エンクドゥ、イングランド人MFジョシュア・オノマーの2選手に関心を示していると言われており、両選手の譲渡をセセニョンのオペレーションに組み込む可能性もあるようだ。 一方、セセニョンと共に今夏の移籍市場でトップターゲットに挙げられているアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・セルソ(23)の獲得に関しても最終局面を迎えているという。 保有元のベティスはロ・セルソの後釜と見られる、フランス代表FWナビル・フェキル(26)を22日にリヨンから完全移籍で獲得しており、トッテナム移籍を望むアルゼンチン代表MFの放出にゴーサインを出すようだ。 なお、イギリス『サン』の4500万ポンド(約60億5000万円)という眉唾なものから、イギリス『フットボール・ロンドン』の6000万ポンド(約80億7000万円)など移籍金の金額に関しては大きなばらつきはあるものの、複数のイギリスメディアは、近日中の交渉成立の可能性を伝えている。 2019.07.23 19:25 Tue
twitterfacebook
thumb

アルデルヴァイレルトがスパーズ残留を決断! 「僕の関心はスパーズにある」

ベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(30)がトッテナム残留を決断したようだ。イギリス『talk SPORT』が伝えている。 アルデルヴァイレルトとトッテナムの契約は今シーズン終了までとなっているが、両者の契約には2019年夏の移籍市場締め切りの14日前まで2500万ポンド(約33億6000万円)のオファーが届けば、クラブ側が移籍を許可しなければならないという契約条項が存在している。 そのため、ヨーロッパ屈指のセンターバックを比較的安価な金額で獲得可能ということもあり、昨夏からマンチェスター・ユナイテッドなどの強豪クラブがこぞって関心を示してきた。とりわけ、ここ最近はセンターバックの補強を目指すローマが、積極的な動きを見せている。 前述の契約条項が失効する7月26日まで1週間を切った中、現在トッテナムのアジアツアーに参加しているアルデルヴァイレルトは、21日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019のユベントス戦(3-2で勝利)でキャプテンマークを巻いてプレーしていた。 そして、試合翌日にはスパーズ残留を示唆するコメントを残している。 「フットボールの世界ではすべてがとても速く進む。だけど、僕の関心はスパーズにある。そして、シーズン開幕に向けて準備ができているよ」 「日曜日の試合(ユベントス戦)でキャプテンを任された。それは監督が自分を信頼してくれていることの証明だと思うし、自分自身が正しい姿勢を示せていると感じているんだ」 「僕の関心はスパーズにある。そして、自分が求められている仕事を全うしたいと思っているよ。僕はここで幸せを感じているんだ。自分の頭の中ではスパーズのためにプレーすることを考えている」 今回のアルデルヴァイレルトの発言を考慮すると、新シーズンのトッテナム残留は確実だ。さらに、クラブと同選手の考えが合致した場合、来季以降の契約延長の可能性も十分にあるかもしれない。 2015年にアトレティコ・マドリーからトッテナムに加入したアルデルヴァイレルトはベルギー代表でもコンビを組むDFヤン・ヴェルトンゲンと共に最終ラインの主力として活躍。ここまで公式戦159試合に出場し6ゴールを記録している。 一昨季はケガの影響で一時ポジションを失ったものの、昨季は再び主力センターバックに復帰していた。 2019.07.23 16:30 Tue
twitterfacebook
thumb

スパーズ、扁桃炎の主将GKロリスがアジアツアーから離脱

トッテナムは22日、フランス代表GKウーゴ・ロリスが扁桃炎の治療のためにプレシーズンツアーから離脱することを発表した。 トッテナムの発表によると、ロリスは先週金曜日から扁桃炎に罹っており、トレーニングを回避。21日にシンガポールで行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019のユベントス戦(3-2で勝利)も欠場していた。 そして、チームがICC2019のマンチェスター・ユナイテッド戦が行われる上海に渡った中、同選手は治療を優先するために一足早くロンドンに戻ることになった。 なお、ロリスはチームがアジアツアーを終えてロンドンに戻るタイミングで練習に合流できる見込みだ。 2019.07.23 14:25 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、ハメスとエリクセンを天秤にかけ前者の獲得に尽力?

アトレティコ・マドリーが、レアル・マドリーのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(28)とトッテナムのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(27)を天秤にかけた結果、前者の獲得に力を入れることを決めたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 アトレティコは、ディエゴ・シメオネ監督のプレーメーカー獲得の希望からハメス・ロドリゲスとエリクセンに目を光らせている。しかし、今回、6000万ユーロ(約72億5000万円)から7000万ユーロ(約84億6000万円)の移籍金を費やす必要があるとされるエリクセンよりも、安価の4000万ユーロ(約48億3000万円)で獲得できると見込んでいるハメス・ロドリゲスが最善の選択肢とし、同選手の獲得を急ぐことを決断したようだ。 ハメス・ロドリゲスの恩師であるカルロ・アンチェロッティ監督が指揮を執るナポリ移籍の可能性も伝えられている同選手だが、自身はマドリッドに滞在し続けることを望んでいることを報じられている。 一方、マドリー側は、ハメス・ロドリゲスをライバルのアトレティコに売ることに前向きではないと見られている。だが、ジネディーヌ・ジダン監督は、ウェールズ代表MFガレス・ベイルのように去就に関して揉めることを避けるためにも、早急に同選手の売却を進めるようクラブに要求しているようだ。 2019.07.23 10:55 Tue
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース