涙涙のポチェッティーノ「フットボールに感謝。私の選手たちはヒーロー」

2019.05.09 08:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督がアヤックスとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグ後、喜びのコメントを残した。イギリス『BBC』が報じた。

先のホームで行われた1stレグを0-1で落としたトッテナムは、ケガのイングランド代表FWハリー・ケインを欠く状況で8日の2ndレグへ。そのリターンレグも2点ビハインドまで追い詰められた。だが、後半にブラジル代表FWルーカス・モウラがハットトリックの大暴れ。アウェイゴール差でアヤックスを上回ったトッテナムが起死回生の逆転突破を成し遂げた。

ポチェッティーノ監督はピッチ上に続き、試合後に応じたイギリス『BT Sport』のインタビューでも嬉し泣き。感極回りながら次のように語り、喜びと感謝の気持ちを表現した。

「アメージングな感情だ。フットボールに感謝だ。私の選手たちはヒーローだ。選手たちに対して、この1年間、君たちがヒーローだと言ってきた。後半の彼らは素晴らしかったよ。我々を信じ続けたみなさんにありがとう。言葉にできないね」

「選手たち全員がヒーローだ。だが、ルーカス・モウラはスーパーヒーローだった。このレベルであんなことをやるのは難しい。監督であること、フットボールに携われていることに感謝だ。今日はアメージングだ。こうした試合ができて嬉しい」

なお、6月1日に行われる決勝の対戦カードはトッテナムvsリバプールに決まり、アトレティコ・マドリーの本拠地ワンダ・メトロポリターノが会場に。CL決勝でのプレミアリーグ勢対決は2007-08シーズンのマンチェスター・ユナイテッドvsチェルシー以来、11年ぶりだ。
コメント