【Jリーグ出場停止情報】福岡DF石原広教&DF輪湖直樹が金沢戦欠場…

2019.05.01 11:40 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグは1日、明治安田生命J2リーグ第12節、明治安田生命J3リーグ第8節の出場停止選手を発表した。

今回出場停止となるのは、J2はアビスパ福岡のDF石原広教とDF輪湖直樹。次節、ツエーゲン金沢戦に出場することができない。

J3はヴァンラーレ八戸のDF佐藤和樹とSC相模原のDF梅井大輝。次節、前者はロアッソ熊本戦、後者はAC長野パルセイロ戦で出場停止となる。


【明治安田生命J2リーグ】
DF石原広教(アビスパ福岡)
明治安田生命J2リーグ第12節
ツエーゲン金沢(5/3)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

DF輪湖直樹(アビスパ福岡)
明治安田生命J2リーグ第11節
vsツエーゲン金沢(5/3)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

【明治安田生命J3リーグ】
DF佐藤和樹(ヴァンラーレ八戸)
明治安田生命J3リーグ第8節
vsロアッソ熊本(5/5)
今回の停止:1試合停止

DF梅井大輝(SC相模原)
明治安田生命J3リーグ第8節
vsAC長野パルセイロ(5/4)
今回の停止:1試合停止


関連ニュース
thumb

琉球の2選手が新型コロナ陽性判定

FC琉球は30日、選手2名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 選手はクラブが実施した25日のPCR検査、26日のJリーグ公式検査で陽性疑いの判定となり、その後医療機関で陽性と診断された。 なお、28日に選手、スタッフ全員に対してPCR検査を実施。2選手を除く全員の院生が確認された。 また、濃厚接触者に関してはいないと判断されているとのことだ。 陽性となった2選手は、発熱や味覚異常などはないとのことだ。 2021.07.30 19:18 Fri
twitterfacebook
thumb

町田の選手1名が新型コロナ陽性判定、濃厚接触者は2名

FC町田ゼルビアは30日、トップチーム選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は26日に実施したJリーグ公式PCR検査で陽性判定となったとのことだ。 なお、選手とチーム関係者の2名が濃厚接触者として認定されたとのことだ。 26日はトレーニングが実施され、抗原定性検査では全選手が陰性に。28日に当該選手の陽性疑いが出たため、全選手と関係者が抗原定性検査を実施したものの、全員が陰性となった。なお、この時点で当該選手と濃厚接触者と思われる関係者は隔離されていた。 29日に当該選手が再びPCR検査を実施したところ陽性判定に濃厚接触者2名も判明し隔離。残りの選手と関係者はホテルで自主隔離を行ったとのことだ。 なお30日にも当該選手を除く選手、関係者全員がPCR検査を実施しているが、結果はまだ出ていないとのことだ。 当該選手、濃厚接触者の2人とも発熱などの症状は出ていないという。 町田では23日に選手1名が発熱を伴う症状があり、新型コロナウイルスで陽性判定を受けていた。 2021.07.30 17:18 Fri
twitterfacebook
thumb

山形が在籍4カ月のFWルリーニャとの契約満了を発表、11試合でノーゴール

モンテディオ山形は30日、FWルリーニャ(31)との契約満了を発表した。7月31日で満了となる。 U-17ブラジル代表歴を持つルリーニャは母国やポルトガル、韓国、UAE、キプロスでのプレーを経て、2020年にジュビロ磐田に加入した。 明治安田生命J2リーグ26試合の出場で5得点を記録したが、1年で磐田を退団。4月に山形への加入が発表されていた。 山形では明治安田J2で10試合に出場、天皇杯で1試合に出場したがゴールはなかった。 ルリーニャはクラブを通じてコメントしている。 「みなさん4ヶ月という短い期間でしたが、私を温かく迎えていただきありがとうございました。大好きなこのチームでJ1昇格まで共に戦いたかったです」 「チームを離れますが、これからの後半戦での躍進を心から願っています。またみなさんとお会いできる日を楽しみにしています」 2021.07.30 10:36 Fri
twitterfacebook
thumb

「日本に行きたい」ノルウェー人FWがJリーグ行きを熱望、実際にオファーも

ノルウェーのオッドに所属する元ノルウェー代表FWムシャガ・バケンガ(28)がJリーグ行きを希望しているようだ。ノルウェー『Nettavisen』が報じた。 バケンガはノルウェーのローゼンボリでキャリアをスタート。2012年1月にクラブ・ブルージュへ完全移籍すると、セルクル・ブルージュ(ベルギー)、エスビャウ(ノルウェー)、ブラウンシュヴァイク(ドイツ)、モルデ(ノルウェー)とレンタル移籍を繰り返し、2016年7月にローゼンボリへと復帰した。 その後、トロムソ、ランハイム・フォトバルとノルウェー国内でプレーし、2020年6月にオッドへと加入した。 これまでエリテセリエン(ノルウェー1部)で通算151試合54ゴール13アシストを記録しているバケンガ。U-15から世代別のノルウェー代表で常にプレーすると、2014年1月にA代表デビューしていた。 今シーズンもエリテセリエンではここまで11試合で11ゴールを記録。しかし契約は今年一杯となっており、多くのクラブからのオファーがあるという。 バケンガに対しては、サウジアラビアのアル・タイがオファーを出したとのこと。オッドはオファーを受け入れたとのことだが、バケンガ自身は日本に行きたいと考えているようだ。 「オッドが彼らからのオファーを受け入れたのは事実だ。ただ、日本からもオファーを受けた」 「日本に行きたい。それは僕が先に進みたいという僕の願いに合っている。そこに価値があることも知っている」 「覚悟を決めていたが、フィットしなければならない経験を持つトータルパッケージだ。それが今やっときた」 日本のクラブ名は明かされていないが、オッドは金銭面でサウジアラビアからのオファーを受けたとのこと。一方で、日本のクラブはバケンガのプロ意識の高さに感銘を受けたようだ。 バケンガはそのような評価をしてもらったことへの驚きを隠さず、自身も日本に行きたいという願望を改めて主張した。 「極東のクラブからこれほど多くの分析しているのを経験するのは初めてだ」 「オッドに多くを捧げた気がする。彼らが約束を守るためには、テーブルに上がったオファーを受け入れなければいけない」 「彼らはサウジアラビアからのオファーを受け入れたが、僕が望んでいたオファーがあったとしても邪魔はしないだろう。僕の願いは、日本に行きたいということだ」 エリテセリエンに絡む選手では、2020シーズンの得点王であるFWキャスパー・ユンカーが浦和レッズに加入しゴールを量産中。また、同じノルウェー人では大宮アルディージャにFWイバが在籍している。北欧の選手では、デンマークのDFアレクサンダー・ショルツが浦和に加入。過去にはスウェーデン人のFWロビン・シモヴィッチ(名古屋グランパス、大宮アルディージャ)やノルウェー人のFWトル・ホグネ・オーロイ(ジェフユナイテッド千葉)らもJリーグでプレーしていた。 2021.07.30 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

新潟の選手1名が新型ウイルス感染症で陽性判定

アルビレックス新潟は27日、トップチーム選手1名が新型ウイルス感染症の陽性判定を受けたことを発表した。 新潟は26日、クラブ独自のPCR検査を実施。その際に選手1名が陽性判定疑いとなっていた。 27日に医療機関でPCR検査を実施したところ、正式に陽性判定となったとのことだ。 当該選手は発熱や症状がない状態が続いていたが、26日に37.3度と熱が上昇。PCR検査の結果陽性判定疑いとなった。27日も37.2度の発熱のほか、喉の痛みもあったという。 なお、当該選手は自宅待機。濃厚接触者については所轄の保健所に行動履歴全てを提出・報告し、特定を進めるとのことだ。 新潟は28日にトレーニング再開を予定していたが、延期するとのことだ。 2021.07.27 21:07 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly