5発の大分FW藤本憲明が初受賞! J2は琉球FW鈴木孝司、J3はC大阪U-23のFW山田寛人《KONAMI月間MVP》

2019.04.11 19:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグは11日、2月・3月度の「2019明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP」として、J1では大分トリニータのFW藤本憲明、J2ではFC琉球のFW鈴木孝司、J3リーグではセレッソ大阪U-23のFW山田寛人を選出した。

同賞はYBCルヴァンカップを除く、各月のリーグ戦を対象に選考委員会による選考の上、最も活躍した選手に与えられる。受賞選手には、クリスタルトロフィーの他、J1選手には30万円、J2選手には20万円、J3選手には10万円が授与される。

藤本は2月から3月まで行われたJ1開幕節からJ1第5節の全試合に出場。その間、5ゴールを決めて、J1昇格初年度を戦うチームの好スタートに貢献した。藤本のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。

◆FW藤本憲明(大分トリニータ)
©️J.LEAGUE PHOTOS

「いつも応援してくださっている皆さんにとても感謝しています。2,3月の明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVPの受賞は、チームメイト、スタッフ、サポーター、家族、たくさんの支えがあって受賞することができました。これからも現状に満足することなく、継続+レベルアップできるように、そして日々無駄にしないように結果を残し続けていきたいと思います。LOVE TRINITA」

【Jリーグ選考委員会による選考理由】
◆原博実委員
「JFL、J3、J2、J1とステップアップしてきた苦労人。ゴール前でのポジション取りのたくみさ、多彩なシュートの種類。何より決定力が素晴らしい」

◆柱谷幸一委員
「昇格チームの大分で、2・3月J1最多得点の5得点を決めた決定力」

◆北條聡委員
「大分躍進の動力源。決め手抜群。鹿島、横浜FMの強豪から各2得点も見事」

◆寺嶋朋也委員
「自身J1初挑戦ながら、開幕5試合で5得点。昇格1年目のチームの快進撃をエースとして牽引した」

鈴木は2月から3月まで行われた6試合で大量8ゴールを記録。J2初挑戦のクラブを上位争いに導くと共に、自身もここまで得点ランキング1位につけている。鈴木のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。

◆FW鈴木孝司(FC琉球)
©️J.LEAGUE PHOTOS

「この度2月、3月のJ2月間MVPを受賞することができ、とても光栄に思います。そして監督、スタッフ、チームのみんなに感謝しています。これからも多くのゴールでチームに勢いと勝利をもたらせる様に、楽しみながらプレーしていきたいと思います。ファンサポーターの方々、引き続き応援よろしくお願いします!」

【Jリーグ選考委員会による選考理由】
◆原博実委員
「チームの快進撃を支える得点源。8得点が素晴らしい」

◆柱谷幸一委員
「昇格チームでの8得点」

◆福西崇史委員
「得点もさることながら攻撃の起点」

◆北條聡委員
「目の覚めるゴールラッシュ。琉球快進撃の象徴。コンスタントな得点力も◎。特筆すべきプレーは活躍を予感させる開幕戦の2ゴール。特に先制点のループは見事だった」

◆寺嶋朋也委員
「高い決定力を見せつけ、6試合8ゴールと文句なしの活躍。琉球快進撃の立役者であり、移籍1年目ながらすでに欠かせぬエースとなっている」

山田は3月に行われた4試合で4ゴール1アシストを記録。チームの3位躍進に貢献している。山田のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。

◆FW山田寛人(セレッソ大阪U-23)
©️J.LEAGUE

「この賞をいただけたのは、チームメイトはもちろん、スタッフやサポーターの皆様のおかげだと思い、とても感謝しています。開幕からディフェンスラインがU-18の選手で試合に挑むことが多く、彼らも初の舞台で緊張してる中、自分がFWとしてチームをどれだけ助けれるかが大事だと思っていたので、その結果がこの賞に繋がって大変嬉しく思います」

「そして、自分自身2月にブラジルに短期留学し、良い経験ができた反面、苦しい時期でもありました。それを乗り越えてこのような賞をいただけたことで、ブラジルに行った意味と自信に繋がったことを改めて感じることができました。シーズンも始まったばかりですし、今回の受賞に満足せず少しでも上の順位で終われるように、そして個人としてはJ3得点王やJ1の舞台で多くプレーできるように頑張ります。これからも引き続き応援よろしくお願いします」

【Jリーグ選考委員会による選考理由】
◆原博実委員
「得点力が高まっている。更なる成長に期待」

◆柱谷幸一委員
「2・3月の得点ランキング1位を評価」

◆福西崇史委員
「得点力を評価」

◆北條聡委員
「J3レベル超越の技術と得点センス。フィニッシュの形も多彩だった。特筆すべきプレーは、第4節(vs藤枝)の先制点。ワンタッチパスへの反応の鋭さ、浮き球処理も見事だった」

◆寺嶋朋也委員
「昨季は怪我もあり苦しんだが、今季は開幕から出場機会をつかみ4試合で4ゴールを記録。万能型のストライカーで、攻撃の起点となるプレーや守備などゴール以外でもチームに貢献している。チームはいまだ無敗で2位と快進撃を続けている」

関連ニュース
thumb

J1リーグの5月優秀監督賞に横浜FM指揮官マスカット 昨年8月度以来2度目

Jリーグは14日、5月度の月間優秀監督賞を発表した。 J1リーグからは5月の6試合で4勝1分1敗を記録した横浜F・マリノスのケヴィン・マスカット監督。目下2連勝中で、16試合を消化して9勝4分け3敗と首位に躍り出ている。 同じくAFCチャンピオンズリーグ組がやや苦しむなか、着実に勝ち点を積み上げるマスカット監督は昨年8月度以来2度目の受賞にあたり、喜びの心境を明かした。 「このような賞をいただきJリーグに感謝いたします。5月だけでなく、チャレンジングな今シーズンすべてにおいて、コーチングスタッフをはじめとする全スタッフの努力とコミットメントに、この賞を捧げたいと思います」 なお、J2リーグからはアルビレックス新潟の松橋力蔵監督。J3リーグからは鹿児島ユナイテッドFCの大嶽直人監督が輝き、両監督も初受賞を果たしている。 2022.06.14 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

C大阪DF毎熊晟矢がJ1リーグの5月MVPに 「セレッソファミリーへの賞」

Jリーグは14日、5月度の明治安田生命JリーグKONAMI月間MVPを発表した。 J1リーグからはセレッソ大阪のDF毎熊晟矢。V・ファーレン長崎から加入の今季は当初こそ限定的な出番が続いたが、5月に入ってから6試合すべてで先発し、チームが記録した全10得点の半分に絡む3得点2アシストの活躍だった。 右サイドバックから右サイドハーフへのコンバートが見事にハマり、自身初となる月間MVPの毎熊は喜びの思いとともに決意を新たにしている。 「5月のKONAMI月間MVPに選出していただき、とても光栄に思います。この賞を受賞できたのは、スタッフ・チームメイト・ファン・サポーターをはじめとするセレッソ大阪に関わる皆さんのおかげなので、感謝していますし、セレッソファミリーへの賞だと思っています。これに満足することなく、また1日1日の練習を大切にして、セレッソ大阪のタイトル獲得に貢献できるように励んでいきたいと思います。この度は本当にありがとうございました」 なお、J2リーグからは2得点2アシストをマークしたアルビレックス新潟のU-21日本代表MF三戸舜介が初受賞。J3リーグからは3得点2アシストを記録した鹿児島ユナイテッドFCのFW有田光希がこちらも初受賞を果たしている。 2022.06.14 16:59 Tue
twitterfacebook
thumb

広島指揮官スキッベが4月度の月間優秀監督賞に! 「この賞の大半はチームの活躍があってこそ」

Jリーグは17日、4月度の月間優秀監督賞を発表した。 J1リーグからは4月の5試合を3勝2分で乗り切ったサンフレッチェ広島のミヒャエル・スキッベ監督。13試合を消化した現時点で4勝6分け3敗の6位につけている。 初受賞のドイツ人指揮官は「このたび、明治安田生命J1リーグ4月度月間優秀監督賞に選出いただき、ありがとうございます」と喜び、今後に意気込みを語った。 「チームのパフォーマンスの象徴としての受賞であり、この賞の大半はチームの活躍があってこそだと思っています。支えてくれている選手、チームスタッフ、ファン・サポーターに感謝したいです。ただし、戦いはまだまだこれからです。今後もチーム一丸となって戦い、順位を一つでも上げられるように頑張っていきたいと思います」 なお、J2リーグからは4月に5勝を積み上げたベガルタ仙台の原崎政人監督が選ばれ、J3リーグからは3勝1分けの成績を収めた松本山雅FCの名波浩監督が選出。両監督とも初の受賞となる。 2022.05.17 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「年齢というのはただの数字」 J1リーグの4月MVPに京都FWピーター・ウタカが輝く

Jリーグは17日、4月度の明治安田生命JリーグKONAMI月間MVPを発表した。 J1リーグからは京都サンガF.C.のFWピーター・ウタカが選ばれ、4月の5試合で4ゴールをマーク。ここまで鹿島アントラーズのFW上田綺世と並ぶ8ゴールを決め、得点ランキングのトップに立つ。 38歳という年齢を感じさせない活躍で久々のJ1リーグとなるチームを牽引する2016年のJ1得点王は自身初の月間MVP受賞にあたり、喜びの思いとともに決意を新たにしている。 「今回、このような賞を受賞できたことを本当に光栄に思います。この賞は自分だけでは受賞できなかったものでした。コーチングスタッフやチームメイト、ファン・サポーターの皆さま、そして一番は奥さんに感謝したいです」 「皆さんがいたからこそ、受賞できたと思いますので、本当に皆さんのことを誇りに思います。自分にリミットはないということ、年齢というのはただの数字で、自分が何ができるかということを魅せていきたいと思いますので、これからも熱いサポートをよろしくお願いします」 なお、J2リーグからは4月に3ゴールを記録したベガルタ仙台のMF氣田亮真が初受賞。J3リーグからは4ゴールをマークした松本山雅FCのFW横山歩夢がこちらも初受賞を果たしている。 2022.05.17 17:20 Tue
twitterfacebook
thumb

2・3月度の月間優秀監督賞発表! 川崎Fの鬼木達監督が5度目の載冠 「自分達らしく熱く戦う姿を」

Jリーグは12日、2・3月度の月間優秀監督賞を発表した。 J1リーグからは3連覇を目指す川崎フロンターレの鬼木達監督。今季はFUJIFILM SUPER 2022で浦和レッズに敗れ、黒星発進を強いられたが、J1リーグではAFCチャンピオンズリーグ2022参戦に伴う先行試合を含む7試合を5勝1分け1敗で切り抜けた。 4月に入ってからの3試合でこそ1勝1分け1敗という状況だが、チームを暫定首位に導く鬼木監督は自身5度目の受賞に際して、Jリーグ公式サイトで喜びの心境とともに、決意を新たにした。 「明治安田生命J1リーグ2・3月度月間優秀監督賞に選んでいただきありがとうございます。今シーズンも新型コロナウイルスの影響などもあり、サッカー界全体が非常に厳しい状況の中でスタートしています」 「そういう環境の中でもスタジアムに足を運んで頂いたり、DAZN視聴を通じて応援して頂いている全てのファン、サポーターの皆さんには本当に感謝しています。今、チームとしては我慢の時期ですが、選手、スタッフ、クラブみんなで一体感をもってやれているので常に努力を続けて成長していきたいと思います」 「スタジアムには多くのファン、サポーターの方々が戻って来てくれているので、自分達らしく熱く戦う姿を見せていきたいと思います。4月はACLもあるのでより総力戦で頑張っていきたいと思います」 なお、J2リーグからは横浜FCの四方田修平監督が輝き、J3リーグからは福島ユナイテッドFCの服部年宏監督が選出。両監督とも初受賞となる。 2022.04.12 17:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly