サッリ解任は今月の成績次第…? 待ち構えるのはビッグマッチ連戦2019.02.12 12:10 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督(60)の運命は、今後の2週間にかかっているようだ。イギリス『テレグラフ』が報じた。

チェルシーは10日、プレミアリーグ第26節でマンチェスター・シティと対戦し、0-6の歴史的なスコアで大敗。リーグテーブルでも4位から6位に転落しており、チャンピオンズリーグ(CL)どころではなくヨーロッパリーグ(EL)すら逃しかねない状態となっている。

また、チェルシーは第23節でもアーセナルとのダービーも0-2で落としており、第24節ボーンマス戦でも0-4大敗の屈辱を味わった。第25節ハダースフィールド戦で5-0の快勝を収めて仕切り直しを図ろうとしていたことも相まって、シティ戦で味わった蹂躙はチェルシーサポーターの心に大きな影を落としている。

『テレグラフ』は、チェルシーの目標がCL出場権獲得であるとした上で、そのためにはELでの優勝が最も可能性の高い手段だと主張。とはいえ、ELを勝ち残ったとしても2月の残りの試合結果次第では、“間違いなく解任される”と強い表現で伝えている。

チェルシーがEL決勝トーナメント1回戦で顔を合わせた相手はマルメであり、サッリ監督は絶対に負けられないプレッシャーの中で14日の1stレグ、21日の2ndレグを戦うこととなる。さらに、その間の18日にはFA杯5回戦のマンチェスター・ユナイテッド戦が控えており、24日にはリーグカップ決勝シティ戦と続く。また、27日には今月の締めくくりとしてプレミア第28節トッテナム戦が待ち構えており、タフな日程となっている。

なお、もしサッリ監督が解任された場合には、チェルシーのアシスタントコーチを務めるジャンフランコ・ゾラ氏が後任を引き受ける可能性が高いと見られている。
コメント
関連ニュース
thumb

【平成史に残るレジェンドチーム50選】vol.31“ソリッド・モウスタイル”プレミアリーグレコード/チェルシー[2004-05]

1989年1月8日に日本で始まった「平成」。日本では31年にわたって使用されてきたが、2019年4月30日をもってその時代が終わりを告げる。 日本サッカーにおいても激動の時代であった「平成」だが、目をヨーロッパに向け、同じ時代で印象に残ったレジェンドチームを超ワールドサッカー編集部が選出。記憶や記録に残る50チームを紹介していく。 <div style="position: relative;margin: 2em 0;padding: 25px 10px 7px;border: solid 2px #FFC107;"><span style="position: absolute;display: inline-block;top: -2px;left: -2px;padding: 0 9px;height: 25px;line-height: 25px;vertical-align: middle;font-size: 17px;background: #FFC107;color: #ffffff;font-weight: bold;">vol.31</span><p style="margin: 0; padding: 0;font-weight:800">2004-2005シーズン/チェルシー 〜ソリッド・モウスタイル〜</p></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/2004-05chelsea.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brians,LTD.<hr></div><div style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">監督:ジョゼ・モウリーニョ(41) 獲得タイトル:プレミアリーグ、リーグカップ 攻撃力7:★★★★★★★☆☆☆ 守備力10:★★★★★★★★★★ タレント7:★★★★★★★☆☆☆ 連係9:★★★★★★★★★☆ 選手層9:★★★★★★★★★☆ </p></div> <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">プレミアリーグレコードで50年ぶりリーグ制覇</div> このシーズンの前年である2003年7月、当時、多額の負債を抱えていたチェルシーは、ロシアの大富豪・ロマン・アブラモビッチによる買収提案を受諾した。これが契機となって世界有数の財力を持ったチェルシーは、これまで以上の大型補強を敢行。そして、2004-05シーズンには、前シーズンにポルトでCLを制覇していたジョゼ・モウリーニョを招聘した。 モウリーニョは、強固な守備と高速カウンターをチームに浸透させ、初年度から結果を残す。勝ち点95(当時のプレミアリーグレコード)、得失点差57という驚異的な数字でプレミアリーグを圧勝。50年ぶりとなるトップリーグ制覇をクラブにもたらした。さらにそれだけにはとどまらず、カーリングカップもリバプールを下して戴冠。CLでは惜しくも準決勝でリバプールに競り負けてしまったものの、クラブ創立100周年を2冠で祝った。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">ソリッド・モウスタイル</div> 前年にアブラモビッチがオーナーとなったことで資金力を手にしたチェルシーは、このシーズンにも大胆な補強を行っていた。モウリーニョは、前所属先のポルトからパウロ・フェレイラとリカルド・カルバリョ、そして自身が高く評価していたティアゴを引き入れる。さらに当時、世界的には知名度が低かったドログバをマルセイユから補強。そのほか、ロッベンとケジュマンをPSVから獲得した。 チームの特長は、ソリッドな守備と縦に速いカウンター。今となっては、モウリーニョの十八番と言えるスタイルだ。全盛期だったリカルド・カルバリョとテリー、アンカーのマケレレ、当時からレベルの高いゴールキーピングと抜群の安定感を誇っていたGKチェフが形成する中央のダイヤモンドは強固そのもの。パウロ・フェレイラとギャラスを擁する左右のサイドバックも、攻撃力こそ高くなかったが守備面で崩れることは皆無だった。 ボール奪取後のビルドアップとしては、まずランパードに預けることが多かった。ランパードはそこから敵陣のサイド深くへとロングフィードを送り、ダフやロッベン、ジョー・コールを走らせる。当時のランパードのロングフィードは正確無比。ピンポイントのロングパスをウインガーへ次々に供給していった。 フィニッシャーは、負傷で苦しんだ1年目のドログバではなくグジョンセンがファーストチョイスだった。フィジカルやスピードではドログバに劣っていたグジョンセンだが、冷静なフィニッシュと巧みなスペースメイクでチームに貢献していた。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">ピックアップ・プレイヤー</div> <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">DFリカルド・カルバリョ(26)</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/calvarhopc.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> モウリーニョが3000万ユーロを投じて獲得したセンターバックは、金額に見合うパフォーマンスを披露してみせた。テリーと共に鉄壁の守備を披露し、プレミアリーグレコードの15失点でリーグ戦を終えることができた要因となった。鋭い読みと一対一の強さを生かした守備だけではなく、インテリジェンス溢れるビルドアップで攻撃面でも大きく貢献。シーズン終了後、シーズン前に退団したデサイーの存在を懐かしがるチェルシーサポーターは誰一人いなかったはずだ。 2019.04.18 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

コバチッチ、ゼニト移籍が浮上! 既に交渉開始か

レアル・マドリーからチェルシーに期限付き移籍しているクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(24)にゼニトへの移籍が浮上した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 昨夏にマドリーから出場機会を求めてチェルシーにレンタル移籍で加入したコバチッチ。ここまで公式戦43試合に出場しており、マウリツィオ・サッリ監督も完全移籍を望んでいることを明らかにしている。 だが、チェルシーはサッリ監督の去就が不透明なことに加え、国際サッカー連盟(FIFA)から今後2度(2019年夏、2020年冬)の移籍期間での補強禁止が命じられている。現在は処分軽減もしくは保留に動いているが、撤回される可能性は低い。 そのような状況から、コバチッチ側はチェルシーへの完全移籍は不確定要素が多いことを考慮し、現在はゼニトとの交渉を行っているという。 一方でマドリーのジネディーヌ・ジダン監督はコバチッチの復帰を望んでいない模様。チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザール(28)獲得の資金を捻出するため売却を望んでいるようだ。 2019.04.18 18:40 Thu
twitterfacebook
thumb

バルセロナがチェルシー、ヴィッセル神戸と「Rakuten Cup」で7月に日本で対戦

18日、東京都内で「Rakuten Cup Supported by スカルプD(以下、Rakuten Cup)」の開催概要が発表。バルセロナ、ヴィッセル神戸、チェルシーが参加することを発表した。 今年7月に開催される「Rakuten Cup」は、7月23日(火)にバルセロナvsチェルシーが埼玉スタジアム2002で、7月27日(土)にヴィッセル神戸vsバルセロナがノエビアスタジアム神戸で行われる。 今シーズンのチャンピオンズリーグでベスト4に勝ち上がっているバルセロナと、ヨーロッパリーグでベスト8に勝ち上がっているチェルシーが日本で対戦するのは初めてのこと。また、ヴィッセル神戸に所属するアンドレス・イニエスタ、ダビド・ビジャ、セルジ・サンペールは神戸の選手として初めてバルセロナと対戦することとなる。 記者会見には、楽天株式会社の代表取締役兼社長であり、ヴィッセル神戸のオーナーである三木谷浩史氏、また現役時代はバルセロナやフランス代表として活躍し、現在はFCバルセロナのテクニカルセクレタリーを務めているエリック・アビダル氏が登壇。また、チェルシーのブルース・バック会長はビデオメッセージでコメントした。 2019.04.18 18:05 Thu
twitterfacebook
thumb

補強禁止のチェルシー、アザール後釜にペペを指名か 102億円準備

チェルシーが、リールに所属するコートジボワール代表FWニコラ・ペペ(23)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 昨シーズン、リールの1部残留に貢献したペペは、今シーズンにはセンターフォワードから本職の右ウイングに固定され、圧倒的なスプリント能力、ドリブルテクニックを武器に躍動。ここまでリーグ戦32試合に出場し19ゴール11アシストの圧巻の数字を記録している。 そのペペにチェルシーが関心を示しているようだ。同クラブは現在、ベルギー代表MFエデン・アザール(28)のレアル・マドリー移籍が盛んに報じられている。選手本人もマドリー移籍が夢と公言していることもあり、近く三者合意の可能性があるとも指摘されているほどだ。 そのためチェルシーは、リールでブレイクを果たしたペペをアザールの後釜と見据えているという。だが、チェルシーは今後2度(2019年夏、2020年冬)の移籍期間での補強禁止が命じられている。現在は処分軽減もしくは保留に動いており、これが通れば、同選手に7000万ポンド(約102億円)を投じる準備ができているという。 とはいえ、ペペにはバイエルン、マンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマン(PSG)、アーセナル、インテルなどのビッククラブが関心を示している。 また、リールのジェラール・ロペス会長は「間違いなく彼はここを去るはずだ。彼に付けられた市場価値はすでに我々がどうにもできない価格帯に移ってしまっている」と今夏の移籍を容認している。 2019.04.17 22:21 Wed
twitterfacebook
thumb

デ・ブライネのドルト移籍、会話2回のモウに止められた過去

マンチェスター・シティに所属するベルギー代表MFケビン・デ・ブライネは過去にドルトムント移籍の可能性があったという。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 元スペイン代表MFダビド・シルバと共にマンチェスター・シティのブレインとして絶対的な地位を確立するデ・ブライネ。だが、2012年にヘンクから加入したチェルシー時代はジョゼ・モウリーニョ氏の下で不遇の日々を強いられ、ブレーメンでのレンタル生活を経て、2014年1月にヴォルフスブルクに完全移籍した。 その後、2015年夏に完全移籍でシティに加わると、ジョゼップ・グアルディオラ監督の信頼を勝ち取り、今や押しも押されもせぬフットボール界屈指のプレーメーカーに。そのデ・ブライネは『The Players’ Tribune』のなかで、不仲だったとして知られるモウリーニョ氏からドルトムント移籍を止められた過去を明かした。 「チェルシーにいた当時、モウリーニョとの関係性を取り上げたマスコミがたくさんあった。でも、真実は僕と彼が2回しか話をしなかったということだけだ」 「2012年にレンタルでブレーメンに行き、素晴らしいシーズンを過ごすと、チェルシーに戻った次の夏にドイツの数クラブが獲得に名乗りを上げてくれた」 「そのなかで、クロップがドルトムントに欲してくれた。僕自身も、楽しめそうなフットボールだと感じたから、チェルシーも行かせてくれるだろうと期待したよ」 「でも、そんなとき、モウリーニョが僕宛にテキストメッセージを送ってきたのさ。『君は残る。このチームの一員になってほしい』とね」 「結局、ジョゼは(僕がヴォルフスブルクに完全移籍して)少しがっかりしただろうけど、僕に対して絶対にプレーする必要性も感じていたと思う」 「でも、チェルシーは2倍以上の移籍金を手にした。僕もヴォルフスブルクで良い環境を手にできた。だから、全くもって大きな問題じゃなかったよ」 2019.04.16 16:25 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース