「希薄、ユートピア的、幻想的」 最後まで希望を捨てなかったハリル、サラ逝去に傷心

2019.02.09 09:05 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナントを率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督がアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラ(享年28)の死亡確認を受け、コメントを残した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。

サラは今冬、カーディフ移籍が決定。だが、カーディフに向かう際、小型機の事故に見舞われ、7日に検視結果として、見つかった遺体がサラ本人のものであることが確認された。

ハリルホジッチ監督は翌8日、10日にホームで行われるリーグ・アン第24節のニーム戦に向けた会見に出席。沈痛な思いを思い口にしつつ、サラの母国アルゼンチンで予定される葬儀に参列したい意向を示した。

「もちろん、我々は参列するつもりだ。まだ何も正しい情報がないがね」

「まだ何もわかっていないので、話し合うつもり。我々はこの状況下で3試合を戦った。先に進まなければならないが、私は常々言っている。『それは簡単なことじゃない』とね」

「我々は常に希望を持ち続けたよ。それが希薄なこと、ユートピア的なこと、幻想的なことだとわかっていたが…。現実は残念ながら本当にひどく、不条理だ」

「このクラブの歴史に刻まれるであろう彼の選手としての功績だけでなく、行動、謙虚さに敬意を払う必要がある。彼は本当に全員から愛され、スポーツ界全体からもだ」

関連ニュース
thumb

ナントが“ジョーカー契約”でメスDFセントンゼを獲得

ナントは22日、リーグ・ドゥ(フランス2部)のメスからフランス人DFファビアン・セントンゼ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「28」に決定。契約期間は2027年6月30日までの5年となる。 なお、今夏のフランスの移籍市場はすでに閉幕しているが、セントンゼは“ジョーカー”選手として移籍が承認されている。 リーグ・アンとリーグ・ドゥを管轄するLFPでは、「各クラブは最初の本登録期間(夏の移籍市場)の最終日の翌日から追加登録期間(冬の移籍市場)の初日の前日まで、いわゆる“ジョーカー”プレーヤーを加入させることができる」という規則があり、特定の条件を満たした場合、各クラブにフリートランスファーを除く、選手1名の補強が認められている。 その大まかな条件は、獲得対象の選手がフランス国内でプレーしているというものだ。 セントンゼはエビアンでプロキャリアをスタートし、クレルモン、RCランスを経て2019年にメスへ加入。メスでは右サイドバックの主力として公式戦91試合6ゴール4アシストを記録していた。 2022.09.22 23:51 Thu
twitterfacebook
thumb

ムバッペの2ゴールなどでナントに完勝のPSGが無敗をキープ!《リーグ・アン》

パリ・サンジェルマン(PSG)は3日、リーグ・アン第6節でナントと対戦し3-0で完勝した。 無敗で首位に立つPSGが、ここまでわずか1勝のナントのホームに乗り込んだ一戦。ミッドウィークに行われたトゥールーズ戦を3-0で完勝したPSGは、その試合から先発を4人変更。ネイマールやセルヒオ・ラモス、ヌーノ・メンデスらに代えてサラビア、キンペンベ、ハキミらを先発で起用。3トップにサラビア、メッシ、ムバッペを並べた[3-4-3]の布陣で試合の臨んだ。 トロフェ・デ・シャンピオンの再戦となった試合は、PSGがボールを保持するもビルドアップの場面でボールに対し積極的なプレスをかけるナントの守備に苦戦、なかなか良い形でボールを前に運べない。 それでもPSGは18分、自陣中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けると、ドリブルで持ち上がったメッシのラストパスを受けたムバッペがボックス左からコントロールショットをゴール右隅に突き刺さった。 さらに25分、PSGに追い風。中盤のルーズボールに反応したヴィティーニャがファビオの危険なタックルで倒されると、ファビオにレッドカードが提示され数的優位に。しかし、このプレーで右ヒザ付近を痛めたヴィティーニャは大事をとってレナト・サンチェスと交代した。 ハーフタイムにかけては膠着状態が続いたが、PSGは45分にボックス中央でボールを受けたメッシが細かなステップで相手DFをかわしシュートまで持ち込んだが、これはアッピアーのブロックに阻まれた。 迎えた後半、PSGはベルナトを下げてメンデスを投入。すると54分、ヴェッラッティのロングパスで裏に抜け出したムバッペがボックス左から折り返しを供給。パロワにディフレクトしたボールをボックス右深くで拾ったメッシがDFの股下を抜く折り返しを入れると、最後はゴール前のムバッペが押し込んだ。 追加点を奪ったPSGは62分、ヴェラッティとムバッペを下げてセルヒオ・ラモスとネイマールをピッチに送り出すと、その6分後に3点目を奪う。68分、ボックス右深くに抜け出したハキミの折り返しをネイマールがシュート。これは左ポストを直撃したが、こぼれ球をメンデスが押し込んだ。 終盤にかけてもポゼッションでナントを圧倒したPSGが危なげなく試合をクローズ。ムバッペ、メッシの活躍光ったPSGは、チャンピオンズリーグ初戦のユベントス戦に向けて弾みをつけることに成功した。 2022.09.04 06:05 Sun
twitterfacebook
thumb

メッシ、ネイマール揃い踏みのPSGが4発快勝で2年ぶり11度目の優勝!《トロフェ・デ・シャンピオン》

トロフェ・デ・シャンピオン2022のパリ・サンジェルマン(PSG)vsナントが7月31日にイスラエルのブルームフィールド・スタジアムで行われ、4-0で勝利した。 リーグ・アン王座奪還に成功したPSGとクープ・ドゥ・フランス優勝のナントによる、新シーズンのフランスフットボール開幕を告げる一戦。 昨季までニースを率いたクリストフ・ガルティエ監督を新指揮官に迎えたPSGは、日本ツアーで見せた[3-4-3]のシステム採用。GKはドンナルンマを据え、3バックはマルキーニョス、セルヒオ・ラモス、キンペンベを起用。中盤は右からハキミ、ヴィティーニャ、ヴェッラッティ、メンデスと並べ、3トップは右にサラビア、左にネイマール、中央にメッシが入った。 立ち上がりから攻勢に出るPSGは14分、右CKをニアのサラビアがフリックすると、ファーサイドのキンペンベが頭で折り返したボールをゴール前のマルキーニョスがヘディングシュート。しかし、これはクロスバーを直撃した。 その後もナントを圧倒するPSGは22分、ネイマールのスルーパスが相手DFに当たるも、このボールに反応すしたメッシがボックス内に侵入。飛び出したGKを冷静にかわしゴールネットを揺らした。 このまま前半終了かと思われたが、PSGは前半アディショナルタイムに追加絵tんを奪う。バイタルエリア左でネイマールが倒されると、獲得したFKをネイマール自身が直接ゴール左に突き刺した。 後半に入っても主導権を握るPSGは57分、左CKの二次攻撃からヴェッラッティのループパスでゴールエリア左手前に走りこんだサラビアがボレーシュート。これはアいてGKに弾かれたが、こぼれ球に反応したセルヒオ・ラモスがヒールシュートでゴールネットを揺らした。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指すが膠着状態が続く。そんな中、PSGは81分にボックス中央でボールを受けたネイマールがカステレットに引き倒されると、主審は迷うことなくレッドカードを掲示した。また、これで獲得したPKはネイマールが難なくゴール右隅に沈めた。 結局、試合はそのまま4-0でタイムアップ。危なげない試合運びで快勝したPSGが2年ぶりの11度目の優勝を飾った。 2022.08.01 05:07 Mon
twitterfacebook
thumb

EL出場のナントがフランス代表MFムサ・シソコ獲得でワトフォードと合意、2年契約

ナントは1日、ワトフォードのフランス代表MFムサ・シソコ(32)を完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間は2024年6月までの2年間となる。 シソコはトゥールーズの下部組織出身で、2007年7月にファーストチームに昇格。2013年1月にニューカッスルへと完全移籍。その後、2016年8月にトッテナムへと完全移籍。2021年8月にワトフォードへと加入した。 これまでプレミアリーグでは295試合に出場し16ゴール26アシストを記録。今シーズンのワトフォードではキャプテンを務めており、プレミアリーグで36試合に出場し2ゴール 1アシストを記録していた。 また、フランス代表としても71試合に出場し2ゴールを記録。優勝したロシア・ワールドカップにはメンバー入りしなかったが、準優勝のユーロ2016や昨夏のユーロ2020には招集されていた。 ナントはリーグ・アンを9位で終えたものの、クープ・ドゥ・フランスで21年ぶりに優勝を達成。これにより、ヨーロッパリーグ(EL)の出場権を獲得していた。 シソコが今夏最初の補強に。背番号は「17」をつける。 2022.07.01 21:27 Fri
twitterfacebook
thumb

カップ戦制覇でEL出場のナント、ワトフォードのフランス代表MFシソコが最初の補強か

ワトフォードのフランス代表MFムサ・シソコ(32)がフランスへの復帰を目論んでいるという。 フランス『レキップ』によると、シソコはナントへの移籍に迫っているという。 シソコはトゥールーズの下部組織出身で、2007年7月にファーストチームに昇格。2013年1月にニューカッスルへと完全移籍した。 その後、2016年8月にトッテナムへと完全移籍。2021年8月にワトフォードへと加入した。 これまでプレミアリーグでは295試合に出場し16ゴール26アシストを記録。今シーズンのワトフォードではキャプテンを務めており、プレミアリーグで36試合に出場し2ゴール 1アシストを記録していた。 また、フランス代表としても71試合に出場し2ゴールを記録。優勝したロシア・ワールドカップにはメンバー入りしなかったが、準優勝のユーロ2016や昨夏のユーロ2020には招集されていた。 ナントはリーグ・アンを9位で終えたものの、クープ・ドゥ・フランスで21年ぶりに優勝を達成。これにより、ヨーロッパリーグ(EL)の出場権を獲得していた。 久々のヨーロッパの舞台を戦うこととなったナントは経験豊富な選手の補強を希望。シソコの獲得に動いており、2年契約を提示しているという。 シソコに関してはリヨンも獲得を考えていたが、どうやらナントに行くことになるとのこと。今夏最初の補強となりそうだ。 2022.06.30 16:20 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly