川崎FのDFエドゥアルド、J1昇格の松本に完全移籍!2019.01.11 17:15 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
松本山雅FCは11日、川崎フロンターレからブラジル人DFエドゥアルド(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。ブラジルのメトロポリターノからガイナーレ鳥取、栃木SC、柏レイソルに期限付き移籍で加入してプレーしたエドゥアルドは、2016年に川崎Fに期限付き加入。同シーズンは明治安田生命J1リーグで国内公式戦35試合2ゴールを記録し、翌年に完全移籍を果たした。しかし、昨シーズンはJ1リーグで3試合1得点。天皇杯の出場は1試合、AFCチャンピオンズリーグの出場は3試合に留まった。

松本への完全移籍が決定したエドゥアルドは、両クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆松本山雅FC
「チームの力になるように、自分自身が成長する努力をしていきたいと思います。2019シーズンのチームの目標を達成するために頑張ります。よろしくお願いします」

◆川崎フロンターレ
「松本山雅FCに移籍することになりました。選手、監督、コーチングスタッフ、サポーターの皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。在籍していた3年間で本当にたくさんのことを学ぶことが出来ました。ありがとうございました」
コメント
関連ニュース
thumb

J1リーグ14位の松本、主力DF橋内優也が全治6週間の戦線離脱

松本山雅FCは20日、DF橋内優也の負傷離脱を発表した。 橋内は15日に行われた明治安田生命J1リーグ第15節のベガルタ仙台戦で負傷。松本市内の病院で検査を受け、全治約6週間(受傷日より)の右ヒザ内側側副じん帯損傷と診断されたという。今シーズンのここまでJ1リーグ全15試合に先発していた。 松本は現在、J1リーグ4勝4分け7敗の14位。22日に行われる次節、4位に位置する横浜F・マリノスのホームに乗り込む。 2019.06.20 11:55 Thu
twitterfacebook
thumb

松本の快速FW前田大然、今夏バルサBへ!? レンタル移籍の可能性

バルセロナが、松本山雅FCに所属する日本代表FW前田大然(21)の獲得に興味を示しているようだ。ブラジル『Globoesporte』が伝えている。 2016年に山梨学院大学附属高校から松本に加入した前田。プロ1年目は出場機会に恵まれなかったが、翌年に期限付き移籍した水戸ホーリーホックで才能が開花すると、明治安田生命J2リーグ36試合で13ゴールを記録した。 昨シーズンから松本に復帰し、持ち前のスピードを存分に発揮。今シーズンは自身初挑戦となるJ1の舞台で14試合1ゴールにとどまっているものの、15日にブラジルで開幕したコパ・アメリカ2019の日本代表メンバーに選ばれている。 その韋駄天に対してスペイン王者であるバルセロナが調査をしているという。松本との契約を3年残していることからレンタルでの獲得を目指す模様であり、Bチームでプレーさせたいと考えているようだ。 また、ポルトガルの複数クラブが関心を示しているが、前田当人がバルセロナとの交渉を優先したいと考えているとのことだ。 なお、前田は第99回天皇杯のメンバーから外れている。コパ・アメリカの活躍次第では、海外移籍が加速するかもしれない。 2019.06.18 13:41 Tue
twitterfacebook
thumb

道渕の値千金ヘッドで仙台が今期アウェイ初勝利!《J1》

明治安田生命J1リーグ第15節の松本山雅FCvsベガルタ仙台が15日にサンプロ アルウィンで行われ、1-0で仙台が勝利した。 12位・松本(勝ち点16)は、前節清水エスパルス戦ではレアンドロ・ペレイラのゴールで幸先良く先制するも、直後に追いつかれ1-1の引き分けに終わった。今節ではコパ・アメリカ招集の為、前田が不在の中、永井が先発起用された。 一方の16位・仙台(勝ち点13)は、前節上位の名古屋グランパスを相手に3-1で快勝。この試合で後半に2得点を挙げたエース長沢の連発弾に期待が懸かる。こちらは前線の吉尾に代わり石原直樹がリーグ戦では約3ヵ月ぶりのスタメンとなった。 両チーム併せてのファーストシュートは4分、松本がゴール前でワンツーで繋ぐ中からレアンドロ・ペレイラがミドルを放つが枠上に大きく外れた。 9分に松本にアクシデント。橋内が競り合いの中でヒザ付近を痛めプレー続行が不可能になり無念の交代。エドゥアルドが入り橋内が居た3バックの左にそのまま投入。キャプテンマークはGK守田に託した。 その後も低いブロックラインから手数をかけずにロングボールを送りカウンターを狙う松本と、ポゼッションをしながら両サイドの関口、道渕を中心にサイドから中央の長沢へとクロスを入れて攻め込む仙台という構図が続く中、先制は36分、右サイドからのクロスが流れた所を永戸が拾い再び中央へクロス、それをゴール前でフリーで待っていた道渕がヘッドで流し込みアウェイの仙台が先制。 後半開始早々47分の仙台、道渕の突破からのクロスを石原直樹がシュートを放つもGK守田がセーブ、その直後のCKではショートコーナーから長沢が難しい体勢からヘッドを放つも惜しくもポストを外れた。 仙台が前半よりも引いた事もあり、ボールを保持できるようになった松本。しかしそこから仙台守備陣をこじ開けるまでには至らない時間が続く。そうした状況を打開しようと70分、レアンドロ・ペレイラに代わり長身の高崎を投入する。 ホームで負けられない松本は同点へ向け執念を見せるが、86分に高崎の落としに合わせた塚川がボレーもゴール右に外れ万事休す。粘り強い守備が光った仙台が1-0の完封で今季アウェイ初勝利を飾った。一方、得点力不足が深刻な松本はリーグ戦7度目の完封負けを喫した。 2019.06.15 21:20 Sat
twitterfacebook
thumb

松本エースの前田大然、コパ直前に第一子誕生! 「パパにしてくれてありがとう!」

松本山雅FCは14日、日本代表FW前田大然(21)に第一子となる長女が13日に誕生したことを発表した。 前田は 山梨学院大学附属高校から2016年に松本入団。2017年に期限付き移籍で水戸ホーリーホック入り後、2018年に松本復帰を果たした。自身としても明治安田生命J1リーグ初挑戦となる今シーズンは、ここまで開幕から全14試合に先発して1得点。15日にブラジルで開幕するコパ・アメリカ2019の日本代表メンバーに選ばれており、同大会での活躍に期待が集まっている。クラブの第一子誕生発表を受け、次のようにコメントした。 「元気な赤ちゃんを産んでくれた妻には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう。これから家族3人でより一層頑張っていきたいと思います。引き続き応援よろしくお願いします。パパにしてくれてありがとう!」 2019.06.14 10:15 Fri
twitterfacebook
thumb

松本、町田也真人が全治8週間…ルヴァン杯G大阪戦で負傷

松本山雅FCは4日、MF町田也真人の戦線離脱を発表した。 町田は5月22日にホームで行われたJリーグYBCルヴァンカップのグループステージ最終節・ガンバ大阪戦で負傷交代。松本市内の病院で受けた診断によれば、右第2基節骨・中足骨骨折のケガを負い、全治8週間の見込みだ。加入初年度の今シーズンは、ここまで明治安田生命J1リーグ3試合に出場している。 松本は現在、J1リーグ4勝4分け6敗の12位。15日に行われる次節、16位に位置するベガルタ仙台をホームに迎え撃つ。 2019.06.04 14:45 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース