愛媛、GK岡本昌弘&FW吉田眞紀人が残留 共に千葉から期限付き加入

2018.12.22 11:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
▽愛媛FCは22日、GK岡本昌弘(35)とFW吉田眞紀人(26)の期限付き移籍間延長を発表した。期間は共に2019年2月1日~2020年1月31日まで。だが、吉田は同期間中、千葉との公式戦に出場できない。

▽岡本は今年、ジェフユナイテッド千葉から期限付き加入。明治安田生命J2リーグ42試合に出場した。吉田は吉田は今年途中に千葉から期限付きで加わり、J2リーグ16試合に出場した。

▽愛媛残留が決まった両選手はクラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。
岡本昌弘
「来シーズンも愛媛FCでプレーすることになりました。今シーズンは沢山のあたたかいご声援を頂き本当に感謝しております。覚悟と責任を持ち挑んだ今シーズンでしたが、なかなか思うような結果を出すことが出来ず、応援してくださる皆様を笑顔にすることが出来ませんでした。今年学んだこと、足りなかったことを真摯に受け止め、来シーズンはもっと良くなるように努力をして、みなさんと笑顔で喜びあえるように、愛媛を盛り上げられるように頑張ります。たくさんの応援よろしくお願いします」

吉田眞紀人
「この度、来シーズンも愛媛FCでプレーすることになりました。今季チームが苦しい状況の中加入させて頂いたにも関わらずチームの力になれず申し訳ない気持ちでいっぱいです。もう一度選手として自分を見つめ直し、この悔しい気持ちとオレンジのユニフォームと共にピッチで暴れたいと思います。愛媛の皆さん、応援宜しくお願いします!!」

関連ニュース
thumb

八戸、アカデミー卒の大卒ルーキー武部洸佑と契約更新

ヴァンラーレ八戸は6日、FW武部洸佑(22)と2023シーズンの契約を更新したと発表した。 青森県生まれの武部は八戸のアカデミー卒で、一度は仙台大学に進学して離れるが、今年から入団。明治安田生命J3リーグ6試合でプレーした。契約更新を受け、来季の抱負を語っている。 「2023シーズンもヴァンラーレ八戸でプレーさせていただけることになりとても感謝しています。2年目となる来シーズンはサッカー人生の全てを賭けて闘います。J2昇格のために共に闘いましょう!」 2022.12.06 18:45 Tue
twitterfacebook
thumb

宮崎が加入1年目の北村知也と契約更新 「宮崎のサッカー界に伝説を作りましょう!」

テゲバジャーロ宮崎は6日、FW北村知也(26)と2023シーズンの契約を更新したと発表した。 北村は宮崎県生まれで、宮崎産業経営大学の出身。ロアッソ熊本でプロ入り後、トライアウトで宮崎に今季入団し、明治安田生命J3リーグの28試合に出場して3得点だった。クラブを通じて決意を新たにしている。 「リリースの通り来季もテゲバジャーロ宮崎でプレーさせていただくことになりました。今季はなかなか思うような結果が出ず、それでもテゲバジャーロ宮崎に関わる全ての方々に支えられて苦難を乗り越えられました。個人としても組織としても成長できた年だと感じています」 「苦楽を共にしてくださった皆様に恩返しできるよう、背番号得点以上を目標にJ3優勝目指して精一杯闘い抜きたいと思います。共に宮崎のサッカー界に伝説を作りましょう! 来季も変わらぬ熱い応援よろしくお願いします!!」 2022.12.06 18:30 Tue
twitterfacebook
thumb

山形、大卒ルーキー横山塁と契約更新 「自分の持つ全てをチームに捧げます」

モンテディオ山形は6日、MF横山塁(23)との契約を更新を発表した。 横山はFC東京のアカデミー出身だが、トップチームに上がれず、東洋大学に進学。2021年7月から山形で特別指定選手を経験して、今年から正式入団した。 その今季は決して多くの出番を得たわけではないが、明治安田生命J2リーグでは9試合出場で1ゴール。天皇杯でも1試合に出場して1得点をマークした。 来季で2年目を迎える横山はクラブの公式サイトで決意を新たにしている。 「2023シーズンも山形でプレーさせていただくことになりました。去年の結果を超えていくためにも自分の持つ全てをチームに捧げます。山形全体で成し遂げましょう!応援よろしくお願いします!!」 2022.12.06 18:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ACL戦う甲府、J3讃岐FWを完全移籍で獲得「J2優勝ならびにJ1昇格に貢献するために全力でプレー」

ヴァンフォーレ甲府は6日、カマタマーレ讃岐のFW松本孝平(28)が完全移籍で加入することを発表した。 松本は神奈川県出身で、国士舘大学から2017年に名古屋グランパスへと入団。SC相模原、FCマルヤス岡崎、FCティアモ枚方でプレー。今シーズンから讃岐に完全遺跡で加入した。 松本は讃岐では明治安田生命J3リーグで31試合に出場し9得点を記録していた。 松本は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ヴァンフォーレ甲府 「この度、カマタマーレ讃岐より加入させていただきます、松本孝平です。この歴史あるクラブ、ヴァンフォーレ甲府でプレーできることにとても感謝しています」 「天皇杯での活気ある甲府サポーターの熱い応援。そして、優勝という素晴らしい功績、とても震えました」 「来シーズンのJ2優勝ならびにJ1昇格に貢献するために全力でプレーしたいと思います。よろしくお願いします!」 ◆カマタマーレ讃岐 「この度、ヴァンフォーレ甲府に移籍になりました。まず今シーズン通して応援してくださったファン、サポーターの皆さま、チームがどんな状況でも支えていただきありがとうございました」 「正直みなさんが思うような結果ではなかったと思います。僕自身ももっともっとチームに貢献できたと思います。JFLで、もがき苦しんでいた僕に再びJリーグの舞台で闘う機会を与えてくれたこのクラブ。そしてチームを支えていただいているスポンサーの皆様には本当に感謝しています」 「Jリーグで1番若いチームとしてシーズンが始まり。経験が浅い選手が多い中、僕がみんなにできることは常に結果を求め、その姿勢を見せること。常に自分に何が足りなくてどうすれば良くなるのかを考え行動すること。それも全て今シーズン共に闘ってくれた仲間たちに学ばせてもらったことです」 2022.12.06 17:33 Tue
twitterfacebook
thumb

鳥栖が熊本の躍進支えたMF河原創を完全移籍で獲得「より一層成長できるように頑張ります」

サガン鳥栖は6日、ロアッソ熊本のMF河原創(24)を完全移籍で獲得することを発表した。 河原は熊本県出身で、熊本の下部組織や大津高校、福岡大学でプレーし、2020年に入団した。 1年目からJ3で34試合に出場し3得点を記録すると、2年目は28試合で1得点、天皇杯でも2試合で1得点を記録。チームのJ3優勝、J2昇格に貢献すると、今シーズンはJ2で42試合に出場し1得点を記録。天皇杯でも2試合で2得点を記録していた。 チームは3位で明治安田生命J2リーグを終え、J1参入プレーオフに出場すると、3試合でプレーした。 河原は両クラブを通じてコメントしている。 ◆サガン鳥栖 「サガン鳥栖に関わる全ての皆様、はじめまして。ロアッソ熊本から加入させていただくことになりました河原創です。1試合でも多く皆さんと喜びを分かち合えるように全力でチームの為に戦います」 「そして、より一層成長できるように頑張ります。よろしくお願いします!」 ◆ロアッソ熊本 「この度、サガン鳥栖に移籍する事になりました。3年間、良い時も悪い時も熱く共に闘って頂いたファン・サポーターの皆さん、ご支援頂いているスポンサー様、そして一緒に戦い、日々成長させてくれた選手・スタッフのみんな、本当に充実した毎日を送れたのもロアッソ熊本に携わる全ての方々のおかげです」 「地元・熊本でプロ生活をスタートすることができたことは凄く光栄でしたし、この3年で県民の皆様に笑顔や元気、そして夢を与えることが少しばかりできたかなと思います」 「自分自身ここで学んだことをベースに、選手として、より成長してその姿を見せる事ができるように頑張ります。本当に3年間お世話になりました。ありがとうございました!」 2022.12.06 17:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly