インテルのサネッティ副会長、マロッタ氏のCEO就任認める 「我々の成長を助けるため働いている」

2018.11.26 18:02 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルのハビエル・サネッティ副会長が前ユベントス、ゼネラル・マネージャー(GM)のジュゼッペ・マロッタ氏(61)の新CEO(最高経営責任者)就任を認めた。サネッティ副会長がイタリア『スカイ・スポルト』で語った。▽ユベントスのセリエA7連覇に多大なる貢献を果たした敏腕GMは先日に中国を訪問し、オーナーグループとCEO就任に向けた最終調整を行ったと伝えられていた。

▽現時点でインテル側から公式なアナウンスはなされていないものの、サネッティ副会長はマロッタ氏がすでにクラブのために仕事をスタートしていることを明かした。

「我々は本当に素晴らしい経験と専門知識に長けたディレクターに関して話している。彼は我々の経営陣に加わる予定で、すでに我々の成長を助けるために働いている」

▽フットボール界屈指の敏腕GMの新CEO就任によって今冬、あるいは来夏のインテルの補強戦略に大きな注目が集まるところだ。

関連ニュース
thumb

ゴセンスがインテルと個人間合意か、26日にも移籍決定へ

アタランタのドイツ代表MFロビン・ゴセンス(27)がインテルと個人間合意に達したようだ。イタリア『Sportitalia』や『スカイ』が報じている。 『Sportitalia』によれば買い取り義務付きのレンタルとなり、移籍金は2500万ユーロ(約32億1000万円)+ボーナス、年俸は250万ユーロ(約3億2000万円)+ボーナスとのことだ。 なお、ニューカッスルはインテルよりも好条件のオファーを提示していたようだが、ゴセンス本人がインテル行きを希望したため、交渉がまとまったようだ。イタリア『スカイ』によれば26日にも移籍が決まるとのことだ。 現在、太ももを痛めて9月から戦列を離れているゴセンスだが、インテルではクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(32)が今季で切れる契約を延長しない意向であると報じられ、その後釜としてゴセンスを迎え入れられる模様だ。 2022.01.26 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル、シモーネ・インザーギ監督がコロナ感染…自身2度目の感染に

インテルは24日、シモーネ・インザーギ監督が新型コロナウイルス検査で陽性反応が確認されたことを報告した。 症状としては多少の咳はあるものの、ほとんど無症状で元気な状態とのこと。同監督がコロナに感染するのは今回で2度目。ラツィオ在籍時の2021年4月に初めて罹っており、その時も無症状だった。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によれば、オミクロン株発生以来、インテルのロッカールーム関係者で感染したのはインザーギ監督で4人目。22日にセリエA第22節でヴェネツィアと対戦しているが、ヴェネツィアでは試合直前に選手・スタッフ合わせて10名の新規感染者が確認されていた。 ただ、インテルでは指揮官含めて全員がワクチン接種済み。トレーニングは通常通り行われているようだ。 2022.01.25 17:23 Tue
twitterfacebook
thumb

準々決勝の日程が決定! インテルvsローマ、ミランvsラツィオなど《コッパ・イタリア》

コッパ・イタリア準々決勝の日程が決定した。 1月12日から20日にかけて行われたベスト16では、前回王者ユベントスや、ファイナリストのアタランタ、ミラノ勢が順当に駒を進める中、一昨シーズンの覇者ナポリは、合計3人の退場者を出したフィオレンティーナとの大荒れの試合で、延長戦までもつれ込んだ結果、2-5の敗戦を喫した。 準々決勝では、インテルvsローマや、ミランvsラツィオなど、セリエA上位陣によるビッグマッチが実現。ナポリを破ったフィオレンティーナはアタランタと、ユベントスはサッスオーロと対戦する。 ◆コッパ・イタリア準々決勝日程 ▽2/8(火) 《29:00》 インテル vs ローマ ▽2/9(水) 《29:00》 ミラン vs ラツィオ ▽2/10(木) 《26:00》 アタランタ vs フィオレンティーナ 《29:00》 ユベントス vs サッスオーロ 2022.01.25 16:44 Tue
twitterfacebook
thumb

冬の補強目指すインテル、現在負傷中のアタランタMFゴセンス獲得に関心か

インテルがアタランタのドイツ代表MFロビン・ゴセンス(27)の獲得に関心を示しているようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 フィテッセの下部組織に所属していたゴセンスは、その後ドルトレヒト、ヘラクレスを経て2017年6月にアタランタへ加入。アタランタでは徐々に頭角を現し主軸の座をつかむと、ここまで公式戦157試合に出場して29ゴール21アシストを記録している。 こうした活躍が評価され、昨夏に開催されたユーロ2020のドイツ代表のメンバーに選ばれると、全試合に出場して1ゴール2アシストの成績を残した。 今季は10月に負ったハムストリングの負傷が長引き、ここまで公式戦8試合の出場にとどまっているが、左サイドのスペシャリストとしてリーグ屈指の選手に成長したゴセンスに対しては、インテルが強い関心を示しているという。 インテルはクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(32)との契約が今夏で満了となるものの、契約延長に向けた交渉には進展がない。こうした状況を受け、今月中にもゴセンス獲得のためのオファーを提出する可能性があるようだ。 一方で、アタランタと2023年夏までの契約を残すゴセンスに対しては、サウジアラビア政府系の投資ファンドに買収され、莫大な資金を手にしたニューカッスルも獲得に関心を示しており、去就が注目されている。 2022.01.25 11:56 Tue
twitterfacebook
thumb

欧州予選POを控えるイタリア代表がトレーニングキャンプメンバーが発表! バロテッリが約3年半ぶりの招集

イタリアサッカー協会(FIGC)は24日、フィレンツェで行われるトレーニングキャンプに向けたイタリア代表メンバーを発表した。 同トレーニングキャンプは26日から28日までの3日間で実施。カタール・ワールドカップ欧州予選プレーオフに向けた強化合宿となる。 注目の招集者では、アダナ・デミルスポルに所属するFWマリオ・バロテッリが2018年9月以来の代表入りを果たした。 また、GKマルコ・カルネセッキ(クレモネーゼ)、DFルイス・フェリペ(ラツィオ)、DFジョルジョ・スカルビニ(アタランタ)、MFニコロ・ファジョーリ(ユベントス)、MFダビデ・フラッテージ(サッスオーロ)、MFサムエレ・リッチ(エンポリ)、FWジョアン・ペドロ(カリアリ)の7名が初招集となった。 イタリアは、3月24日に行われる欧州予選プレーオフ準決勝で北マケドニア代表と対戦。勝利した場合には、決勝でポルトガル代表vsトルコ代表の勝者と対戦する。 ◆イタリア代表メンバー GK マルコ・カルネセッキ(クレモネーゼ)※ アレッシオ・クラーニョ(カリアリ) サルバトーレ・シリグ(ジェノア) アレックス・メレト(ナポリ) DF アレッサンドロ・バストーニ(インテル) クリスティアーノ・ビラギ(フィオレンティーナ) ダビデ・カラブリア(ミラン) アレッサンドロ・フロレンツィ(ミラン) ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス) マッティア・デ・シリオ (ユベントス) ルカ・ペッレグリーニ(ユベントス) ジョバンニ・ディ・ロレンツォ(ナポリ) ルイス・フェリペ(ラツィオ)※ ジャンルカ・マンチーニ(ローマ) ジョルジョ・スカルビニ(アタランタ)※ ラファエウ・トロイ(アタランタ) MF ニコロ・バレッラ(インテル) ステファノ・センシ(インテル) ブライアン・クリスタンテ(ローマ) ニコロ・ザニオーロ(ローマ) ニコロ・ファジョーリ(ユベントス)※ マヌエル・ロカテッリ(ユベントス) ダビデ・フラッテージ(サッスオーロ)※ マッテオ・ペッシーナ(アタランタ) サムエレ・リッチ(エンポリ)※ サンドロ・トナーリ(ミラン) マッティア・ザッカーニ(ラツィオ) FW マリオ・バロテッリ(アダナ・デミルスポル/トルコ) ドメニコ・ベラルディ(サッスオーロ) ジャコモ・ラスパドーリ(サッスオーロ) ジャンルカ・スカマッカ(サッスオーロ) フェデリコ・ベルナルデスキ(ユベントス) チーロ・インモービレ(ラツィオ) ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ) ジョアン・ペドロ(カリアリ)※ ※は初招集メンバー 2022.01.25 07:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly