ジュゼッペ・マロッタ Giuseppe Marotta

ポジション
国籍 イタリア
生年月日
利き足
身長
体重
ニュース
ニュース一覧

マテラッツィ氏が古巣インテルの新経営陣にクギ「蘇寧は色々言われたが多くの勝利を収めた」「ミランと同じことをするなよ」

マルコ・マテラッツィ氏が古巣インテルの新オーナーグループ「オークツリー」に期待を寄せた。 今季スクデットのインテルは22日、オーナーグループの中国「蘇寧ホールディングス」が、21日期限となっていた3億9500万ユーロ(約670億円)の債務不履行(デフォルト)により、アメリカ「オークツリー」への経営権移行が決定した。 「オークツリー」は22日に「インテルの長期的繁栄を実現すべく、クラブの伝統、選手の情熱、インテリスタの忠誠心などを大事にしていきます」などと声明。「持続可能な成長と成功、ガバナンスを」とも強調した。 これらについて、インテル史、いやサッカー史に残る伝説的フットボーラー、マテラッツィ氏がイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』を通じてコメント。「ミランと同じ道を辿るなよ」と、「レッドバード」と同じアメリカ企業の「オークツリー」にクギを刺した。 「まず何より、パオロ・マルディーニやリッキー・マッサーラを追い出したクラブと同じ過ちを犯さないことを確認したい。有能な人材をいまいち釈然としない理由で追い出したミランと同じようなことをするか? 俺は『そうは思わない』と言っておくよ」 「色々言われる蘇寧グループだが、多くの実績を積み上げ、多くの勝利を収めたきたのは確かだ。それだけに俺としては残念だと言わざるを得ない。幹部陣(ジュゼッペ・マロッタCEOら)が変わらないのは良いことだ。わかってるな? ここを変えたら致命的なエラーだぞ」 2024.05.23 21:25 Thu

セリエA王者に激震! インテルをアメリカ企業が買収…約670億円の債務を蘇寧グループが返済できず

今シーズンのセリエAを制し、20度目のスクデット獲得を果たしたインテルだが、アメリカの企業に買収されることとなった。 2016年にインテルを買収したのは中国の蘇寧グループ。スティーブン・チャン会長率いるグループだったが、3億9500万ユーロ(約670億円)の債務があったものの、5月21日の返済期限を守ることができず、売却に動いたとされている。 買収したのはアメリカの企業である「オークツリー」。アメリカの世界的な資産管理会社で、融資を返済できなかったことでクラブを買収することとなった。 「オークツリー」は22日、インテルの買収に関する声明を発表した。 「オークツリーは、クラブとその利害関係者の運営と財務の安定にまず重点を置き、インテル・ミラノの長期的な繁栄のために最善の結果を達成することに専念しています」 「オークツリーは、クラブの伝統、選手たちの情熱、インテリスタの忠誠心、そしてイタリアのミラノや世界のスポーツコミュニティにおけるクラブの重要な役割を大切にしています」 「オークツリーは、インテル・ミラノの現経営陣、パートナー、リーグ、運営団体と緊密に連携し、クラブがピッチの内外で成功を収められるよう尽力します。持続可能な成長と成功をビジョンとして、堅牢な経営、運営、ガバナンスに重点を置いています」 新たなオーナーがつくこととなったインテル。イタリアの複数メディアは、クラブOBであり副会長を務めているハビエル・サネッティ氏が新たな会長になるとしている。 また、 最高経営責任者(CEO)を務めるジュゼッペ・マロッタ氏、コーポレート部門でCEOを務めるアレッサンドロ・アントネッロ氏、スポーツ・ディレクター(SD)のピエロ・アウジリオ氏などは、買収後も現職に留まることになると見られている。 2024.05.22 21:50 Wed

思いのほか契約延長が決まらないラウタロ・マルティネス、いよいよ合意か「今後1週間で…」

インテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(26)が契約延長に言及した。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 インテルとの契約を2026年6月まで残すキャプテン兼エースのラウタロ。2023年末には、年が明け直後の契約延長発表も噂されていたが、それから半年近く経った今も合意には達していない。 最高経営責任者(CEO)を務めるジュゼッペ・マロッタ氏が「不安を抱えるような問題ではない」と2月にコメントしていたなか、19日に行われたセリエA第37節のラツィオ戦後にはラウタロ本人がこの件に言及。決着が近いことをほのめかした。 「どうなるかはわからない。今後1週間で合意に達しなければならないだろう」 新契約締結に際しては、インテルでは法外となる1000万ユーロ(約16億9000万円)級の年俸を手にするのではないかとも報じられているラウタロ。ファンを安心させてから今シーズンを終えることになるのだろうか。 2024.05.20 16:08 Mon

インテル副会長がチーム強化へ大綱「まずチームの骨格を維持。インザーギに新たな選手を与える」

インテルのハビエル・サネッティ副会長が、チーム強化への基本方針を語った。イタリア『カルチョメルカート』が伝える。 充実のスカッドで3年ぶりにセリエAを制したインテル。チャンピオンズリーグ(CL)は接戦を落としてラウンド16敗退だが、他の欧州5大リーグ勢に劣らぬ競争力を有する。 イタリア『Radio SerieA』に出演したサネッティ副会長は、抜群の求心力で選手を束ねるシモーネ・インザーギ監督を称えつつ、チームの骨格維持、強化に向けた大綱を語る。 “今夏の移籍市場、またリニューアルについて教えてください” 「まずこのチームを維持すること。選手たち全員にインテルで継続する意志があり、これは新たに重要な何かが形成される可能性を秘めた、非常に強力な基盤と言える」 「ラウタロ・マルティネスとニコロ・バレッラ、2人の契約は間違いなく更新される。インザーギ体制下での我々は、まだサイクルの半分にも達していないと考えているよ」 「私たち(上層部)は現場のために何をすべきかちゃんと理解している。インザーギに機能的かつ新たな選手を与えるべく、物事を進めている最中だ」 「重要な選手が去るなら、重要な選手を新たに加える必要がある。来季の目標はスクデット防衛にCLでのさらなる上位進出。クラブW杯もあるし、より大きなチームを作るつもりだ」 具体的な獲得候補こそ明言せずも、補強の意志を明確にしたサネッティ副会長。 インテルはすでにナポリからポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキ(29)、ポルトからイラン代表FWメフディ・タレミ(31)のフリー獲得が確定事項扱いされるが、今夏もジュゼッペ・マロッタCEOの編成手腕に期待したい。 「個人的には、副会長としてビッグイヤーを掲げたいね。これは私の第二の人生で最大の夢なんだ。忙しくも幸せな夏にしたい」 2024.05.02 20:45 Thu

36歳アチェルビへの信頼揺るがず インテルが次にCBを獲得するのは2025年夏?

インテルがイタリア代表DFフランチェスコ・アチェルビ(36)とのさらなる契約延長も考慮か。 30代突入以降に脂が乗ったセンターバック、アチェルビ。昨季ラツィオからの1年レンタルで最終ラインのリーダーとなり、今季35歳(昨夏当時)にして2年契約を勝ち取るほどの活躍を披露した。 迎えた今季は開幕こそケガで出遅れるも、その後はふくらはぎを痛めた2月の一時期を除いてフル稼働。外野の我々に真偽不明な人種差別発言問題もあったなか、直近のスクデットゲームは古巣ミラン相手に先制へディング弾を叩き込んでいる。 そんなアチェルビ、イタリア『カルチョメルカート』によると、同じくベテランのオランダ代表DFステファン・デ・フライ(32)と共に来季も重要戦力に位置付けられるとのこと。 シモーネ・インザーギ監督は、抜群のチームワークを誇るジュゼッペ・マロッタCEO、ピエロ・アウシリオSDに対し、アチェルビとデ・フライの正統な後継者となり得る「大きな投資」を、2025年夏まで持ち越すことを要望中だという。 また、前述の通り、契約は2025年6月まであと約1年残っているが、これもさらに延長される可能性が。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』いわく、今季終了後に社内での協議、代理人との協議があるとのことだ。 2024.04.26 10:50 Fri

「ラウタロの苦しみは愛と責任感から」インテルのマロッタ元帥が“主将”を語る「...ならディマルコが正式に」

インテルの最高経営責任者(CEO)、ジュゼッペ・マロッタ氏があれこれ語った。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 その慧眼と交渉手腕、錬金術により、国内敵なしのインテルを築いたマロッタCEO。チームの3季ぶりスクデットがほぼ確実となったなか、ミラノ市内で開催されたイベントに登壇し、“現場”へ「最後まで全力で」と呼びかけた。 「感情を爆発させたいという大きな欲求がある。祝賀会はエキサイティングなものになるだろうが、まだ勝ち点は足りていないし、対戦相手のこともリスペクトすべきだ。集中して頑張ろう」 14日の第32節・カリアリ戦については「もし我々が勝ってもカリアリは残留争いで生き残るだろう」とし、3月以降ノーゴールで今節出場停止の主将FWラウタロ・マルティネスにも触れる。 「いま最も苦しんでいる選手かな。ピッチに足を踏み入れる前から、大きな緊張感に苛まれているようだ。これが何を意味するかわかるね? ラウタロのクラブに対する愛と責任感であり、この状況もとても重要なものだ」 「私は毎日ロッカールームでラウタロと話し、そこから他の選手たちの状況も読み取っていく。導き出されるひとつの結論は、ピッチでも平日でも、今この瞬間さえも、ラウタロは“模範”なのだ」 そんな主将ラウタロが不在のカリアリ戦…インテル愛と言えば、ミラノ生まれの自国民DFフェデリコ・ディマルコが真っ先に浮かぶ方も多いかと思うが、ゲーム主将は別の選手になりそうだ。 「ウディネーゼ戦(8日)でイタリア人選手は両軍先発22人中3人だけだった。今日のサッカーはワールドワイドであり、イタリア人がイタリアでプレーする機会が減っている」 「そんななかでだ。フェデリコ・ディマルコはインテルと共に育ったウルトラスであり、未だにインテリスタ感覚でインテルの選手をやっているようなヤツだ(笑)」 「しかし、キャプテンを務めるには学びも必要。ディマルコがいつかキャプテンになりそうな雰囲気があるのは正しいことと言えよう。仮にラウタロが引退ならディマルコが正式なキャプテンだろう」 2024.04.12 14:10 Fri

充実のスカッド誇るインテル、タレミ&ジエリンスキも確保して…次はどこを補強?

インテルの補強戦略をイタリア『カルチョメルカート』が考察する。 2020-21シーズン以来3季ぶりのスクデットに限りなく近づいたインテル。チャンピオンズリーグ(CL)はベスト16でショッキングな敗退を喫するも、シモーネ・インザーギ監督の評判が下がるものではない。強固なチームがそこにある。 気が早いかもしれないが、来季に向けてはポルトのイラン代表FWメフディ・タレミ(31)、ナポリのポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキ(29)を実質確保済み。ジュゼッペ・マロッタCEOが“伝家の宝刀”フリー獲得で釣り上げたとされる。 現時点でかなりの充実度を誇るスカッドに対し、(おそらく)最前線と中盤を拡充。では、ここからさらに競争力と刺激を加えるべきポジションとは、どこになるだろうか。 『カルチョメルカート』は「グズムンドソン・スタイル」というワードを創造し、攻撃に彩りをもたらすクラックの獲得を提唱する。 由来はジェノアのアイスランド代表FWアルベルト・グズムンドソン(26)。彼はジェノアで主に2トップの一角を任され、シャドーストライカー気味に自由に動き回るドリブラー。今季はセリエA28試合で11得点3アシストを記録する。 また、下部組織で育てた若手タレントを登用するのも面白いと指摘。インテルからモンツァへ貸し出し中のアルゼンチン代表MFヴァレンティン・カルボーニ(19)は、185cmのスラリとした攻撃的MFで、友好関係にあるモンツァでは途中出場メインながらも定期的にプレーする。先月28日にA代表デビューも飾った新進気鋭の若手だ。 昨夏ボローニャへ完全移籍で売却したU-21イタリア代表MFジョバンニ・ファビアン(21)は、今季がキャリア初のセリエAながらも20試合出場で5得点2アシスト。チームが中盤戦からグングン順位を上げるとともに先発起用も増え、直近7試合で3得点2アシスト…いま最も評価を高める1人だ。 こちらは“2025年夏”に1200万ユーロ(約19億7000万円)の買い戻しオプションが発生する契約となっているが、今夏での復帰はあるだろうか。 このように、グズムンドソン、カルボーニ、ファビアンと並べた『カルチョメルカート』。しかし同時に、インテルはグズムンドソンに確かな関心を寄せつつも、カルボーニは来季も再レンタルさせる方針であると紹介している。 AZの日本代表DF菅原由勢(23)への継続的なリストアップも報じられるインテル。今夏はどう動くだろうか。 2024.04.06 19:10 Sat

主軸ラウタロ&バレッラとの契約更新は順調、エースのPSG移籍もインテルCEOは否定「その兆候はない」

インテルの最高経営責任者(CEO)を務めるジュゼッペ・マロッタ氏が、アルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(26)らの去就に言及した。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 16日のセリエA第25節サレルニターナ戦で4-0の完勝を収めリーグ戦6連勝、スクデット獲得に向け突き進んでいるインテル。ピッチ外では、エースでキャプテンのラウタロや中盤の軸と言えるイタリア代表MFニコロ・バレッラ(27)との契約延長に迫っている。 マロッタ氏はサレルニターナ戦の直前に、この2選手との取引についてコメント。交渉は順調に進んでいると明かした。 「ラウタロとバレッラの契約更新は、我々が不安を抱えるような問題ではないと言える。我々はこのシャツに恋する優れたプロフェッシェナル、本物の男たちを相手にしているのだから」 「我々は非常に自信を持っているが、この2カ月はシーズンの重要な時期だから、このことについてあまり多くを話したくはない」 また、フランス代表FWキリアン・ムバッペの今夏退団が濃厚となったパリ・サンジェルマン(PSG)が、その後釜にラウタロを検討しているという噂も。マロッタ氏は実現の可能性を否定している。 「夏に彼(ラウタロ)を失う? その兆候はない。我々がニュースの見出しに左右されることはない。それに、我々とPSGの間にそこまでの差があるとは思えない…」 2024.02.17 16:08 Sat

「インテルは逃げも隠れもしない」マロッタCEOが三つ巴のスクデット争いに闘志「常に最高の状態で戦う」

インテルの最高経営責任者(CEO)ジュゼッペ・マロッタ氏が今季後半戦への意気込みを語った。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 移籍市場におけるリクルート活動で策士ぶりをいかんなく発揮する一方、その補強方針をメディアに問われれば、隠すことなく堂々と答える名士・マロッタCEO。まさに名門インテルを蘇らせた張本人と言えるだろう。 3シーズンぶりのスクデット奪還を目指す今季、インテルはここまでセリエA2位(※1)、チャンピオンズリーグ(CL)もグループステージ突破と順調に歩みを進め、現在はサウジアラビアで開催中のスーぺル・コッパに注力。今季初タイトルを見据え、22日に決勝戦でナポリと激突する。 (※1)首位ユベントスが21試合消化で勝ち点「52」、2位インテルは20試合消化で勝ち点「51」。3位ミランは21試合消化で勝ち点「45」となっている 現場陣とともに中東サウジへ遠征中のマロッタCEOはイタリア公共放送『RAI』の取材に応じ、自身を含めた上層部の働きに対する確固たる自信を示し、一方ではシモーネ・インザーギ監督が率いて順調に歩みを進めるチームを称賛する。 「常勝軍団には必ずクラブ側の強力なバックアップが存在する。普段注目されることのない部分ではあるが、チームを最高の状態にすべく汗を流す、個性的なキャラクターが揃う部門があるのだ。チームへの貢献は計り知れない」 「私たちが仕事に精を出す一方、チームにはインザーギという素晴らしいリーダーがいる。私の考えでは、彼はまだまだ若いし、これからも輝かしいキャリアを歩んでいく指導者だ」 また、暫定首位ユベントスおよび3位ミランと三つ巴の様相を呈してきたスクデット争いに言及。古巣ユベントスを率いる旧知のマッシミリアーノ・アッレグリ監督を称えつつ、凛とした態度で自信を示している。 「現在の争いはここ数年のセリエAでなかったほど熾烈かもしれないね。だが、我々は主人公になりたいし、我々がシーズンの最後まで競争できる力があることは誰もが知っている。インテルは逃げも隠れも許されない。常に最高の状態で戦う」 「自尊心と対戦相手への敬意を持とうではないか。ユベントスを見てごらん。アッレグリはパーフェクトな役割をこなしているだろう。我々は彼らに対し、適切に対応せねばならない」 インテルは今回のナポリ戦を終えて帰国すると、28日に第22節でフィオレンティーナとのアウェイゲームをこなし、2月4日の第23節、本拠地ジュゼッペ・メアッツァでユベントスとの直接対決=天王山を迎えることとなる。 2024.01.22 15:30 Mon

今夏のジエリンスキ獲得が噂されるインテル、マロッタCEOが交渉に意欲も「まだ全く合意に至っていない」

インテルの最高経営責任者(CEO)を務めるジュゼッペ・マロッタ氏が、ナポリのポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキ(29)への関心に言及した。『フットボール・イタリア』が伝えた。 今シーズンのセリエAで首位を走るインテルは5日、カナダ代表FWタジョン・ブキャナン(24)をクラブ・ブルージュから獲得したと発表。3カ月の離脱が見込まれているコロンビア代表MFフアン・クアドラードの穴埋めに成功した。 そんな中、イタリア『スカイ・スポーツ』の取材に応じたマロッタ氏はさらなる移籍市場での動きに言及。セリエAで最多の49ゴールを奪っていることから「今シーズンのために新たなフォワードと契約する必要は全くない」と前線の補強を否定した。 その一方で盛んに報じられているのが、今シーズン限りでナポリとの契約が満了となるジエリンスキ獲得の噂。ジエリンスキに契約延長の意志がないことから、インテルとユベントスが今夏のゼロ円獲得を目指していると取り沙汰されていた。 マロッタ氏はジエリンスキ確保への意欲を明らかにしたものの、個人間で合意に達しているという報道を否定した。 「明らかなのは、移籍市場が常に活発ということだ。(スポーツ・ディレクターの)ピエロ・アウジリオ、(ゼネラル・マネージャーの)ダリオ・バッチン、そして他のメンバーたちと共にチャンスに目を光らせている」 「1月に入れば、各クラブは6月末にフリーエージェントになる選手に接触することができる。他のクラブと同様に我々もその点に積極的に取り組みたいと考えている。しかし、我々はまだ全く合意に至っていないと言える」 2024.01.14 15:36 Sun
もっと見る>