アイルランド代表のオニール監督、ロイ・キーンコーチらが辞任2018.11.21 20:25 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アイルランドサッカー協会(FAI)は、アイルランド代表のマーティン・オニール監督(66)が辞任したことを発表した。また、アシスタントマネージャーのロイ・キーン氏やGKコーチのシーマス・マクドナ氏、アシスタントコーチのスティーブ・グッピー氏らも退任する。

▽オニール監督は、ウィコムやノリッジ、レスター・シティ、セルティック、アストン・ビラ、サンダーランドとクラブチームで指揮。2013年11月にアイルランド代表の監督に就任した。

▽2016年のユーロにチームを導くと、スウェーデン、ベルギー、イタリアと同居したグループステージを突破。ラウンド16では準優勝のフランスに敗れていたが、チームとして史上最高の結果を残した。

▽また、ロシア・ワールドカップ予選でもグループステージを勝ち上がり、プレーオフに進出。しかし、デンマーク代表に敗れ出場はならなかった。

▽今年から始まったUEFAネーションズリーグでは、リーグBのグループ4を戦い、デンマーク、ウェールズとのグループで最下位。リーグCへの降格が決まっていた。オニール監督はアイルランド代表として通算55試合を指揮。19勝20分け16敗の結果を残していた。なお、在籍5年間で65人の選手を起用し、28人が代表デビューを果たしている。

▽FAIのドナル・コンウェイ会長は、オニール監督らコーチングスタッフへの感謝を述べている。

「FAIを代表し、この5年間アイルランドに協力してくれたマーティン、ロイ、マネジメントチームに感謝する」

「マーティンは、アイルランドのサッカーにとって最高であった」

▽なお、後任監督に関してはすみやかに決定するとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッドで活躍した元アイルランド代表DFオシェイが今季終了後に現役引退

チャンピオンシップ(イングランド2部)のレディングは4月30日、同クラブに所属する元アイルランド代表DFジョン・オシェイ(38)が今季限りで現役を引退することを発表した。 オシェイは、1998年からマンチェスター・ユナイテッドでプレー。主戦場のセンターバックに加え、サイドバックや守備的MFでもプレーできるユーティリティ性を生かして、公式戦394試合に出場して15ゴールを記録。5度のプレミアリーグ優勝、1度のチャンピオンズリーグ優勝を経験した。 その後、2011年の夏にユナイテッドからサンダーランドに移籍したオシェイは、在籍7シーズンで公式戦256試合4ゴールを記録。そして今季よりレディングに移籍し、公式戦10試合に出場していた。 また、アイルランド代表としては119試合に出場。2度のユーロ出場を果たしていた。 2019.04.30 23:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ストークの“カルトヒーロー”、ウォルタースが35歳で現役引退

チャンピオンシップ(イングランド2部)のイプスウィッチに所属する元アイルランド代表FWジョナサン・ウォルタース(35)が22日、自身の公式ツイッターを通じて現役引退を発表した。 ストーク・シティ時代に攻守に渡るハードワークと勝負強い働きをみせ、“カルトヒーロー”の1人として人気を博したウォルタースはアキレス腱のケガを理由にスパイクを脱ぐ決断をしたことを明かした。 「これは決して皮肉なことではないけど、文字通りアキレス腱が僕のアキレス腱となった。このケガは僕のキャリアを終わらせるものになった」 「そして、今はフットボールをプレーすることを辞めている。それでも壮大なウェーニー・ウィーディー・ウィーキー(来た、見た、勝った)だった」 イングランド人の父親とアイルランド人の母親の下、イングランドのマージーサイドで生まれ育ったウォルタースは、ブラックバーン・ローヴァーズの下部組織からトップチームデビュー。その後はボルトンやハル・シティ、レクサム、チェスター、イプスウィッチとイングランドの下部カテゴリーのクラブを渡り歩き、2010年にストークに完全移籍で加入。 往年のキック&ラッシュを採用するチームにおいてセカンドトップやウイングを主戦場に、屈強なフィジカルを武器にセカンドボールの回収、相手最終ラインの裏を突く動き出しを武器に7シーズンに渡って活躍。 その後、2017年にバーンリーへの完全移籍するもケガの影響もあり出場機会を得られず、今季は古巣のイプスウィッチにレンタル移籍。だが、同クラブでは公式戦3試合の出場にとどまり、昨年9月からはアキレス腱のケガで長期離脱を強いられていた。 なお、2010年にデビューを飾ったアイルランド代表では通算54試合に出場し14ゴールを記録。2015年に行われたユーロ2016予選プレーオフではボスニア・ヘルツェゴビナ代表相手に2ゴールを挙げて同国の本大会出場に大きく貢献していた。 2019.03.24 13:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ハマーズ逸材MFライスがイングランド代表入りを表明! アイルランドに悲報…

ウェストハムに所属するアイルランド代表MFデクラン・ライス(20)は13日、自身の公式ツイッターを通じてイングランド代表入りを決断したことを明かした。 センターバックと守備的MFを主戦場とするロンドン生まれのライスは、7歳から2014年までチェルシーのアカデミーに在籍。その後、ウェストハムのユースに移籍し、昨シーズンはリーグ戦26試合に出場した。そして今季はマヌエル・ペジェグリーニ新監督の信頼を勝ち取ると、[4-1-4-1]のアンカーポジションで攻守に質の高いパフォーマンスを続けている。 現在、チェルシーやトッテナム、リバプールなど国内のビッグクラブの関心を集める逸材に関しては、祖父母の生まれ故郷であるアイルランド代表と、自身の生まれ故郷であるイングランド代表の間でも綱引きが行われていた。 これまでライスはU-16代表からアイルランドの世代別代表でプレーし、昨年3月に行われたトルコ代表との国際親善試合ではフル代表デビューも飾り、ここまでいずれもフレンドリーマッチながら通算3キャップを記録。 しかし、より高いレベルでのプレーを希望するライスは13日、アイルランド代表を率いるミック・マッカーシー監督と、イングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督の双方に直接連絡し、今後イングランド代表としてプレーする意向を固めたことを伝えた。 「今日の午後、僕はミック・マッカーシーとガレス・サウスゲートの2人に対して、FIFAにアイルランドからイングランドに国籍変更を求める書面の提出を行う旨を電話で伝えた」 なお、アイルランド代表として公式戦に出場しておらず、イングランドの国籍も持っているライスの国籍変更はすぐに許可される見込みだ。 そのため、3月末に行われるチェコ代表とモンテネグロ代表とのユーロ2020予選でイングランド代表初招集されるようだ。 2019.02.14 03:18 Thu
twitterfacebook
thumb

ロイ・キーン氏、ノッティンガムのアシスタントマネージャーに就任! オニール監督との再タッグ結成

28日、元アイルランド代表MFロイ・キーン氏(47)が、ノッティンガム・フォレストのアシスタントマネージャーに就任した。クラブが公式サイトで発表している。 現役時代にノッティンガムやマンチェスター・ユナイテッド、セルティックなどでプレーしたキーン氏。2006年の引退後は、サンダーランドやイプスウィッチで監督を歴任。その後、2013~18年まではアイルランド代表のアシスタントマネージャーを務めていた。 なお、現在チャンピオンシップ(イングランド2部)で9位に位置するノッティンガムは、11日に昨夏に就任したアイトール・カランカ監督を解任。15日に後任としてアイルランド代表でキーン氏と共に仕事をしていたマーティン・オニール氏(66)を招へいしていた。 2019.01.29 00:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ロビー・キーンが現役引退を正式発表! 「フットボール狂いの男の子の願いは全て超えた」

▽トッテナムなどプレミアリーグ複数クラブで活躍した元アイルランド代表FWロビー・キーン(38)が、現役引退を発表した。アイルランド公共放送局『RTE』が28日に報じている。 ▽1997年にウォルバーハンプトンでプロデビューを飾ったロビー・キーンは、コベントリ・シティでプレーしたのち、2000年7月にインテルへと移籍。しかし、イタリアのサッカーに馴染めず、2001年1月にリーズへレンタル移籍する。同年7月には完全移籍でリーズに加入すると、日韓ワールドカップ(W杯)で活躍を見せ2002年7月にはトッテナムへと移籍した。 ▽トッテナムで6シーズンに渡ってプレーした後は、2008-09シーズンにリバプールに移籍したが、1年でトッテナムに復帰。さらに、2010年にはセルティック、2011年にはウェストハムにローンで加入し、2011年夏からの5年間はMLS(メジャーリーグ・サッカー)のロサンゼルス・ギャラクシーに身を移した。2017年1月からはフリーの期間が続いたが、昨年夏から今年夏まではインド・スーパーリーグ(ISL)のアトレティコ・デ・コルカタに所属していた。 ▽キャリアの中で11のクラブを渡り歩いたロビー・キーンは、公式戦通算で737試合295ゴールを記録。また、アイルランド代表としても146試合で68ゴールの成績を残し、最多出場記録、最多得点記録を保持している。 ▽21年間の現役生活に別れを告げたロビー・キーンは、以下のようにコメントしている。『RTE』が伝えた。 ◆FWロビー・キーン 「クルムリン・ユナイテッドからミラノ、ロンドン、ロサンゼルスにいたるまでの世界中に、僕のサッカー生活が連れて行ってくれるとは想像も出来なかった」 「ダブリンで育ったフットボール狂いの男の子の願いは全て超えたよ」 「イングランドでプロとしてのキャリアを始めるために家を出たのが、前世の頃のようだ。僕は希望に満たされたストリート・フットボーラーで、大きな野望と成功への決意を抱いていた」 「僕が必要としていたのは、1つのチャンスだけだったんだ」 ▽なお、アイルランドサッカー協会(FAI)はロビー・キーンが現役引退を表明する以前の25日、アシスタントコーチとして招へいしたことを発表していた。 2018.11.28 21:05 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース