J3降格危機の讃岐に痛手…MF鈴木拳士郎とMF永田亮太が負傷

2018.10.29 11:35 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
▽カマタマーレ讃岐は29日、MF鈴木拳士郎とMF永田亮太の負傷を発表した。

▽19日のトレーニングで負傷した鈴木は、左足関節外果骨折及び内側じん帯断裂と診断され、24日に手術。全治は4カ月の見込みだ。

▽21日に行われた明治安田生命J2リーグ第38節のレノファ山口FC戦で負傷した永田は、左鎖骨骨折で23日に手術。全治は約6週間から8週間の見込みだ。

▽鈴木は2018年に関西大学から讃岐に入団。今シーズンは明治安田生命J2リーグに6試合、天皇杯に1試合出場している。永田は2015年に群馬から讃岐に加入。今シーズンはここまでJ2リーグに32試合出場して、2ゴールを記録していた。

▽讃岐は現在J2リーグ38試合を終えて勝ち点30で降格圏内の21位に位置。1試合未消化ながら残り4試合で残留圏内の20位FC岐阜に勝ち点差10と厳しい状況に置かれている。

関連ニュース
thumb

讃岐の選手2名が新型コロナ陽性…ともに発熱

カマタマーレ讃岐は29日、トップチームの選手2名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、1名は27日にノドの違和感があり、28日に39.7℃の発熱と寒気、ノドの痛みがあったとのこと。PCR検査にて陽性となった。 また、もう1名は28日に37.5℃の発熱と頭痛があり、29日にPCR検査を受けて陽性となった。 なお、チーム内に濃厚接触疑い者はいないという。 2022.08.29 23:30 Mon
twitterfacebook
thumb

千葉を昨季退団の溝渕雄志、出身地クラブの讃岐に新加入 「地元に恩返しがしたい」

カマタマーレ讃岐は26日、DF溝渕雄志(28)の新加入決定を発表した。背番号「50」をつける。 溝渕は慶應義塾大学を卒業の2017年に千葉でプロ入り後、松本山雅FCや栃木SCでのレンタルを経験。2021年8月から再び栃木に貸し出され、明治安田生命J2リーグ17試合に出場したが、シーズン終了後に両クラブを退団した。 それ以降、フリーの状況が続いたが、自身の出身地である香川県のクラブ、讃岐でプロを続けることに。クラブを通じて喜びの思いとともに、意気込みを語っている。 「香川県出身のプロサッカー選手として、地元に恩返しがしたい。これが、私の想いです。そのために、カマタマーレ讃岐の一員として、全身全霊を捧げて闘うことを決心しました。誰よりも泥にまみれ、愚直に取り組み、チームの勝利に貢献できるよう頑張ります」 「また、昨シーズン終了時から今日に至るまで、沢山の方々に支えていただきました。感謝を申し上げると同時に、一人の選手として、最期まで全力で挑み続けることを約束します。カマタマーレ讃岐のファン、サポーターの皆さん。香川県に住み、故郷を愛する皆さん。そして、私を支えてくださる皆さん。どうか、熱い応援を宜しくお願いします」 2022.08.26 18:40 Fri
twitterfacebook
thumb

讃岐、選手1名の新型コロナ陽性を発表…濃厚接触疑い者にも1選手該当

カマタマーレ讃岐は26日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 当該選手は25日夕方に発熱、倦怠感があり、本日26日にPCR検査を受けたところ、陽性判定に。現在は適切な対策のもとで自宅療養中とのことだ。 なお、クラブのトップチーム選手1名が濃厚接触疑い者に該当したため、こちらについても現在自宅隔離中と報告している。 2022.08.26 16:39 Fri
twitterfacebook
thumb

讃岐、トップチームスタッフ1名の新型コロナ陽性を発表…濃厚接触疑い者はなし

カマタマーレ讃岐は25日、トップチームのスタッフ1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該スタッフは22日に発熱、だるさ、喉の違和感があり、翌日PCR検査を受けたところ陽性判定に。現在は適切な対策のもとで自宅療養中とのことだ。 なお、クラブ関係者に濃厚接触疑い者はおらず、今後のチーム活動は抗原検査で陰性が確認された選手・スタッフでスケジュール通りに実施すると報告している。 2022.08.25 15:36 Thu
twitterfacebook
thumb

讃岐の選手4名が新型コロナ陽性…直近で合計6名が陽性、5名が濃厚接触疑い

カマタマーレ讃岐は16日、トップチームの選手4名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたこと発表した。 クラブの発表によると、選手2名は14日に行われたPCR検査にて陽性判定を受けた。また、この際には濃厚接触疑い者はいなかった。 また、残りの2名は15日に行われたPCR検査にて陽性判定。こちらは、2名が濃厚接触疑い者となった。 讃岐では12日に選手2名が陽性となり、3名が濃厚接触疑い者となっており、直近で選手6名が陽性。5名が濃厚接触疑いで隔離されている。 なお、残りの選手やスタッフは抗原検査で全員陰性となっている。 2022.08.16 19:03 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly