レバークーゼンFWベイリーがジャマイカ代表デビュー戦の出場を拒否!

2018.10.15 14:47 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レバークーゼンに所属するFWレオン・ベイリー(21)が自身のジャマイカ代表デビュー戦となるはずだった14日のCONCACAFネーションズリーグ予選ボネール代表戦でのプレーを拒否した。海外版『goal.com』が伝えている。

▽代理人で義理の父親であるクレイグ・バトラー氏とジャマイカサッカー協会の確執の影響もあり、ジャマイカのフル代表招集を固辞してきたベイリー。それでも、国籍変更などによってプレーできる可能性があったベルギー、ドイツ、イングランドでのプレーが規則上難しいことから先日にジャマイカ代表招集を受け入れていた。

▽しかし、ベイリーはジャマイカ代表デビュー戦となるはずだったボネール戦の出場を拒否した。
▽伝えられるところでは、ベイリーが今回の代表招集を受け入れる決断をした理由のひとつに、弟のMFカイル・バトラー(20)を同じくフル代表に招集させるという取り決めがあったという。だが、ジャマイカサッカー協会はこの取り決めを反故にし、カイルがトライアルをパスした場合のみ招集することを通知。これに激怒したベイリーはボネール戦の出場を直前に拒否したようだ。

▽ベイリーは今回の一件に関して以下のようなコメントを残している。

「僕は間違いなくジャマイカ代表でプレーするためにここに来た。僕は協会との話し合いの合意に伴い、ここに来ることを受け入れた。だけど、ここに来た時には全く異なるシナリオがあった。彼らは最終的に約束を守らず、だから僕もプレーしないことを決めた」

「ただ、11月までに彼らが僕たちの求めたものを叶えるべく動きを見せてくれれば、代表チームでプレーするつもりだ」

▽なお、今回の代表ウィーク中にジャマイカ代表デビューとならなかったベイリーだが、前述の問題が解決すれば、11月17日に予定されるスリナム代表戦がデビュー戦になるはずだ。

関連ニュース
thumb

ベイリーはバイエルン移籍の可能性もあった?「家にまで訪ねてきたが…」

アストン・ビラのジャマイカ代表FWレオン・ベイリーは、かつてバイエルン移籍に近づいていたようだ。 レバークーゼン時代に一躍脚光を浴び、現在はアストン・ビラで活躍するベイリー。自身のポッドキャストでバイエルンへの移籍に近づいていた時期があったと振り返った。 「過去に大きな後悔がある… 素晴らしい話が僕に来たんだ。あのバイエルンが僕を欲しがり、家にまで訪ねてきた。彼らはロッベンの後釜を欲していたが、レバークーゼンが僕を手放してくれなかった」 ドイツ『ビルト』いわく、その時期とは2019年の夏で、バイエルンはベイリー獲得に本腰を入れたものの、最終的に断念し、代わりにインテルからクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(現トッテナム)を獲得。2019-20シーズンのバイエルンは3冠を達成した。 バイエルン移籍が叶わなかったことを悔やんだ一方、古巣レバークーゼンに悪い印象を残しているわけではなく、アストン・ビラを選んで正解だったとも付け加えた。 「レバークーゼンはトップクラブ。周辺環境、施設、スタジアム、そこで働く人たちは本当に素晴らしい」 「もう一つ忘れてはいけないのは、多くのクラブが僕に興味を持ってくれた中、ビラという素晴らしい場所に来れたこと。僕自身も勉強し、人に話を聞き、自分に最も適したチームを考えた。見つけることができたよ!」 2022.11.30 18:19 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシが2戦連続2ゴールのアルゼンチン、2試合続けての3-0快勝! これで35戦不敗《国際親善試合》

アルゼンチン代表が27日にジャマイカ代表との国際親善試合を3-0の快勝で飾った。 来たるカタール・ワールドカップ(W杯)に向けて、今月のインターナショナルマッチウィークをアメリカで過ごすアルゼンチン。23日にマイアミで国際親善試合のホンジュラス代表戦を3-0で勝利した後、予行演習の第2戦としてニュージャージーでジャマイカと対戦した。 W杯メンバーが決まる前の最終戦ではメッシがベンチスタートに。先発はホンジュラス戦から8選手が入れ替わり、ゴールマウスをエミリアーノ・マルティネスが守り、ディ・マリアとロ・チェルソもスタートから出場した。 先のホンジュラス戦に続いて、この試合でも主導権を握ったアルゼンチンは13分に先制。タグリアフィコのパスをボックス左で受けたラウタロが左足折り返すと、ゴール前のフリアン・アルバレスが左足でプッシュした。 リードしたアルゼンチンは55分にメッシが入ってからも攻勢を続けるが、長らく1-0のまま推移。その戦況が終盤まで続くが、86分にメッシがバイタルエリア中央から左足ミドルをゴール右にねじ込み、追加点を奪取する。 これで2戦連発のメッシだが、続く89分にバイタルエリア中央でのFKから左足で直接ネットを揺らして、2試合連続の2ゴール。アルゼンチンもホンジュラス戦に続く3-0の快勝となり、35試合不敗でW杯を迎えることとなった。 アルゼンチン代表 3-0 ジャマイカ代表 【アルゼンチン】 フリアン・アルバレス(前13) メッシ(後41、後44) <span class="paragraph-title">【動画】メッシの圧巻ミドルシュート!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="0hRdjmQ-keE";var video_start = 52;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.28 12:50 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシもビビる! 大胆不敵なファンがゴール後に乱入、自分の背中に直筆サインを要求

このところ大きな問題となっているファンによる試合中のピッチ侵入だが、また新たなことを考える者が現れた。 事件が起きたのは27日に行われたアルゼンチン代表vsジャマイカ代表のフレンドリーマッチだ。 カタール・ワールドカップ(W杯)に向けた大事な親善試合。アルゼンチンは3-0で勝利を収めたが、試合の終盤に事件は起きた。 この試合ではエースのFWリオネル・メッシがベンチスタート。1-0で迎えた56分にFWラウタロ・マルティネスと交代でピッチに入る。 すると86分にメッシはバイタルエリアからのミドルシュートでネットを揺らしゴール。アルゼンチンに2点目を与える。 するとこのゴールの直後、1人のファンが乱入。メッシの背後からダッシュで接近すると、メッシも思わず驚く事態に。上半身裸の男性は、メッシにペンを渡すと、背中にサインを要求した。 困惑しながらもサインしようとしたメッシだが、追いかけてきた警備員が男を取り押さえることに。サインはもらえないまま、男は拘束されることとなった。 なお、メッシはこの騒動にも動じず、89分にはボックス手前で獲得したFKを直接鎮め、3-0での勝利貢献していた。 <span class="paragraph-title">【動画】大胆な男にメッシもビックリ!自分の体に直筆サインを求める!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="0hRdjmQ-keE";var video_start = 108;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.28 12:05 Wed
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラFWベイリーの家族が車両大破の事故に遭うも奇跡的にケガはなし

アストン・ビラのジャマイカ代表FWレオン・ベイリーの家族が深刻な自動車事故に巻き込まれていたことが判明した。イギリス『バーミンガム・ライブ』が伝えている。 現在、ジャマイカ代表に招集中のベイリーは、7日にホームでCONCACAFネーションズリーグのスリナム戦(3-1で勝利)に出場。だが、試合が始まる直前に母親とパートナー、息子が乗っていた自動車が激しく横転する事故に見舞われていたことが分かった。 ベイリーは11日、自身の公式インスタグラムを通じて試合直前に家族の事故の一報を知らされたこと。安否が不明な状況でのスリナム戦でのプレー、最終的に大きなケガがなく生還したことを明かした。 「忘れられないゲームデー。試合のほんの少し前、僕は最も悲惨な電話を受けた。家族が恐ろしい自動車事故に遭ったと知らされた」 「僕の頭の中をよぎったことは、言葉では言い表せない。その瞬間は、家族が生きているという希望を持ち続けること以外、何も重要ではなかった。すぐにキャンプから病院へ向かったが、それは今までで一番長い車の旅だったように思う。神の恩寵により、家族はケガもなく、今日もここにいる。そんな状況にもかかわらず、家族は僕に試合でプレーするように祝福してくれた」 「ベストゲームではなかったかもしれないけど、家族のためにプレーした。国のためにプレーしたことが、自分の世界が混乱しているときに励みにもなった。今日、家族が自分と一緒にここにいることに感謝するばかりだ」 「心配してくれた人たちには、感謝を伝えたい。僕らのプライバシーを尊重していただけるようお願いしたい」 なお、ベイリーはスリナム戦でプレーした自身の写真と共に家族が乗っていた事故車両を写した画像を投稿。その激しく損傷した車体を見る限り、家族が大きなケガなく生還できたことは、まさに奇跡的と言える。 <span class="paragraph-title">【画像】車体は激しく損傷も家族は無傷</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CeoqIMkoRDn/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CeoqIMkoRDn/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #F4F4F4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CeoqIMkoRDn/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Leon Bailey (@leonbailey)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2022.06.13 08:00 Mon
twitterfacebook
thumb

「11番、10番、26番は良かった」ジャマイカ代表代行監督が日本を評価「よくまとまったチーム」

ジャマイカ代表のジェローム・ウェイト アシスタントコーチが、U-24日本代表戦を振り返った。 ジャマイカ代表は12日、国際親善試合でU-24日本代表と対戦。試合は4-0で日本が勝利した。 今回の活動では、来日時に一部選手の新型コロナウイルス(COVID-19)の陰性証明書に不備があったことで来日が遅れ、日本代表との予定されていた試合が中止に。その後無事に来日し、7日にはセルビア代表との親善試合を実施。そして、このU-24日本代表戦に臨んだ。 しかし、試合前にセオドア・ウィットモア監督が胃腸炎のために指揮が執れず。ウェイト氏が代行として指揮を執ることとなった。 試合後の記者会見に臨んだウェイト氏は日本についてコメントするとともに、良い活動だったと語った。 「日本のチームを祝福したいと思う。とても良いチームで、とても良い試合をしている。とてもよくまとまったチームで、オリンピックでも善戦するポテンシャルがあると思う」 また、日本で警戒すべき選手については「優秀な選手はたくさんいると思うが、例えば11番(久保建英)、10番(堂安律)、26番 (上田綺世)は良かったと思うし、6番(遠藤航)も有能だと感じた」とコメント。それ以上に「誰か特定の選手が良いというよりも、チームとしてまとまっている。全体として警戒すべきだと言いたい」とし、日本がチームとして力を発揮していたと感じたようだ。 日本についての印象は「日本に対しては強い、フィットしている、スピードが早い、落ち着きがある。戦術的にもとても良いと思っている」とコメント。一方で、自分たちのパフォーマンスについても「ジャマイカとしては良い経験になった。良い試合ができたと思うが、これからまだ仕上がっていくチームだと思っている。試合をやっていく中でわかったこともあるので、良かったと思う」と振り返った。 なお試合を欠場したウィットモア監督については「あまり調子が良くなくホテルにいるが、今は経過観察中だ」とコメントしていた。 2021.06.12 16:46 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly