好調ロイス、マテウス氏に親友ゲッツェについて問われ「そろそろこの話を控えるべき」

2018.10.01 23:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
ドルトムントは現地時間9月29日に行われたブンデスリーガ第6節レバークーゼン戦で4-2と逆転勝利を達成。試合後、ドルトムントの主将を務めるドイツ代表MFマルコロイスは、ベンチ外が続くマリオ・ゲッツェについてコメントした。

ロイスはルシアン・ファーヴル新体制で4ゴールと4アシストを記録し、チームの首位浮上に大きく貢献。レバークーゼン戦でも、0-2で迎えた65分にMFヤコブ・ブルーン=ラーセンによるチーム1点目をアシストすると、69分には自らゴールを挙げて、反撃の狼煙を上げる活躍を披露した。

そんなロイスだが、試合後ドイツ『スカイ』でコメンテーターを務めるローター・マテウス氏にこれまでリーグ戦に出場していない親友のゲッツェについて問われると、このように返した。

「ローター、僕たちはそろそろ毎日のようにマリオについて話をすることを控えるべきだと思う。彼にも、僕たちにも好影響をもたらすとは思えない。マリオは単にサッカーをしたいだけ。意味がないし、そっとしてあげた方が良い」

「マリオは今日ここにいないのは病気のため。彼は僕たちの一員だし、僕たちは彼が戻ってくることを信じている。それに彼は僕が一緒にプレーするプレーヤーのなかでベストの1人だ」

ルシアン・ファーヴル監督はレバークーゼン戦では4-2-3-1を採用し、トップ下にはロイスを起用。その一方で、トップ下を本職とするゲッツェのほか、香川真司も遠征メンバーに含めなかったが、現地時間3日のチャンピオンズリーグ・モナコ戦で、2人を招集することはあるのだろうか。


提供:goal.com
コメント