リバプール、ラビオ獲得へ代理人と接触? クロップはドルトムント時代から熱視線

2018.09.06 09:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)獲得に乗り出す可能性があるようだ。イギリス『ESPN』が伝えている。

▽PSGとの契約が今シーズン終了時までとなっているラビオ。今夏にもバルセロナやミランが獲得に関心を寄せていたとされるが、移籍は実現せず。それでもラビオはこれまでクラブからの契約延長オファーを拒否しており、依然として退団が濃厚と見られている。

▽今回伝えられるところによると、リバプールはすでにラビオの代理人を務める同選手の母に接触。同選手は、リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督がドルトムント時代にも熱視線を送っていた選手であり、このままラビオがPSGと契約延長をしなければ、獲得への動きを一気に強める考えのようだ。

▽今夏獲得に動いていたバルセロナも未だに関心を寄せているとされるラビオ。しかし、同選手は昨年10月、フランスのラジオ局『RMC』でのインタビューで、「僕はプレミアリーグでプレーしたい。必ずって訳ではないけど、僕は幼い頃からリバプールが大好きだった」とコメントしている。果たして幼少期から愛着を抱くクラブに移籍することになるのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

クロップ、PL最多勝ち点記録更新を意識せず 「記録を破るためにスタジアムに来ていない」

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、残り5試合での更新が期待されるプレミアリーグ最多勝ち点記録を特段意識していないようだ。クラブ公式サイトが会見コメントを伝えている。 リバプールは5日、プレミアリーグ第33節のアストン・ビラ戦を2-0で勝利した。 優勝決定後、初のアンフィールド開催となったこの試合では前節マンチェスター・シティ相手の0-4の大敗を引きずるように、やや覇気がないプレーに終始したリバプール。 しかし、主力3人を投入した後半半ばからペースを握ると、71分にFWサディオ・マネのゴールで先制に成功。さらに、89分には途中出場のMFカーティス・ジョーンズに嬉しいプレミアリーグ初ゴールが生まれ、王者に相応しい勝負強さで勝ち点3を掴んでいる。 この勝利によってリバプールはアンフィールドでのリーグ戦無敗記録を57試合に更新すると共に、今季の勝ち点を89ポイントに積み上げている。 そして、今後注目を集めるのが、2017-18シーズンにシティが樹立した100ポイントというプレミアリーグ最多勝ち点記録の更新だ。リバプールは残り5試合で4勝(12ポイント)を挙げれば、単独での最多勝ち点記録樹立となる。 同試合後に行われた公式会見では当然、同記録に関する質問が出たものの、ドイツ人指揮官は「記録を破るためにスタジアムに来ているわけではない」と、必要以上に記録を意識していない。 「我々はいつでも100%、目の前に試合だけに集中している。したがって、過去の記録を破るといった類のことを考えてスタジアムに来ているわけではない。それは今後も変わらないことだ」 「将来的に記録を破ったとき、あるいは自分たちの記録が途切れたときに、そのことを考え始められる。正直なところ、個人的にそういった数字のことはよく知らない。もちろん、試合前に86ポイントだったのが、今日の試合後に89ポイントになったことはわかっている。ただ、それは大きな問題ではない。何か特別なことを成し遂げられれば最高だ。しかし、我々はそのことばかりに気を取られているわけではない」 「我々のプレーヤーはそのことを意識しているかもしれない。ただ、非常に簡単なことで、記録的な勝ち点を獲得するにはすべての試合に勝つ必要があり、それほど複雑なことだとは思っていない。だから、私が改めて言及することではない」 「プレーヤーは知っているが、我々のグループにとって決して必須のことだとは考えていない。勝ち点3を目指して3日ごとにすべてを懸けてプレーしているし、どんなに頑張ってもそれ以上のポイントは得られない」 「試合に勝利した場合、勝ち点3を得られる。それで十分だと考えているし、今日はそういった形でポイントを得られた。我々のプレーヤーは非常に難しい試合で勝ち点3を得るために本当によく戦ってくれている。今日も非常に難しい試合だった。アストン・ビラはうまくプレーしていたからね」 なお、記録更新を意識しないと語ったクロップ監督だが、残り5試合の対戦相手にはアーセナル、チェルシーという難敵も控えており、本気で記録達成を狙う場合は、これまど同様のハードワークが求められるところだ。 2020.07.06 16:28 Mon
twitterfacebook
thumb

クロップ監督がリバプール移籍の噂が浮上中のチアゴについて質問もはぐらかす「大好きな選手」

リバプールのユルゲン・クロップ監督がバイエルンのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ(29)について言及した。イギリス『ミラー』が伝えている。 バイエルンとの契約が残り1年を切っているチアゴ。クラブは契約延長を望んでいるものの、交渉は暗礁に乗り上げており、バイエルンの最高経営責任者(CEO)を務めるカール=ハインツ・ルンメニゲ氏は「キャリアの終盤に入るにあたって、新しい何かに挑戦したがっているようだ」とコメント。移籍先の候補として挙がっているリバプールに関しては「一切接触していない」と否定していた。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆チアゴがバイエルンで見せたスーパープレー!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJDOHZENXFIVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> チアゴの移籍に関して、5日のアストン・ビラ戦後に質問を受けたリバプールのクロップ監督がコメント。この手の質問には答えないと明言を避けた。 「私がこの質問に答えなくても驚かないだろう その手の質問には一度も答えたことないじゃないか」 「チアゴは本当に良い選手で、大好きな選手だ。同じように私は他にも色々な選手が大好きだ。彼について言えることはそれが全てだ」 獲得について否定も肯定もせず、上手く質問をかわしたクロップ監督。バルセロナやバイエルンで活躍したチアゴが加入すればリバプールの強力な戦力になると考えられるが、今夏の動向に注目だ。 2020.07.06 16:25 Mon
twitterfacebook
thumb

新契約&PL初ゴールのリバプールMFジョーンズ「素晴らしい1週間に」

リバプールに所属するU-19イングランド代表MFカーティス・ジョーンズ(19)が新契約締結に待望のプレミアリーグ初ゴールまで奪った1週間を「完璧」と形容し、心から喜んでいる。 U-9チームからリバプールのアカデミーに在籍する生え抜きのジョーンズは、今月4日にサラリー面を大幅に改善した新たな長期契約にサイン。そして、その翌日に行われたプレミアリーグ第33節のアストン・ビラ戦では待望のプレミアリーグ初ゴールまで奪って見せた。 優勝決定後、初のアンフィールドでの開催となったこの試合では前節のマンチェスター・シティ相手の0-4の大敗を引きずるように、やや覇気がないプレーに終始したリバプールだったが、主力3人を投入した後半半ばからペースを握ると、71分にFWサディオ・マネのゴールで先制に成功。 そして、試合終了間際にはジョーンズにとって待望の瞬間が訪れた。85分にMFナビ・ケイタとの交代でピッチに立った19歳は、直後の89分に相手陣内右サイドを自ら持ち上がっていく。その後、左サイドの味方に預けてゴール前に走り込むと、FWモハメド・サラーの丁寧な頭での折り返しを、落ち着いた右足のハーフボレーで合わせ、プレミアリーグ初ゴールを奪取。ホームでの2-0の勝利に大きく貢献した。 同試合後、ジョーンズはクラブ公式サイトでプレミアリーグ初ゴールを含め、最高の1週間を振り返っている。 「今の僕の状況を完璧だと言うんじゃないかな」 「だけど、まずはじめに1-0という拮抗した状況で自分を信じてピッチに送り込んでくれた監督、コーチングスタッフに感謝を伝えたい。幸いなことにビラ相手に良いプレーができたと思っているよ。それが何より嬉しいし、本当に良い1週間になったよ」 「監督はいつも通りの指示をくれた。彼は僕がボールスキルに自信を持っていることを知っているけど、同時に適切なタイミングでのパス、どのタイミングでドリブルを仕掛けるべきかを求めているんだ」 「全体的に少しビラが攻撃する展開で自分たちは受けに回っていた。だから、ゲームの流れを掴みつつ、より自分たちで試合をコントロールすることも求めていたんだ」 「僕はその仕事にトライしていて、幸運なことにゴールでチームを助けることができたんだ」 また、幼少期から同じ地元出身のスティーブン・ジェラードに憧れを抱き、今はトップチームで台頭し始めた19歳は、更なる飛躍を誓っている。 「こういった形で自分のような若いプレーヤーがトップチームに関わっていく中では自信を持つこと、勇敢であること、常にボールを要求するような姿勢が重要だと思っているんだ。それこそ僕が今、取り組んでいることなんだ」 「子供の頃から僕はいつでもリバプールを見てきた。そして、その中には僕の憧れのスティーブン・ジェラードを含め、多くの素晴らしいプレーヤーがいたんだ。彼のプレーを含め、彼がプレーしていた当時のチームは本当に偉大だったよ」 「だけど、今のチームは自分が見てきた中で最高のチームだと思うんだ。そして、その一員としてプレーできることを誇りに思っているよ」 2020.07.06 13:55 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールのFWサラーがプレミア歴代2位のペースで100ゴールに関与、73ゴール27アシスト

リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが偉業を成し遂げた。 リバプールは5日、プレミアリーグ第33節でアストン・ビラと対戦。攻めあぐねる展開か続いたが、サディオ・マネとカーティス・ジョーンズのゴールで2-0と勝利を収めた。 <div id="cws_ad">◆サラーがアジア・トロフィーで決めたゴール!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJjZWFMbDY1biIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> この試合に先発フル出場を果たしたサラーは、89分にアンドリュー・ロバートソンのクロスを頭で落とし、C・ジョーンズのプレミア初ゴールをアシストしていた。 これにより、サラーはプレミアリーグで100ゴールに関与。73ゴール27アシストとなり、116試合目での達成という驚異の記録を残した。 なお、これはプレミアリーグで歴代2位の記録。1位にはブラックバーンやニューカッスルで活躍した元イングランド代表FWアラン・シアラー氏で、100試合で達成していた。 2020.07.06 09:55 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプール、C・ジョーンズのプレミア初ゴールなどでアンフィールド凱旋を白星で飾る《プレミアリーグ》

リバプールは5日、プレミアリーグ第33節でアストン・ビラと対戦し、2-0で勝利した。 30年ぶりの王者となったリバプール。しかし前節のマンチェスター・シティ戦は、気の緩みからか4-0で大敗を喫してしまった。 今節は優勝後初めてのアンフィールド凱旋。だが少しキレが悪く、なかなかスムーズにボールを前に運べない。アストン・ビラに初シュートを許すと、33分にはドウグラス・ルイスのシュートがGKアリソンを強襲。ここは正面でしっかりセーブした。 その直後、マネがチーム初シュートを記録したリバプールは、37分にはサラーがボックス右の難しい角度から左足で狙ったが、古巣対戦のGKレイナに止められた。 どこか迫力にかけるリバプール。後半に入っても立ち上がりからアストン・ビラにチャンスを作られるなど押され気味の展開に。 見かねたクロップ監督は60分過ぎに、ワイナルドゥム、ヘンダーソン、フィルミノを一気にピッチへ。休ませていたレギュラー陣を登板させる。 すると71分、中央に絞っていたアーノルドからボックス左のケイタにパス。ケイタから今度は中にボールが送られると、マネが合わせて先制点を挙げた。 ようやく試合を動かしたリバプールは、フィルミノがサラーとのパス交換でシュートを放つも、GKレイナが好セーブ。 それでも89分、ボックス左に侵入したロバートソンのクロスをサラーが頭で落とすと、途中出場のカーティス・ジョーンズが相手に当てながらも豪快にゴールを決めて追加点。これがプレミア初ゴールとなった。 試合はここで終了。アンフィールド凱旋試合を白星で飾ったリバプールは、これでホームの連勝を「24」に伸ばした。 2020.07.06 02:26 Mon
twitterfacebook