岡山FW赤嶺真吾、最大5週間の負傷離脱

2018.08.27 15:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
▽ファジアーノ岡山は27日、FW赤嶺真吾の負傷離脱を発表した。▽赤嶺は、24日の練習中に負傷。検査を受け、右ヒザ軟骨損傷で全治3〜5週間が見込まれているという。

▽2016年にガンバ大阪から岡山に加入した赤嶺は、今シーズンのここまで明治安田生命J2リーグ28試合に出場。2得点を記録している。

▽岡山は現在、J2リーグ12勝8分け10敗の9位。9月1日に行われる次節、栃木SCとのアウェイゲームに臨む。
関連ニュース
thumb

沼津、後藤虹介の負傷&手術を報告…加療期間は約3カ月

アスルクラロ沼津は15日、DF後藤虹介の負傷を報告した。 後藤は右鎖骨骨折の診断結果が下り、7日に手術。加療期間は3カ月を要する見込みだ。今季はここまで明治安田生命J3リーグ9試合に出場している。 今季の沼津はここまで3勝1分け6敗の11位に位置。19日に行われる次節、6位につけるいわてグルージャ盛岡とのアウェイ戦に臨む。 2021.06.15 13:15 Tue
twitterfacebook
thumb

山口、高木大輔が股関節の問題で8週間の加療期間へ

レノファ山口FCは14日、FW高木大輔が負傷したことを報告した。 負傷名は左グローインペイン症候群。股関節部分の問題とのことで、加療期間は8週間に及ぶようだ。 今シーズンにガンバ大阪から加入し、およそ1年半ぶりに山口に復帰した高木。ここまでJ2リーグ15試合に出場していたが、13日に行われた第18節のモンテディオ山形戦は欠場していた。 なお、チームはここまで5勝5分け8敗の成績で16位に位置。自動降格圏の19位との勝ち点差は「3」となっている。 2021.06.14 15:10 Mon
twitterfacebook
thumb

清水、ヘナト・アウグストが再来日へ! 4月中旬から治療で一時帰国

清水エスパルスは11日、MFヘナト・アウグストの再来日を発表した。 今季で清水在籍3年目のヘナト・アウグスト。その今季も明治安田生命J1リーグ3試合に出場しているが、4月中旬に左ヒザ関節軟骨損傷の治療で母国ブラジルに一時帰国して、離脱が続いている状況だった。 クラブによると、ヘナト・アウグストはブラジルでの治療が終わり、15日の再来日が決定。今後は日本国内にて治療を続けていく見通しだという。 清水は今季からミゲル・アンヘル・ロティーナ監督が指揮。ここまで17試合を消化して、3勝6分け8敗の15位に位置している。 2021.06.11 14:15 Fri
twitterfacebook
thumb

鳥栖に痛手、堅守支えるDFファン・ソッコが全治4〜5週間

サガン鳥栖は10日、DFファン・ソッコの負傷を発表した。 クラブの発表によると、ファン・ソッコは5月30日に負傷したとのこと。検査の結果、左大腿直筋肉離れと診断されたとのことだ。 なお、全治は4~5週間とされている。 ファン・ソッコは清水エスパルスから今シーズン鳥栖に加入。3バックの一角として、明治安田生命J1リーグで17試合に出場していた。 2021.06.10 16:55 Thu
twitterfacebook
thumb

鹿島戦で交錯した清水のDF鈴木義宜、MF中村慶太が負傷…鈴木は頭蓋骨骨折

清水エスパルスは8日、DF鈴木義宜、MF中村慶太の負傷を発表した。 両選手は6日に行われたYBCルヴァンカッププレーオフステージ第2戦の鹿島アントラーズ戦で負傷。前半途中にピッチ上で両選手が激突。鈴木は担架で運び出され、中村は自力でピッチを後にしていた。 鈴木は茨城県鹿嶋市内の病院で検査を受け、頭蓋骨骨折と診断。全治は未定となっている。 一方の中村は、左ヒザ内側側副じん帯損傷と診断。全治は6週間とのことだ。 鈴木は大分トリニータから今シーズン加入。ここまで明治安田J1で17試合に出場し1得点、YBCルヴァンカップで5試合に出場。中村は明治安田J1で12試合、YBCルヴァンカップで6試合に出場していた。 2021.06.08 14:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly