バークリーの自己信頼は天井知らず、「今季20ゴール取れる」 キャリアハイは…

2018.08.26 15:40 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーに所属するイングランド代表MFロス・バークリーの自己信頼は天井知らずのようだ。同選手がイギリス『テレグラフ』で今季の大いなる野望を語った。

▽昨夏、エバートンからチェルシーに加入したバークリーだが、昨季はケガの影響もあり公式戦の出場は4試合にとどまった。マウリツィオ・サッリ新監督の下で臨む今季は左インサイドハーフで開幕2試合に出場するなど、本格復帰に向けて順調な歩みを見せている。

▽そのバークリーは『テレグラフ』で自身が今季20ゴール以上を奪うという大きな目標を口にした。

「僕は今季20ゴール以上を奪うことができると思っている」

「それは大きな数字だけど、達成可能な数字だと思う。過去にランプス(ランパード)やスティービー(ジェラード)、スコールズがやってきたことだしね。まずはトレーニングから多くのゴールを決めて毎日成長を続けていきたい」

「僕はランプスがクラブと個人で達成してきたことをよく知っている。彼とはイングランド代表で一緒にプレーしたし、どれほど素晴らしいプロフェッショナルであったかもわかっている」

▽シーズン20ゴールという大きな目標を口にしたバークリーだが、これまでのキャリアでの最多得点は2015-16シーズンの48試合12ゴール。また、チェルシーでは今後新加入のクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ、負傷明けで戻って来るスペイン代表MFセスク・ファブレガスとのポジション争いが待っており、今回の発言が大風呂敷を広げることにならないことを願いたい。
コメント
関連ニュース
thumb

序列低下のズマにPSG&古巣エバートンが関心か?

チェルシーに所属するフランス代表DFクル・ズマ(25)にパリ・サンジェルマン(PSG)やエバートンが熱視線を注いでいるようだ。フランス『Le10Sport』が報じている。 昨シーズンにレンタル先のエバートンで主力として活躍したズマは、昨夏フランク・ランパード新監督率いるチェルシーに復帰。シーズン序盤から主力として起用され、ここまで公式戦34試合に出場している。 しかし、ドイツ代表DFアントニオ・リュディガーの完全復活以降は、デンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセン、イングランド代表DFフィカヨ・トモリとポジションを分け合う形が増え、リーグ再開後のリーグ戦では3試合連続ベンチと序列が低下。 また、今夏の移籍市場でスカッド刷新を目指すランパード監督は、現在は守備的MFを主戦場としながらも、センターバックでプレー可能なウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライス(21)をリュディガーの新たな相棒としてリストアップしているとも言われており、ズマの立場はより厳しくなっている。 そのため、選手・クラブ双方が条件次第で今夏の移籍を検討していると見られている。 そういった中、『Le10Sport』はズマの新天地候補として、いずれもセンターバックの補強を目指しているPSGとエバートンの名前を挙げている。 PSGでは今シーズン限りでの退団が決定しているブラジル代表DFチアゴ・シウバ(35)に加え、プロ契約締結を拒否したU-18フランス代表DFタンギ・クアシ(18)がバイエルンに旅立っており、センターバックの補強が急務だ。 これまではバイエルンのフランス代表DFリュカ・エルナンデス(24)らの名前が挙がっているが、コロナ禍で緊縮財政が求められる中、その移籍金の捻出は困難だ。 そこでより安価な金額で獲得可能であり、3バックと4バックの双方でプレー可能なズマが新たな獲得候補として浮上しているようだ。 一方、昨夏にも完全移籍での買い取りを目指していた古巣エバートンは、カルロ・アンチェロッティ監督がセンターバックの現陣容に満足していらず、同ポジションの補強を優先事項に掲げているという。そういった中、前述のチアゴ・シウバらと共に獲得候補の一人として関心を示しているようだ。 なお、ズマには両クラブ以外にもトッテナムやレスター・シティといったプレミアリーグ勢が関心を寄せている。 2020.07.03 15:54 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、A・ゴメスの退団を正式発表 新契約の打診に応じず

マンチェスター・ユナイテッドがU-20イングランド代表MFアンヘル・ゴメス(19)の退団を正式発表した。 ユナイテッドのアカデミー育ちで、2017年5月にクラブ史上最年少(16歳と263日)でトップチームデビューを果たしたA・ゴメス。将来のユナイテッドを背負って立つ逸材として期待される若手の1人だが、今季を通じても公式戦6試合の出場しかなく、先月末で現行契約が満了する状況だった。 延長交渉の難航も取り沙汰されるなか、ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が先月末、退団の可能性を明らかに。そして、ユナイテッドが1日、「A・ゴメスが新契約の打診に応じなかった」と綴り、逸材の契約満了に伴う退団をアナウンスしている。 なお、A・ゴメスの移籍先として以前から取り沙汰されているのはチェルシー。しかし、そのチェルシーの指揮を執るフランク・ランパード監督はA・ゴメスに対するオファーを否定している。 2020.07.03 09:00 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシーMFウィリアンがプレミア史上初の記録樹立! コロナ禍の珍記録…

チェルシーのブラジル代表MFウィリアンがコロナ禍でプレミアリーグ史上初の記録を樹立することになった。イギリス『Optajoe』が伝えている。 チェルシーは1日、プレミアリーグ第32節でウェストハムと対戦し、2-3で敗れた。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆ブラジルの万能アタッカー ウィリアン<br/><div style="margin:0 auto; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJTd2JLZmxGRiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 新型コロナウイルス(COVID-19)による長期に渡る中断明け後、公式戦3連勝中と好調を維持していたチェルシーだが、残留を争うハマーズ相手にシーソーゲームの展開を強いられると、試合終了間際の失点で敗れ、痛恨の敗戦となった。 チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を目指す4位のチェルシーにとっては厳しい一戦となったが、この試合でPKと直接FKで2ゴールを挙げる活躍を見せたウィリアンにとってはプレミアリーグの歴史に名を刻む記念すべき一戦となった。 2013年にアンジ・マハチカラから加入して以降、ウィリアンはリーグ通算229試合に出場し36ゴールを記録していた。そして、比較的パフォーマンスに波がない同選手は、通常の開催期間である8月から5月までのすべての月に少なくとも1ゴールずつを挙げてきた。 さらに、コロナ禍で通常リーグ戦が行われていない期間にリーグ戦を続行している中、先月行われたマンチェスター・シティ戦で1ゴールを挙げると、7月開催の初戦となった今回のハマーズ戦でもゴールを記録し、プレミアリーグ史上初となるすべての月(12)でゴールを挙げた最初の選手となった。 通常であれば、こういったゴール記録はマンチェスター・シティのアルゼンチンFWセルヒオ・アグエロやトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインらが達成しそうな記録ではあるが、月ごとにコンスタントにゴールを重ねていたウィリアンが最初の達成者となった。 2020.07.02 13:54 Thu
twitterfacebook
thumb

今季のチェルシーはやはり厳しい? シーズン10敗はアブラモビッチ体制で2番目の多さ

今シーズンのチェルシーは、順位とは裏腹に難しいシーズンを送っているようだ。 チェルシーは1日、プレミアリーグ第32節でウェストハムと対戦。先制しながらも点の取り合いとなり、3-2で逆転負けを喫していた。 <div id="cws_ad">◆チェルシーの新ユニフォームはこれだ<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJnZUo5V0FweSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> チェルシーは現在リーグで4位に位置し、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争っている状況だが、ウェストハム戦の敗戦によりプレミアリーグでの敗戦が「10」に。これは、ロマン・アブラモビッチ氏がオーナーになった2003-04シーズン以降で2番目に悪い成績となってしまった。 この17シーズンで順位として最も低かったのは2015-16シーズンの10位。当時は、12敗を喫しておりワースト記録となっている。 シーズン10敗は2011-12シーズンにも喫しているものの、そのシーズンはFAカップとCLの2つのタイトルを獲得していた。 チェルシーの残り試合は6試合。レジェンドであるフランク・ランパード監督の下、補強禁止処分などもあった中では結果を残しているが、トップ4フィニッシュに向けては負けられない試合が続く。果たしてどのような結末となるだろうか。 ◆2003-04シーズン以降のチェルシー成績 2003-04:24勝7分け7敗/2位 2004-05:29勝8分け1敗/優勝 2005-06:29勝4分け5敗/優勝 2006-07:24勝11分け3敗/2位 2007-08:25勝10分け3敗/2位 2008-09:25勝8分け5敗/3位 2009-10:27勝5分け6敗/優勝 2010-11:21勝8分け9敗/2位 2011-12:18勝10分け10敗/6位 2012-13:22勝9分け7敗/3位 2013-14:25勝7分け6敗/3位 2014-15:26勝9分け3敗/優勝 2015-16:12勝14分け12敗/10位 2016-17:30勝3分け5敗/優勝 2017-18:21勝7分け10敗/5位 2018-19:21勝9分け8敗/3位 2019-20:16勝6分け10敗/4位※残り6節 2020.07.02 12:25 Thu
twitterfacebook
thumb

再開後初敗北のランパード監督「目標に行くには多くのハードワークが必要」

チェルシーのフランク・ランパード監督が、1日に敵地で行われたプレミアリーグ第32節のウェストハム戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 再開後公式戦3連勝と好調のチェルシーは、42分にMFウィリアンがPKを決めて先制に成功。その後、逆転を許すと、ウィリアンの鮮やかなFKで同点に追いつくも、試合終了間際に失点を喫し、2-3で敗れた。 <div id="cws_ad">◆チェルシーが先制もウェストハムに逆転負け<br /><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1305g03eak0xj15ofops70vtt7" async></script></div> 再開後初黒星となったランパード監督は、試合後のインタビューで3失点に言及。また、チームに一貫性を求めた。 「ディフェンダーだけでなく、ゴールを奪う構築でミスを認め、試合にコストがかかってしまった」 「我々はこの先に6試合ある。プレミアリーグでミスをした場合、ポゼッションをしていてもピッチで十分にパフォーマンスがでない場合は、こうなることは大きな驚きではない。それはいつだって起きる可能性がある」 「我々がどこにいるのかを示した。我々が目標としている場所に辿り着くには多くのハードワークが必要だ。我々がリバプールとマンチェスター・シティを追いかけている理由は、彼らには一貫性があるからだ。それは目指していることだが、イライラさせられる」 2020.07.02 11:25 Thu
twitterfacebook