柏DF中山雄太が左膝蓋腱炎により全治約4週間…昨季ベストヤングプレーヤー賞2018.08.12 20:15 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽柏レイソルは12日、U-21日本代表DF中山雄太が左膝蓋腱炎により全治約4週間と診断されたことを発表した。▽クラブ公式サイトによると、中山は8日の日立柏総合グラウンドでのトレーニング中に負傷。検査の結果、今回の離脱が判明した。

▽茨城県出身の中山は、中学年代から柏の下部組織に入団。2015年にトップチーム昇格を果たすと、同年5月にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)ベカメックス・ビンズオン戦でプロデビューを飾った。昨シーズンはJリーグベストヤングプレーヤー賞を受賞しており、更なる飛躍が期待される今シーズンは明治安田生命J1リーグ13試合に出場している。
コメント
関連ニュース
thumb

不振続く名古屋に大きな痛手…MF米本が3カ月の長期離脱…

名古屋グランパスは18日、MF米本拓司が右肘関節脱臼および肘関節側副じん帯損傷と診断されたことを発表した。 名古屋の発表によると、米本は今月17日に行われたトレーニング中に負傷したという。その後、MRIなどを用いた精密検査の結果、前述の診断結果が下された。 なお、全治に関しては約3カ月と伝えている。 今シーズン、FC東京から名古屋に完全移籍で加入した米本は、明治安田生命J1リーグにおいてここまで全19試合に出場するなど主力として活躍してきた。 現在、リーグ戦で9位に位置する名古屋だが、直近のリーグ戦では6敗1分けの7戦未勝利と不振が続いている。 2019.07.18 17:02 Thu
twitterfacebook
thumb

沼津、DF藤原雅斗が右ヒザ前十字じん帯損傷で今季絶望…

アスルクラロ沼津は18日、DF藤原雅斗が右ヒザ前十字じん帯損傷と診断され、今月10日に手術を受けたことを発表した。 なお、全治に関しては約8カ月と伝えており、今シーズン中の復帰は絶望的となっている。 今シーズン、ザスパクサツ群馬から期限付き移籍で加入した藤原だが、ここまで公式戦の出場はなかった。 2019.07.18 16:41 Thu
twitterfacebook
thumb

岡山、FW福元友哉が左足関節ねん挫で最大6週間の離脱…

ファジアーノ岡山は18日、FW福元友哉が左足関節ねん挫と診断されたことを発表した。 福元は、7月7日に行われた明治安田生命J2リーグ第21節の鹿児島ユナイテッドFC戦の試合中に負傷。その後の検査の結果、左足関節ねん挫と診断された。 なお、全治に関しては4~6週間を要する見込みだ。 福元は今シーズンここまでのリーグ戦12試合に出場でノーゴールとなっている。 2019.07.18 16:35 Thu
twitterfacebook
thumb

岐阜のルーキーDF会津雄生が左アキレス腱断裂…今季絶望に

FC岐阜は17日、DF会津雄生が負傷したことを発表した。 クラブの発表によれば、会津は12日の練習で負傷。左アキレス腱断裂と診断され、全治6カ月程度になるようだ。 今シーズン、筑波大学から岐阜に加入した会津。明治安田生命J3リーグではここまで13試合に出場していた。 2019.07.17 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

群馬FW辻正男がアキレス腱負傷で離脱

ザスパクサツ群馬は17日、FW辻正男の負傷を発表した。 クラブの発表によれば、辻はアキレス腱付着部炎と診断された。全治は約4週間になるようだ。 2013年にガイナーレ鳥取でプロキャリアをスタートさせた辻は、ツエーゲン金沢、Y.S.C.C.横浜を経て、今シーズンに群馬へ加入。ここまで明治安田生命J3リーグには、6試合出場していた。 2019.07.17 15:52 Wed
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース