クロップ、またしてもS・ラモスを“口撃”「手段を選ばず勝とうと思わない」2018.08.11 15:05 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールのユルゲン・クロップ監督が、レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスを苛烈に批判した。スペイン『アス』が、ドイツ『Sport1』を引用して伝えている。▽リバプールは昨シーズン、チャンピオンズリーグ(CL)決勝で連覇中だった王者レアル・マドリーと激突。しかし、前半半ばの30分、セルヒオ・ラモスと交錯したFWモハメド・サラーが負傷退場することに。結局、エースを欠いたリバプールは1-3の完敗を喫し、マドリーの3連覇を止めることはできなかった。

▽上記の試合に関して、クロップ監督はセルヒオ・ラモスに対する怒りを露わにしており、先月末には「あいつはレスラーか? 」と揶揄。さらに今月、『Sport1』のインタビューでは以下のように感情を爆発させている。

「手段を選ばずに勝ちたいとは思わない」

「もちろん、チャンピオンズリーグの優勝者になりたかった。もし様々な分別の無い行動が明らかにされていれば、タイトルを渡すことはなかっただろう」

「彼(セルヒオ・ラモス)にそれ(トロフィー返上)を期待しているわけではない。私が望むことは、あのシチュエーションでの自身の判断について彼がもっと考えることだ」

「もしかしたら偶然だったかもしれない。しかし、(モハメド・)サラーは彼のフットボール人生において際立ったフェイズでゲームからつまみ出された。フィールドの中央付近でね」

「大多数の人々は、こういうことは起こると言うだろう。しかし、もしそういったメッセージを僕らが子供たちに送ってしまえば、勝利が全てであり度を超すものはないということになる。そうすれば、私は40年でこの星を去ることを喜ぶだろうね」

「私がグッドルーザーかって? 違うよ。だが、準備段階でラモスについて話す必要があった。彼は前年のユベントス戦でもダイブに(フアン・クアドラードに対する)レッドカード誘発で影響を与えていたからね」

「レアル・マドリーはチャンピオンズリーグの勝者に相応しいし、誰も文句は付けないだろう。しかし、ラモスによるああいったシチュエーションを受け入れるべきだったか? そうじゃないだろう」

▽マドリーというクラブに対してではなく、セルヒオ・ラモスという個人に対する批判を公の場で繰り返しているクロップ。発言力を持っている人物としてはかなり過激なコメントだが、エースのサラーやクラブを愛する故の言動かもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

ベイル、移籍へ! ジダンが明言

レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督がウェールズ代表FWガレス・ベイル(30)の移籍を明言した。スペイン『マルカ』が報じた。 ジネディーヌ・ジダン監督の今夏放出候補筆頭として、長らく注目を集めるベイル。本人は残留の意思を示しているが、それに反して売却を望むレアル・マドリーは他クラブからのオファーを待っているとみられる。 そのベイルは現在、チームの北米ツアーに帯同。だが、日本時間21日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019のバイエルン戦で先発メンバーどころか、ベンチにも入らなかった。 ジダン監督はそのバイエルン戦後、ベイルについて問われると、次のようにコメント。ベイルがレアル・マドリー退団に向かっていることを明らかにした。 「彼を外したのは彼が移籍しようとしているからだ」 「(移籍決定時期? )明日にも決まれば、良いことだ」 「個人的なことじゃない。私とベイルには何もない」 「だが、私は決断する。変化が必要なときが来てきて、全員にとって良いことだ」 「退団は監督の決定であり、選手の決断でもある」 2019.07.21 13:45 Sun
twitterfacebook
thumb

久保建英デビューのレアル・マドリー、バイエルンに3失点敗戦《ICC》

インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019が日本時間21日に行われ、バイエルンがレアル・マドリーを3-1で下した。 今大会初戦となるレアル・マドリーは、FC東京から加入した久保建英は背番号「26」が割り当てられてベンチスタート。セルヒオ・ラモスがレギュラーシーズンさながらの顔ぶれを並べたスタメンにアザールが新戦力で唯一起用され、背番号「50」で新天地デビューを果たした。 対するバイエルンは、このレアル・マドリー戦が今大会2試合目。ゴールゲッターのレヴァンドフスキがベンチスタートになったものの、最後尾のノイアーをはじめ、アラバやチアゴ・アルカンタラ、ミュラーといったチーム屈指の実力者がスターティングメンバーに名を連ねた。 欧州が誇るビッグクラブ同士が相対した一戦は、ボールの主導権が激しく入れ替わる展開のなかで、レアル・マドリーが6分、モドリッチからの縦パスに反応したベンゼマが最終ラインの背後を取り、前がかったGKのポジショニングを確認してチップキックシュート。だが、これを枠に飛ばせない。 レアル・マドリーと互角の戦いを演じるバイエルンは15分、数人によるパス交換でボックス左を抜け出したアラバがゴール前に折り返すと、ファーサイドに詰めたトリッソがプッシュ。ゴールライン際で相手にカバーされたが、トリッソがクリアボールを押し込み、先制に成功する。 ゴールが遠いレアル・マドリーは後半の頭にメンバーの総入れ替えに動き、ヨビッチやロドリゴら新戦力とともに、久保もピッチイン。待望のデビューを果たした久保は左インサイドハーフに入り、キックオフ直後にクロスからいきなりチャンスを作り出すなど存在感を示す。 ヴィニシウスがゴールに迫るなど引き続き攻撃に力を注ぐレアル・マドリーだが、67分に途中出場のレヴァンドフスキが最終ラインからのロングフィードをボックス内で収めて右足シュート。これがレアル・マドリーのゴールネットを揺らして、バイエルンが追加点を挙げる。 その2分後にもゴレツカのアシストからニャブリにゴールを決められたレアル・マドリーは、80分にバイタルエリア左に抜け出したロドリゴがGKウルライヒを一発退場に追い込むファウルを誘い、FKのチャンスを獲得。このFKをロドリゴが直接沈め、1点を返してみせる。 だが、レアル・マドリーは数的優位の状況を生かし切れず、1点を挙げるにとどまり、バイエルンに敗戦。アーセナルとの初戦を落としたバイエルンが今大会初白星を手にしている。 2019.07.21 11:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ネイマールが挙げる“これまで対戦してきた中で最高だと思う選手”は?

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが“これまで対戦した最高の選手”を挙げた。スペイン『マルカ』が伝えている。 これまでサントス、バルセロナ、PSGでプレーし、ブラジル代表でもエースに君臨するネイマール。ここ2シーズンはケガに悩まされているものの、卓越したテクニックと優れた得点感覚で、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシや、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと並ぶ世界最高峰の選手として活躍し続けている。 そのネイマールは、『レッドブル』のイベントに出席した際、これまで対戦してきた中で最高だと思う選手に、レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスの名前を挙げている。 「僕が対戦した最高の選手は、セルヒオ・ラモスだ」 「彼は優れたセンターバック。そして、さらにすごいのは、ゴールも決めれるところだよ」 2019.07.20 15:45 Sat
twitterfacebook
thumb

マルセロ「比較することはできないけど、僕的にはアザールよりネイマールが良い」

レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属する同胞のFWネイマールと、新たにマドリーに加わったベルギー代表MFエデン・アザールについて語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 昨シーズンに無冠という屈辱を味わい、新シーズンでの復権を睨むマドリー。今夏では、アザールやセルビア代表FWルカ・ヨビッチらを獲得し大型補強を敢行しているが、一時はネイマールの獲得も噂されていた。 そんな中、マルセロがネイマールとアザールについて言及。どちらも優れたアタッカーであることを認めるも、個人的には同胞のネイマールを好んでいることを明かした。 「ネイマールは予測不可能な選手だ」 「ディフェンス側が何をしてくるか予想した時、彼はすでに違うことを考えている。守ることは不可能だ」 「ネイマールがマドリーに加入すれば、それはとても嬉しいことだよ。マドリーは世界で最高の選手にサインするためにあらゆることをしなくてはならない。バルセロナでの過去は、問題にならないよ」 「エデンはトッププレーヤーだよ。クオリティの高い選手で、ネイマールのようにトップ5に入るクオリティがあるね。彼は印象的な選手。彼らを比較することはできないけど、僕的にはネイマールのほうが良いね」 2019.07.20 14:40 Sat
twitterfacebook
thumb

レアル移籍のアザールがデビュー戦前に決意! 「感動させたい」

レアル・マドリーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが気持ちを高ぶらせた。スペイン『マルカ』が報じた。 無冠に終わった昨シーズンからの復権を目指して、今夏の移籍市場で積極補強を敢行したレアル・マドリー。その目玉選手であるアザールは、移籍金1億ユーロ(現レートで約120億8000万円)+ボーナス2000万ユーロ(約24億1000万円)ともいわれる高額でチェルシーから念願のレアル・マドリー入団を果たした。 日本時間21にアメリカで行われるインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019のバイエルン戦で新天地デビューが期待されるアザール。その一戦に先駆けたインタビューでこう述べ、決意を新たにした。 「ただの親善試合だけど、僕にとってはレアル・マドリーでのデビュー戦だ。みんなを感動させたい。チームメイトや監督、ファンのために全力を尽くすよ」 「自由にプレーしたい。フットボールだと、それが難しいときもあるけど、僕は自由にプレーできないとダメな類の選手だ」 「左右だけでなく、ときに中央で、本能的にプレーするのが好き。本能的にプレーすることこそ僕のフットボールだ。自分のアクションを注意深く考えたりすることはない。考えは二の次さ」 「レアル・マドリーでのプレーは、毎シーズンのように優勝が求められてくるということ。チャンピオンズリーグで優勝できなければ、ファンは怒る。それは普通のことさ」 「このチームは勝たなくちゃいけない。だから、僕はここにいるんだ」 2019.07.20 11:35 Sat
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース