ブンデス2部降格のHSVがシュツットガルトからマンガラをレンタルで獲得

2018.08.09 03:32 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本人DF酒井高徳、MF伊藤達哉の所属するハンブルガーSV(HSV)8日、シュツットガルトからU-21ベルギー代表MFオレール・マンガラ(20)を1年間のレンタル移籍で獲得した。

▽母国アンデルレヒトの下部組織から2017年6月にシュツットガルトに移籍したマンガラは、同年にプロデビュー。昨シーズンは、ブンデスリーガ20試合に出場していた。

▽また、世代別のベルギー代表経験は豊富で、U-15からU-21に選出されており、これまで通算で49試合に出場し4ゴールを記録している。

関連ニュース
thumb

ボルシアMG、スロバキア代表MFベネスのHSVへの完全移籍を発表

ボルシアMGは23日、スロバキア代表MFラズロ・ベネス(24)が2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)のハンブルガーSV(HSV)へ完全移籍したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までとなる。 2016年の夏に母国スロバキアのジリナから完全移籍でボルシアMGに加入したベネスは、卓越したテクニックと創造性を併せ持つ“ハムシク2世”と評される攻撃的MF。加入後は足の骨折などケガに悩まされたが、2019年1月にレンタル移籍した2.ブンデスリーガのホルシュタイン・キールで結果を残すと、同年夏にボルシアMGに復帰。 復帰初年度の2019-20シーズンはブンデスリーガ22試合に出場したが、昨シーズンは足首のケガで出遅れると、2021年冬にアウグスブルクへレンタル。今シーズンも最期まで定位置を掴むことができず、公式戦14試合に出場にとどまっていた。 2022.06.24 07:30 Fri
twitterfacebook
thumb

1年での昇格を逃したHSV、ウォルター監督は悔しがる「現時点では虚しさしかないし、数日は続くことだろう」

ハンブルガーSV(HSV)のティム・ウォルター監督が、1部昇格を逃してコメントした。クラブ公式サイトが伝えた。 23日、ブンデスリーガの昇降格プレーオフ2ndレグが行われた。 ヘルタ・ベルリンとの1stレグはアウェイながら0-1で勝利していたHSVだったが、この試合では開始早々に失点し追いつかれてしまう。 その後はこう着状態が続いたが、後半にもヘルタが追加点。HSVは盛り返すことができずに0-2で敗れ。2戦合計1-2で昇格を逃していた。 試合後、ウォルター監督は残留を決めたヘルタを祝福。選手たちを誇りに思っていると語った。 「ヘルタにおめでとうと言いたい。今日は細かいことが重要だった」 「勝ったのはより良いチームではなく、より幸せなチームだった。私は、今でも自分のチームをとても誇りに思っている」 「観客とクラブのサポートを得て、我々はシーズンの間に何かを作り上げているが、まだ完成はしていない」 「現時点では虚しさしかないし、ここから数日は続くことだろう」 <span class="paragraph-title">【動画】ハンブルガーSVの1年での1部復帰が阻まれる…</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="dWotIjdKCdo";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.24 11:44 Tue
twitterfacebook
thumb

「彼が提案してきた選手を起用した」逆転での残留を決めたヘルタ、マガト監督は選手の意見を取り入れたことを明かす

ヘルタ・ベルリンのフェリックス・マガト監督が、逆転でのブンデスリーガ残留にコメントした。ブンデスリーガ公式サイトが伝えた。 23日、ブンデスリーガの昇降格プレーオフの2ndレグが行われた。 1stレグではハンブルガーSV(HSV)が1-0で勝利を収めていた中、ヘルタは2点差での勝利が必要となった。 アウェイゲームに臨んだヘルタだったが、開始4分でデドリック・ボヤタがゴール。早い時間帯で2戦合計で同点に追いつき、リラックスした気持ちで臨めることとなった。 その後は1シーズン1部で戦ってきたヘルタがペースを握ると、58分にマルヴィン・プラッテンハールトがゴール。逆転に成功すると、そのまま逃げ切り0-2で勝利し、2戦合計1-2としてヘルタが残留を決めた。 シーズン終盤にチームを率いることとなったマガト監督は残留を受けてコメント。ガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテングの想いに応えたと明かした。 「最初から情熱的なパフォーマンスだった。我々は常にそこにいた。ブンデスリーガに残ることができて嬉しい」 「ケヴィン=プリンス・ボアテングは経験豊富な選手に賭けるべきだという重要な情報を提供してきた」 「私は彼の話を聞き、彼が提案してきた選手を起用した」 また、ドイツ『スカイ・スポーツ』では自身が現役時代にプレーしていたHSVの昇格の道を途絶えさせてしまったことについても言及。また、この試合を最後にチームを去ることを明言した。 「よりによって、私がHSVをブンデスリーガから締め出す手助けをしてしまったというのは、重い気持ちだ」 「プロジェクトはすでに終わっている。私の仕事はリーグにとどまることだった。それは最後の笛であり、今はすべてが順調だ」 <span class="paragraph-title">【動画】ヘルタ・ベルリンが2ndレグで逆転し残留を掴む!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="dWotIjdKCdo";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.24 11:03 Tue
twitterfacebook
thumb

ヘルタがプラッテンハールトの1G1AでHSVに完勝!逆転で1部残留を決める《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ昇格・降格プレーオフ2ndレグのハンブルガーSV(HSV)vsヘルタ・ベルリンが23日に行われ、0-2でヘルタが勝利した。この結果、2戦合計スコア2-1でヘルタが1部残留を決めた。 4日前に行われた1stレグで先勝しホームに帰還した2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)3位のHSVは、大一番に向けて前回対戦と同じスタメンを採用。 一方、背水の陣で大一番に臨むヘルタは、前回対戦からスタメンを3人変更。シュタルクやミッテルシュタット、ヴォルシュレーガーに代えてヨベティッチ、K・ボアテング、アスカシバルをスタメンで起用した。 試合は開始早々にスコアが動く。4分、プラッテンハールトの左CKをゴール正面で競り勝ったボヤタがヘディングで叩き込み、ヘルタが先制に成功した。 幸先良く先制したセルタは、その後も攻勢を続けるがアタッキングサードでの精度、アイデアを欠いて決定機まで持ち込めない。 それでもセルタは31分、ペカリークのパスをボックス右に走りこんだベルフォディルがヒールで落とし、最後は走りこんだトゥザールが左足で狙ったが、シュートはGKフェルナンデスのセーブに防がれた。 ハーフタイムにかけては一進一退の展開が続いたが、両チームともなかなか決定機まで運ぶことが出来ず。前半は0-1で終了した。 2戦合計スコアをイーブンな状態で迎えた後半は、ホームチームがアグレッシブな入りを見せたが、時間の経過と共に前半同様の激しい展開となる。 そんな中、ヘルタはセットプレーから勝ち越しに成功する。63分、ボックス右横からカットインを狙ったベルフォディルが倒されてFKを獲得すると、これをプラッテンハールトが直接左サイドネット突き刺した。 さらにヘルタは、73分にもベルフォディルのパスで抜け出したヨベティッチが、GKとの一対一を迎えたが、シュートはGKフェルナンデスのブロックに阻まれた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指すが、拮抗した展開が続く。試合終盤にはHSVが決死のパワープレーで何とかゴールをこじ開けにかかる中、K・ボアテングを下げてダリダの投入で完全に逃げ切り態勢に入ったヘルタは、最後まで集中した守備を継続。 試合終了間際にはトゥザールが2枚目のイエローカードで退場したが、逃げ切りに成功したヘルタが0-2で勝利。2戦合計スコアで逆転したヘルタが1部残留を決めている。 2022.05.24 05:30 Tue
twitterfacebook
thumb

思わぬスーパーゴールを決め昇格POで先勝したHSV、殊勲のライスは「ゴールはゴールだ」

ハンブルガーSVのMFルドビド・ライスが、ヘルタ・ベルリン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 19日、ブンデスリーガの昇格プレーオフ1stレグが行われた。 ブンデスリーガで16位のヘルタ・ベルリンと、2.ブンデスリーガで3位のハンブルガーSVの試合。ヘルタのホームゲームで行われた試合はこう着状態が続く。 それでも0-0で迎えた57分、左サイドを崩すと、ミロ・ムヘイムのスルーパスに走り込んだライスがボックス左からダイレクトクロス。これがGKの頭上を超えると、右ポストを叩くスーパーゴールとなり、0-1で先勝した。 貴重な勝利を呼び込むゴールを決めたライスは、試合を振り返り、ゴールが決まったことが全てだとして2ndレグに意気込みを語った。 「ゴールはゴールだ。どうやっても良い。ピッチ上ではとても良い気分だった」 「僕たちは最初からそこにしっかりといた。アウェイで戦う上では、それが重要になる。重要な勝利だった」 「良いステップとなったけど、まだ次の試合がある。自分自身に寄り添わなくてはいけない」 「次の試合に向けて、高い集中力を維持しなければいけない。月曜日にも続く!」 <span class="paragraph-title">【動画】決めた本人も驚く、予想外のスーパーゴールで先勝!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="WJKuYTFw868";var video_start = 54;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.20 11:17 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly