マルディーニ氏、9年ぶりの古巣復帰の理由は「ミラン愛。プロジェクトにも納得」

2018.08.07 18:08 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
ミランのレジェンドであるパオロ・マルディーニ氏が幹部として9年ぶりに古巣に復帰した。6日、ミラン本部のあるカーザ・ミランでお披露目会見に出席し、意気込みを語っている。

新生ミランにおいて、スポーツ部門の戦略開発ディレクター務めることになったマルディーニ氏は、オファーを承諾した理由を述べた。また過去には、前体制からも同様の提案を受けていたことを明らかにしている。

「復帰の根底には、ミラン愛がある。サッカー界において選択肢があるとすれば、私にとってはミランもしくはイタリア代表だけだ。これまで話を聞く前に断りを入れたことは一度もない。以前はバルバラ・ベルルスコーニとの話し合いに応じていたが、適切な役割が見つからなかった。それから中国資本とも話をした。今回、新オーナーと話をして、プロジェクトに納得できた。とても嬉しく思っている。レオ(テクニカルディレクターのレオナルド氏)とは友人であり、これまで多くのことを共有してきた。もちろん彼と特徴は違うが新たな経験を積むにあたり、お互いで補い合っていきたい」

■名門ミランの復活を願うマルディーニ氏また役職について、自身で説明をつけ加えた上で、責任の重さを実感している。

「下部組織やトップチーム、それにメルカート、さらに監督との橋渡しも務める。レオが行うことは、私も担当し、スポーツ部門全体で共有する。自分がかつて成長し、夢を実現した古巣へ戻ることは素晴らしいが、任務の重みを感じている。(引退した)2009年から技術や戦術面で大きな変化はないと思う。チームは2年連続で6位に終わっているが、改善できるよう努めたい。まずチームへの帰属意識、忠誠心を植え直し、共通の目標のために戦っていくことを確認したい。メディアに対する選手の対応も完全に変えていく方針だ」

さらにミラン指揮官を務める元同僚のジェンナーロ・ガットゥーゾともすでに挨拶を交わしたことを明かしている。

「挨拶はしたし、まもなく会うつもりだ。彼は全く、落ち着いていることができない。前より酷くなったよ()。我々が彼を落ち着かせないとね。続投には疑問の余地はなかった。これから話をして、どんな要望があるのか聞いていきたい」


提供:goal.com

関連ニュース
thumb

イブラヒモビッチが復帰に前進! グループ練習に部分合流

ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがチームの練習に合流したようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 昨年5月に受けた左ヒザの手術で全治7~8カ月と見通され、今季のここまで出場なしが続くイブラヒモビッチ。今季も折り返し地点を過ぎ、ファンから復帰の瞬間が待たれるなか、それに向かって前進したという。 まだ練習の最初に部分合流したに過ぎないが、3日からグループの輪に。その後、個人のプログラムに移ったが、本格合流に近づき、今月中旬に予定するトリノか、モンツァ相手のセリエAで復帰を目指しているようだ。 ミランは今年に入っての公式戦6試合でわずか1勝で、王者として迎えた今季のセリエAでも先日に順位も2位から5位に後退。良き兄貴的存在のイブラヒモビッチが復帰となれば、チームにとって良い刺激になりそうだが、果たして。 2023.02.04 14:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ミランがCLノックアウトラウンド登録メンバー発表、イブラヒモビッチやデストが選外

ミランは3日、チャンピオンズリーグ・ノックアウトラウンドの登録メンバーを発表した。 決勝トーナメント1回戦に進出しているミランは、14日にトッテナムとの1stレグを控える。ヒザの負傷から回復途中のFWズラタン・イブラヒモビッチや、控え右サイドバックに甘んじているDFセルジーニョ・デストがメンバー外となっている。 またふくらはぎの負傷から回復途中のGKマイク・メニャンも選外となっているが、トッテナム戦前日までメンバー変更が可能とのことで守護神が出場できる可能性があるようだ。 2023.02.03 22:45 Fri
twitterfacebook
thumb

バカヨコ、アダナ・デミルスポルからの再オファーも拒否しミラン残留を決断

今冬での移籍が噂された元フランス代表MFティエムエ・バカヨコ(28)が、ミラン残留を決断したようだ。 2021年夏にチェルシーからのレンタルでミランへと復帰したバカヨコ。前回の在籍時は主力としてプレーしたが、2度目の加入後はパッとせず、今季に至っては一度もプレーしていない。 完全な構想外と見なされるバカヨコだが、同選手の契約には買い取りオプションが付随しており、今季15試合の出場かつ、45分以上のプレーが達成された場合は、買い取り義務が発生するという。 それを回避したいミランは、昨夏に引き続き、今冬にも放出を画策。これまでリヨンやクレモネーゼ、アダナ・デミルスポルなどから興味を集めていたが、いずれオファーもバカヨコ側が拒否していた。 そんな中、移籍市場に精通するジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によれば、まだバカヨコの獲得を諦めていないアダナ・デミルスポルが2度目の正式オファーを提示したが、このオファーも選手側に拒否されたとのこと。 同氏によれば、バカヨコはミランで今シーズンの残りを見届けることを望んでおり、残留する決断を下したとのこと。なお、ミランではすでに構想外となっていることからシーズン終了後は2024年まで契約の残っているチェルシーへ復帰することが濃厚となっている。 2023.02.03 07:15 Fri
twitterfacebook
thumb

低迷エバートン、移籍市場最終日にジルーへオファーを出していた

プレミアリーグで19位に低迷するエバートンだが、移籍市場でも苦戦を強いられていたようだ。 昨年1月からのフランク・ランパード体制を継続して迎えた今季のエバートンは、開幕から6戦未勝利に3度の3連敗と早くもボロボロの状態でシーズンを折り返した。ここ8試合は未勝利が続いており、直近のウェストハム戦の敗戦を受けてついにランパード監督を解任した。 後任に元バーンリーのショーン・ダイチを招聘することに成功したが、移籍市場では尽く失敗に終わっている。同クラブとの関連が伝えられたのは、チェルシーのコナー・ギャラガーやハキム・ツィエク、レンヌのカマルディーン・スレマナ、ビジャレアルのアルノー・ダンジュマといったところだが、チェルシーの両選手は残留、スレマナはサウサンプトンへ移籍、ダンジュマに至ってはメディカルチェックまで済んでいたところをトッテナムに強奪された。 そんなエバートンが最後に獲得を試みたのは、ミランのオリヴィエ・ジルー。イタリア『カルトメルカート』によれば、半シーズンで300万ポンド弱の給与と、残留した場合に発生する200万ポンド弱のボーナスを条件にオファー。さらに、残留した場合、来季以降は年俸740万ポンドを準備するとも。 しかし、元チェルシーFWにプレミアリーグ復帰の意思は毛頭なく、検討する余地もなく断ったという。そのため、クラブ間交渉にも発展せず、エバートン の思惑は脆くも崩れ去ったようだ。 結局、この冬は一人の補強もできなかったエバートンだが、一方で逸材のアンソニー・ゴードンをニューカッスルに引き抜かれており、まさかの戦力ダウンとなってしまった。 2023.02.01 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ミランとレオンの交渉が破断に? 契約解除金を巡って双方に隔たり

ミランとポルトガル代表FWラファエル・レオン(23)の契約延長交渉が破断となったようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 2024年6月までとなっている契約を巡って、長らく延長交渉が伝えられている両者。2019年夏にリールから3000万ユーロの移籍金で加入したレオンは、1年目から主力として活躍し、昨季はスクデット獲得に大きく貢献した。 そんな23歳にはバルセロナやパリ・サンジェルマン、マンチェスター・シティなど錚々たるビッグクラブからの関心が伝えられている一方、本人はミラン残留を希望しているとも。移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏も、ミランは700万ユーロの年俸を用意し、契約更新をまとめにかかったと報じていた。 現在の年俸が150万ユーロであることを考えると即決のオファーだが、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、契約解除金を巡って対立したようだ。解除金を1億5000万ユーロに設定したいミランに対し、レオン側はその半分を希望したとのこと。 問題が解除金であれば両者歩み寄れる余地がありそうだが、果てしてどういった決着となるだろうか。 2023.01.31 18:35 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly