モロッコ代表MFファジル、2014年以来のリーグ・アン復帰が決定! 3年契約を締結

2018.08.04 01:05 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カーンは3日、ヘタフェからモロッコ代表MFファイサル・ファジル(30)を完全移籍で獲得した。契約年数は2021年までの3年間となる。

▽2006年にオワセルでプロデビューしたファジルは、エトワールFCを経て、2011年の夏にカーンへ移籍。カーンでは在籍3年間で公式戦89試合で17ゴール23アシストをマーク。

▽その後、活躍の場をスペインに移したファジルは、エルチェやデポルティボを経て、昨夏にヘタフェへ移籍。昨シーズンはリーグ戦31試合を含む公式戦33試合に出場していた。
▽モロッコとフランスの二重国籍を持つファジルは、2015年11月にモロッコ代表デビュー。今夏のロシア・ワールドカップの招集メンバーにも選ばれ、グループステージ2試合に出場した。

関連ニュース
thumb

リーズ、ユベントスからアメリカ代表MFマッケニーを買取OP付きのレンタル移籍で獲得

リーズ・ユナイテッドは30日、ユベントスからアメリカ代表MFウェストン・マッケニー(24)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。背番号は「28」を着用する。 2021年夏にシャルケからユベントスへ加入したマッケニーは、複数ポジションをこなせるユーティリティ性の高さでチームを支え、公式戦90試合以上に出場。今季もここまで公式戦21試合に出場して3得点2アシストを記録していた。 また、41キャップを誇るアメリカ代表では、リーズに所属するMFブレンデン・アーロンソン、MFタイラー・アダムスと共に昨年末に行われたカタール・ワールドカップにも出場。全4試合に出場しチームのベスト16進出に貢献した。 なお、クラブは2月5日に行われるノッティンガム・フォレスト戦でマッケニーがプレミアリーグデビューする可能性を示唆している。 2023.01.31 07:01 Tue
twitterfacebook
thumb

リーベル・プレート、エバートンとの契約を解除したベネズエラ代表FWロンドンを獲得

リーベル・プレートは30日、ベネズエラ代表FWサロモン・ロンドン(33)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2025年12月末までとなる。 かつてマラガやゼニト、ニューカッスルなどで活躍したロンドンは、一時中国を活躍の舞台としたが、ニューカッスル・ユナイテッド時代からの恩師であるラファエル・ベニテス氏の誘いもあって、2021年夏にエバートン入り。 通算167試合36ゴールの数字を残すプレミアリーグに舞い戻った大柄ストライカーだが、自身を呼び寄せたベニテス氏が成績不振により、わずか半年で解任され影響もありエバートンでは通算31試合出場で3ゴールにとどまっていた。 今季はエースのFWドミニク・キャルバート=ルーウィンがケガで不在の中始まったが、公式戦8試合に出場してノーゴールに終わっていた。エバートンとの契約は今季終了までとなっていたロンドンだが、昨年12月17日に双方合意の下で契約を解除していた。 2023.01.31 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

低迷するバレンシアがガットゥーゾ監督の解任を発表

バレンシアは30日、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督(45)を解任したことを発表した。 スイスのシオンで監督キャリアをスタートさせ、パレルモやピサを経て、ミランやナポリといったセリエAの強豪を指揮したガットゥーゾ監督は、昨季限りで解任となっていたホセ・ボルダラス前監督の後任として、昨年6月に就任。 その新体制では、リーグ開幕5試合で3敗とスタートダッシュに失敗すると、ラ・リーガ前半戦を終えた時点で自動降格圏の18位カディスと1pt差の14位と低迷。また、直近の3試合ではカディス、アルメリア、バジャドリーと残留を争うクラブを相手に1分け2敗と未勝利に終わっていた。 バレンシアは解任したガットゥーゾ監督に対して「クラブはこの数ヶ月間トップチームの指揮を執った同監督の献身的な努力に感謝するとともに、同監督の今後の活躍を祈っている」と、感謝の声明を発表している。 なお、後任決定まではチームマネージャーのサルバドール・ゴンサレス氏が暫定監督を務めるとのことだ。 2023.01.31 06:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ナント、ニースからアルジェリア代表FWドゥロールを買取義務付きのレンタル移籍で獲得

ナントは30日、ニースに所属するアルジェリア代表FWアンディ・ドゥロール(31)を買取義務付きのレンタル移籍で獲得した。また、買い取り後は2025年6月30日までの契約を結ぶとのことだ。なお、背番号は「99」を着用する。 ナントへの加入が決まったドゥロールは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「とても嬉しいよ。新しいチームメイトと一緒に練習できることを、10日間待っていたんだ。まるで新学期を迎えた子供のように、今朝はとても早起きして準備に取り掛かりました。一緒にプレーしたことのある選手や、何度か対戦したことのある選手が多くいたんだ。彼らは僕を歓迎してくれた。ナントの選手としてこのスタジアムでプレーすることを、今からとても楽しみにしているよ」 これまでカーンやトゥールーズなどフランスのクラブやイングランドのウィガンを渡り歩いてきたドゥロール。豊富な運動量とスピード、身体能力、決定力を武器とする万能型ストライカーは、2020-21シーズンに所属したモンペリエでリーグ・アン30試合で15ゴール10アシストの数字を残し、リーグ屈指のアタッカーとの評価を確立。 この活躍が認められ、2021年の夏にニースへ完全移籍すると、昨季はエースとして公式戦40試合で20ゴール5アシストを記録。今季もリーグ・アン14試合で6ゴール1アシストをマークしていたが、第11節以降の出場はわずか3試合で36分のプレーにとどまっていた。 2023.01.31 02:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ブレーメン、ヴォルフスブルクで構想外のFWフィリップをレンタル移籍で獲得

ブレーメンは30日、ヴォルフスブルクからドイツ人FWマクシミリアン・フィリップ(28)を今季終了までのレンタル移籍で獲得した。背番号は「17」を着用する。 ブレーメンへの移籍が決まったフィリップは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ヴェルダーは素晴らしいクラブだ。ここでプレーできるタスクとチャンスを楽しみにしている。チームを助けたいし、多くの出場時間を得たい。熾烈なポジション争いがあることはわかっているが、僕はそれに挑み、クラブがこの素晴らしいサッカーを今後も続けていけるよう、少しでも力になりたいと思っているよ」 かつてフライブルクやドルトムント、ディナモ・モスクワでプレーしたフィリップは、2020年の夏にヴォルフスブルクへレンタルで加入すると、ブンデスリーガ24試合に出場し6ゴール2アシストを記録。 この活躍が認められ、翌年の夏に完全移籍すると昨季は準主力として公式戦25試合に出場。しかし、今季は昨夏に就任したニコ・コバチ監督の構想外となっており、ここまでブンデスリーガ3試合でわずか115分の出場にとどまってた。 2023.01.31 01:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly