予選1回戦1stレグが開催! セルティック先勝、横浜FMから加入のデゲネクがベンチ入りしたレッドスターはドロー《CL》

2018.07.12 09:53 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽10日、11日にかけて、2018-19シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ予選1回戦1stレグが行われた。

▽予選1回戦には32クラブが出場。セルティック(スコットランド)やレッドスター・ベオグラード(セルビア)、レギア・ワルシャワ(ポーランド)、ルドゴレツ(ブルガリア)、 APOEL(キプロス)など欧州カップ戦の常連チームが登場した。

▽10日に行われた試合では、セルティックがアラシュケルト(アルメニア)とアウェイで対戦。0-3で快勝している。
▽また、11日にはレッドスターがアウェイでスパルタク・ユルマラ(ラトビア)と対戦。試合は0-0のゴールレスドローで終わった。なお、横浜F・マリノスからレッドスターに移籍加入したオーストラリア代表DFミロシュ・デゲネクは早速ベンチ入りしたものの、出場機会はなかった。

▽その他、レギア・ワルシャワはコーク・シティ(アイルランド)に0-1で勝利。ルドゴレツはホームでクルセイダーズに7-0と快勝。APOELはアウェイでFKスドゥバ・マリヤンポレ(リトアニア)と対戦し、3-1で敗れている。

▽なお、2ndレグは17日、18日に行われる。1stレグの結果は以下のとおり。

フローラ(エストニア) 1-4 ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル)
トルペド・クタイシ(ジョージア) 2-1 シェリフ(モルドバ)
アラシュケルト(アルメニア) 0-3 セルティック(スコットランド)
バイキングル・ゴツ(フェロー諸島) 1-2 HJKヘルシンキ(フィンランド)
F91デュドランジュ(ルクセンブルク) 1-1 ヴィデオトン(ハンガリー)
シュケンディヤ(マケドニア) 5-0 ザ・ニュー・セインツ(ウェールズ)
コーク・シティ(アイルランド) 0-1 レギア・ワルシャワ(ポーランド)
ドリタ(コソボ) 0-3 マルメ(スウェーデン)
アスタナ(カザフスタン) 1-0 スティエスカ・ニクシッチ(モンテネグロ)
スパルタク・トルナヴァ(スロバキア) 1-0 スリニスキ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
スパルタク・ユルマラ(ラトビア) 0-0 レッドスター・ベオグラード(セルビア)
FKスドゥバ・マリヤンポレ(リトアニア) 3-1 APOEL(キプロス)
ククス(アルバニア) 0-0 バレッタ(マルタ)
ルドゴレツ(ブルガリア) 7-0 クルセイダーズ(北アイルランド)
オリンピア・リュブリャナ(スロベニア) 0-1 カラバフ(アゼルバイジャン)
ヴァルル・レイキャヴィーク(アイスランド) 1-0 ローゼンボリ(ノルウェー)

関連ニュース
thumb

ファンに愛されている証拠!ゴール直後の古橋と観客がシンクロした1枚が反響「めっちゃいい写真」

セルティックの日本代表FW古橋亨梧がファンに愛されている。 5日、スコティッシュ・プレミアシップ第25節でセント・ジョンストンとアウェイで対戦したセルティック。古橋はFW前田大然、MF旗手怜央とともに先発した。 試合は、13分に古橋のクロスが相手に当たってのオウンゴールでセルティックが先制。さらに22分にFWジョタのボックス右からのグラウンダーのクロスを古橋が落ち着いてトラップ。素早くゴールへと蹴り込んだ。 古橋にとっては、前節のリヴィングストン戦に続いて今シーズンのリーグ戦19点目。セルティックも1-4で大勝を収めた。 試合後、古橋は自身のSNSを更新。「最高のセルティック」のコメントとともに添えられたのは、ゴール直後にスタンドに向かって十八番のキノコポーズを披露した古橋と、観客席の男性がシンクロしているような写真だった。ファンも「めっちゃいい写真」と反応している。 リーグ首位を快走するセルティックでゴールを量産している古橋。得点ランキングでもトップに立っており、がっちりとファンの心を掴んでいるようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】ゴール直後の古橋と観客が完全にシンクロ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CoSuxJMs1xd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CoSuxJMs1xd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CoSuxJMs1xd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">古橋亨梧/Kyogo Furuhashi(@kyogo_furuhashi)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】古橋亨梧、落ち着いたトラップから今季22点目</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">After a quick VAR check, Kyogo&#39;s goal is confirmed and Celtic&#39;s lead is doubled! <a href="https://t.co/M7LUUvKI52">pic.twitter.com/M7LUUvKI52</a></p>&mdash; Sky Sports Scotland (@ScotlandSky) <a href="https://twitter.com/ScotlandSky/status/1622210322273542145?ref_src=twsrc%5Etfw">February 5, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.06 12:00 Mon
twitterfacebook
thumb

「クオリティはゲーム全てにある」ポステコグルー監督が欧州主要リーグ日本人最多ゴールの古橋亨梧を称える「ゴールはその彼の功績」

セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督が、FW古橋亨梧を称えた。クラブ公式サイトが伝えた。 5日、セルティックはスコティッシュ・プレミアシップ第25節でセント・ジョンストンとアウェイで対戦した。 リーグ戦4連勝中のセルティック。この試合も古橋の他、FW前田大然、MF旗手怜央が先発出場。DF小林友希、DF岩田智輝はベンチスタートとなった。 前節のリヴィングストン戦でもゴールを決めている古橋。リーグ得点ランキングでトップに立つ中、この試合は13分に古橋のクロスから相手のオウンゴールが生まれる。 すると22分、ボックス右でジョタが仕掛けると、相手を抜き切らずにグラウンダーのクロス。これが相手に当たってコースが変わるも、ボックス内で古橋が落ち着いてトラップ。素早くゴールへと蹴り込んだ。 これで今シーズンのリーグ戦19点目。2020-21シーズンにパルチザン・ベオグラードで18ゴールを記録していたFW浅野拓磨(ボーフム)を抜き、ヨーロッパの主要リーグで日本人選手最多のゴール記録を樹立した。 セルティックはその後に2点を追加し、1-4で勝利を収めている。 ポステコグルー監督は、古橋について言及。ゴールを量産していることだけでなく、試合全てにおける貢献が結果としてゴールに結びついていると語り、称えた。 「キョウゴのクオリティは最後の仕上げだけでなく、ゲームにもたらす全てのものにある」 「彼は常に動き、今日は彼が重要になると思っていた。なぜなら、ピッチが狭く、あまりワイドにスペースは取れないと思っていた。彼を通してリンクすることができていた」 「彼とアーロン(・モーイ)は上手くリンクし、ジョタはその近くにいた。それが見られて良かった」 「彼が自信を失ったことは一度も無いと思うし、ゴールを決めていない時期もほとんどない。我々にとって重要なのは、彼の全体的な貢献だ」 「絶対にチームのために全力を尽くす以外に考えることは決してない。ゴールは彼がチームのために努力し、本当に本当に懸命に働いた結果だ。それは彼の功績だ」 <span class="paragraph-title">【動画】古橋亨梧、欧州主要リーグで日本人最多の19点目となった技ありゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="JFR-kJOf8S0";var video_start = 66;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.06 09:45 Mon
twitterfacebook
thumb

古橋のリーグ3戦連発弾などで快勝のセルティックがリーグ5連勝!《スコティッシュ・プレミアシップ》

セルティックは5日、スコティッシュ・プレミアシップ第25節でセント・ジョンストンと対戦し4-1で勝利した。 セルティックのFW古橋亨梧は79分までプレー、FW前田大然は69分までプレー、MF旗手怜央は69分までプレー、DF岩田智輝、DF小林友希はベンチ入りも出場せず、MF井手口陽介は欠場となった。 前節7試合ぶりの勝利で連敗を止めた8位セント・ジョンストンに対し、古橋、前田、旗手を先発で起用したセルティックは13分に先制する。ムーイのパスでボックス右に抜け出した古橋の折り返しがブロックに戻ったコンシダインのオウンゴールを誘発した。 幸先良く先制したセルティックは、22分にもムーイのロングパスを右サイドで受けたジョタがドリブルでボックス右まで切り込み折り返しを供給。これをのクロスをニアに走りこんだ古橋がワントラップから難なくゴール右隅に流し込んだ。 セルティックは直後の26分に旗手のボールロストからライトに狙いすましたロングシュートを決められ、1点を返されたがすぐに反撃。すると38分、古橋のパスをペナルティアーク手前で受けたジョタがゴール前にループパスを供給。これを収めたムーイが飛び出したGKを見て冷静にループシュートでゴールネットを揺らした。 迎えた後半は立ち上がりからセルティックが主導権を握るも、なかなかシュートまで持ち込めない時間が続く。するとセルティックは、69分に旗手と前田を下げてオライリーとアバダを投入。75分にはジョタの左クロスをボックス内で収めたアバダにチャンスが訪れたが、シュート枠を大きく外した。 その後、79分に古橋を下げたセルティックは、試合終了間際のアディショナルタイム2分にボックス手前で獲得すると、キック精度の高いオライリーはシュートを放たずにトリックプレー。この横パスをペナルティアーク左のターンブルがダイレクトで合わせると、低弾道のシュートがゴール左隅に突き刺さった。 結局、試合はそのまま4-1でタイムアップ、セルティックがリーグ戦5連勝を飾っている。 セント・ジョンストン 1-4 セルティック 【S・ジョンストン 】 ライト(前26) 【セルティック】 OG(前13) 古橋亨梧(前22) ムーイ(前38) ターンブル(後48) 2023.02.05 23:02 Sun
twitterfacebook
thumb

好調の古橋亨梧が今季22点目、リーグでは19点目! コース変わるも冷静トラップから素早く打ち込む!

セルティックのFW古橋亨梧が止まらない。 5日、セルティックはスコティッシュ・プレミアシップ第25節でセント・ジョンストンとアウェイで対戦した。 リーグ戦4連勝中のセルティック。この試合も古橋の他、FW前田大然、MF旗手怜央が先発出場。DF小林友希、DF岩田智輝はベンチスタートとなった。 前節のリヴィングストン戦でもゴールを決めている古橋。リーグの得点ランキングも18ゴールでトップに位置している。 セルティックは、13分に相手のオウンゴールで先制すると、22分に古橋が魅せる。 ボックス右でジョタが仕掛けると、相手を抜き切らずにグラウンダーのクロス。これが相手に当たってコースが変わるも、ボックス内で古橋が落ち着いてトラップ。素早くゴールへと蹴り込んだ。 これで今シーズンのリーグ戦19点目。公式戦では22点目のゴールとなりチームを牽引。試合は前半を終えて1-3でセルティックがリードしている。 <span class="paragraph-title">【動画】古橋亨梧、落ち着いたトラップから今季22点目</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">After a quick VAR check, Kyogo&#39;s goal is confirmed and Celtic&#39;s lead is doubled! <a href="https://t.co/M7LUUvKI52">pic.twitter.com/M7LUUvKI52</a></p>&mdash; Sky Sports Scotland (@ScotlandSky) <a href="https://twitter.com/ScotlandSky/status/1622210322273542145?ref_src=twsrc%5Etfw">February 5, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.05 22:10 Sun
twitterfacebook
thumb

浦和行きも報じられたギアクマキス、アトランタ移籍に向けメキシコ渡航か?

浦和レッズ移籍も取りざたされたセルティックのギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキス(28)だが、やはりアトランタ・ユナイテッドに加わるようだ。 2021年夏にVVVフェンロからセルティックへと加入したギアクマキス。2021-22シーズンは公式戦29試合で17ゴールを記録し、FW古橋亨梧と共にチームを牽引。しかし、今シーズンは公式戦28試合で9ゴール1アシストを記録と控えに回ることが多く、移籍の噂が浮上。 今冬の移籍市場では、浦和レッズが獲得に動き、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のアトランタも応戦。先月末には浦和のメディカルチェックに合格したという報道が出た一方で、アトランタが完全移籍のオファーを出したという報道も出ており、両クラブの争いが続いているとされていた。 そんな中、移籍市場に精通するイタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、ギアクマキスのアメリカ移籍が間もなく正式決定するという。 アトランタは430万ポンド(約7億円)の移籍金でセルティックと合意。ギアクマキスは現在、アトランタがプレシーズンキャンプを実施しているメキシコに代理人と共に渡航しており、メディカルチェック受診後に延長オプション付きの3年契約にサインするとのことだ。 2023.02.05 06:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly