親日家ピケの妻・歌姫シャキーラ、母国コロンビアが日本に敗れてブロークンハート

2018.06.20 05:21 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
スペイン代表DFジェラール・ピケの妻であり、世界的歌手のシャキーラが、ロシア・ワールドカップで母国コロンビアが日本に敗れたことに失意を表した。

楽天の三木谷浩史会長兼社長の友人で、親日家として知られるピケの伴侶シャキーラ。それでも、もちろんこの日本とコロンビアの試合では母国を応援していた。試合前、『ツイッター』でピケとの間にもうけた二人の息子ミラン、サシャにコロンビアのユニフォームを着せた写真を公開して、「行くわよ、コロンビア!」とつぶやいている。

結局、試合は2-1で日本が勝利。その直後にシャキーラが『ツイッター』で見せたリアクションは、簡潔にして明確なもの。割れたハートの絵文字だけを記して、その気持ちを表現している。

コロンビアにとっては予期していなかったであろう日本戦の敗北だが、世界の歌姫も傷心のようである。


提供:goal.com

関連ニュース
thumb

リーズがコロンビア代表FWシニステラ獲得に接近? フェイエノールトは42億円前後を要求か

フェイエノールトのコロンビア代表FWルイス・シニステラ(23)に対し、リーズ・ユナイテッドなどが関心を寄せているようだ。 シニステラは2018年夏に母国のオンセ・カルダスからフェイエノールトへと加入した左ウイングを本職とするスピードスター。昨季は公式戦通算49試合23得点14アシストを記録するなど、絶対的エースとしてチームを牽引した。 昨季終盤にはナポリが関心を寄せているとも報じられていたが、オランダ『テレグラーフ』によると、現在ではプレミアリーグへのステップアップが濃厚と目されており、エバートンとリーズが獲得に本腰を入れているとのことだ。 エバートンはこれまで攻撃の核として活躍したブラジル代表FWリシャルリソン(25)が、移籍金6000万ポンド(約82億円)でトッテナムへ移籍。一方のリーズも、同じくブラジル代表のFWハフィーニャ(25)の移籍が盛んに報じられており、エバートン同様に高額な移籍金収入が見込まれている。 現時点でシニステラ獲得により近いのがリーズとのことで、『テレグラーフ』は、リーズがハフィーニャを売却して移籍金を得た場合は、その大部分をシニステラにあてるだろうと分析。フェイエノールトは自分たちのエースを狙うクラブの足元を注意深く観察しており、3000万ユーロ(約42億円)前後を要求するものと考えられている。もし交渉が成立した場合は、フェイエノールト史上最高額の移籍となる可能性が高い。 2022.07.04 21:44 Mon
twitterfacebook
thumb

コロンビアとの天王山に敗れたU-19日本代表は準決勝進出ならず…《モーリス・レベロトーナメント》

U-19日本代表は6日、モーリス・レベロトーナメント(旧トゥーロン国際大会)でU-19コロンビア代表と対戦し、1-2で敗戦した。 2023年のFIFA U-20ワールドカップ(W杯)出場を目指すU-19日本代表にとって試金石となる今大会。前節のコモロ代表をPK戦の末に敗れ、1勝1敗の2位で迎えた日本は、同勝ち点で並ぶ首位に立つコロンビアとの一戦に臨んだ。 グループ首位通過へ負けられない日本は、コモロ戦の先発からGK木村凌也、DF中野伸哉、MF山根陸、MF屋敷優成以外の7人変更。DF高井幸大、MF佐野航大、FW坂本一彩の3選手が今大会初出場を飾った。なお、新型コロナウイルス陽性判定の冨樫剛一監督が不在となった中、船越優蔵コーチが引き続き暫定指揮官を務めた。 ◆U-19日本代表(スターティングメンバー) GK:木村凌也(日本大) DF:屋敷優成(大分)、高井幸大(川崎U-18)、田中隼人(柏)、中野伸哉(鳥栖) MF:宇野禅斗(町田)、 MF:北野颯太(C大阪)、佐野航大(岡山)、山根陸(横浜FM)、山崎太新(筑波大) FW:坂本一彩(G大阪) 前節の[4-4-2]から[4-1-4-1]へ布陣を変えて臨んだ日本は4分、佐野のスルーパスで右サイド深くまで抜け出した坂本の折り返しを走りこんだ北野がダイレクトで合わせたが、シュートはわずかにゴール右に逸れた。 以降は徐々にボールの主導権を握った日本が比較的容易にアタッキングサードまでボールを運ぶが、相手の集中した守備を前になかなか決定機まで持ち込めない。 クーリングブレイク後も押し込む日本だが、不用意なミスからピンチを迎える。36分、GK木村凌也のクリアミスをボックス右手前でカスティージョにカットされると、そのままボックス右まで持ち込まれて右足のシュートを許す。しかし、これは右ポストを直撃し難を逃れた。 ピンチを凌いだ日本は、前半アディショナルタイム1分に中盤でパスカットからショートカウンターを仕掛けると、佐野のスルーパスからボックス左に侵入した坂本が切り返しでマークを振り切りシュート。しかし、これは左サイドネットに外れた。 ゴールレスで迎えた後半、中野を下げて松田隼風を投入した日本だが、開始早々に失点を許す。47分、敵陣からのロングフィードを高井が中途半端なクリアで対応すると、ボックス左でボールをカットしたカペサスがマイナスへ折り返しを供給。ペナルティアークに走りこんだプエルタスのシュートは、ブロックに入った松田に当たり、そのままゴール左に吸い込まれた。 先制を許した日本は、60分に山根と山崎を下げて中村仁郎と升掛友護を投入。しかし、日本は直後に再び失点する。61分、バイタルエリア中央でボールキープしたルナの落としを受けたプエルタスがワンタッチで縦につけると、ボックス内でパスを受けたカペサスが左足のシュートをゴール左に突き刺した。 何とか反撃に転じたい日本は、72分に坂本と佐野を下げて二田理央と福井太智をピッチに送り出したが、アンヘルを前線に残して堅守速攻を徹底するコロンビアを崩しきれずに時間が経過。 それでも日本は88分、果敢にドリブルで仕掛けた松田がボックス左でオラヤに倒されPKを獲得。このPKを中村がゴール右に決め、1点を返したが反撃はここまで。試合はそのまま1-2でコロンビアが勝利。 この結果、コロンビアが首位で決勝トーナメントに進出。1勝2敗の日本は順位決定戦に回ることとなった。 U-19日本代表 1-2 U-21コロンビア代表 【日本】 中村仁郎(後44[PK]) 【コロンビア】 プエルタス(後2) カペサス(後半16) ◆U-19日本代表 GK:木村凌也(日本大) DF:屋敷優成(大分)、高井幸大(川崎F)、田中隼人(柏)、中野伸哉(鳥栖)[→松田隼風(水戸)] MF:宇野禅斗(町田)、 MF:北野颯太(C大阪)、佐野航大(岡山)[→福井太智(鳥栖)]、山根陸(横浜FM)[→中村仁郎(G大阪)]、山崎太新(筑波大)[→升掛友護(柏)] FW:坂本一彩(G大阪)[→二田理央(ヴァッカー・インスブルック)] 2022.06.06 23:10 Mon
twitterfacebook
thumb

W杯出場逸のコロンビア、ペケルマンの元右腕を新監督に任命!

コロンビアサッカー連盟(FCF)は3日、アルゼンチン人のネストル・ガブリエル・ロレンツォ氏(56)をコロンビア代表の新監督に任命したことを発表した。 コロンビア代表は、カタール・ワールドカップ出場を逃したことで、昨年1月におよそ14年半ぶりにコロンビア代表指揮官に就任したレイナルド・ルエダ監督を解任した。監督本人も「W杯出場逸はコロンビアサッカーにとって恥だ」と発言しており、双方合意のもとで袂を分かつことになった。 そして、後任に指名されたのは、現役時代にはサン・ロレンツォやボカ・ジュニアーズでプレーし、アルゼンチン代表としても13試合の出場歴を持つネストル・ロレンツォ氏だ。 同氏は2006年のドイツW杯でアルゼンチン代表のアシスタントコーチを務めたのち、メキシコのトルーカやティグレスでもアシスタントコーチを歴任。また、2012年から2019年にかけてはコロンビア代表でホセ・ペケルマン氏の下で同役職を務めた。 2021年にはペルーのメルガールで初めて監督に就任。1年目をリーグ戦4位で終えると、2022シーズンはここまで11勝1分け3敗で首位に立っていた。この度その手腕が評価され、引き抜かれる形で大役を担うことになった。 なお、契約はカナダ、メキシコ、アメリカで共同開催される2026年のW杯まで。コロンビア代表は5日にサウジアラビア代表との親善試合が控えているが、ネストル・ロレンツォ監督が指揮するかどうかは明らかにされていない。<span class="paragraph-title">【写真】ネストル・ロレンツォ新監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">OFICIAL<br><br>Néstor Lorenzo es el nuevo DT de Colombia. <a href="https://t.co/mjeRYM3jqx">pic.twitter.com/mjeRYM3jqx</a></p>&mdash; VarskySports (@VarskySports) <a href="https://twitter.com/VarskySports/status/1532513611834441729?ref_src=twsrc%5Etfw">June 3, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.03 19:30 Fri
twitterfacebook
thumb

W杯出場逃したコロンビア代表、レイナルド・ルエダ監督が退任

コロンビアサッカー連盟(FCF)は18日、レイナルド・ルエダ監督(65)の退任を発表した。 昨年1月に、およそ14年半ぶりにコロンビア代表指揮官に就任したルエダ監督。同年のコパ・アメリカでは3位に導いたものの、カタール・ワールドカップの南米予選では6位で本戦出場を逃し、「目標を達成できなかったことは、コロンビアサッカー界にとっての恥だ」とし、無念の思いを口にしていた。 また、同時に去就について「我々の契約がワールドカップの出場権を得ることを条件としていたことは明白だ」と、退任を示唆する発言も残していた。 そして、この度FCFは、ルエダ氏を監督およびテクニカル・ディレクターの職から外すことを発表。双方合意の下での決定であることを明らかにしている。 コロンビア人指揮官のルエダ監督はこれまでに、2004〜2006年の間に指揮したコロンビア代表をはじめ、ホンジュラス代表やエクアドル代表など、主に中南米のナショナルチームを歴任。2018年1月にはチリ代表監督に就任し、2019年のコパ・アメリカで4位という成績を残した。 だが、今回の南米予選では、最初の4試合で4ポイントしか獲得できず、2021年1月に解任されていた。 2022.04.19 13:30 Tue
twitterfacebook
thumb

レアルでもプレーしたコロンビア代表のレジェンドFWが交通事故で他界…外傷性脳損傷の重傷

かつてコロンビア代表としても活躍したフレディ・リンコン氏が、交通事故により他界した。55歳だった。 リンコン氏は11日にコロンビアのカリで交通事故に遭遇。午前4時30分頃にリンコン氏が運転する車が交差点に侵入しあっところ、横からきたバスと衝突。車には4人が同乗しており、5人とも負傷。またバスの運転手も負傷していた。 地元のインバナコ・クリニックに入院していたリンコン氏。運ばれた当初「深刻な状態」とクリニックが声明を出していたが、13日に他界したことを報告した。 「私たちの医療チームによるすべての努力にも関わらず、患者のフレディ・エウセビオ・リンコン・バレンシアは、本日2022年4月13日に亡くなりました」 「事故を深く悔やみ、家族、友人、信者に心からお悔やみを申し上げます」 リンコン氏はこの交通事故で外傷性脳損傷という重傷を負って病院へ運ばれていた。集中治療室で治療が続けられていたが、非常に危険な状態のままであり、そのまま命を落とすこととなった。 リンコン氏は、コロンビアのクラブでプレーした他、パウメイラス、ナポリ、レアル・マドリー、コリンチャンス、サントス、クルゼイロと名門クラブでプレーを続けた。 コロンビア代表としても85試合に出場し17ゴールを記録。ワールドカップ(W杯)には、1990年のイタリア大会、1994年のアメリカ大会、1998年のフランス大会と3度出場。金髪アフロでも有名なカルロス・バルデラマと共にプレーし、10試合で1ゴール1アシストを記録しているコロンビアのレジェンドだ。 2022.04.14 14:25 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly