退席処分となったエイバル監督メンディリバル、審判に「エイバルだと退場させるのは簡単だな!」

2018.02.18 22:33 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
17日のリーガエスパニョーラ第24節、エイバルは本拠地イプルーアでのバルセロナ戦を0−2で落とした。この試合ではホセ・ルイス・メンディリバル監督が、審判への抗議によって退席を命じられている。スペイン『マルカ』が、その理由を説明した。

メンディリバル監督は、エルナンデス・エルナンデス主審のレフェリングの一貫性のなさに怒りを抑えられなかったようだ。

この試合の62分、エイバルMFファビアン・オレジャーナは、エルナンデス・エルナンデス主審が取ったファウルに納得がいかずボールを叩きつけ、抗議によって2枚目のイエローカードを提示されて退場に。そして直後にはバルセロナFWルイス・スアレスもオレジャーナと同じような形で抗議をしたが、こちらはお咎めなしだった。

これを受けたメンディリバル監督は、エルナンデス・エルナンデス主審に対して「エイバル相手ならば(退場処分は)簡単だな!」と言い放ち、そのため退席処分となった模様だ。このレフェリングの是非に関しては、スペインでも議論が巻き起こっている。


提供:goal.com

関連ニュース
thumb

バルセロナ、今季加入マルコス・アロンソとの契約を1年延長!

バルセロナは27日、スペイン代表DFマルコス・アロンソ(32)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。また、契約解除金は5000万ユーロ(約70億6000万円)に設定されている。 昨夏、チェルシーからフリートランスファーで加入したアロンソは、ここまで公式戦19試合に出場し、2ゴールを記録。当初は手薄な左サイドバックの補強として獲得したが、アレハンドロ・バルデの台頭、ジェラール・ピケの引退、負傷者が続出したチーム事情により、センターバックで新境地を開くことに。 元々189cmという恵まれた体躯を備え、チームに左利きのセンターバックが不在ということもあり、チャビ・エルナンデス監督は強豪相手の対戦を除き同ポジションで積極起用。今季はすでに公式戦10試合でセンターバックとしてプレーしている。 1年契約での加入となっていた中、アロンソサイドは2年契約を望んでいるとされていたが、最終的には1年の契約延長で合意に至った。 2023.01.28 00:41 Sat
twitterfacebook
thumb

バルサが史上2度目となるシーズン4着目のユニフォーム発表! カタルーニャの旗をデザインした黄色と赤

バルセロナは27日、2022-23シーズンの4番目のユニフォームを発表した。 新たに発表されたユニフォームは「+ Catalunya + Barça」というスローガンが掲げられ、クラブのルーツに敬意を表している。 胸にはカタルーニャのセニェーラの旗をあしらい、キャプテンのアームバンドからインスピレーション。クラブのエンブレムにも入っているルーツをベースとしている。 124年の歴史を通じて世界的に知られるようになったクラブだが、カタルーニャの文化や生活様式と密接に結びつき、世界中のファンにその価値を伝えてきた。 黄色をベースに赤のラインが5本入っており、胸の中央部にエンブレムが入るユニフォーム。袖口はクラブカラーであるブラウグラナでデザインされている。 28日に行われるアウェイでのジローナ戦で初めて着用。カタルーニャ・ダービーとしても知られる戦いであり、サッカーだけでなくバスケットボールチームもジローナ戦で同じユニフォームを着用。29日には女子チームがテネリフェ戦で着用する。 なお同じシーズンに4つのユニフォームを発表するのは史上2度目のこととなる。 <span class="paragraph-title">【写真&動画】バルセロナ史上2度目の4つめのユニフォーム発表!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Barça is going to wear the new kit on Saturday for <a href="https://twitter.com/hashtag/GironaBar%C3%A7a?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#GironaBarça</a>! <a href="https://t.co/1wMvwGuEeS">pic.twitter.com/1wMvwGuEeS</a></p>&mdash; FC Barcelona (@FCBarcelona) <a href="https://twitter.com/FCBarcelona/status/1618933353423708161?ref_src=twsrc%5Etfw">January 27, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ht" dir="ltr"> A tribute to our roots.<br>A new kit loaded with sentiment.<br><br>+ 2023.01.27 22:50 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、先日トップデビューのFWアラルコンと契約延長!

バルセロナは27日、U-19スペイン代表FWアンヘル・アラルコン(18)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。 なお、来シーズンから正式にバルセロナ・アトレティックの一員となる18歳FWには、4億ユーロ(約564億円)の契約解除金が設定されている。 カタルーニャのカステイダフェルス生まれでエスパニョールのカンテラ育ちのアラルコンは、2018年夏にバルセロナのカンテラに加入。以降はヒザのケガなどもありながら、アタッカーとして非凡な才能を示し、リザーブチームにあたるバルセロナ・アトレティックでもプレー。そして、今月19日に行われたコパ・デル・レイのセウタ戦ではトップチームデビューも飾っていた。 左ウイングを主戦場に個での打開力、質の高いオフ・ザ・ボールの動き出し、正確なフィニッシュと総合力の高いアタッカーとして期待を集める有望株だ。 <span class="paragraph-title">【動画】新契約にサインのアラルコンが意気込み語る</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">: “Estic molt feliç de seguir vinculat a aquest gran Club&quot;<br><br> Las declaraciones de Ángel Alarcón después de renovar su contrato con el FC Barcelona hasta el 2025<a href="https://twitter.com/hashtag/For%C3%A7aBar%C3%A7a?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ForçaBarça</a> <a href="https://t.co/1dPHDQh47y">pic.twitter.com/1dPHDQh47y</a></p>&mdash; Barça Atlètic (@FCBarcelonaB) <a href="https://twitter.com/FCBarcelonaB/status/1618962119818461185?ref_src=twsrc%5Etfw">January 27, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2023.01.27 22:28 Fri
twitterfacebook
thumb

元バルセロナDFピケが新恋人との2ショットをこのタイミングで初披露!昨年破局の歌手・シャキーラさんとは泥沼バトル中

元スペイン代表DFジェラール・ピケ氏が新彼女との交際を公にしている。 2022年11月に現役を引退したピケ氏。プライベートでは2010年の南アフリカ・ワールドカップ公式ソング『Waka Waka』のミュージックビデオ撮影でコロンビア出身の世界的歌手・シャキーラさんと知り合うと、それから約12年間にわたって交際。事実婚の状態で、9歳のミランくんと7歳のサシャくんがいた。 しかし、ピケ氏は20代の女子学生との不貞行為をすっぱ抜かれてしまい、シャキーラさんと破局。ビッグカップルが消滅していた。 そんな2人を巡っては、シャキーラさんが新曲の中でピケ氏と新パートナーを揶揄するような歌詞で“口撃”。「あなたはフェラーリとトゥインゴと交換した。あなたはロレックスをカシオと交換した」とバカにした。 すると、ピケ氏も自身がチェアマンを務める7人制サッカーの大会「キングスリーグ」の会場にトゥインゴに乗って姿を現し、カシオとスポンサー契約を結ぶという反撃に出るなど、泥沼のバトルとなっている。 その中、ピケ氏は自身のインスタグラムを更新。特にコメントはなかったが、破局の理由となった女子学生・クララ・チア・マルティさんとの2ショットを掲載した。 ピケ氏はこれまで、シャキーラさんとの破局は認めていたものの、クララさんとの関係を公言はしていなかった。このタイミングでのSNSへのアップはさらなる火種となりそうだが、ピケ氏とシャキーラさんを巡るバトルの行方は。 <span class="paragraph-title">【写真】ピケがこのタイミングで新恋人との2ショットを披露!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cn2umB7jwQX/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cn2umB7jwQX/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cn2umB7jwQX/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Gerard Piqué(@3gerardpique)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.01.27 20:45 Fri
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第19節プレビュー】前半戦最終戦! 久保ソシエダが王者マドリーとの上位対決!

先週末に行われた第18節では、しばらく白星から遠ざかっていたアトレティコ・マドリーを含め上位陣が揃って勝利を収める波乱の少ない一節となった。 延期分1試合を残すスーペル・コパ参戦4チームを除く全チームにとって前半戦最終戦となる今節は、2位のレアル・マドリー(勝ち点41)と、3位のレアル・ソシエダ(勝ち点38)による上位対決に大きな注目が集まる。 スーペル・コパ決勝でバルセロナに敗れたレアル・マドリーだが、直後に行われたコパ・デル・レイでビジャレアルに3-2の逆転勝利を収めてバウンスバックに成功すると、リーグ前節は難所サン・マメスでアスレティック・ビルバオ相手に、FWベンゼマとMFクロースの2つのゴラッソで2-0の快勝を収めた。さらに、直近のコパ準々決勝ではアトレティコとの今季2度目のダービーで3-1の勝利。公式戦3連勝を飾った。 そのダービーではホームで先制を許したが、途中出場のFWロドリゴのスーペルゴラッソで追いつくと、延長戦ではDFサビッチの退場による数的優位を生かしてベンゼマ、FWヴィニシウスの両エースがゴールを重ねて勝ち切った。 エル・ブランコらしい勝負強い戦いぶりはポジティブだが、この試合では超過密日程の中で120分の戦いを強いられ、DFメンディが新たに負傷者リスト入り。フランス代表での経験を生かして左サイドバックの代役を担ったMFカマヴィンガのハイパフォーマンスは今後に向けたプラス材料も、DFアラバとMFチュアメニの回復が遅れていることも含め、絶好調の“ラ・レアル”とのタフな一戦に向けては大きな不安を残すところ。引き続き厳しいやり繰りとなる中、アンチェロッティ監督の手腕が上位対決勝利のカギを握る。 一方、MF久保建英を擁するソシエダは前節、ラージョに2-0の快勝しリーグ連勝を「5」に更新。ただ、直近のコパではバルセロナ相手にMFブライス・メンデスの前半の退場が響いて0-1の惜敗となり、公式戦連勝が「9」でストップとなった。それでも、筋肉系のトラブルでラージョ戦を回避した久保が、古巣対戦でクロスバー直撃のシュートや“アシスト未遂”など好パフォーマンスを披露した点は今回の上位対決に向けたプラス材料だ。 対戦相手同様にここに来て主力に負傷者が増え始めている中、前線は好調のFWセルロートに加え、FWオヤルサバルらの復帰で選手層を増やしており、公式戦2試合連続で古巣対戦となる久保は手薄な中盤での起用が見込まれる。疲労困憊の相手中盤に対して、攻守に積極的なチャレンジをみせ、ベルナベウ攻略に導きたい。 その2チームの潰し合いを期待しつつ、首位固めを目指すバルセロナ(勝ち点44)は、11位のジローナとのカタルーニャ自治州ダービーに臨む。会心の勝利を飾ったスーペル・コパ決勝後は格下セウタ戦で大勝を飾った一方、前節のヘタフェ戦、前述のコパでのソシエダ戦はいずれも渋い内容でのウノセロ勝利に。 今節は引き続きFWレヴァンドフスキ、FWフェラン・トーレスをサスペンションで欠く中、ダービーで士気が高い曲者とのタフなアウェイゲームとなる。好調のFWデンベレ、ここ数試合はゴールスコアラーとしても存在感を放つMFペドリ、MFガビを軸に早い時間帯にゴールをこじ開け、あとは守護神テア・シュテーゲンを中心とする鉄壁の守備で逃げ切りに持ち込みたい。 4位のアトレティコ(勝ち点31)は、コパ準々決勝でセビージャを延長戦の末に破って勢いに乗る7位のオサスナ(勝ち点28)とのアウェイゲームでダービー敗戦のバウンスバックを図る。 リーグ前節はFWグリーズマンの1ゴール1アシストの活躍でバジャドリーに3-0の完勝を収め、リーグ3試合ぶりの白星を収めた。ただ、前述のコパではリーグ前回対戦同様に退場者を出して自滅に近い形で逆転負け。心身ともに疲労を抱える形で難所パンプローナへ向かうことになった。ただ、ここ数試合のパフォーマンス自体は悪くないため、堅守オサスナ相手に好調の攻撃陣、新天地での試運転を終えたFWデパイらの爆発に期待したいところだ。 その他の試合では虎視眈々とトップ4浮上を狙う5位ビジャレアル(勝ち点31)、ここに来て公式戦3連敗と失速傾向の6位ベティス(勝ち点28)。未勝利での折り返しを避けたい最下位のエルチェと、15位のセビージャが対峙する一戦に注目したい。 《ラ・リーガ第19節》 ▽1/27(金) 《29:00》 アルメリア vs エスパニョール ▽1/28(土) 《22:00》 カディス vs マジョルカ 《24:15》 ジローナ vs バルセロナ 《26:30》 セビージャ vs エルチェ 《29:00》 ヘタフェ vs ベティス ▽1/29(日) 《22:00》 バジャドリー vs バレンシア 《24:15》 オサスナ vs アトレティコ・マドリー 《26:30》 セルタ vs アスレティック・ビルバオ 《29:00》 レアル・マドリー vs レアル・ソシエダ ▽1/30(月) 《29:00》 ビジャレアル vs ラージョ 2023.01.27 19:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly