鳥栖、DF小林祐三とFW池田圭ら4人の契約を更新

2018.01.11 18:31 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サガン鳥栖は11日、GK辻周吾(20)とDF小林祐三(32)、DF三丸拡(24)、FW池田圭(31)の契約を更新したことを発表した。

▽辻は2016年にジェフユナイテッド千葉U-18から鳥栖に入団。昨シーズンは公式戦での出場はなかった。小林は2017年に横浜F・マリノスから加入。昨シーズンは明治安田生命J1リーグに19試合、天皇杯に2試合、YBCルヴァンカップに1試合出場した。

▽三丸は2016年に筑波大学から入団。昨シーズンはJ1リーグに6試合、ルヴァンカップに5試合出場した。池田は2009年に流通経済大学から入団。昨シーズンはJ1リーグで12試合、ルヴァンカップに4試合出場した。

▽契約を更新した4選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆辻周吾
「サガン鳥栖を応援してくださる皆様、今年こそは試合に出てチームに貢献できるよう頑張ります! 応援よろしくお願いします!!」

◆小林祐三
「サガン鳥栖に関わる全ての人達のために、精一杯プレーします。応援よろしくお願いします」

◆三丸拡
「今シーズンもサガン鳥栖を愛する皆さまと共に戦えることをとても嬉しく思います。サガン鳥栖の新たな歴史に名を刻めるよう覚悟を持って1年間戦いますので、応援よろしくお願いします!」

◆池田圭
「あけましておめでとうございます。いや、もうだいぶあけてました。笑 今年もサガン鳥栖の為に無限の情熱をもってプレーします」

関連ニュース
thumb

鳥栖が大量5発でFC東京を粉砕!! FC東京は小川のラストマッチを飾れず…【明治安田J1第18節】

明治安田生命J1リーグ第18節のサガン鳥栖vsFC東京が26日に駅前不動産スタジアムで行われ、ホームの鳥栖が5-0の大勝をおさめた。 前節は鳥栖は磐田に、FC東京は湘南に黒星を喫した両チーム。どちらも上位争いまで食い込んでいくことも可能な順位なだけに、後半戦最初のゲームを白星で飾りたいところ。FC東京はポルトガルへの期限付き移籍が決まっている小川のラストマッチとなった。 最初のシュートはFC東京。6分、小川の右からのFKに松木がヘディングで合わせるが、惜しくもクロスバーの上へ逸れる。一方の鳥栖は10分、中盤でボールを奪取した小泉がドリブルで持ち運んで左サイドへ大きくサイドチェンジすると、岩崎がボックス手前で受けてワントラップから左足を振り抜く。シュートは枠を捉えていたが、ここはFC東京のGKスウォビィクに掻き出された。 互いに決定機を迎えた中、先制点は鳥栖が挙げる。30分、相手陣内でボールを回してチャンスを窺いながら、右サイドに開いた堀米がカットインしゴール前まで接近。宮代とのワンツーの呼吸が合わずに一度は相手にボールを明け渡すも、岩崎が奪い返してボックス手前から右足ミドルを放つ。先のシーンとほぼ同じ位置から放たれた強烈な一撃に、名手スウォビィクも反応が間に合わず。矢のように真っ直ぐな軌道を描いてネットに突き刺さった。 先手を取られたFC東京は、失点シーンで鳥栖の岩崎と競り合った安部が負傷し、レアンドロと交代に。そのレアンドロは投入直後にゴール前まで切れ込んで右足シュートを放つも、枠を大きく外してしまう。45分には鳥栖のビルドアップを森重がインターセプトし、永井、松木、アダイウトンと繋いで最後は渡邊がボックス内で左足を一閃。しかし、鳥栖のGK朴一圭に左足一本で阻まれ、絶好のチャンスを逃す。FC東京は試合を1点ビハインドで折り返した。 一方、先制した試合では今シーズン負けなしという鳥栖は、後半立ち上がりにいきなり追加点を奪う。48分、最終ラインから縦パスを受けた堀米が左サイドへ展開し、岩崎がボックス内までドリブルで侵入。グラウンダーのクロスを入れると、FC東京の青木の中途半端なクリアがジエゴのもとへ。素早く左足で放ったシュートは、相手DFに当たってネットに吸い込まれた。 ハーフタイム明けに出鼻をくじかれたFC東京は63分、鳥栖の最終ライン背後を狙った山下へ後方の小川からフィードが入ると、このボールを鳥栖DFがクリアしきれず。こぼれ球をペナルティアーク内で拾ったレアンドロが右足で狙い澄ましたコントロールショットを放つが、惜しくもゴール左に外れる。まずは1点を返したいところだが、出足の鋭さが衰えない鳥栖に対して効果的なプレッシャーをかけることができず、攻撃が単発に終わることが多い。そして、次の1点も鳥栖が挙げることに。 70分、鳥栖は敵陣で相手のビルドアップを妨害し、ジエゴがインターセプト。福田を経由してボックス内の本田へとボールが渡り、本田は小刻みなステップのカットインから右足をシャープに振り抜く。グラウンダーでGKのニアを突いた豪快な一撃がネットを揺らし、勝負の行方を決定づけた。 さらに鳥栖は78分、小泉がハーフウェイライン付近でボールを奪取し一気に前線まで駆け上がる。左側を並走した本田へボールを預け、本田はファーサイドへGKの頭上を越える緩やかなセンタリングを供給。右足ワンタッチで中央へ降り返されたボールを垣田が無人のゴールへダイレクトで流し込み4-0とする。 そして、鳥栖の華々しいゴールラッシュの締めくくりは85分。敵陣で相手のパスミスを拾った藤田がボックス手前まで降りてきた垣田に縦パスをつけると、疲労の色が濃いFC東京の選手らを尻目にフリーで反転して前を向いた垣田は、1人かわすとボックス内右側から腰をひねって右足を一閃。アウト回転がかかったボールがファーサイドに突き刺さり、5-0となった。 その後は、無失点を念頭に集中を切らさなかった鳥栖がFC東京をシャットアウト。ホームで会心の勝利を挙げた。一方のFC東京はリーグ戦2連敗。小川のラストマッチは大敗という結果となってしまった。 サガン鳥栖 5-0 FC東京 【鳥栖】 岩崎悠人(前30) ジエゴ(後3) 本田風智(後25) 垣田裕暉(後33) 垣田裕暉(後40) 2022.06.26 21:49 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第18節:鳥栖vsFC東京】小川諒也のラストマッチ、特徴を出し切って勝利するのは?

【明治安田生命J1リーグ第18節】 2022年6月26日(日) 19:00キックオフ サガン鳥栖(8位/24pt) vs FC東京(7位/25pt) [駅前不動産スタジアム] ◆守備でハメることがでるか【サガン鳥栖】 前半戦を終えてわずかに3敗の鳥栖。しかし、勝ち切れない試合が多く引き分けが9と勝ち点を思うように伸ばせない戦いが続いた。 それでも8位につけており、後半戦も継続して戦っていくことが重要になる。 攻撃面のテコ入れにでた川井健太監督は、4バックを採用。攻撃面に変化は見られたが、守備で思わぬミスが起きて3失点で敗れた。 アグレッシブに相手を圧倒していき押し込んでいくスタイルだが、プレスがハマらなければ苦しい戦いを強いられることに。今節の相手はそこが最も難しいFC東京だ。 相手のポジショナルプレーに対してどうハメに行くか。相手を上回ることを互いに仕掛けた時に上回れるかが重要だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:朴一圭 DF:島川俊郎ファン・ソッコ、ジエゴ MF:原田亘、福田晃斗、小泉慶、岩崎悠人 MF:堀米勇輝、小野裕二 FW:宮代大聖 監督:川井健太 出場停止:田代雅也 ◆勝利で送り出せるか【FC東京】 前節は前半戦ラストマッチで湘南ベルマーレと対戦したが2-0で敗戦。成す術なく敗れた惨敗だった。 さらにミッドウィークには天皇杯でJ2のV・ファーレン長崎と対戦したが、延長にもつれるまさかの展開に。さらにクリスティアーノにゴールを許し、敗退となった。 この2試合の敗れ方は非常に良くなく、後半戦に向けて不安が残るところだ。 今節はDF小川諒也のラストマッチ。ポルトガルに渡る前の最後の試合だが、気持ちよく送り出したいところ。鳥栖とも勝ち点差は「1」だけに負けるわけにいかず、アルベル監督の下で積み上げたサッカーをしっかりと見せられるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:長友佑都、木本恭生、森重真人、小川諒也 MF:安部柊斗、青木拓矢、松木玖生 FW:永井謙佑、ディエゴ・オリヴェイラ、アダイウトン 監督:アルベル 2022.06.26 16:25 Sun
twitterfacebook
thumb

磐田がJ1ホーム通算200勝目! 鳥栖下して前半戦勝利締め【明治安田J1第17節】

明治安田生命J1リーグ第17節の1試合が18日にヤマハスタジアムで行われ、ホームのジュビロ磐田が3-1でサガン鳥栖を下した。 15位の磐田と8位の鳥栖による前半戦の最終戦。代表ウィーク中の天皇杯2回戦こそ勝ち抜けたが、直近のリーグ戦3試合で1分け2敗の磐田はチーム最多5得点の鈴木と2位タイの3ゴールを記録する大津が揃ってメンバー外の一方、ここ公式戦2連勝中で5試合負けなしの鳥栖も不動の右ウィングバックに君臨する飯野が欠場した。 敵地戦でも立ち上がりから丁寧なビルドアップで崩しにかかった鳥栖だが、磐田が先にスコアを動かす。8分、相手GKが高く押し上げる味方最終ラインの裏をケアすべく、ハーフウェイライン手前まで飛び出してクリアすると、リカルド・グラッサが左足ダイレクトでボールを前に。そのままスピードに乗ってボールを追いかけたファビアン・ゴンザレスが無人のゴールに押し込んだ。 3試合ぶりの先発試合で今季4ゴール目を記録したF・ゴンザレスは続く13分にも鳥栖のゴールマウスをこじ開ける。敵陣右サイドでのFKから繋ぎに転じた8分、3センターバックの一角である山本義道がインナーラップで攻め上がり、ボックス右に差しかかったところで右足で折り返し。ニアサイドでこぼれ球を拾った鹿沼がマイナスに折り返すと、F・ゴンザレスが右足で流し込む。 F・ゴンザレスの2発目で早々に鳥栖を突き放した磐田はまたしても右サイドを突破口に攻め崩す。27分、丁寧な繋ぎから右サイド深くに流れ、ボールを引き出した上原が右足でクロス。F・ゴンザレスがニアサイドに流れながら相手DFをニアサイドを引きつけると、ボックス中央にできたスペースに飛び込んだ鹿沼のヘディングシュートが決まり、前半のうちに3点目を奪い切る。 失点を続け、大きなビハインドを負った鳥栖は前半アディショナルタイム2分に敵陣右サイド深くから岩崎が右足クロスを供給すると、ボックス左の堀米が左足ダイレクトで折り返す。ゴール前の宮代がネットを揺らしたが、ハンドの判定を取られ、ノーゴールに。前半のうちに1点でも返したい鳥栖だったが、VARチェックでも認められず、3点差のまま折り返す。 それでも、鳥栖はハーフタイム明けに垣田、中野、本田を一挙に送り込むと、早い時間帯に1点を返す。58分、後方からのビルドアップから縦パスで最終ラインの背後を抜け出した垣田がボックス左から左足で折り返すと、ゴール前に詰めた宮代が2試合ぶりの今季2ゴール目を右足で押し込む。 57分にもボックス左からのクロスにファーサイドの原田が右足ダイレクトで合わせ、決定機を作り出した鳥栖だが、ここはGK三浦がファインセーブ。今度は67分に高い位置でのボール奪取から磐田も決定的なシーンを作り出すが、途中出場のジャーメイン良がボックス右で浮き球パスを胸トラップしてからの右足フィニッシュは惜しくも左に外れてしまう。 ここからもうひとつギアを上げたい鳥栖は残るカードで菊地、森谷を送り出してペースアップを図るが、磐田も交代を駆使しながら試合を終わらせにかかり、このままタイムアップ。磐田は4試合ぶりの白星でJ1ホーム通算200勝目となり、鳥栖は4試合ぶりの黒星を喫している。 ジュビロ磐田 3-1 サガン鳥栖 【磐田】 ファビアン・ゴンザレス(前8、前13) 鹿沼直生(前27) 【鳥栖】 宮代大聖(後8) 2022.06.18 20:45 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥栖DF孫大河が金沢にレンタル 「覚悟を持って行ってきます」

ツエーゲン金沢は14日、サガン鳥栖からDF孫大河(23)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2023年1月31日までとなる。 孫は立正大学在学中の特別指定選手期間を経て、今季から鳥栖に正式入団。JリーグYBCルヴァンカップでプロデビューを果たしたが、その試合以外で出番がなかった。 金沢を通じて「ツエーゲン金沢に加入することになりました孫大河です。ツエーゲン金沢の為に自分が持ってる全てのものを出して闘います。よろしくお願いします」とコメントしている。 一方で、鳥栖を通じては「半年という短い間でしたが本当にありがとうございました」と切り出し、新天地で一皮むけた姿を誓った。 「ファン・サポーターや街がとても温かくて本当に居心地が良かったです。またサガン鳥栖という素晴らしいクラブに戻ってきて闘えるように覚悟を持って行ってきます。これからも応援よろしくお願いします」 2022.06.14 10:10 Tue
twitterfacebook
thumb

鳥栖の大卒ルーキー佐藤響が京都に期限付き移籍 「明日への活力を届けられるよう」

京都サンガF.C.は14日、サガン鳥栖からMF佐藤響(22)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2023年1月31日まで、背番号は「44」。14日からチームに合流する予定だという。 佐藤は今季、流通経済大学から鳥栖入りのルーキー。サイドを主戦場にドリブルが売りで、公式戦出場はここまで10試合だった。 2020年まで流通経済大学のコーチを務めたチョウ・キジェ現京都監督と再会となる佐藤は新天地の公式サイトで決意を語っている。 「はじめまして、サガン鳥栖から来ました佐藤響です。京都サンガF.C.の勝利の為に全身全霊で闘います。ファン・サポーターの皆さまに勇気や希望を与えられるよう、また、明日への活力を届けられるよう頑張ります! よろしくお願いします!」 一方、鳥栖を通じては「この度、京都サンガF.C.に期限付き移籍することになりました」と移籍を報告した上で、加入先での成長を誓った。 「まずはじめに、自分の意見を尊重し、快く送り出してくださったクラブに関わる全ての皆さまには感謝しかありません。沢山悩みましたが、環境を変えてチャレンジしたいという思いが強くこの決断に至りました」 「約半年、日々全力で取り組んで来ましたが、皆さまの期待に応えられず悔しい気持ちでいっぱいです。大きく成長して皆さまの前で躍動する姿を見せられるよう、精進していきます。短い間でしたがありがとうございました。またお会いできる日を楽しみにしています!」 2022.06.14 09:55 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly