鹿島DFブエノ、期限付きで徳島へ

2018.01.06 11:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽徳島ヴォルティスは6日、鹿島アントラーズに所属するDFブエノ(22)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2018年2月1日〜2019年1月31日までとなる。

▽ブラジル出身のブエノは、ボタフォゴFCなどでのプレーを経て、千葉国際高校に入団。その後、清水エスパルス、ヴィッセル神戸を渡り歩き、2016年に鹿島入りし、昨シーズンは明治安田生命J1リーグ2試合に出場した。

▽来シーズンから徳島でプレーすることになったブエノは、クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。

◆徳島ヴォルティス
「徳島ヴォルティスのユニフォームを着られることを楽しみにしています。クラブの目標をみなさんと共に達成できるよう、自分自身しっかりと頑張りますので、応援のほどよろしくお願いします」

◆鹿島アントラーズ
「鹿島アントラーズのユニフォームに袖を通すことができて誇りに思いますし、在籍中は充実した期間でした。この場を借りてフロント、スタッフ、温かく迎え入れてくれた選手、通訳の方々に感謝したいと思います。皆さんにまた成長した姿を見せられるよう、全力を尽くしますので、引き続き応援のほどよろしくお願いします」


関連ニュース
thumb

福島一筋11年、東北1部、JFLを知るDF岡田亮太が契約満了「福島以外への道にチャレンジをしようと決めた」

福島ユナイテッドFCは26日、DF岡田亮太(33)との契約満了を発表した。 岡田は東京都出身で、横浜F・マリノス、柏レイソルの下部組織で育ち、帝京第三高校、帝京大学を経て、2011年に福島へと入団。11シーズンにわたってプレーした。 東北サッカーリーグ1部時代から、JFL昇格、J3昇格を経験した岡田は、J3通算176試合に出場し7得点を記録していた。なお、今シーズンはここまで5試合の出場に終わっていた。 11シーズンを過ごした岡田は、クラブを通じてコメントしている。 「今シーズンで福島ユナイテッドを離れることになりました。引退して福島に残るという選択肢もあり、すごく悩みましたが、自分自身のサッカーへの思いやもっと成長したいという思いがあり、福島以外への道にチャレンジをしようと決めました」 「大学を卒業して福島に入ってから十一年間、様々なことを経験させてもらいました。東日本大震災から始まり最初はどうなるか不安でしたが、JFL、J3への昇格や天皇杯でのジャイアントキリングなど素晴らしい体験も、苦しい経験も多々ありました。その中で皆様に支えられチームとしても個人としてもたくさん成長させてもらいました」 「今年はJ2を目指し今まで出来てなかったJ3での上位争いも出来ました。地域リーグのときのような昇格に向かってチーム一丸となった時の強さを思い出しました。どんな時でも一緒に戦い応援してくれるサポーターやスポンサーの皆様、そして監督、コーチ、スタッフ、チームメイトにも恵まれここまでやってこれたと思っています」 「福島を離れるのはすごく寂しいですが、更に成長した姿をまた見せれるように頑張ります。長い間本当にありがとうございました。残り2試合あるので少しでも成長出来るよう自分らしく全力で戦います!」 2021.11.26 19:23 Fri
twitterfacebook
thumb

今季加入の秋田MF國分将が契約満了「更に成長して挑戦し続けたいと思います!」

ブラウブリッツ秋田は26日、MF國分将(26)の契約満了を発表した。 國分は、北海道コンサドーレ札幌のU-15、U-18で過ごし、近畿大学を経て2018年にヴァンラーレ八戸へと入団。3シーズンを過ごすと、今シーズンから秋田へ完全移籍で加入した。 今シーズンは秋田で明治安田生命J2リーグで5試合の出場にとどまり、1年での退団となった。 國分はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンでブラウブリッツ秋田を離れることになりました。試合に出て、チームの勝利に貢献するということが中々できず、悔しい思いと申し訳ない気持ちでいっぱいです」 「しかし、この1年の経験は僕にとって間違いなくとても貴重なものになりました。この経験を生かし、更に成長して挑戦し続けたいと思います!1年という短い間でしたが、ありがとうございました!」 2021.11.26 18:07 Fri
twitterfacebook
thumb

琉球、市丸瑞希が退団へ…今季G大阪から完全移籍移行も

FC琉球は26日、MF市丸瑞希(24)の今季退団を発表した。 G大阪下部組織出身の市丸は2016年、DF初瀬亮(現・ヴィッセル神戸)、MF堂安律(現・PSV)、FW高木彰人(現・ザスパクサツ群馬)とともにトップチーム昇格。元日本代表MF遠藤保仁(現・ジュビロ磐田)の後継者と目されるなど高い期待がかけられたが、FC岐阜からレンタルバックの2020年もトップチーム定着に至らず、同年8月から琉球に期限付き移籍した。 そのシーズンに明治安田生命J2リーグ27試合の出場を果たすと、今季から完全移籍に移行。しかし、J2リーグ残り2試合の今季はここまで先発のチャンスがなく、10試合の途中出場にとどまっている状況だ。契約満了による今季退団が決まった市丸はクラブを通じて「1年半ありがとうございました。琉球でいい経験をさせてもらいました」とコメントしている。 2021.11.26 17:35 Fri
twitterfacebook
thumb

福島DF宇佐美宏和が現役引退を発表…J1からJ3まで経験「関わったすべての方に感謝しかありません」

福島ユナイテッドFCは26日、DF宇佐美宏和(34)の現役引退を発表した。 大阪府出身の宇佐美は、セレッソ大阪のU-12、U-15、U-18と過ごし、関西大学を経て2010年に栃木SCへと入団した。 2013年には湘南ベルマーレへと完全移籍、2015年にはモンテディオ山形へと完全移籍すると、2018年から福島でプレーした。 福島では4シーズンにわたりJ3でプレーし、67試合に出場し1得点を記録。通算ではJ1で24試合出場、J2で102試合出場4得点、J3で67試合1得点を記録。天皇杯では8試合に出場し1得点だった。 宇佐美はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンをもちまして引退することを決断しました。栃木SC、湘南ベルマーレ、モンテディオ山形、福島ユナイテッドFC、関わったすべての方に感謝しかありません」 「12年間本当に怪我が多く苦しい時期が多かったですが周りにも恵まれ、どんな時でも声をかけてくれたサポーターの方々のおかげでここまでやることが出来ました。本当にありがとうございました」 「これからはまた新たなステージで頑張って行きたいと思います。残り2試合最後まで闘い、一つでも上を目指しチーム全員で福島のサッカーをやり抜きたいと思います」 2021.11.26 17:18 Fri
twitterfacebook
thumb

秋田が今季加入のGK長谷川凌との契約満了を発表「成長を感じられた1年でした」

ブラウブリッツ秋田は26日、GK長谷川凌(22)との契約満了を発表した。 長谷川は千葉県出身で、市立船橋高校から2018年に水戸ホーリーホックへと入団。2019年はアスルクラロ沼津、2020年はJFLのヴェルスパ大分へと期限付き移籍を経験。今シーズンから秋田へ完全移籍した。 今シーズンは明治安田生命J2リーグでの出番はなく、1年でチームを去ることとなった。長谷川はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンでブラウブリッツ秋田を離れることになりました。試合に出て活躍する目標は達成出来ませんでしたが、成長を感じられた1年でした。試合に出てこの経験を活かしたいと思います。1年間ありがとうございました」 2021.11.26 16:37 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly