J1初優勝の川崎FがGKチョン・ソンリョンとDFエドゥアルド、MFエドゥアルド・ネットと契約更新

2017.12.25 19:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽川崎フロンターレは25日、元韓国代表GKチョン・ソンリョン(32)とブラジル人DFエドゥアルド(24)、ブラジル人MFエドゥアルド・ネット(29)との契約を更新したことを発表した。契約期間は3選手共に2018年2月2日から2019年1月1日まで。

▽チョン・ソンリョンは2016年にKリーグの水原三星ブルーウィングスから加入。今シーズンは明治安田生命J1リーグに33試合、YBCルヴァンカップに4試合出場した。

▽エドゥアルドは2016年の期限付き移籍を経て、2017年に柏レイソルから完全移籍で加入。今シーズンはJ1リーグに14試合、ルヴァンカップに3試合出場した。天皇杯では2試合1得点を記録している。

▽エドゥアルド・ネットは、2016年の期限付き移籍を経て、2017年にブラジルのアヴァイFCから完全移籍で加入。今シーズンはJ1リーグで31試合1得点、天皇杯で3試合1得点を記録した。また、ルヴァンカップには4試合出場している。

▽来シーズンも川崎Fでプレーすることが決定した3選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆チョン・ソンリョン
「川崎フロンターレで継続してプレーが出来ることを、今とても幸せに感じています。家族も日本でのプレーを望んでくれていたので、期待に応えることが出来ました。通訳の金さんも喜んでくれていると思います。サポーターの皆さんが、私だけではなく家族も温かく迎えてくれることに本当に感謝していますし、いつもたくさんスタジアムに足を運んでくれるので、とても頼りにしています」

「今シーズンは、みんなで努力をした結果、優勝という素晴らしい結果を手に入れることが出来ましたが、まだこれからです。来シーズンも今まで以上に努力を続け、いい準備をして、また素晴らしい結果を必ず手に入れましょう。来年、また皆さんに会えることを楽しみにしています」

◆エドゥアルド
「また2018シーズンも川崎フロンターレの一員として一緒に戦える事を幸せに思います。来シーズンも今まで以上に精いっぱい自分が出来る事をやり、常に良い準備をし、チームの勝利とタイトルの為にサポーターの皆さんと一緒に戦いたいと思っています!サポーターの皆さん、いつもありがとうございます。Vai lá FRONTALE!」

◆エドゥアルド・ネット
「嬉しいです。今、幸せな気分でいっぱいです。またフロンターレでプレー出来ることにとてもワクワクしています。2018シーズンも神のご加護を受け、いつもスタジアムにかけつけてくれるたくさんのサポーターの皆さんとともに、たくさんの勝利とタイトルを取りたいと思います。これからもみんなで団結して頑張っていきましょう」


関連ニュース
thumb

王者・川崎Fを支えたMF脇坂泰斗、日本代表でも飛躍へ「守備の強度やボールを持った時の質は格段に上がっている」

日本代表候補トレーニングキャンプの3日目を前に、川崎フロンターレのMF脇坂泰斗がメディアのオンライン取材に応対した。 17日から始まったトレーニングキャンプ。19名の日本代表候補と3名のトレーニングパートナーの22名が参加している。 21日に予定されていたウズベキスタン代表戦とのキリンチャレンジカップ2022が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で中止に。試合は行えないものの、その後のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に向けてトレーニングを積んでいる。 2021年3月以来の招集となった脇坂。今回の合宿に向けては「クラブの始動が17日で、フロンターレとしては始動日と同じ日に代表の練習だったので、個人としてあげていました」と、クラブの始動前からしっかりとトレーニングをしていたと語った。 川崎FではJ1連覇に大きく貢献した脇坂。「攻撃のところで得点にこだることが大事だと思いますが、守備の強度もチームでは求められていますし、攻撃の時間を長くするためにも守備でしっかり切り替えて、大事にしてやっていきたいと思います」と、日本代表では少し違う役割があると語った。 特に守備面では違うと言い「人の配置が違って難しいところはありますし、ポジションも違いますが、スイッチには後ろの声掛け、前の圧力ということは変わりないです。前を動かしたり、後ろのアドバイスを聞いて限定することは意識してやっていきたいですし、攻撃につながる守備をしたいと思います」と、守から攻ということをしっかりと意識する必要があるとした。 また「攻撃は後ろから始まりますし、守備は前から始まると思うので、限定していくことは大事になるので、アンテナを張っていきたいと思います」と語り、インサイドハーフなどでもスイッチ役を務めたいとした。 3月以来およそ1年ぶりの招集となった脇坂。代表チームでの立ち位置については「チーム的なことを言うと、3月に選ばれた時は初招集ということもあり、海外組も多くいたので、自分の良さを知ってもらう段階でしたが、国内組が中心なので、自分の良さもわかってもらいつつ、味方の良さもわかっているかなと思います」と、今回は2回目ということと良く知る選手が多いことはプラスになるとした。 また「守備の強度やボールを持った時の質は格段に上がっていると思っているので、2つのステップアップのおかげでスムーズにトレーニングもやれていると思います」と、自身もこの1年で大きく成長したため、状況は違うと語った。 今回のトレーニングキャンプについては「ワールドカップを見据えますが、1日1日の練習を大事にやっていますし、21日までしっかりアピールしたいなということが目標です」と、まずは最終予選へ生き残ることが大事だとした。 一方でW杯に向けては「チャンスは少ないと思うので、少ないチャンスを活かせるように、自分の良さを出せるように、味方の良さを引き出せるようにしていきたいと思います」と、自身の良さを出しながら、味方を生かすプレーを見せたいとした。 2022.01.19 21:55 Wed
twitterfacebook
thumb

3連覇&アジアを目指す川崎F、キャプテンは3年連続の谷口彰悟! 登里、ダミアン、脇坂が昨季に続き副キャプテン

川崎フロンターレは19日、2022シーズンのキャプテン、副キャプテンを発表した。 2020シーズン、2021シーズンと明治安田生命J1リーグを連覇している川崎F。3連覇を目指す2022シーズンのキャプテンには、継続して谷口彰悟が就任した。 また、副キャプテンは3名が就任し、登里享平、レアンドロ・ダミアン、脇坂泰斗と昨季と同じが務めることとなった。 4選手はそれぞれクラブを通じてコメントしている。 【キャプテン】 ◆谷口彰悟 「今シーズンもキャプテンをやらせていただくことになりました。3連覇とACLという大きな目標に向かってチャレンジしていくシーズンになります。選手各自がしっかりとした準備、そして相当な覚悟をもって取り組まないと達成できないと思います。選手、スタッフ、全員の力を合わせて1年間戦い抜いていきたいと思います。」 【副キャプテン】 ◆登里享平 「今年もショウゴ(谷口彰悟)とチームを支えていきたいと思います。シーズンを通して、良い時も悪い時もあると思いますけど、みんなが同じ方向を向いて、楽しんで明るくやっていくことが大事だと考えています。目指す大きな目標に向かって頑張っていきましょう」 ◆レアンドロ ダミアン 「昨シーズンは素晴らしいグループで良いシーズンを過ごすことが出来ました。それはキャプテン、副キャプテン関係なくチームにいる選手、スタッフ全員が協力しあい、一人ひとりが努力しあった結果であったと思います。今シーズンも昨シーズンと変わらず、新しく加わってくれる選手も含めてみんなで協力し合いながら、素晴らしいシーズンを送れるように頑張りましょう」 ◆脇坂泰斗 「今年も引き続き、副キャプテンをやらせていただきます。昨年より厳しいシーズンになると思います。目標を達成するためには、一人ひとりがチームのためにレベルアップすることが大事だと考えています。その上でフロンターレの良さであるチームワークも高めて、しっかりチーム全員で1年間を戦い抜いていきたいと思います」 2022.01.19 11:10 Wed
twitterfacebook
thumb

「本気になっている」考えもしなかったW杯へ川崎FのDF山根視来が意気込む「自分の全ての成長」が今年の目標

日本代表候補トレーニングキャンプが17日にスタート。国内組の選手たちが一堂に会して、月末に控えるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選へ準備をスタートさせた。 合宿初日からハーフコートでの11vs11を行うなど、強度の高いトレーニングを実施した日本代表。W杯イヤーになったということもあり、熱が帯びており、選手たちもしっかりとオフの期間でもトレーニングを積んできたことを見せた。 キャンプ2日目を前に、川崎フロンターレのDF山根視来がメディアのオンライン取材に応対した。 シーズン終了後にオフが短い中でのキャンプとなったが、山根は早々に始動していたという。 「12月20日ぐらいにランニングを軽く始めて、年末ぐらいまでは自分でやっていました。年明けてからジム行ったり、麻生グラウンドを開けてもらって(脇坂)泰斗とやったり、選手がきたりスタッフの方が来てからは練習っぽいメニューをやっていました」 「昨日練習してみて、細かい部分はもっと上がっていくなと思いますが、思ったよりはできていたので、体力的には問題ないかなと思います」 世代別の日本代表の経験もなかった山根だが、2021年に初招集。W杯最終予選でもプレーするなど、飛躍の1年となった。 代表でのプレーについては「プレッシャーがかかるゲームというのは、勝った時に一番喜びがあって、そのためにやっているので、プレッシャーは好きではないですが、それを背負ってやっています」とコメント。「正直もっとやらなければいけないですし、もっとできたなと思います」とし、「短い期間でも味方に合わせたりしなければいけないです」とクラブとの違いに難しさは感じているようだ。 右サイドではMF伊東純也(ヘンク)と縦関係になることが多い一方で、中盤にはMF守田英正(サンタ・クララ)、MF田中碧(デュッセルドルフ)と川崎Fでの元チームメイトがおり、理解した間柄でプレーしている。 「チームメイトだったので考えていることはお互いわかると思いますし、そこのメリットはあると思います」と語る山根だが「誰と組んでも力を発揮しなければいけないのが代表だと思うので、このタイミングで出して欲しいとかコミュニケーションを取らないといけないと思います」と、どんな選手とでも合わせる必要があるとした。 その山根。W杯という夢にも描いていなかった大舞台に立つチャンスが待っている。この1年間の目標については「いつもと毎年変わらないですが、自分の全ての成長。攻撃、守備はもっとやりたいですし、チームも3連覇、ACLも優勝したいですし、代表にも定着したい。できないこともできるようになっていきたいと思います」とコメント。着実に1つずつ目の前の目標をクリアすることでW杯へのチャンスも得られると考えているようだ。 右サイドバックと言えば、DF酒井宏樹(浦和レッズ)がレギュラーに君臨。DF室屋成(ハノーファー)も控えており、DF冨安健洋(アーセナル)もクラブでは務めている状況だ。 その中での山根のストロングポイントは「相手を見ながらプレーするところ」とコメント。「外回るべきなのか、中を取るべきなのか、そこは自信を持っているところですし、フィニッシュに絡む、数字を残すことは拘っているので、そこで勝負したいと思います」と、攻撃面と状況によるプレーの変化をあげた。 その山根にとってのW杯とは「日本代表に選ばれたこともないので、今まではテレビで見る大会でしたし、18年のW杯も夏のキャンプ中にみんなで見ていた大会なので、想像すらできない場所でしたが、そこで戦っていた選手と一緒にプレーして色々な経験ができていますし、そこに立ちたいという思いが本気になっているので、全然違いますね」とコメント。しっかりと手の届くところにある目標となっているだけに、今後の山根の更なる成長に期待がかかる。 2022.01.18 22:52 Tue
twitterfacebook
thumb

元川崎F&横浜FCのマギーニョ、ブラジル1部昇格のゴイアスに加入

ゴイアスは17日、ブラジル人DFマギーニョ(30)の獲得を発表した。 マギーニョは母国でのプレーを経て、2019年の川崎フロンターレ入りで来日。前年限りで退団したブラジル人DFエウシーニョに代わる新たな右️サイドバックとして期待されたが、出番を増やせず、2020年から横浜FCにレンタル加入した。 その横浜FCでは主力として重宝され、初年度の明治安田生命J1リーグで24試合に出場。レンタル契約を延長する形で横浜FC残留を果たした昨季も24試合でプレーしたが、昨年12月に保有元の川崎Fを含めて契約満了による退団が決定した。 ゴイアスは昨季のカンピオナート・ブラジレイロ・セリエBで2位フィニッシュ。今年から1部昇格を決めている。 2022.01.18 09:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ACL2022のグループ組み合わせが決定! 川崎Fは広州FCやマレーシア8連覇中のジョホール・ダルル・タクジムと同居

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022のグループステージ組み合わせが決定した。日本から参戦する各クラブが17日に発表している。 J1王者の川崎フロンターレはグループIに振り分けられた。2度のACL優勝歴を持つ広州FCやマレーシアでリーグ8連覇中のジョホール・ダルル・タクジムが同居する。残り1チームはプレーオフの蔚山現代(韓国)vsポートFC(タイ)の勝者となる。 J1・2位の横浜F・マリノスはグループHに。Kリーグ5連覇中で3度目のACL制覇を目指す全北現代モータースが最大のライバルとなる。ベトナムから参戦のホアンアイン・ザライは、2021シーズンは新型コロナウイルスの影響で国内リーグが中止となった中、12試合終了時点での順位が適用され、1位でACL出場権を獲得。16年ぶりの舞台となった。グループI同様、プレーオフ勝者枠が設けられている。 天皇杯王者として参戦する浦和レッズはグループFに入り、中国王者の山東泰山やシンガポール王者のライオン・シティ・セーラーズと同居。大邱FC(韓国)とブリーラム・ユナイテッド(タイ)が残り1枠をかけてプレーオフを戦う。 そして、J1・3位のヴィッセル神戸はプレーオフからの参戦。勝ち上がった場合、2020年大会のベスト16で対戦した上海海港や、タイのチェンライ・ユナイテッド、香港の傑志が所属するグループJに組み込まれる。 2022年はカタール・ワールドカップ(W杯)が冬に開催されることで、各国リーグの日程も変化しており、その影響で今大会は2022年と2023年を跨いで開催されうことに。また、日本が含まれる東地区と西地区ではスケジュールが異なり、東地区はグループステージが4月15日から5月1日にセントラル開催される。 ◆ACL東地区グループステージ組み合わせ 【グループF】 山東泰山(中国) 浦和レッズ ライオン・シティ・セーラーズ(シンガポール) プレーオフ勝者4 【グループG】 BGパトゥム・ユナイテッド(タイ) 全南ドラゴンズ(韓国) ユナイテッド・シティ(フィリピン) メルボルン・シティ(オーストラリア) 【グループH】 全北現代モータース(韓国) 横浜F・マリノス ホアンアイン・ザライ(ベトナム) プレーオフ勝者1 【グループI】 川崎フロンターレ 広州FC(中国) ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア) プレーオフ勝者3 【グループJ】 上海海港(中国) チェンライ・ユナイテッド(タイ) 傑志(香港) プレーオフ勝者2 2022.01.17 17:25 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly