スパーズ戦で酷評されたDFロヴレンが自身のSNSのプロフィールからリバプールの名を削除! 今後の去就に影響も

2017.10.24 02:18 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールに所属するクロアチア代表DFデヤン・ロヴレンが、自身のパフォーマンスを酷評されたトッテナム戦後に自身の『インスタグラム』のプロフィールからクラブ名を削除した。イギリス『デイリー・スター』など複数メディアが伝えている。

▽リバプールは、22日に行われたプレミアリーグ第9節のトッテナム戦を1-4で落とした。この試合に先発出場したロヴレンは、開始4分に自身の背後に出た浮き球スルーパスに対して、緩慢な反応を見せてFWハリー・ケインに先制点を奪われるキッカケを作ると、12分には相手GKウーゴ・ロリスのロングスローに対しても完全に被ってしまい、ケインの独走を許しそれがFWソン・フンミンの2点目に繋がった。その2つの致命的なミスに加え、その後も覇気のないプレーに終始した同選手は、31分にMFアレックス・オクスレイド=チェンバレンとの交代でピッチを後にした。

▽また、試合終了後には多くの解説者やリバプールサポーターから酷評を受けた挙句、ユルゲン・クロップ監督からも「最初のゴールは、集中力が欠けていた。あれは最悪の守備だった。カウンターからの2点目のとき、デヤン・ロブレンの対応は遅すぎた。もし私がピッチ上であの状況にあったなら、ケインはボールを受けられていないよ」と、厳しい評価を下された。
▽そして、ロヴレンは同試合後に自身の『インスタグラム』のプロフィール欄からリバプールのクラブ名を削除し、プロフィール画像、他のユーザーからのコメント機能も削除。自身へのあまりに辛辣過ぎる反応に対して、怒りの抗議に出た。

▽確かに、スパーズ戦でのロヴレンのパフォーマンスは明らかに低調で、序盤の2失点がその後の試合の流れを大きく左右したのは事実だ。その一方で、FWモハメド・サラーの個人技以外に全く通用しなかった攻撃、同選手交代後も2失点を喫していることを考えれば、クロップ監督の戦術面の問題を含め、ロヴレン1人に敗戦の責任を負わせるのはあまりに酷だともいえる。

▽恐らく、ロヴレンとしては誰の目にもわかる低調なパフォーマンスだった自分のプレーに対して、試合後にクロップ監督が改めて批判し、自身を戦犯扱いにしたこと。サポーターからの厳し過ぎる批判に対して、憤りを感じているようだ。

▽今回の一件を受けて、クロップ監督との関係悪化も指摘されるロヴレンは、今冬あるいは来夏の退団を視野に入れ始めているかもしれない。

関連ニュース
thumb

泥沼リバプールが躍動ウルブスに敵地で3失点完敗…新年4戦未勝利と苦境続く《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第22節、ウォルバーハンプトンvsリバプールが4日にモリニュー・スタジアムで行われ、ホームのウルブスが3-0で勝利した。 新年以降、2敗1分けと3戦未勝利が続き9位に甘んじるリバプールは、今年に入ってFAカップ2試合で対戦した17位のウルブスを相手に新年リーグ初勝利を狙った。 クロップ監督は1-2で敗戦したFAカップのブライトン戦から先発2人を変更。負傷のコナテに代えてマティプ、エリオットに代えてヌニェスを起用した。 立ち上がりからアグレッシブな姿勢を見せたウルブスが不調のリバプールを圧倒する意外な形で試合はスタートする。まずは5分、右サイドで相手の背後を取ったファン・ヒチャンがボックス右で速い折り返しを入れると、ニアでDFマティプに当たってコースが変わったボールが左ポストを内側を叩いてゴールラインを割った。 アグレッシブな姿勢が幸運なオウンゴールに繋がり、勢いを増すホームチーム。さらに12分には相手陣内右サイドで得たFKの二次攻撃からゴール前で混戦を生むと、キルマンのシュートは相手DFのブロックに阻まれるが、こぼれ球に反応したドーソンが豪快な右足シュートを突き刺し、ウルブスデビュー戦での値千金のゴールとした。 一方、瞬く間に2点のビハインドを背負う最悪の入りとなったリバプールは、失点直後にヌニェスの強烈なシュートでゴールに迫るが、これはGKジョゼ・サの好守に阻まれる。 これをキッカケに反撃態勢に入りたいところだったが、勢いづいたウルブスの攻勢をなかなか止められない。26分にはマティプの中途半端な守備対応の隙を突かれてマテウス・ヌネスにボックス内への侵入を許すが、ここはGKアリソンのビッグセーブで事なきを得る。 その後もメリハリの利いた守備、シンプルにハイラインの背後を狙うウルブスがペースを握る。右ハムストリングの負傷でファン・ヒチャンがアダマ・トラオレとの交代でピッチを去るアクシデントこそあったものの、リバプールにほぼ何もさせない完璧な内容で試合を折り返した。 低調なパフォーマンスに終始した前半45分を受け、複数のメンバー変更も予想されたが、クロップ監督は前半と同じメンバーを後半のピッチに送り出す。 その起用に応えたいアウェイチームの選手たちは立ち上がりから果敢にゴールを目指す。51分にはボックス内でナビ・ケイタ、ロバートソンと連続でシュートを放つが、いずれも相手守備のブロックに遭う。 以降も相手陣内でハーフコートゲームを展開していくが、サラー、ガクポ、ヌニェスのアタッカー陣がなかなか良い形でフィニッシュに持ち込めない。 対して後半は守勢が続くウルブスは60分、クーニャとサラビアを下げてモウティーニョとヒメネスを投入。キープ力と守備のクレバーさが光るベテランに試合を落ち着かせる役割を託す。 すると、この交代策がホームチームに決定的な3点目をもたらした。71分、モウティーニョが高い位置での2度のプレスでバイチェティッチからボールを奪って背後のスペースを狙うアダマ・トラオレに完璧なスルーパスを供給。そのままボックス右に運んだスペイン代表からの折り返しを、最後はゴール前に走り込んだネヴェスがワンタッチで流し込んだ。 これで敗色濃厚となったリバプールは、エリオットやオックスレイド=チェンバレンをピッチに送り込んで一矢報いるゴールを目指したが、相手のほぼ2倍の22本のシュートはほとんど枠を捉えることができず。 そして、このままクリーンシートで試合を締めくくったウルブスがFAカップのリベンジを達成する3-0の完勝。一方、敵地で完敗のリバプールはまたしても新年初勝利を逃してリーグ4戦未勝利と泥沼の状況が続く。 2023.02.05 02:09 Sun
twitterfacebook
thumb

クロップ&ペップ、チェルシーの派手な動きに何思う? 「彼らが何をしようが…」

チェルシーの今冬補強を巡り、リバプールのユルゲン・クロップ監督とマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がそれぞれ見解を示した。 オーナーが代わって、ようやく上層部の陣容が固まったチェルシーは今冬、途中就任からなかなか調子を掴めずにいるグレアム・ポッター監督を後押ししようと計8選手を獲得。投じた移籍金額は3億2300万ポンド(約510億5000万円)と派手に動いた。 なかでも、粘りに粘ってベンフィカから獲得したアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデスはイギリス史上最高額となる1億680万ポンド(約168億8000万円)の値に。ポッター監督のマネジメント能力が大いに試されそうだが、贅沢な陣容となった。 そうしたチェルシーの動きに他クラブの監督は何を思うか。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、その件に関する質問が今週末の試合を控えるクロップ監督とグアルディオラ監督に飛び、それぞれがコメントしたという。 クロップ監督は「私は弁護士なしでは何も言わない! いや、冗談だよ」と茶化しながら、素直に外から見ての感想を語りつつ、疑問も口にした。 「何が可能で、何が不可能といったビジネスの部分はわからない。みんな、良い選手だから、その点からすれば、『おめでとう』だ」 「どうしたら、あれが可能なのかわからないが、この件を説明するのは明らかに私じゃない。いずれは彼らがうまくプレーするようになるだろうが、どれほど早くできるかはわからないね」 また、グアルディオラ監督はシティがファイナンシャルフェアプレー(FFP)の調査対象となる補強で他クラブの厳しい目が向いた過去に触れながら、考えを示した。 「プレミアリーグで5番目か、6番目の支出で、我々は5年間で11個のトロフィーと4つのプレミアリーグを手にした。それこそが本当に重要なこと。チェルシーが何をしたのか、他のクラブが何をしたのかは私に関係ない」 「もちろん、我々もチェルシー、アーセナル、リバプール、マンチェスター・ユナイテッドのように良い選手が必要。良い選手がいないと、ここプレミアリーグでも、ヨーロッパでも競っていけない。だから、投資は必要だ」 「今の市場は“すごい”んだ。チェルシーが何をしようが、私に関係ない。ルールがあり、忘れてはならないのは8、9チームがプレミアリーグに(FFP抵触が発覚した2020年にシティを)追放するよう書状を送ったことだ」 2023.02.04 11:15 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプールに朗報、ルイス・ディアスとファン・ダイクが順調に回復

リバプールの攻守のキーマンが復帰に近づいているようだ。ユルゲン・クロップ監督によればコロンビア代表FWルイス・ディアスとオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクの両選手が順調な回復を見せているとのことだ。 ルイス・ディアスは昨年10月9日のアーセナル戦でヒザを負傷。3月の復帰が予想されていたが、クロップ監督は「ルイスは走れている。準備が整うまでには数週間かかるが、フィールドに出て走ることができた。これは非常に良いことだ」と復帰が近づいていることを明かした。 また、1月2日のブレントフォード戦でハムストリングを痛めたファン・ダイクについては「来週にはトレーニングに戻れる」とコメントし、21日に行われるチャンピオンズリーグ・ラウンド16のレアル・マドリー戦には十分間に合う算段であるとした。 2023.02.03 23:20 Fri
twitterfacebook
thumb

【プレミアリーグ第22節プレビュー】各新戦力らの活躍に注目! シティは指揮官不在のスパーズと激突

EFLカップやFAカップを挟んで2週間ぶりの開催となるプレミアリーグ。この間に移籍市場が閉幕し、大小様々な取引が行われた。とりわけチェルシーは欧州全体で市場の主役に。総額510億円を費やしてムドリクやエンソ・フェルナンデスを獲得した。 要注目のチェルシーの試合は金曜日開催。相手は戦力では大きく劣るフルアムだが、順位では10位のチェルシーに対して7位と3つ上。プレミアリーグでの通算成績でもわずか2勝だが、現在のブルーズにとっては丁度良い相手だろう。新戦力たちの活躍も楽しみだが、ポッター監督によると負傷離脱していたベン・チルウェル、リース・ジェームス、ラヒーム・スターリング、ルーベン・ロフタス=チークのイングランド人たちが復帰する予定。上位浮上の追い風にしたいところだ。 そのチェルシーから大黒柱のジョルジーニョを獲得したアーセナルはアウェイでエバートンと対戦する。トロサールやキヴィオルに続く今冬3人目の補強はロンドンの宿敵からとなった。優勝に向けて強力な援護射撃となったが、FAカップ4回戦ではリーグ戦でもライバルのマンチェスター・シティに敗戦。これで調子が崩れなければいいが…。 アーセナルを5ポイント差で追うシティはアウェイでトッテナム戦。5ポイント差だが消化試合は1試合多く、これ以上の取りこぼしは許されない状況だ。上述のようにFAカップでアーセナルを下しているため、15日に行われる第12節分のアーセナル戦に向けて良い感触を掴んだに違いない。もちろんトッテナムは手強い相手だが、ここで躓いてはいられない。 前回対戦からわずか3週間での対戦となる両者。先月19日に行われた第7節分の一戦では4-2で敗れたトッテナムは、その後のフルアム戦、FAカップのプレストン戦の連勝で挽回して見せた。だが、先日にコンテ監督が胆嚢摘出のための緊急手術を受け、しばらくマネジメントから離れることに。サイドラインの闘将の不在はどのように影響するのだろうか。一方で、ダンジュマとペドロ・ポロの新戦力のデビューは楽しみなところだ。 4位のマンチェスター・ユナイテッドはクリスタル・パレスをホームに迎え撃つ。前節はアーセナルに敗れ公式戦11試合ぶりの黒星がついたが、その後、EFLカップとFAカップでぞれぞれノッティンガム・フォレストとレディングを退け次のステージへ。EFLカップでは決勝でニューカッスルと対戦する。その勢いをリーグに持ち込みたいところだが、主力のエリクセンが足首のケガで3カ月の離脱を強いられることに。代わりにバイエルンからレンタルしたザビツァーに期待したい。 リバプールはアウェイでウルブスと対戦する。前節は共に不調同士のチェルシーと0-0の引き分けを演じ、痛み分けとなった。ただ、次のFAカップ4回戦のブライトン戦では三笘薫にゴールを奪われるなどして敗戦。公式戦ここ6試合でわずか1勝と体たらくが続いている。移籍市場でもガクポに続く援護射撃は受けられず。加えて、コナテがハムストリングを負傷で3週間の離脱に直面しており、厳しい状況が続いている。 ◆プレミアリーグ第22節 ▽2/3(金) 《29:00》 チェルシーvsフルアム ▽2/4(土) 《21:30》 エバートンvsアーセナル 《24:00》 アストン・ビラvsレスター ブレントフォードvsサウサンプトン ブライトンvsボーンマス マンチェスター・ユナイテッドvsクリスタル・パレス ウォルバーハンプトンvsリバプール 《26:30》 ニューカッスルvsウェストハム ▽2/5(日) 《23:00》 ノッティンガム・フォレストvsリーズ 《25:30》 トッテナムvsマンチェスター・シティ 2023.02.03 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

フィルミノの代理人が契約更新をほのめかす「かなり交渉は進んでいる」

ブラジル代表FWロベルト・フィルミノの代理人であるロジャー・ウィットマン氏が、リバプールとの契約更新を示唆している。 2015年夏にホッフェンハイムから加入し、公式戦通算348試合の出場を数えるフィルミノ。プレミアリーグやチャンピオンズリーグ、FAカップ、EFLカップとあらゆるタイトルに貢献してきた。 今季もここまで公式戦21試合に出場し、変わらず主力としてプレーしているが、リーグ戦ここ4試合はベンチ外が続いている。契約満了が半年後に迫っていることもあり、去就が心配されているが、ロジャー・ウィットマン氏がイギリス『スカイ・スポーツ』の取材で契約更新に向けた話し合いが進んでいることを明らかにした。 「交渉はかなり進んでおり、2月中には結果が分かるだろう。我々は良い道を歩んでいる。良い話し合いができており、リバプールはフィルミノにとって特別なクラブだ」 なお、『スカイ・スポーツ』によれば、2年契約を結ぶと見られている 2023.02.02 19:20 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly